寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

職場のOLの生足やショーツで理性が崩壊しそうになった話

2017/10/17 02:02


ある日、俺の隣の書棚を3人の女が片付けていた。

引っ越しで書棚の整理が後回しになっていたのだ。

俺は急ぎの仕事があって、

机に向かっていたが、

書棚に向かって作業している3人の尻が

俺の30センチくらいの位置で行ったり来たりしていた。

脚立に上った女の尻の割れ目に食い込んだラインや、

ミニスカから微かに浮き出るパンティーラインなどが

イヤでも目に入ってくる。

もうそれだけで激しく勃起状態になり、

机にぴったりと座っていないと、

あきらかな巨大テントがバレそうなほどだった。

さらに女たちのコロンや体臭の入り交じった香りが充満して、

今思うと少し理性があぼーんしていたような気がする。

仕事が片付いた。

俺は手伝う必要はないのだが、

「書棚整理、手伝うよ」と申し出る。

普通に考えると、こんな狭いスペースで「手伝う」と言われたって、

女の中に男が入ってぎゅうぎゅう詰めに近い状態になるわけだし、

「結構ですぅ」ということになるのだが、

なぜかその時、すんなりと「おねがいしまぁぁあぁす」ということになった。

たぶん、女3人も揃ってドヨヨンとした生理状態だったのだろう。

しかも俺はその時、断られるなど全く眼中にないほどハアハアしていて、

その勢いに何かを感じ取っていたのかもしれない。

その日は真夏の暑い日差しが仮住まいの狭いオフィスに差し込み、

社員全員なんだかクラクラして気怠い汗が流れ、

俺はさらにチンポ汁がたらりと出る日だった。

彼女たちにも、たらりとまんこ汁が流れていたに違いなく、

汁とコロンが入り交じった匂いが強烈に脳内を刺激した。

そんなエロいことばかりが充満している精神状態でいながら、

勃起状態をなんとか少しなだめて、

目立たないようにそっとポジション移動しながら、

3人の女の中に入って作業に加わった。

その仕事については、ちょっと説明しにくいのだが、

狭いスペースながら、4人でそれなりに連携しなければできない作業で、

密着状態で作業することになる。

詳しく説明すると、職種と会社が特定されるおそれがあるので、

まあそういう仕事があると思ってください。

密着状態になるから、通常は男が作業するときは女は控える、

女が作業するときは男は控える、というのが暗黙の了解事項だった。

前述の通り、その原則が夏の狂った果実のようにさりげなく破られ、

真っ昼間から男女4人が乱交パーティのように堂々と密着する仕事が、

さりげなく始まった。

4人とも至極当然のように各自位置に着き、ロボットのように作業を開始。

彼女たちは能面のように冷静さを装っていたが、ほんの微かだが、

淫猥なオーラがうっすらと表情と全身に浮かんでいるのを俺は微妙に感じていた。

作業スペースに入れば、そこは芳香を放つ女体の密林。

どんなに痴漢でも、

満員電車で三方に女体が密着するようなことは、滅多にないだろう。

もちろんこれから乱交が始まるわけではない。

あくまでも仕事上の作業だから、皆冷静な佇まいで、

さてどこから手を付けるかと、顔を見合わせた。

まずA子に梯子に上るように指示。

上る際、俺は梯子に両手をかけて揺れないように固定する・・・

ように見せかけて、A子のぴんぴんに食い込んだパンツの尻の溝を凝視。

きわめて小声で、

「ああ、そんなに食い込ませたら、おまんこに縫い目が食い込んじゃうんじゃないかなぁぁぁぁぁ?」

と、誰にも聞こえないように言うと、

右にいたB子が「え?」という顔をした。

B子のTシャツに包まれた形のよいバストの先端は、

俺の肘にあと数ミリでつんつんしそうだ。

もう一人のC子は、俺のやや左側でしゃがんで片付けをしているが、

ちょうど彼女の頬のあたりが、俺のチンポの先端部分と直線数センチで繋がる位置。

