寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

職場のOLの生足やショーツで理性が崩壊しそうになった話

2017/10/17 02:02


ある日、俺の隣の書棚を3人の女が片付けていた。

引っ越しで書棚の整理が後回しになっていたのだ。

俺は急ぎの仕事があって、

机に向かっていたが、

書棚に向かって作業している3人の尻が

俺の30センチくらいの位置で行ったり来たりしていた。

脚立に上った女の尻の割れ目に食い込んだラインや、

ミニスカから微かに浮き出るパンティーラインなどが

イヤでも目に入ってくる。

もうそれだけで激しく勃起状態になり、

机にぴったりと座っていないと、

あきらかな巨大テントがバレそうなほどだった。

さらに女たちのコロンや体臭の入り交じった香りが充満して、

今思うと少し理性があぼーんしていたような気がする。

仕事が片付いた。

俺は手伝う必要はないのだが、

「書棚整理、手伝うよ」と申し出る。

普通に考えると、こんな狭いスペースで「手伝う」と言われたって、

女の中に男が入ってぎゅうぎゅう詰めに近い状態になるわけだし、

「結構ですぅ」ということになるのだが、

なぜかその時、すんなりと「おねがいしまぁぁあぁす」ということになった。

たぶん、女3人も揃ってドヨヨンとした生理状態だったのだろう。

しかも俺はその時、断られるなど全く眼中にないほどハアハアしていて、

その勢いに何かを感じ取っていたのかもしれない。

その日は真夏の暑い日差しが仮住まいの狭いオフィスに差し込み、

社員全員なんだかクラクラして気怠い汗が流れ、

俺はさらにチンポ汁がたらりと出る日だった。

彼女たちにも、たらりとまんこ汁が流れていたに違いなく、

汁とコロンが入り交じった匂いが強烈に脳内を刺激した。

そんなエロいことばかりが充満している精神状態でいながら、

勃起状態をなんとか少しなだめて、

目立たないようにそっとポジション移動しながら、

3人の女の中に入って作業に加わった。

その仕事については、ちょっと説明しにくいのだが、

狭いスペースながら、4人でそれなりに連携しなければできない作業で、

密着状態で作業することになる。

詳しく説明すると、職種と会社が特定されるおそれがあるので、

まあそういう仕事があると思ってください。

密着状態になるから、通常は男が作業するときは女は控える、

女が作業するときは男は控える、というのが暗黙の了解事項だった。

前述の通り、その原則が夏の狂った果実のようにさりげなく破られ、

真っ昼間から男女4人が乱交パーティのように堂々と密着する仕事が、

さりげなく始まった。

4人とも至極当然のように各自位置に着き、ロボットのように作業を開始。

彼女たちは能面のように冷静さを装っていたが、ほんの微かだが、

淫猥なオーラがうっすらと表情と全身に浮かんでいるのを俺は微妙に感じていた。

作業スペースに入れば、そこは芳香を放つ女体の密林。

どんなに痴漢でも、

満員電車で三方に女体が密着するようなことは、滅多にないだろう。

もちろんこれから乱交が始まるわけではない。

あくまでも仕事上の作業だから、皆冷静な佇まいで、

さてどこから手を付けるかと、顔を見合わせた。

まずA子に梯子に上るように指示。

上る際、俺は梯子に両手をかけて揺れないように固定する・・・

ように見せかけて、A子のぴんぴんに食い込んだパンツの尻の溝を凝視。

きわめて小声で、

「ああ、そんなに食い込ませたら、おまんこに縫い目が食い込んじゃうんじゃないかなぁぁぁぁぁ?」

と、誰にも聞こえないように言うと、

右にいたB子が「え?」という顔をした。

B子のTシャツに包まれた形のよいバストの先端は、

俺の肘にあと数ミリでつんつんしそうだ。

もう一人のC子は、俺のやや左側でしゃがんで片付けをしているが、

ちょうど彼女の頬のあたりが、俺のチンポの先端部分と直線数センチで繋がる位置。

この時点でもう巨大テントびんびん物語になっているが、

わからないようにポジション変更するのはやめた。

バレたらバレたで、「よーくみるがいいがははははは」という心境だったし、

実際平常時に戻すのはほとんど不可能なほど、ぎんぎんだったのだ。

もう自然に腰が動いてしまい、C子の頬にぼよよんした感触をお見舞いし、

B子のオパイにふにゅにゅと接触するのも時間の問題と思われた。

目線はA子の形のいい尻とおまんこに繋がる部分を下から舐めている。

「交代してぇ」と言いながら、A子が梯子から降りてくる。

俺は降りきる直前にA子の腰のあたりを両手で支えてあげた。

腰のあたりと言っても、

太モモと腰骨の中間あたりのフニュとした部分だから、結構いやらしい。

触るとぴくぴくした反応があって、

ジーンズ越しだがA子のお尻とサイドの部分の感触が楽しめた。

