寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

天使

2017/10/15 22:28




前話、再婚した友人・完結編 太郎とユウタの父子旅行


太郎(再婚当時33)は前妻礼子に逃げられ、ユウタが残された。
その直後、同級生の真梨子と子連れ再婚して1年。(礼子とも普通に話せるようになったが、礼子はヨーロッパへ移住した)
夏休みには箱根へ家族旅行に行き、宿で「私たちの子どもを作りたい」と真梨子から言われ、中だしをした太郎だったが・・・

【太郎、散々な長期出張】
旅行から帰ったあとも、俺と真梨子は子作りに励もうとしたが、四国の営業所で内紛がありスタッフが集団退職。一時的な人手不足のため、四国へ1ヶ月の長期出張をすることになった。ユウタと二人暮らしの時、会社に散々迷惑をかけていたので、断れなかったのだ。
四国から北東北だと、週末の帰省も難しかった。新幹線だと丸一日かかるし、飛行機は乗り継ぎの便がよくない。結局、ずっとビジネスホテル暮らしに。
で、出張最終日。倉庫で荷物の整理をしていると、OLの三香(22)のミスで脚立から転落。脚を骨折、腰も痛めた。
四国の病院に10日間入院した後、車椅子に乗って地元に戻る。
恐縮した三香が付き添いを志願してくれ、会社は三香を出張扱いにしてくれた。三香の両親と所長がポケットマネーで普通車との差額を出し、生まれて初めて新幹線のグリーン車に乗ったが、駅から地元の病院に直行して即入院。
真梨子や子どもたちとは病院で再会と言うことになってしまった。

【楽しい(?)入院生活】
「遊んでくれないの??」という不満げな様子を見せた子どもたちの姿に三香はショックを受け、出張と休暇を足して滞在可能な4日間はほぼ付きっきりだった。
(三香とは1ヶ月一緒に仕事をして、バカなことも言い合える仲だった。移動の際も肩を借りたりしているし・・・)

二人部屋には同室者も居らず、半個室状態。多少暑めなので、三香は薄着で過ごしていて、体に貼り付いているTシャツからブラ紐が透けるのとか、ジーンズ越しに丸く膨らむ尻とかが気になる。
「暑いでしょ?」と三香が布団を剥いだとき、俺の逸物は天を仰いでいた。
「えっ、どうして?」三香がびっくりした声を上げる。
「三香の体が気になって・・ここ10日以上抜いていないし、三香のでかい尻とか色っぽいし」と冗談交じりに言ったら
「すみません、私がドジしなければ、今頃は奥さんと・・・あの、手で良ければ・・いいですよ」
そう言うと、三香はズボンの上から逸物を捏ね、おもむろに取り出した。
素手で直接触られるだけでぞくぞくした。
「意外と早く逝っちゃうかも」「本当・・?。うん、早くしないと看護婦さん来ちゃうしね」
三香は、俺の逸物を強めに握ると、擦りだした。。。2分ぐらい経った頃
「逝くよっ」「はい」三香が逸物の先にティッシュを当てると、白濁液がこれでもか、と言うぐらい出てきた。
後始末の後「お役に立ててよかった」と、軽いキスをしてくれ、逗留先のホテルへ帰っていった。
その後3日間、朝夕と一日2回抜いてくれて、服の上から胸や腰、尻を触らせてくれていたが、3日目からは生バストを触らせてくれた。
礼子のような、小さくて張りのある胸を揉み、乳首を捏ねると「あんっ、だめ。欲しくなっちゃう」と鼻を鳴らした。
最終日の最後の手コキでは、途中からしゃぶってくれて、口の中に発射。
「また四国に来てね。今度はHしようね」とお別れした。

その3日後。何と、前妻礼子が見舞いに来てくれた。ヨーロッパの旅行会社に行ったのでは?と尋ねると、日本の旅行会社と折衝するため来日し、思ったより早く済んだので、休暇を取って弟の卓也君に厄介になっているとのこと。卓也君とは礼子の渡欧後も親しくしていたが、さすがに気を利かせて礼子来日を伏せていたのだろうか・・・
(卓也君は、礼子が渡欧直前、俺と横浜で逢っていたことは知らない)