この時点でもう巨大テントびんびん物語になっているが、

わからないようにポジション変更するのはやめた。

バレたらバレたで、「よーくみるがいいがははははは」という心境だったし、

実際平常時に戻すのはほとんど不可能なほど、ぎんぎんだったのだ。

もう自然に腰が動いてしまい、C子の頬にぼよよんした感触をお見舞いし、

B子のオパイにふにゅにゅと接触するのも時間の問題と思われた。

目線はA子の形のいい尻とおまんこに繋がる部分を下から舐めている。

「交代してぇ」と言いながら、A子が梯子から降りてくる。

俺は降りきる直前にA子の腰のあたりを両手で支えてあげた。

腰のあたりと言っても、

太モモと腰骨の中間あたりのフニュとした部分だから、結構いやらしい。

触るとぴくぴくした反応があって、

ジーンズ越しだがA子のお尻とサイドの部分の感触が楽しめた。

「じゃ、次は私」と、今度はB子が梯子に登ることになった。

彼女はミニスカなので、俺は一瞬「いいの?」

という表情で彼女を見たが、B子は平然とした顔をしていた。

その態度から、

「どうせ、下からショーツ見るんでしょ、いいわよ、いいわよ」

と言っているように、俺は勝手に解釈した。

俺はパンチラにはたいして興味はないが、見れるものなら見ますよ、

というのは男の98%に共通しているだろう。

少しフレアーがかったジーンズのミニスカを履いたB子は、

梯子を上へと上っていった。

ミニスカの裾が俺の目線より上に行くと、

先ほどのように両手で梯子を押さえた。

夏場だから、パンストなしの純正ナマ足が上へと上っていく。

海にでも行ったのか、小麦色に日焼けしたつるっとした感じのB子の足。

スカートが隠していた太モモがもろに見え始めた。

普段なら階段とかでこのようなシチュエーションになったら、

さりげなく上目遣いに見る小心者行動なのだが、

もう堂々と視線を熱く上空一点にとらえた。

その先には、期待通りB子の黒いショーツを履いた尻が迫っていた。

意外と普通のショーツだ。

ただ右の方の部分が尻の割れ目の方に食い込み気味になっていて、

片方のみTバック状態に近くなっている。

こんなに食い込んで気にならないものなのか。

ビキニの日焼けあとがモロにわかった。

俺は梯子を両手で押さえ、上空を見上げている。

その先には、ウォッシュアウトのフレアのミニスカを履いたC子が、

普段見られてはいけないアングルを晒している。

俺の目線のほんの7、80センチもないあたりに、

C子の黒いショーツを穿いたヒップが広がっているのだ。

この距離だと肌のキメまではっきりわかる。

ほくろや小さなできものまで判別できる。

もう少し露骨に鼻先をのばせば、

まんこの匂いまで嗅ぐことができそうだったが、

さすがに観察に重点を置いた。

C子もさすがに、下からの視線をびんびんに感じていただろう。

通常は、片手でスカートを押さえて隠すとか、

「イヤーン、見ないで」とか半分冗談めかしく、

結構マジに抗議するものだが、そういった行為は一切無かった。

おそらくそうした行為は、

返っていやらしい雰囲気になると思ったのかもしれない。

いや、または、もっと萌える想像をすれば、

「この際見せちゃえ、見せちゃえ、年に一度の大開放特価市、ショーツ付きだけどモロケツ丸出しよ、しかも右は食い込みだぁ。どうだどうだ、ついでに匂いも嗅いでみぃ」

と思って開き直ったのかもしれない。

などと、妄想にふけった瞬間、

C子の右手がスカートの方に伸びた。

「ああ、やっぱり、隠すのだろう」と、

俺の楽観的な想像はやはり現実的ではなかったのだと、諦めかけた次の瞬間。

C子の右手はスカートの上ではなく、

スカートの中に滑り込み、

さっと黒いショーツのケツのアナ寄りの食い込みに伸び、

尻の丘をショーツが正常に覆うように修正すると、

手はさっともとの前方に戻った。

見られるのはイイが、食い込みは「恥ずかしい」ということか。