「じゃ、次は私」と、今度はB子が梯子に登ることになった。

彼女はミニスカなので、俺は一瞬「いいの?」

という表情で彼女を見たが、B子は平然とした顔をしていた。

その態度から、

「どうせ、下からショーツ見るんでしょ、いいわよ、いいわよ」

と言っているように、俺は勝手に解釈した。

俺はパンチラにはたいして興味はないが、見れるものなら見ますよ、

というのは男の98%に共通しているだろう。

少しフレアーがかったジーンズのミニスカを履いたB子は、

梯子を上へと上っていった。

ミニスカの裾が俺の目線より上に行くと、

先ほどのように両手で梯子を押さえた。

夏場だから、パンストなしの純正ナマ足が上へと上っていく。

海にでも行ったのか、小麦色に日焼けしたつるっとした感じのB子の足。

スカートが隠していた太モモがもろに見え始めた。

普段なら階段とかでこのようなシチュエーションになったら、

さりげなく上目遣いに見る小心者行動なのだが、

もう堂々と視線を熱く上空一点にとらえた。

その先には、期待通りB子の黒いショーツを履いた尻が迫っていた。

意外と普通のショーツだ。

ただ右の方の部分が尻の割れ目の方に食い込み気味になっていて、

片方のみTバック状態に近くなっている。

こんなに食い込んで気にならないものなのか。

ビキニの日焼けあとがモロにわかった。

俺は梯子を両手で押さえ、上空を見上げている。

その先には、ウォッシュアウトのフレアのミニスカを履いたC子が、

普段見られてはいけないアングルを晒している。

俺の目線のほんの7、80センチもないあたりに、

C子の黒いショーツを穿いたヒップが広がっているのだ。

この距離だと肌のキメまではっきりわかる。

ほくろや小さなできものまで判別できる。

もう少し露骨に鼻先をのばせば、

まんこの匂いまで嗅ぐことができそうだったが、

さすがに観察に重点を置いた。

C子もさすがに、下からの視線をびんびんに感じていただろう。

通常は、片手でスカートを押さえて隠すとか、

「イヤーン、見ないで」とか半分冗談めかしく、

結構マジに抗議するものだが、そういった行為は一切無かった。

おそらくそうした行為は、

返っていやらしい雰囲気になると思ったのかもしれない。

いや、または、もっと萌える想像をすれば、

「この際見せちゃえ、見せちゃえ、年に一度の大開放特価市、ショーツ付きだけどモロケツ丸出しよ、しかも右は食い込みだぁ。どうだどうだ、ついでに匂いも嗅いでみぃ」

と思って開き直ったのかもしれない。

などと、妄想にふけった瞬間、

C子の右手がスカートの方に伸びた。

「ああ、やっぱり、隠すのだろう」と、

俺の楽観的な想像はやはり現実的ではなかったのだと、諦めかけた次の瞬間。

C子の右手はスカートの上ではなく、

スカートの中に滑り込み、

さっと黒いショーツのケツのアナ寄りの食い込みに伸び、

尻の丘をショーツが正常に覆うように修正すると、

手はさっともとの前方に戻った。

見られるのはイイが、食い込みは「恥ずかしい」ということか。

俺のちんぽは最大硬度をマーク、完全に一番汁出し切りになった。

梯子を押さえている両手をスーーと伸ばし、

C子のさらしているスカートの中の太モモ~ヒップへと、

タッチしていったらどうだろう。

俺の頭の80%がその衝動に支配され、

踏ん張って残っている理性がそれを賢明に押さえている状態だった。

残りの二人、A子とB子は俺のポジションと目線の固定に、

気づいているのかいないのか何とも玉虫色の態度のようだ。

なにしろこの狭小スペースの中だから、女の匂いを放つ物体が、

俺の左右で蠢いているといった体感が正直なところだ。

このまま手を伸ばして、タッチに及んでも

ほんの2、3秒ならA子、B子には気づかれないだろう。

それよりも肝心なのは、果たして、

C子がどのようなリアクションをするかだ。

タッチしたとたんに、この特別限定密着サービス期間は、

C子の悲鳴と共に終わるのだろうか、

それともまるで安AVのようなヤリ放題乱交の幕開けとなるのだろうか。

みんなにも経験があるだろう。

仕事中にびんびんテントになって、

その状態で女の子と打ち合わせするというシチュエーション。

特に、男が立って、女が机に向かい、

男のテントがちょうど女の目線の上下あたりに来ているという状況。

しかし、濡れ濡れ爆破寸前、

テントびんびん丸出しでそのような状況になった人は稀だろう。

その前にいくら露出狂的な変態でも、

テント丸出し大公開ということ自体が到底できないも…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
母がレイプされた【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/12/04 10:57