「ねえ、溜まっているでしょ」といきなり礼子は布団を剥いで、逸物を取り出し、捏ねた。
「やっぱり、日本人のは固くていいわぁ?」
「固いって・・・向こうの人としたの?」
「うん。現地の人ってどんなモノなのか試してみたくて、一度だけ取引先の妻子持ちの男の人と・・・・」
俺は、小柄な礼子が金髪で毛むくじゃらの白人に貫かれている姿を想像し、逸物はいっそう固くなった。
「向こうの人のって、大きいけど柔らかいのよ。それに、前戯に2時間も掛けるから、疲れちゃった」そう言いながら、慈しむように逸物を捏ね、いきなりくわえた。
「礼子、そろそろ看護師が・・・」「出していいよ」「礼子っ」俺は礼子の口の中にたっぷり出した。
礼子は無理矢理飲み干した後「やっぱり日本人はあっさりとお茶漬けね」何だそりゃ。

その礼子、毎日来ては入り浸るようになった。真梨子とかち合うこともあるが、その時は俺を差し置いて雑談。
世間話の中で、ヨーロッパの暮らしは思ったよりも大変で、永住するのも・・・、ということが話題になっていた。

それにしても、いくら三児の母親だとは言っても、真梨子はどうしてこんなに冷たいんだ?
ふと俺は気になった。車で10分。いつでも来られるのに・・・
病室で手コキやおしゃぶりまでは期待するほうがおかしいとして、朝夕とも短時間で帰ってしまうし、時には結奈を頭に子どもだけバスに乗って来るときもあった。(子どもだけで行くと、お駄賃が貰えるらしい)

そんな不満を礼子に言ったら「3人のママじゃ大変だもん。外科のお見舞いなんてこんなものよ。それより、体拭いてあげようか」と、体を拭きながら逸物を捏ねたりしゃぶったり。何回も発射させられた。
もちろん(?)服の中に手を入れる形ではあるが、生乳も触らせてくれた。
帰国前日の午後、礼子はフレアのワンピースでやってきて
「ねえ、さっきトイレで濡らしてきたの・・・」と逸物をしゃぶって立たせた後、ベッドの上の俺にまたがって、合体した。もちろん、ノーパンだ。
久々の女性の感触に、逝きそうになるが、中に出すわけにはいかない。
「礼子、もっとゆっくり。逝っちゃうよ」
「ちょっと我慢して、すごく気持ちいいの。」そう言うと、礼子は自分で腰を振り始めた。服は着たままである。
「んんんっっっ、あっ。。。逝っちゃった。やっぱ固いのはいいわ。太郎も中で出していいよ」
「おいおい、冗談きついよ」
礼子は、ベッドの上から降りると、俺の逸物を手で扱きだした。
一方で、俺の空いた手をスカートの中に誘導して、局部を捏ねるように促す。久々の礼子の局部は大洪水になっていた。クリを擦ると、「んんんっ」と快感をこらえている。その表情に、俺は逝きそうになった「礼子、逝くよ」「いいよ」「おおおおっ」
後始末の後、礼子は俺に覆い被さってディープキス。

「太郎・・やっぱりあなたが世界で一番好き」
帰り際に礼子はそう言い残して、ヨーロッパに旅立った。

それから数日経った10月末、待ちに待った退院。楽しい入院生活だったが、それとは別格の楽しみ、帰宅。そう、真梨子とは2ヶ月間ご無沙汰していた。
今日は徹底的に真梨子を・・・・・・それだけで逸物が立ってきた。

【真梨子と寝室・・・!】
真梨子が迎えに来て自宅に帰り、荷物をほどいたりするが、どうも真梨子の様子が普通ではない。何か沈んだ感じだ。
帰ったら寝室に連れ込んで押し倒そうと思ったのに、とてもそんな雰囲気ではない。(脚が完全に治っていないので、力ずくというわけにもいかないし)
学校から帰った子どもたちと喋ったり、食事、お風呂と淡々と時間が過ぎていく。
夜10時。子どもたちはそれぞれの部屋に入った。夜10時以降、両親の寝室に用事のある子どもたちはノックをすることになっているので、やっと夫婦の時間。
寝室の片隅にあるソファに腰掛けて、真梨子に隣に座るように促すが・・・・

