寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

職場のOLの生足やショーツで理性が崩壊しそうになった話

2017/10/17 02:02


ある日、俺の隣の書棚を3人の女が片付けていた。

引っ越しで書棚の整理が後回しになっていたのだ。

俺は急ぎの仕事があって、

机に向かっていたが、

書棚に向かって作業している3人の尻が

俺の30センチくらいの位置で行ったり来たりしていた。

脚立に上った女の尻の割れ目に食い込んだラインや、

ミニスカから微かに浮き出るパンティーラインなどが

イヤでも目に入ってくる。

もうそれだけで激しく勃起状態になり、

机にぴったりと座っていないと、

あきらかな巨大テントがバレそうなほどだった。

さらに女たちのコロンや体臭の入り交じった香りが充満して、

今思うと少し理性があぼーんしていたような気がする。

仕事が片付いた。

俺は手伝う必要はないのだが、

「書棚整理、手伝うよ」と申し出る。

普通に考えると、こんな狭いスペースで「手伝う」と言われたって、

女の中に男が入ってぎゅうぎゅう詰めに近い状態になるわけだし、

「結構ですぅ」ということになるのだが、

なぜかその時、すんなりと「おねがいしまぁぁあぁす」ということになった。

たぶん、女3人も揃ってドヨヨンとした生理状態だったのだろう。

しかも俺はその時、断られるなど全く眼中にないほどハアハアしていて、

その勢いに何かを感じ取っていたのかもしれない。

その日は真夏の暑い日差しが仮住まいの狭いオフィスに差し込み、

社員全員なんだかクラクラして気怠い汗が流れ、

俺はさらにチンポ汁がたらりと出る日だった。

彼女たちにも、たらりとまんこ汁が流れていたに違いなく、

汁とコロンが入り交じった匂いが強烈に脳内を刺激した。

そんなエロいことばかりが充満している精神状態でいながら、

勃起状態をなんとか少しなだめて、

目立たないようにそっとポジション移動しながら、

3人の女の中に入って作業に加わった。

その仕事については、ちょっと説明しにくいのだが、

狭いスペースながら、4人でそれなりに連携しなければできない作業で、

密着状態で作業することになる。

詳しく説明すると、職種と会社が特定されるおそれがあるので、

まあそういう仕事があると思ってください。

密着状態になるから、通常は男が作業するときは女は控える、

女が作業するときは男は控える、というのが暗黙の了解事項だった。

前述の通り、その原則が夏の狂った果実のようにさりげなく破られ、

真っ昼間から男女4人が乱交パーティのように堂々と密着する仕事が、

さりげなく始まった。

4人とも至極当然のように各自位置に着き、ロボットのように作業を開始。

彼女たちは能面のように冷静さを装っていたが、ほんの微かだが、

淫猥なオーラがうっすらと表情と全身に浮かんでいるのを俺は微妙に感じていた。

作業スペースに入れば、そこは芳香を放つ女体の密林。

どんなに痴漢でも、

満員電車で三方に女体が密着するようなことは、滅多にないだろう。

もちろんこれから乱交が始まるわけではない。

あくまでも仕事上の作業だから、皆冷静な佇まいで、

さてどこから手を付けるかと、顔を見合わせた。

まずA子に梯子に上るように指示。

上る際、俺は梯子に両手をかけて揺れないように固定する・・・

ように見せかけて、A子のぴんぴんに食い込んだパンツの尻の溝を凝視。

きわめて小声で、

「ああ、そんなに食い込ませたら、おまんこに縫い目が食い込んじゃうんじゃないかなぁぁぁぁぁ?」

と、誰にも聞こえないように言うと、

右にいたB子が「え?」という顔をした。

B子のTシャツに包まれた形のよいバストの先端は、

俺の肘にあと数ミリでつんつんしそうだ。

もう一人のC子は、俺のやや左側でしゃがんで片付けをしているが、

ちょうど彼女の頬のあたりが、俺のチンポの先端部分と直線数センチで繋がる位置。

