寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

多香子をレイプ【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

2017/10/07 11:15


「よーし、次の撮影を始める!」

カメラマンのフジシロの一言でスタジオ全体に緊張が走る。
露光の測定、照明の位置の確認等を終え、スタッフはスタジオからぞろぞろと退出してゆく。

入れ替わるように、バスローブを纏った上原多香子が控え室からカメラの前に出てきた。

これから行われるのは彼女のセミヌード撮影。
そのために、スタッフを全員外に出し、カメラマンのフジシロと多香子の2人だけで、
ギリギリまで際どいショットを収めるのである。

「多香子ちゃん、早速用意して」

フジシロの言葉で多香子は、やや顔を赤らめるそぶりを見せつつ、バスローブを脱いだ。
その下にあるものは黒いビキニに包まれた多香子のスレンダーな肢体である。

細く長い手足とくびれたウエスト。
それに相反するかのように豊満なバストとヒップを目の当たりにして、
フジシロがニヤリと笑みを浮かべた。

「まず、そこのソファーに横になって」

フジシロが指差すソファーに多香子はゆっくりと横たわる。
パシャパシャとフラッシュの音を響かせながら、フジシロは様々なポーズをとる多香子の姿を撮影する。

「多香子ちゃん、じゃあ上を取ってくれるかな」

セミヌードの撮影となる言葉に、多香子は覚悟を決めてブラの部分をゆっくりと外す。
張りのある乳房の先端には撮影用の二プレスがあった。

「いよいよだな」
フジシロはゴクリと唾を飲んだ。

「そう、そんな感じで頭を上げて、脚を組んで・・・」

多香子にポーズの指導をしていたフジシロの手が突然、多香子の乳房を掴んだ。

「えっ!?」

反射的にフジシロから離れようとする多香子に構わず、
フジシロは感触を楽しむように指を動かし続ける。

「思ったとおりだ。君のおっぱいは張りがあるし、最高の触り心地だよ」
好色な笑みを浮かべながらフジシロは多香子に話しかける。

「やめてください!」
恥じらいで顔を真っ赤にした多香子がフジシロの手から逃れようと必死に抵抗するが、
男の力には敵わない。

「抵抗しても無駄だよ。叫んでもこのスタジオには誰もいないしね」

嘲笑うようにフジシロが多香子の胸を揉む手に力を入れる。

「い、痛いっ!」

多香子の左乳房手の跡がつきそうなほど掴まれる。

「それに俺に逆らったらどうなるか分かっているだろう?
 キミの他にも同じ事務所に写真集を出す娘もいるんだしね。」

ニヤニヤと笑いながら、フジシロは二プレスの上から多香子の乳首をクリクリと指で刺激する。

「アッ・・・・!」
突然ソフトな刺激に多香子は思わず声が出てしまう。

乳首が痛いぐらいにピンピンに張っているのが自分でも分かるほどだった。

「キミも嫌いじゃないんだろう? おとなしく俺のいうことを聞くなら痛くはしないよ」

フジシロに逆らったら事務所に迷惑がかかる。
それに逆らったところで他に誰もいないこのスタジオではムダである。

観念したように多香子はソファーの上に横たわる。

多香子の上半身は二プレスで乳首が隠されているだけ。
下半身は大胆にカットされたビキニの下しかない。
白くきめ細かな多香子の肢体が、ほとんど全裸でフジシロの目の前にある。