俺のちんぽは最大硬度をマーク、完全に一番汁出し切りになった。

梯子を押さえている両手をスーーと伸ばし、

C子のさらしているスカートの中の太モモ~ヒップへと、

タッチしていったらどうだろう。

俺の頭の80%がその衝動に支配され、

踏ん張って残っている理性がそれを賢明に押さえている状態だった。

残りの二人、A子とB子は俺のポジションと目線の固定に、

気づいているのかいないのか何とも玉虫色の態度のようだ。

なにしろこの狭小スペースの中だから、女の匂いを放つ物体が、

俺の左右で蠢いているといった体感が正直なところだ。

このまま手を伸ばして、タッチに及んでも

ほんの2、3秒ならA子、B子には気づかれないだろう。

それよりも肝心なのは、果たして、

C子がどのようなリアクションをするかだ。

タッチしたとたんに、この特別限定密着サービス期間は、

C子の悲鳴と共に終わるのだろうか、

それともまるで安AVのようなヤリ放題乱交の幕開けとなるのだろうか。

みんなにも経験があるだろう。

仕事中にびんびんテントになって、

その状態で女の子と打ち合わせするというシチュエーション。

特に、男が立って、女が机に向かい、

男のテントがちょうど女の目線の上下あたりに来ているという状況。

しかし、濡れ濡れ爆破寸前、

テントびんびん丸出しでそのような状況になった人は稀だろう。

その前にいくら露出狂的な変態でも、

テント丸出し大公開ということ自体が到底できないも…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
久しぶりの痴漢体験
2017/08/22 19:49
2017/08/22 19:49
学生の時は、スカートの上からあそこを触ったり、スカートの中に手を入れたりしておりましたが、社会人になってからはあまり派手なことはしていませんでした。 最近、ときどき朝早く出勤しなければならないことがあるのですが、今年の春から早い時間帯にとてもかわいい高校1年生と思われる女の子が乗ってくるようになりました。 彼女の制服の娘は、ラッシュ時間帯に大勢乗ってきます。 だから、あえてラッシュをさけて通学しているのでしょう。 ショ?トボブで目がクリットしています。 小柄で、まだ胸もそれほど目立ちません。 スカートは膝丈で、ちゃんとパンストをはいており、学校指定の紺の靴下をきちんとはいている近頃見かけない娘…
妻と整体師
2016/10/05 14:05
2016/10/05 14:05
整体師に妻を寝取られたら天使が舞い降りた。 妻(32)俺(36)結婚して4年とすこし 妻は、スレンダーな巨乳タイプ そのせいも有って 以前から肩凝り持ちでいつも、痛い痛いと言っていました。そんな妻が近所の奥さんから良い整体が有ると聞いて 来ました。半年位前から通い始めました。1ヶ月か2ヶ月を過ぎた頃から妻の様子が、 おかしくなりました??  おかしいと言うよりは行動が1のパターン化してきました。木曜日は朝からテンションmax  金曜日は朝から整体元気良く出かけます (整体に元気良く出かけるのも笑)夜は必ず求めてきます。このパターンが、ここ数ヶ月続いています。 最初の頃は、土曜日 休みでゆっくり…
女社長に逆ナンパされて、ガードルストッキングを脱がし濃厚情事
2016/10/03 11:07
2016/10/03 11:07
その日は、土曜日で代々木校舎での講義を11時には終え、新宿の街に出掛け歌舞伎町の映画館前をブラブラしていると、グレーのスーツを着た四十路ぐらいのおばさんから「映画でも観るの」と声を掛けられたので「別に」と答えると「お茶でも飲もうか」と逆ナンパされた

喫茶店に入り席に着きましたが、しばらくはお互いに無口でしたが、彼女の方から「何をしているの」とかいろいろと聞いてきました。そのうち話は、私の女性経験とかHな方向に進んで行き、もっと落ち着けるところへ行こうと誘われるまま喫茶店を後にし、歌舞伎町の裏側のホテルへ入って行きました。