この時点でもう巨大テントびんびん物語になっているが、

わからないようにポジション変更するのはやめた。

バレたらバレたで、「よーくみるがいいがははははは」という心境だったし、

実際平常時に戻すのはほとんど不可能なほど、ぎんぎんだったのだ。

もう自然に腰が動いてしまい、C子の頬にぼよよんした感触をお見舞いし、

B子のオパイにふにゅにゅと接触するのも時間の問題と思われた。

目線はA子の形のいい尻とおまんこに繋がる部分を下から舐めている。

「交代してぇ」と言いながら、A子が梯子から降りてくる。

俺は降りきる直前にA子の腰のあたりを両手で支えてあげた。

腰のあたりと言っても、

太モモと腰骨の中間あたりのフニュとした部分だから、結構いやらしい。

触るとぴくぴくした反応があって、

ジーンズ越しだがA子のお尻とサイドの部分の感触が楽しめた。

「じゃ、次は私」と、今度はB子が梯子に登ることになった。

彼女はミニスカなので、俺は一瞬「いいの?」

という表情で彼女を見たが、B子は平然とした顔をしていた。

その態度から、

「どうせ、下からショーツ見るんでしょ、いいわよ、いいわよ」

と言っているように、俺は勝手に解釈した。

俺はパンチラにはたいして興味はないが、見れるものなら見ますよ、

というのは男の98%に共通しているだろう。

少しフレアーがかったジーンズのミニスカを履いたB子は、

梯子を上へと上っていった。

ミニスカの裾が俺の目線より上に行くと、

先ほどのように両手で梯子を押さえた。

夏場だから、パンストなしの純正ナマ足が上へと上っていく。

海にでも行ったのか、小麦色に日焼けしたつるっとした感じのB子の足。

スカートが隠していた太モモがもろに見え始めた。

普段なら階段とかでこのようなシチュエーションになったら、

さりげなく上目遣いに見る小心者行動なのだが、

もう堂々と視線を熱く上空一点にとらえた。

その先には、期待通りB子の黒いショーツを履いた尻が迫っていた。

意外と普通のショーツだ。

ただ右の方の部分が尻の割れ目の方に食い込み気味になっていて、

片方のみTバック状態に近くなっている。

こんなに食い込んで気にならないものなのか。

ビキニの日焼けあとがモロにわかった。

俺は梯子を両手で押さえ、上空を見上げている。

その先には、ウォッシュアウトのフレアのミニスカを履いたC子が、

普段見られてはいけないアングルを晒している。

俺の目線のほんの7、80センチもないあたりに、

C子の黒いショーツを穿いたヒップが広がっているのだ。

この距離だと肌のキメまではっきりわかる。

ほくろや小さなできものまで判別できる。

もう少し露骨に鼻先をのばせば、

まんこの匂いまで嗅ぐことができそうだったが、

さすがに観察に重点を置いた。

C子もさすがに、下からの視線をびんびんに感じていただろう。

通常は、片手でスカートを押さえて隠すとか、

「イヤーン、見ないで」とか半分冗談めかしく、

結構マジに抗議するものだが、そういった行為は一切無かった。

おそらくそうした行為は、

返っていやらしい雰囲気になると思ったのかもしれない。

いや、または、もっと萌える想像をすれば、

「この際見せちゃえ、見せちゃえ、年に一度の大開放特価市、ショーツ付きだけどモロケツ丸出しよ、しかも右は食い込みだぁ。どうだどうだ、ついでに匂いも嗅いでみぃ」

と思って開き直ったのかもしれない。

などと、妄想にふけった瞬間、

C子の右手がスカートの方に伸びた。

「ああ、やっぱり、隠すのだろう」と、

俺の楽観的な想像はやはり現実的ではなかったのだと、諦めかけた次の瞬間。

C子の右手はスカートの上ではなく、

スカートの中に滑り込み、

さっと黒いショーツのケツのアナ寄りの食い込みに伸び、

尻の丘をショーツが正常に覆うように修正すると、

手はさっともとの前方に戻った。

見られるのはイイが、食い込みは「恥ずかしい」ということか。