真梨子は突然「太郎、ごめんなさい・・大事なお話が・・」俺は胸の高鳴りを感じた。
「真梨子、どうしたの」・・・「これを見て!」真梨子が取り出したのは、妊娠検査薬。
窓にはくっきりと赤い帯が。真梨子は妊娠していたのか・・・
「やったぁ、赤ちゃん出来ていたの??、どうして隠していたの?」

「それが・・・・ごめんなさい。あなたの子どもじゃないの!」そう言うと泣き崩れてしまった。
「真梨子!!」俺は怒鳴った後、怒りをかみ殺して「どういう事?本当なのか?」
俺は口から心臓が飛び出しそうになった。

「真梨子、何でも話してみてよ。」

【真梨子、衝撃の告白】
夏休み、俺との子作りは失敗したみたいで、9月に入ってすぐに生理が来た。
(確かに、その後には真梨子とHしていない)

で、9月中旬。昔の同級生が集まるというので、真梨子は(太郎の)おふくろに子どもを預け、出かけていった。
男女合わせて20名ぐらいの和気あいあいとしたメンバーだった。
貧乏時代は同窓会なんてとんでもなかったので、皆、久しぶりの顔ばかり。
普段、家事に追われていることから開放的になり、飲みつけない酒を飲んで、気分が良くなったのだが・・・。
いつの間にか、店を移動していて、昔かっこよかったツッパリのシンジとコウジと3人で喋っていた。そこでも酒を飲まされているうちに記憶を亡くして・・・

気がついたら、股間に違和感を感じていた。真梨子が居たのはラブホテルの1室。全裸で仰向けにされ、シンジが真梨子を貫いていた。抵抗しようとするが、手を押さえられていた。
「おい、まりちゃんのお目覚めだぞ」と、背中からコウジの声。
ここで真梨子は正気にかえった。私、どうしてこんな所でHしてるの?
「ちょっと、やめてよ」と大声を出すが、すぐに口をふさがれた。
それよりも、股間を貫いているシンジのピストンが気持ちよくて、喘ぎ声が出てしま…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
未亡人の先輩OLと
2017/03/01 14:19
2017/03/01 14:19
俺の先輩Oさん。 ちっこくて童顔で、華奢で、2個上くらいかと思ってたら、実は7個も年上で驚いた。 Oさんは結婚歴があり、俺が入社する前に「旦那さんは病気で他界した」と他の先輩から聞いた。 仕事中、タイトスカートの尻がプリンクリンッとしてて、かなりそそられてた。 旦那さん亡くなって彼氏も作らないという噂だし、もしかしたら溜まってんじゃないかなーとか妄想してた。 仕事もできるし、気さくだし、可愛いし、気に入られるために俺は相当努力して心を開かせて、股も開いてもらった。 その行程は長いし、皆興味も無いだろうし、エッチする関係になってからの話にしよう。 ただやっぱり、1度エッチの味を知っ…
【痴漢】痴漢を稲川淳二風に語る
2015/12/29 22:31
2015/12/29 22:31
これは電車の中の話なんですけどね。 アタシの前にキレイな女性が立っていたんですよ。ええ。 それでアタシはキレイだなー、触りたいなー、なーんて思ってましたけどねぇ。 その時アタシね、閃いた。閃いたんだ。 ああ、これは霊の仕業にして触っちゃおうと。 それでアタシは息を殺して・・・ さわさわー、さわさわー、とその女性のお尻を触ったんだ。 でもね、なーんかおかしい、なーんかおかしい。その女性ね、モジモジしだしたんだ。 そこでアタシはピーンときた。 ああ、これは感じちゃってるんだと。 ええ、根拠なんてありませんよ。あるはずないじゃないですか。 だからね、アタシは女性に向かって言ってやったん…
先輩OLに口説かれて中出ししてしまう新卒社員
2016/06/18 00:16
2016/06/18 00:16
今思えば歌手のアリアナ・グランデを黒髪にしたら雰囲気似てそうな彼女だった。