* 部屋に入るとすぐに彼女の方から抱きついてきて、唇を合…
【泥酔】凄く可愛くて巨乳の女性が泥酔してたから
2016/02/13 22:33
2016/02/13 22:33
先々週の金曜日に接待があって、終電で帰ってきました。 「明日も仕事なんすよ~」 と嘘ついて先に帰ったんですが、最寄駅に到着する寸前に電話が掛かってきて、ホームに出てからもあ~だこ~だと喋ってたんです。 やっと切って人気の無いホームを歩いていると、ベンチに女の子が横たわっている状況に遭遇。 これが泥酔女を持ち帰るシチュエーションか!と心が躍ったのは言うまでもありませんw でも実際その現場に立つと勇気が出ないもんなんですね。 意を決して 「大丈夫ですか?」 と恐る恐る声を掛けてみました。 年の頃は20代前半の割と大人しめな雰囲気の女の子です。 キュロットスカートっていうのかな…
パートの人妻に旦那のことを相談されているうちに…
2016/08/31 09:00
2016/08/31 09:00
私は都内の某大手スーパーチェーン店の係長をしています。
パートさんやアルバイトさんの面接も担当しています。
パートの女性は基本シフト勤務。それが原因で辞める人も少なくありません。
面接は慎重にかつ頻繁に行います。10代後半から50代くらいまで、いろいろな女性に会います。面接前に履歴書を送ってもらうので、事前に女性の住所・年齢・学歴・職歴などの状況はわかります。


面接では予定のシフト通りの出勤が可能かどうかを判断することは重要なポイントです。
家庭を持っている女性の場合は子供さんの人数や年齢を聞いて、状況によっては近くにみてもらえる両親などがいるかどうかも聞きます…
名器を持つ貞淑な妻が若い他人棒で膣イキ 1【寝取られ体験談】
2018/02/26 22:10
2018/02/26 22:10
清楚、貞淑という事が似合う嫁の由香に、初めて公認浮気のNTR体験をさせました。