俺のちんぽは最大硬度をマーク、完全に一番汁出し切りになった。

梯子を押さえている両手をスーーと伸ばし、

C子のさらしているスカートの中の太モモ~ヒップへと、

タッチしていったらどうだろう。

俺の頭の80%がその衝動に支配され、

踏ん張って残っている理性がそれを賢明に押さえている状態だった。

残りの二人、A子とB子は俺のポジションと目線の固定に、

気づいているのかいないのか何とも玉虫色の態度のようだ。

なにしろこの狭小スペースの中だから、女の匂いを放つ物体が、

俺の左右で蠢いているといった体感が正直なところだ。

このまま手を伸ばして、タッチに及んでも

ほんの2、3秒ならA子、B子には気づかれないだろう。

それよりも肝心なのは、果たして、

C子がどのようなリアクションをするかだ。

タッチしたとたんに、この特別限定密着サービス期間は、

C子の悲鳴と共に終わるのだろうか、

それともまるで安AVのようなヤリ放題乱交の幕開けとなるのだろうか。

みんなにも経験があるだろう。

仕事中にびんびんテントになって、

その状態で女の子と打ち合わせするというシチュエーション。

特に、男が立って、女が机に向かい、

男のテントがちょうど女の目線の上下あたりに来ているという状況。

しかし、濡れ濡れ爆破寸前、

テントびんびん丸出しでそのような状況になった人は稀だろう。

その前にいくら露出狂的な変態でも、

テント丸出し大公開ということ自体が到底できないも…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【姉との告白体験談】 ねぇちゃん!出ちゃうよ!4
2016/07/18 07:19
2016/07/18 07:19
前編:ねぇちゃん!出ちゃうよ!3ねぇちゃんから久々にメールが来たと思ったらコレ。「暇かいな?」 なんかもっとこう「元気?」とか文章ないのかよ!「まぁ…暇」という返事を返すと電話が。なんだかアパートの自分の部屋を変えたいとの事。それには絨毯買ったり、カーテン取替えたり、ベッドシーツ替えたりといろいろやりたいとの事だった。新しい小物入れやなんだがカーテンレールが欲しいとの事で2人でホームセンターへ。「おっ!コレいくない?この柄いいんじゃない?」「それイヤ」 おぃ!見てから言えよ、見ないで言うな!「この小物入れは?結構デザインよくない?」「あぁそれダメ」 だから見てから言えっーの!そんなこんなで…
【近親相姦体験告白】母親との近親相姦を告白します。  ■近親相姦体験■
2016/01/03 16:27
2016/01/03 16:27
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火)10:57:26.17ID:qSSjVOndO需要あれば書く。 20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火)11:01:44.29ID:qSSjVOndO母親のスペックはFカップでくびれてる。 背157くらい。 正直かなりの美人。 乳離れできずに小学生まで寝てるときにおっぱい吸ったりしてた。 中学になってさすがに一緒に寝れないので夜中起きて母親の布団に入っていたずらしていた。 34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火)11:05:28.36…
美術部の顧問は、2人の淫乱人妻教師
2016/09/22 06:00
2016/09/22 06:00
初めまして、僕は高2の健太です。
今通っている高校は、もともと女子高だったのですが、数年前から共学になり、家から近いということで、この高校に入りました。男は、校内で3割ぐらいしかいません。
1年の時のクラスは、男は僕1人であと23人は女です。僕は人見知りするタイプで、女性も少し苦手でした。「いいよな~男お前1人だろ?でも、お前大丈夫か、1人で」と、友達も僕の性格を知っていたので心配していました。