当時27歳、名前は『有里』にしておこう。

俺は、当時新卒の23歳になったばかり、仮に『誠』としておこう。



入社時の新人教育担当だった有里は、バリバリに仕事ができて、もし社内の男が声を掛けても絶対振られると言われていた。

俺たち新入社員は、そんな有里先輩に叱咤激励されながら仕事を覚えた。


さて、そんなお盆休み。

たまたま街でショッピング中の有里先輩を見かけたので声をかけた。

お盆休みは帰省している仲間も多く、俺のように残っている人間は地元がここか、あるいは帰らない人間だった。

どうやら有里先…
旦那のチンポは標準だと思っていたのが下の下だった
2017/04/10 23:00
2017/04/10 23:00
  

  結婚して5年目の29歳になる主婦で、家族は2つ上の旦那と年少の長男の3人ですパート勤めをしていますが、そこで同じ年代の2人と仲良くなったのは良いけど、2人に調子よく引きずり込まれて、今まで旦那以外の男性を知らなかったのに、一気に4人の男性(学生2,フリーター1,社員1)とやっちゃったうえ、女3人、男4人での乱交という、普通では考えられない事をしちゃいました乱交で、4人の男から代わる代わる犯されて、知らなかった快楽に痺れた他、今まで、旦那のおチンポは標準だと思っていたのに、実は小さかったと知った処女を旦那に捧げた時、旦那の固いおチンポで、処女…
高校1年の宿泊訓練
2017/01/06 21:01
2017/01/06 21:01
20世紀末、 高校1年5月、宿泊訓練が行われた。 夜、班ごとに何か催し物をすることになり、僕の班は仮装をすることになった。 「上條、お前女装な」 小柄で華奢で気弱な僕は、女装をすることになった。服は同級生女子の中学の制服を着ることになった。大きな部屋で、催し物が行われることになった。 「上條、M字開脚で座れ!!」 「え、でも、スカート穿いてるし」 「盛り上げるためだ。M字開脚しろよ」と脅された。 僕はブリーフだった。 僕の番になり、全員が見ている前で、座ってM字開脚をした。 全員が大爆笑。女子達も笑って見ていた。 戻ると「冗談で言ったのに、マジでM字開脚するとは思わなかった」と言った。風呂の時…
【姉】バイト先のお姉さん 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/27 19:54
2017/07/27 19:54
学生の片想いだから時間はゆっくりとしてて告白とかそういった事はあんまり考えられなかった。 一緒に仕事してるだけで凄く楽しかったしね。 彼女は火・金・土・日のディナーで入ってたんだけど暇なおいらは夜は一週間のうち6日はそこのバイトに通った。 無論火・金・土・日なんて店長にイラネって言われた日以外は絶対に外さなかった。 OJTも終って仕事中はあんまり話せなかったけどたまに来る上がりの時間が一緒の日が凄く楽しみだった。 ちょっとした時間だけど色々と話せたからね。高校の頃に付き合ったことはあったらしいけど今は彼氏がいないことも確認した。 一人暮らしをしている彼女の家は結構俺の住んでるア…
【妹との告白体験談】 妹レイプ2?処女厨童貞くんの妄想
2016/06/17 06:49
2016/06/17 06:49
2013/02/09 01:48┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者丁度10年前の私が高校二年の夏休みのことです。17歳でした。東京の大学に行っていた兄がお盆の帰省で下宿先から実家に帰ってきていました。その時、父が三泊四日で旅行で出かけ母は入院していて、兄と二人だけになりました。その時にレイプされました。父や母が留守の時は今までもありましたがこんな事は初めてです。まさかこんな事になるとは思わなかったです。その夜は、兄と二人で食事をしながら酒やビールを飲んで酔い過ぎたのですね。飲んだ高校二年のわたしが、兄に絡んだのですよ。着ていた服が薄着で肌の露出が多めだったようです。兄も20歳…
【JDエッチ体験談】バイト先に来た天真爛漫JDを押し倒して、喘がせてみた(後編)
2016/06/08 16:00
2016/06/08 16:00
これ以上がダメなら抵抗するだろう。 しかし美幸は腕を俺の首に廻して、積極的に舌を絡めだした。 俺はもう止まらない。 そのまま美幸の胸に手をやる。 憧れていたDカップ以上はある豊満な胸は服の上からでも柔らかさを感じた。 左手を美幸の首の後ろに廻し右手は美幸の左胸を強くもんだ。 すると美幸は「あ・いや」と顔を背けた。 やはりダメなのか?俺が右手の動きを止めると美幸は「やめちゃいやだ」とまた顔を背ける。 感じていたのか。 ならばと再び胸を揉みしだく。 美幸は「あん・う・あ・・」 と微かにあえぎながら、必死に声が出ないように自分の手で口を押さえていた。  そのしぐさがまた欲望…
【母親との告白体験談】 母校の大学の乱交サークルの話
2016/06/02 17:19
2016/06/02 17:19
俺の大学は私立の大学だった。大学非公認のサークルがいくつもあった。その中の一つのサークルの話です。そのサークルはいわゆる出会いサークルで、「様々なイベントを通して親交を深め充実した大学生活を?」みたいなキャッチフレーズをかかげていた。イベントとして夏は海へ行ったり、冬はスキーへ行ったりいろんなイベントがあったが、そういうのは連休や長期休みにあるのが殆どだったそれ以外の時はだいたい合コンをしていた。毎週金曜日はほぼ合コンが必ずセッティングされていた。合コン相手は、他校の女の子が多かったが時にはスッチーなどともやった事がある。そして、合コンでは女の子に飲ませるお酒に薬を混ぜていた。この薬が忘れ…
出会い系で知り合った人妻熟女とラブホ直行できた話
2017/04/28 00:44
2017/04/28 00:44
42歳人妻と出会い系で約束・待ち合わせでラブホ直行。