2017/12/04 10:57
母がレイプされました。  ほんとにそれで人生変わりました。  僕は・・実際その時はものすごいショックでした。  ただ今となっては普通にこういうとこで話せる・・という感じで、人生滅茶苦茶にはされてないです。家庭は滅茶苦茶ですけどね。    僕は学生">中学生の頃ほんとどうしようもない弱虫で、いじめと恐喝の的だった。  殴られては金をせびられたが、学生">中学生の僕にそんなにお金があるはずもなくも結局親のお金を盗んでは不良達に渡していた。  しかし回数を重ねていく事でとうとうその現場を母に見つかってしまった。  母に問い詰められて僕は本当の事を話した・・。  する…
俺の部屋に忘れ物を取りにきた友人の彼女に中出し
2018/09/10 23:12
2018/09/10 23:12
もう2、3年前の事なんですけど、三つ下(当時高一)の後輩が家に彼女を連れて遊びにきました。いきなり来たのでビックリしましたが、せっかく来たので中に入れてやる事にしました。その後輩が俺の部屋に来て早々、いきなり土下座をしたのです。
何事かと思いまずは話を聞くと「1時間でいいから部屋を貸して欲しい」と言うので、"ここはラブホじゃないんだよ"と思いつつもOKしました。
(何をするのかは承知の上で…)


そして俺は1時間どこで過ごそうか考えつつ家を出て近所のコンビニへ行き立ち読みをし、1時間後家に戻りました。

部屋に入ると1時間経ったにも関わらず、後輩とその彼女はまだ俺のベッドの中でい…
鬼餅の由来
2018/02/22 04:11
2018/02/22 04:11
最初はゆきずりの一夜だと思っていましたけど……、これは後輩の彼女を奪いとった時の話です。  加奈は、僕の一つ年下の歳。 本当は僕と付き合いたいと思いはじめ、僕の所属するサッカークラブのマネージャーになったのですが、チームの後輩から強引に告白された事と、ちょうどその頃僕が足を故障して治療の最中という事もあって、加奈のアタックを受け流して、はっきりしない態度を見せていたため、俺からの返事はノーだと考えた加奈は、後輩と付き合うようになりました。  後輩を悪く言うわけではないのですが、独占欲や嫉妬心が強い彼では、加奈の気持ちに応える事は難しいと思っていましたが、やはり加奈もそういった彼の一方的な思…
【レイプ体験談】バージンレコード【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/10/20 03:36
2016/10/20 03:36
今でこそ処女を姦るにはJCかJSを狙わないと確率がひどく悪いですが、その昔、女犯を始めたばかりの頃は(自分も高校生だった頃は)処女を姦りたくなったらJKでした。当時から処女犯が大好きな自分は一度、一日に何人の処女を姦れるか?ということに挑戦してみたことがあります。当時大学生だった自分は、中学時代からの痴漢仲間(すでにそのころは強姦仲間でしたが)2人に手伝ってもらい、ちょうど今頃決行しました。まずは早朝5時に仲間のアパートを出発し、某高校の朝の部活に登校してくる子が獲物。一人目は車で拉致ろうとして目を付け実行直前にジョギング親父が通りかかってやり過ごしました。まぁ、負け惜しみではないのだけどお…
【人妻・浮気・不倫】受付嬢
2016/01/09 01:24
2016/01/09 01:24
自分は某複合施設に勤めていて、史織はそこの総合受付にした。 色白でたれ目気味、おっとしたお嬢様という感じだった。 その年の四月に勤務を始めて、半年以上はこれといって接触があるわけではなかった。 朝には挨拶を交わす程度で、必要があれば来客の案内を頼むくらい。 何人かいる受付嬢の中で特に目立つ存在ではなかった。 ことが動いたのは年末近くなってから。 退勤して帰ろうと思ったら、従業員の通用口に史織がいて、たまたま帰るときに一緒になった。 「途中まで一緒に帰ろうか?」なんて軽く誘ってみたら、意外にも喜んでくれて、受付の愚痴やらを聞きながら歩いた。 「ところで史織ちゃんは彼氏いるの?」 「あ、は…
俺は絶対先輩を欲求不満なんかにさせない!
2018/08/31 12:47
2018/08/31 12:47
【熟女体験談】匂いフェチの俺が足臭い人妻に興奮しつつ、マニアックな咀嚼プレイ
2017/05/19 00:02
2017/05/19 00:02
2017/05/19 (Fri) 私は既婚で嫁もいますが
不倫をしています。

不倫相手も人妻で
俗に言うW不倫の関係です。

お相手は40歳のめぐみというなかなかの美熟女で、
もうカレコレ6年ぐらいのお付き合いお

互いがお互いの性癖を理解した、
とても相性のイイえっちな関係です。

少しお互いの性癖の話をしますと

私は匂いフェチで、
めぐみは汗フェチです。

この微妙に似ているマニアックな性癖が、
長続きの秘訣のひとつかな?