僕「しょうがないよ。何とか適当にやるよ」
そう言いながら廊下を歩いていました。

休憩時間になると廊下のあちこちで、部活の勧誘が始まります。
友達2人は、陸上部と剣道部…
【姉との告白体験談】失禁姉 渋滞車内のおもらしに興奮  ▲近親相姦体験▲
2015/11/28 16:18
2015/11/28 16:18
「まだかな?サービスエリア…」焦れた感じで姉志織が父に尋ねる。「そうだなあ、この渋滞だから少なくともあと30分は覚悟しなきゃならんぞ」「我慢できそうにないの?志織…」母絵里が心配そうに姉に聞く。「ううん。大丈夫…」そう言いながらも、姉は顔をしかめ、体をよじらせた。(あんなに冷たいものばかり飲んでりゃ、そりゃあなあ…)家族で伊豆の別荘へ行った帰り、渋滞にはまってしまった。夏も終わりの頃であり、そんなには混まないだろうとの予測でいたが高速で事故があり、その処理に時間がかかっているらしい。実は家族とは言っても、父と母は再婚どうしで姉は母の連れ子である。母絵里は18の若さで志織を身篭ったが、25の…
悦子日記 一人エッチ オナニーの日々・・・
2015/10/05 14:05
2015/10/05 14:05
悦子日記 一人エッチ オナニーの日々・・・夫が病死して、それを追っかける様にして娘が病死しました。 夫との生活は、暴力に耐えていましたからそれなりのあきらめも有りましたが娘の病死は・・・。 娘が孫を生んでから病死しました。 私の分身とも言うべき立場でした。 それなりの苦労をしましたが、娘の成長だけが楽しみでしたから。 生まれた子供は婿の実家へ引き取られました。趣味の会やコーラスに出かけましても結果を聞いてくれる人がいません。 他人様にいろいろの事を聞いていただいてストレスが発散します。 娘はすべてを許してくれる相棒でした。悦子が初めてオナニーを経験したのは中学生になってからでした。 ボーイフレ…
【不倫】お嬢様とお兄様とお母様
2017/03/16 06:00
2017/03/16 06:00
最近、お嬢様学校の高校生の間で『お兄様』を持つことが流行っているらしい。長男の場合はもろに受験の厳しい高偏差値校に入れてしごかれるが、長女なら受験よりもゆとりある良い娘にと、エスカレーター式のお嬢様学校に入れられやすい。だからお嬢様には実兄がいないことがほとんどだ。 『お兄様』とは、東大などの学生アルバイトの家庭教師の事だ。最近の東大生は裕福層の出が多くてマナーが良いので、そういった面の躾も期待されている。彼女らが「私のお兄様」と言うと、多くの場合、処女を捧げてお兄様の童貞を喰うことを意味している。もちろん両親には秘密の関係を維持していることが多い。 お兄様とならお嬢様…
別居状態の人妻に生で挿入、かなり気持ち良い【エッチ体験談】
2015/12/17 18:20
2015/12/17 18:20
独身彼女あり・20代後半・中川家の兄をカッコ良くした感じらしい 相手 20代後半・既婚子有・写メ見た感じは目が大きくて遊んでそうな感じ 「話したい」ってプロフに書いてたので、 テキトーに送ってみるとすぐに返事が来た。 他愛もない話を10通ぐらいやり取りしていたところ、 「相談に乗ってほしい」とのことで面接決定。 お互いの家の中間にあるショッピングモールの駐車場で 18時に待ち合わせ。 仕事の関係でこちらが少し遅れての到着だったが、 LINEの電話で難なく合流。 一目見た感じ、余裕で可食範囲。 挨拶もそこそこに済ませ、飲み物を買って近くの公園へ。…
妻のオマンコは既に黒アワビ化しているが、今でも最高のオマンコだ
2016/04/13 00:00
2016/04/13 00:00
風6号の影響か?・・・風は、まだかなり強い。