「たまらないねえ、こんないい女が俺のモノになるんだからね」
言いながら、フジシロは多香子の太腿を手で撫でる。

「ウッ・・・。」
鳥肌が立つような嫌悪感が多香子を襲う。

そのままツーとつま先のほうへフジシロの手が多香子の長い脚をなぞってゆく。

「スベスベで気持ちいいねえ、最高だよ多香子ちゃん」

フジシロの言葉に、多香子は何も答えない。
嫌悪感と同時に襲う快感に耐えるのが、精一杯だった。

「さて、これもとっちゃおうね」
フジシロが多香子の乳首に貼られたニプレスに手をかけ、抵抗する間もなく剥ぎ取ってしまった。

とたんに多香子の全身が羞恥で熱をもったように赤くなる。
プルッと乳房全体が揺れながら、多香子の褐色の乳首が露わになった。

反射的に多香子の腕が胸を隠そうとするが、フジシロが遮る。

「駄目駄目、こんないいおっぱいはしっかりと見せてくれなきゃ」

言いながらフジシロがカメラを構える。

「これが上原多香子のオールヌード!非公開だけどね」

パシャパシャ!

カメラのフラッシュが多香子に降り注ぐ。

「そんな・・・。写真まで・・。」

多香子の声を無視するようにフジシロは様々な角度から、上半身裸の多香子をカメラに
収めてゆく。

さらにカメラを構えながら多香子に命令する。
「じゃあ下も脱いでもらおうかな、ゆっくりとね」

頑としたフジシロの口調に、多香子は逆らうことはできない。
おずおずと下半身に手を伸ばし、腰を浮かせながら徐々にビキニの下を脱いでゆく。

撮影のために多香子の下の毛はほとんど剃られているので、
直接多香子の亀裂がフジシロの目に留まる。

その様子を逃さず、フジシロのカメラがフラッシュの音とともにフィルムに記録される。

多香子は眼に涙を溜めながら足元から水着を抜いた。

産まれたままの姿になった多香子の肢体は彫刻のように均整がとれていて、肌もシミ一つない。
わずかに股間の剃り跡が痛々しく見えるだけだ。

「思ったとおりだ。最高のカラダだよ」

ニヤニヤと笑みを浮かべながらフジシロの手が多香子の横顔を撫でる。
手がそのまま多香子の体をなぞるように下へ。

眼を閉じて耐える多香子だったが、乳房のふくらみをなぞり、乳首にフジシロの手が触れた瞬間、ピクッ!と全身が反応する。

「多香子ちゃんはここが感じるのかなぁ?」
言いながら指で多香子の乳首を人差し指と親指で刺激する。
すでに多香子の乳首はコリコリと硬くなっていた。

「ウンッ・・・・。」

必死に声を抑えて耐える多香子だったが、フジシロが口をつけてチューチュー吸い出したときには、
「アンッ!イヤッ・・・・。」と思わず声が出てしまっていた。

左乳首を吸われながら、右の乳首は手のひらと指で刺激され、股間が濡れてくるのを
多香子は感じた。

それをフジシロは見逃さない。
股間に指をいれてピチャピチャとかきまぜる。

「ほ?らこんなに濡れてるよ、エッチだねえ多香子ちゃんも」

その指を多香子の鼻先に突きつけながらフジシロが言う。

「ここからが本番だよ、さあ脚を開いてもらおうか」

「!?」

多香子の脚がM字の形に開かれた。
足元からみると多香子の大事な部分が丸見えである。
愛液で濡れている様はなんとも卑猥な眺めだった。

「おっと動いちゃ駄目だよ多香子ちゃん」
脚を閉じようとする多香子を、フジシロは強引に元の体勢に戻す。

フジシロからは、多香子の茶色くすぼまったアナルからサーモンピンクの粘膜が覗くアソコまで、恥ずかしいところが全て丸見え。