これは私達中年夫婦の間に起きた実話です。

私の名前は亀太郎とでもしときましょうか

年齢は52才で会社役員をしている、めたぼおじさんです。


ペニスのサイズ勃起時10センチ弱

セックスは大好きで素人フェチ

じっくり時間を駆け落とすのが最高、ただ処女は苦手です。


ただこの頃、熟年夫婦の性の悩みとしてはありがちですが愛妻には勃起しなくなった。


前から寝取られ願望あり、妻とのセックスは寝取られを想像しながら、さらにバイアグラを飲みながらでないと興奮しない。


何度も、他人棒を妻を説得しましたが、願い…
私が高校生の時に目撃したスケバンの逆レイプ【JK・痴女】
2017/05/15 12:05
2017/05/15 12:05
これは20年程前、私が高校生の頃昔話です。 私の通っていた学校はガラの悪さでは有名な私立の高校で、特に女子のガラの悪さは有名で、不良が多いため女番もおり、不良女子の一部はレディースに入っているのもいました。 当時は、女番(スケバン)ブーム真っ盛りで、女子のスカートは長く、特に不良達のスカート丈は足首までありました。 ある日、女番達に一人の男子が体育館にある用具室に連れて行かれました。 それはM君という体の小さな気の弱いいじめられっこの典型のような男子で、いつも女番グループにいじめられていました。 用具室はステージとつながっており、私と友人はステージの暗幕に隠れて中の様子を見ていました…
【レイプ体験談】合鍵の隠し場所を知ったオレは、女子高生が一人でいるのを見計らい、家に忍び込んだ
2015/11/18 22:27
2015/11/18 22:27
ある朝、いつものように通勤路を歩いていると、同じ町内のかわいい女のコが制服を着て歩いていた。(かわいーなー!)そのコは、女子校に通う白鳥レナちゃんである。最近のギャルっぽい感じで、アイドルにでもなれるんじゃないかと思う程かわいかった。俺はそんな事を考えながら会社へ向かった。何日かたったある日の夕食中、お袋が、「今週の土曜、白鳥さんち海外旅行なんだってー。羨ましいわー。お父さん聞いてるの?」「あぁ」親父は興味なさそうに返事をした。「レナちゃんは、夏休みだけど受験あるから一人で留守番なんだって!あんたも見習いなよ」今度は息子の俺にとばっちりだ。 俺は次の夕方、会社から帰る途中にレナの自宅付近で…
看護婦さんのテスト
2016/10/15 17:05
2016/10/15 17:05
先週、入院しました。 1.2日間は、熱があり、死にそうでしたが、 3日目から絶好調。 個室だったので話し相手といえば見回りに来る看護婦だけ。 ナースステーションに用があったので、いってみると、 そこにはお気に入りだが、名前のわからない看護婦さんが。ここの病院は、白衣の上にエプロンをしていて、なぜかみんな名札は伏せてあり、 名前がわかりません。 お気に入りの看護婦は、顔はどうってことないんだけど、腰周りが悩ましい。 おれには嫁さんがいるんだが、「いただきてー」と思っていた(不謹慎だが)まあ、名前がわからないので、 「あのー氷枕交換お願いしたいんですけどー」と他人行儀に俺。 「あれーSさん。ナース…
俺のおっかさんシリーズver3【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/08 17:52
2017/09/08 17:52
「ただいま、あらアキラ君いらっしゃい」 「あっ…おじゃましています」 普通に母と挨拶を交わしたアキラ君は僕を見て少し微笑んだ 「まずいなんか変に意識しちゃうな、さっきまでエロい事を話してたから…」 「いいんじゃないすか…ストレス解消だと思えば、別に迷惑かけてるわけじゃないし」 本当はドキドキしているのは僕も同じだがあくまで冷静を装った 「どうぞ飲んでください」 母がソファに座る僕達へジュースを持ってきた、微かに女性特有の甘い香りを感じた 帰宅したばかりの母はスーツを着たまま おぼんからジュースをテーブルに置く母をアキラ君はまた先日のような鋭い目で見つめている、今度は僕が見ているのを承知のうえ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢・レイプ】ビデオ恐喝

・【乱交】二穴セックスでイキ過ぎて痙攣が止まらなくなった

・学年で1、2を争う巨乳に我慢が出来なくなって

・クラブでナンパした巨乳人妻を自宅に連れ込み中出しセックス 3

・おちんちんをさわらせる風習

・【熟女体験談】爆乳熟女店員の乳首まで見える胸チラを盗撮し、最高のオナネタとなった

・Gカップの義姉とラブラブ種付けセックス[前編]

・Gカップの義姉とラブラブ種付けセックス[後編]

・クラブでナンパした巨乳人妻を自宅に連れ込み中出しセックス 2

・【痴漢・レイプ】二人の男に嬲られる妄想

・中学時代に好きだった女子にカラオケで抜いてもらった話

・セックス嫌いな彼女を酔わせてイタズラ三昧

・クラブでナンパした巨乳人妻を自宅に連れ込み中出しセックス 1

・【人妻体験談】シミ付きパンティを売る素人若妻を動画撮影レイプ

・~亜美との出会い~

・偶然再会した後輩のお母さんと自宅で密会

・主人に月一、バイアグラとトノスで愛してもらっています

・【不倫】顔以外は最高の人妻にマスクを被せて[後編]

・男2女2で4Pしたら興奮しすぎてすぐに逝き、悲惨なことになった

・【衝撃】フ●ラして金稼いでる男だけど質問ある?

・綺麗でスタイルのいいお向かいの奥さんと淫靡な関係に

・【痴女との体験談】恭子の金玉潰し

・童貞なのに従兄弟と従兄弟の彼女と3P して即発射した

・~悦子との不倫~

・妻とのセックスの後には・・・

・【痴漢・レイプ】レディース集会編

・高校時代の数学の先生

・【痴漢・レイプ】ネットカフェ

・【人妻体験談】高校の合格祝いで息子と母子旅行に行ったら夜中に近親相姦レイプされた

・何喰わく顔して結婚する女部下