俺(172cm)より背が高い。

笑顔で迎えてくれ腕を組むとDカップは嘘でないことが肘で解った。


ささやき交わしながらラブホまで歩く。


「出会い初めて?」
「そう。

ドキドキしてるの…来てくれないかと心配で」
「どうして俺に決めたの?」
「最後の2人で迷ったんだけど、言葉遣いで優しい人と思ったから。

でも逢ってみてやっぱり優しい人で良かったわ。」
目当てのラブホがあるようで誘導される。

ラブホのシステムに戸惑う俺をさりげなく誘導し部屋に入る。

こちらも余裕のあるところを見せていきなり押し倒しはせず…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・炬燵で逝かされて【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・初めてハードな王様ゲームをした話

・アダルトショップの横でドM痴女に遭遇したから聞いてくれwww

・30歳にして援交相手で童貞を捨てる俺……

・【近親相姦体験告白】叔母の家で

・【不倫】旦那以外の中出しを“汚染”と評した不倫主婦

・魔女との王様ゲーム

・桃子

・先輩カップルと初めてのスワッピング乱交

・【近親相姦体験告白】叔母と撮影会

・怖いけど最高【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・塾の生徒に…。

・小6の時に

・床上手なデブおばさん

・たまにはベランダでSEXするのもいいね

・【近親相姦体験告白】結婚式のあと従妹と(3)

・小4の夏。

・義理の母と…

・アソコを見せながらフェラしてくれた処女の新人OL

・★前付き合っていた女の子とのお話

・人妻はコーラビンより大きなあれが大好き

・帰省すれば抱かれるのはわかっているのに…2【人妻体験談】

・【近親相姦体験告白】結婚式のあと従妹と(2)

・美樹さんとの約束

・小5の夏休みに

・【人妻体験談】私の理想の女性である母がイタズラされ、無防備な露出をさらけ出した

・会社のイケメンに誘われて浮気しちゃいました。。。

・援交希望の貧乳人妻と激安中出し&AF!

・【近親相姦体験告白】結婚式のあと従妹と(1)

・【Hな体験】美人な保健の先生の口に無理やり突っ込んだ