すかさずフジシロはカメラを構えて多香子の顔が入るように、過激なショットを収めてゆく。

「やめて・・・・。やめて・・。」
眼に涙を浮かべた多香子は頬を染め、カメラのフラッシュから逃げるように顔を背けながらフジシロに懇願するが、彼は全く関知しない。

「さて、多香子ちゃんも見られるだけでは物足りないだろうから、少し可愛がってあげよう。」

言いながらフジシロは再び多香子のアソコに手を近づける。
指で両側に開きながら、亀裂の上端にあるクリトリスを親指で刺激する。

「アッ・・。アアッ・・・」
敏感に反応する多香子。

しかし指が少し奥に移動しただけで、それは瞬時に苦痛に変わる。
多香子はまだ処女だったからだ。

「おっ・・・?なんだ、ずいぶんキツいねえ多香子ちゃんのマ○コ」
ニヤニヤと笑みを浮かべながらフジシロの言葉責めが続く。

「もしかしてまだオトコを知らないのかい?
こりゃあ驚いた。この芸能界も長いのにまだ未経験とはね!」

クリトリスを責めていた手を止め、今度は多香子の体を起こした。

「・・・・・?」
次になにがあるのか多香子には想像もつかない。

恐る恐るフジシロを見てみると、カチャカチャと音をさせながら自分のペニスを取り出したところである。

「イヤァ!!」
両手で顔を覆う多香子。

フジシロは非情にもその手を制して、自分のペニスを多香子の端整な顔に近づける。

「ほ?らこれがオトコのチ○ポだよ。なかなかかわいいだろう?」

多香子は顔をそらすだけで応えない。

「いろいろとオトコを悦ばせる方法を教えてあげるよ、ほら!」

不意にフジシロの手が多香子の鼻をつまんで自分と正対させた。
息ができない多香子は反射的に口を開ける。

そこにフジシロのペニスが衝き込まれた。

「んーーーーッ!」
涙で顔を濡らした多香子が声にならない悲鳴を上げる。

それにかまわず、フジシロは多香子の髪を掴んで前後に揺する。

「ああっ!いいよ、多香子ちゃん!あの上原多香子が俺のチ○ポを咥えてるんだ!」

征服欲が満たされた事と、多香子の口の中の暖かさを感じて、フジシロは直ぐに絶頂を迎えた。
ピクピクッ!とペニスを振動させながら、多香子の喉元に熱い精液を注ぎ込む。

「全部飲まなきゃ駄目だよ、多香子ちゃん」
ペニスを抜いて、フジシロは多香子の口を手で塞いだ。

行き場のないザーメンは飲み込むしかない。
多香子は嘔吐感を抑えながら、なんとか咀嚼する。

それを確認するとフジシロは手を離す。
多香子の唇の端からツーと白濁液が流れ落ちた。

「いいねえ、穢されたアイドルの悲し…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
❤卑猥な汁の音で幸福感を
2017/12/18 14:43
2017/12/18 14:43
 あるコンビニでパートをしている、41歳のごく普通の人妻の直子です。毎朝私は7時出勤で、カウンター内のフランクやら、フライドチキンを揚げたり、そのあと、洗い物をします!!いつも責任者の佐藤さんと、一緒でこの頃佐藤さんの視線を感じて、

 私の大きなお尻を見ているような気がしていました…私は思わずキャッ!!女の子のような声をあげてしまいました。私の上ある物を取ろうとした佐藤さんのアレが私のお尻に押し付けられたようになり、それが主人のより、硬くて大きいんです!?