と思っています。

めぐみは、お風呂での
汗かきセックスや、わざと暑くした部屋で
の汗だくSEXに、妙に興奮するみたいです。

私は私で、汗をかい…
簡単に潮を吹いた清楚系ビッチのアキ子
2017/05/15 09:49
2017/05/15 09:49
浪人した事ない人にはわからないだろうけど、浪人時代って結構楽しい。 塾でも変な連帯感みたいのあって、たまに飲みに行ったり下手したら大学時代よりも充実した日々。 (当時は居酒屋も緩くて、年齢確認なんか無かった) そんで10年以上の話だが、初めての浮気で、初めてのお持ち帰りだったから鮮明に覚えてる。 受験が終わり、仲間のほとんどが合格したということで、みんなで飲みに行くことになった。 その中に、ずっと俺が気にいった女の子も来ていた。 その子は、若い頃の広末似そっくりだった(髪は少し長かったが)。 今まで、二人っきりで話をした事があまりなかったので、これを機に少しでも親密になればと思っ…
一児の母親とW不倫して中出し
2018/09/05 07:32
2018/09/05 07:32
私は既婚で、今は年下の彼女とW不倫になってます。
彼女は25歳で1児の母親です。年下の女性と余り付き合ったことがなく、不安でしたが、彼女は年上の男性にしか興味がなく、私に対してすごく親近感を持ってくれていました。(ダンナは私よりかなり年上です)
出逢いは某サイトでした。


実際に逢うようになるとは思っていませんでしたが、気がつくと私は彼女を好きになり、逢いたいと思う様になりました。
メールや電話で話すうち、思い立って彼女に会いに行きました。
名前は祥子とします。
隣の県まで車で行きました。
2時間下道で・・・初めて逢った時、普通に楽しく過ごせました。
そのう…
【近親相姦】彼女「何で猫を引っ掛けたんだ!避けれただろ!」俺「別れよう」彼女「これは猫の呪いだ!
2017/06/18 06:37
2017/06/18 06:37
160:おさかなくわえた名無しさん2009/08/18(火) 11:49:15 ID:mR2HY/Lp 彼女とドライブしていた時に猫を引っ掛けた。 左フロントに少しかすったんだけど、 車を止めて近くにいた人に聞いたら そのまま凄い勢いで逃げていったと聞いたので たぶん大丈夫だったんだと思う。それを彼女は「なぜ避けてやらなかったんだ!」 と凄い勢いで攻める。 避けるといっても道路は片側一車線で 右にハンドル切ったらちょうど来ていた対向車とぶつかっていた。 猫は生きているということと回避不可能、回避したら 俺達と車がどうかなっていた、と言っても 「そんな事はない、なんとかなったはずだ」と引かない。…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・競パンについて2

・【熟女体験談】スケベで下品なおじさんに犯される変態プレイに何度も絶頂してまた犯されたくなる変態女子

・合唱部の後輩

・ねえ?ちょっと見せてよ

・【人妻体験談】先輩の奥さんと秘密厳守の公認寝取り中出しSEX

・競パンについて

・不動産のお客さんできれいな奥さんとの話

・2対2でスキー場のコテージで

・元ホスト兄貴と18才Gカプ子ちゃんのエ口い話

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(再々補足と再々修正)

・妻を奴隷の様に扱って他人棒をいっぱい差し込んでみたいんです・・・

・何時か撮られたハメ撮りをネタに

・【人妻体験談】ガータベルトに網タイツという娼婦のような格好の息子の嫁とバイアグラ義父の寝取り近親相姦SEX

・【熟女体験談】甥のオナニーを見てしまった叔母が手コキでオナニーの手伝いをさせられることに・・・

・おばさんでも女としての用は足せる

・【露出】見たがる女友達と見せたがりの俺

・【人妻体験談】フェラさえしたことがないウブな人妻とザーメンをごっくんさせて不倫SEX

・こんなこと初めてなんだよ、誤解しないでね

・人妻なのに可愛い男の子にナンパされて、乱交しちゃった

・知らない先輩からの誘いは危険

・【初体験】自分の手でしごくのとは全然違った叔母さんのアソコ

・じゃあここで降りてもらおうか

・【痴漢】プラネタリウムで口の中に出されました

・いっぱいでたー。赤ちゃん出きるかもね・・・

・続2・借家の寝室に開けられていた覗き穴

・▲嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した完(転載禁止)

・俺が負けたので、彼女が手コキした2

・【熟女体験談】従兄弟を挑発した結果、近親相姦レイプされてしまった花嫁

・【人妻体験談】エロ動画やエッチな体験談サイトが好きな主婦が元同級生と人生初の不倫

・高野ゆかり/サンバパレードの悪夢