昨日の37.3度と打って変わって・・・

今日はかなり涼しい。26~27度くらいか。

少し温い温泉に浸かっても汗が余り出ない。

湯から上がって強い風に当ると少し寒いぐらいだ。

13時過ぎに入ったが・・・

男湯は内湯も露天も誰もいない。女湯も音がしない。

一番奥の座敷で熟女達の話し声が聞こえた・・・

ここはとある温泉の立ち寄り湯。

月に最低でも1度は温泉に入りに来ている所だ。

古い日本旅館なのだが泊まれる部屋は5つしかない。

こじんまりとしているが中々風情があって・・・

特に露天風呂が良いのだ。

源泉掛け流しで、すぐ側を有数…
【53歳熟女との体験談】五十路の美魔女車校教官は青姦が大好き!!(その1・無人島で全裸の教習セッ
2017/09/16 00:54
2017/09/16 00:54
とある夏の日、自宅駐車場に停めてあったマイカーのフロントワイパーに何かラブレターっぽい手紙が挟まっていた。 以前、セーフティードライビング教室でお世話になった五十路の女教官でセフレとなっていた秀子さんからだった!! 電番はもちろんメアドも住所まで教えており、あの日以降、冬にもラブホで2回絡み合った。 手紙を開けてみると、なんとどこかの浜辺で彼女の赤いふんどし一丁の裸海女姿の写真が入っていた。 妙にキマっている♪ しかしメッセージは入ってないので、彼女に連絡をしたら、「しようよ!!」の返事だった。 待ち合わせ場所は、人里離れた海辺の岩場。 到着して秀子さんの車はあるものの、彼女の姿…
男3女3で飲んで酔っぱらってした時の話【エロ体験談】
2017/10/10 12:10
2017/10/10 12:10
男3女3で飲んで酔っぱらってした時の話なんだが、Aが酔っ払って女3人にお前ら巨乳だよなーサイズは?wwとふっかけた。
女たちはCカップ、Dカップ、Eカップらしい。

CカップのC子は顔は一番、DカップのD子はスタイル一番、EカップのE子はノリが良く性格一番って感じ。

E子が俺達にむかって次は君達がチン長を・・・wwと笑いながら言った。

Bが測ったことないと言うとE子が男ってみんな測るもんでしょと俺に聞いてきたので、たぶんと答えた。


俺を見ながらC子が何センチ?と言ったので忘れたwwと言ったらD子に嘘つけwwと突っ込まれE子が元カレは14センチと暴露。

E子の元カレは同じ大学だったので…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・炬燵で逝かされて【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・初めてハードな王様ゲームをした話

・アダルトショップの横でドM痴女に遭遇したから聞いてくれwww

・30歳にして援交相手で童貞を捨てる俺……

・【近親相姦体験告白】叔母の家で

・【不倫】旦那以外の中出しを“汚染”と評した不倫主婦

・魔女との王様ゲーム

・桃子

・先輩カップルと初めてのスワッピング乱交

・【近親相姦体験告白】叔母と撮影会

・怖いけど最高【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・小6の時に

・床上手なデブおばさん

・帰省すれば抱かれるのはわかっているのに…3【人妻体験談】

・【近親相姦体験告白】結婚式のあと従妹と(3)

・ジェットコースター

・小4の夏。

・祖父

・義理の母と…

・妻が人身事故おこして被害者に脅されセックスしていた。。。

・アソコを見せながらフェラしてくれた処女の新人OL

・★前付き合っていた女の子とのお話

・人妻はコーラビンより大きなあれが大好き

・帰省すれば抱かれるのはわかっているのに…2【人妻体験談】

・【近親相姦体験告白】結婚式のあと従妹と(2)

・美樹さんとの約束

・小5の夏休みに

・会社のイケメンに誘われて浮気しちゃいました。。。

・援交希望の貧乳人妻と激安中出し&AF!

・帰省すれば抱かれるのはわかっているのに…1【人妻体験談】