 主人のアレで一度も逝って事が無かった私は思わずコレを入れられたら…想像だけでパンティが濡れてしまいました。二日後、私は、相談歯た…
優姫 1
2018/07/24 21:01
2018/07/24 21:01
二人きりのホテルの一室…  下はタイトスカートに、Fカップのブラを下乳にひっかけるようにずらして 乳首まで露出した優姫が、スーツ姿の高野の体の中心に、その上半身を近づける これは命令とはいえ、強引にやらせたことではなかった 優姫はその豊満なロケット乳を自ら手で寄せて深い谷間を作り、高野の肉棒を挟み込む パイズリだ  ムッチリとした巨乳が高野のモノを包む 形のいいラグビーボールのような胸の、その弾力で男根を左右から圧迫する 「はぁ、っ・・・(大きい…こんなに…)」 「彼にはしてあげてるのかな?」 「あっ・・・それは・・・」 「ふふ それは残念だろうな これだけのものを楽しめないとは」…
【オナニー】おしっこまみれになる快感[後編]
2016/02/24 15:00
2016/02/24 15:00
次の日も同じでした。 1時間目からモヤモヤして、ポケットから手を入れて、アソコを触っていました。そのあとの休み時間、バッグを持ってトイレに行き、パンツとブラをとり、バッグに押し込んでしまいました。 2時間目からは家に帰るまでノーパンノーブラでいようと決心しました。上も下もすーすーしました。特に上は乳首が直接ブラウスに擦れて、刺激されてしまいました。 ポケットから手を入れると直接アソコを触ることが出来ます。アソコからいっぱいジュースが溢れてきて、スカートに染みを作りそうでちょっと心配でした。後でトイレで確認しましたが、スカートは厚手の生地なので大丈夫でした。ポケットからボー…
私達のセックスを覗いてオナニーしていた妻の親友との3P体験談
2016/07/14 23:17
2016/07/14 23:17
私は32歳、妻は27歳の結婚2年目の夫婦です。

去年の暮れからお正月にかけて、

妻の親友の真理ちゃん(仮名)が

我が家に遊びに来ていました。

なんでも付き合っている彼の仕事が忙しくなり、

予定していた海外旅行をキャンセルしたとの事。

155センチ、40キロのスレンダーな妻とは対照的に、

真理ちゃんは少しぽっちゃりの巨乳。

なんとかお風呂でも覗こうとは思いますが、

なかなかチャンスもありませんでした。
さて大晦日の夜、

翌日は朝から初詣に行くこともあって、

紅白の後早々にお互い寝室に引き上げました。

ちなみに真理ちゃんが泊まりに来て2泊目。

性欲は…
信金レイプ【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/12/01 10:46
2017/12/01 10:46
私が18歳の時の話です。 高卒で地元の信用金庫に勤めた私は、まだ入って3ヶ月くらいの時、 自分のミスで、すごく残業したことがありました。 女性社員はすべて帰り、私と支店長、そして営業マンの3人が残りました。 ようやくその仕事も終わり、支店長が、 「じゃあ、○○(営業マン)は××(私)を駅まで送りなさい」といい、 戸締りをしとくように告げると、先に帰っていきました。 ○○さんは、まだ28歳でしたが、すこし太っていて脂っぽく、頭も薄く、 あまりしゃべらず、暗い雰囲気で、いわゆるオタク系でした。 とにかく私は嫌いでした。女子社員の間でも、嫌われていました。 ○○さんと2人で帰るなんて嫌だなーと…
浮気相手を何人も連れ込んだ馴染みの旅館
2017/06/25 20:49
2017/06/25 20:49
今年五十路を迎える俺には、結婚して22年になる45歳の愛妻がいる。 今でも週に3回は可愛い愛妻を抱くが、時には愛人も抱く。 俺は、浮気をしていないと妻を愛せない性分なのだ。 初めて浮気をしたのは20年前、妻が最初の子を妊娠した時だった。 浮気相手は妻の母、つまり義母で、当時49歳だったから今の俺と同じ年だった。 49歳の女性の裸は意外にも美しく、肉ビラはドドメ色だったがその卑猥な造形がエロかった。 当時、義父とは月に1回あるか無いかだったそうで、狂ったように俺の肉棒を貪ったが、「な、中はダメよ、まだあるから中はダメよ、あああーーー・・・」と中出しはさせてもらえなかったが、2人目の妊…
保育園の仲良し3家族で旅行に行き、初のスワッピング体験談
2016/04/26 00:30
2016/04/26 00:30

私もとうとう乱交、スワッピングを経験してしまいました。

このGW、私も主人もカレンダーどうりの仕事、
でも、何とか前半の連休に家族で旅行に行ってきました。

私31歳、主人は32歳、
子供4歳と2歳の4人家族で結婚7年目の主婦です。

子供が通う保育園の保護者の家族3組で1泊の旅行へ行ってきました。

私の家族は4人、中村さんの家族は4歳の子供と奥さんとご主人で3人、田中さんの家族は4歳と3歳と1歳の子供の三人お子さんがいて、奥さんとご主人で5人の大家族なんです。


それぞれ、自分の家の車に乗り飛騨高山に行ってきました。

4歳の子供が同じクラスで仲がよく、途中、中村さんの車に子供たち…
男たちは抵抗する母を・・・
2015/12/26 20:01
2015/12/26 20:01
それは4年前、僕がまだ小学校3年生の時でした。
姉(当時、小学校6年生)とリビングで夏休みの宿題をしていました。
母(当時38歳)は普段は優しい人なのですが勉強や行儀には厳しい人でした。
夏休みでもラジオ体操が終わって帰ると午前中は勉強しなさいと宿題をやらされていました。
当時の家は庭もあり大きな家だったと記憶しています。
ピンポ~~~ン♪
呼び鈴が鳴って母が玄関に向かいました。
一瞬だけ母の『キャー』という叫び声が聞こえた気がして振り向くと
「旦那は何処だ!」と怖そうな男の声がしてドタバタと争ってるような気配がしました。
当時の僕は全く何が起こってるのか想像もつきませんでしたが姉…
★パイパン人妻事務員とのエロ話
2017/05/14 11:31
2017/05/14 11:31
 私は小さな個人会社の一応社長をしてます。事務員は妻と40才の既婚者の女性S子ちゃんの二人。そのS子ちゃんとセフレ関係になって間も無く10ヶ月になります。

 月に2~3回くらい密会しながら10ヶ月も経つとお互い馴れたもので、その馴れが私の欲望をことごとく受け入れてくれるS子ちゃんの馴れにも感謝してます。

 実はそのS子ちゃんが、初めての時にパイパンで驚きと衝撃を受けた事を今でも鮮明に覚えてます。何せ大人の生パイパンは初めての私でしたから。

 パイパンは旦那の趣味らしく、昔からでは無く三十歳を過ぎた頃にパイパンにさせられたそうです。理由は陰毛があると口に毛が入るから剃れと言われたようで…
【熟女体験談】キチガイ痴女な母二人という異常な三人暮らしが始まり、騎乗位で逆レイプされてしまった・・・
2018/09/26 12:02
2018/09/26 12:02
2018/09/26 (Wed) 「たっくん、ご飯できたわよ」

土曜日で予定がなかった僕は
漫画を読みながら
ベッドでゴロゴロしているといつの間にか
眠ってしまったらしい

僕は母が呼ぶ声で目が覚めて
リビングに行くとテーブルには
お皿の上にコロッケが山盛りに出来ていた

「今日はたっくんの好きなコロッケだからねー」

と笑顔で言う母に
継母が

「あら、たっくんはもうちょっと
カリって揚げたコロッケが好きなのよ~」

と得意そうな顔で言い始めた

「あら、紗英子さん、そんな事ないわよ
たっくんは私が作るコロッケが
昔から大好きなんだから」

「美佐さん、それは昔の話でしょ?
今は私の作…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・JC集団が一人になったところを狙ってレイプ

・【熟女体験談】旅行先で妻のスカートの奥を覗き込む男たちを発見し、ビデオで撮影されながら犯されている妻の横で興奮する夫

・主人の義父は床上手でアレも素敵

・CA「どなたか!!どなたか童貞のかたはいらっしゃいますか!!?」

・同期との結ばれぬ恋

・【不倫】一回りも若い男性と動物のように激しく

・外注先の女に会社でストリップをさせた

・【浮気】美人課長の美脚をストッキング越しに舐め回す!

・妄想の中で妹と一線を超えてエロいことした

・旦那の連れ子

・【初体験】マッサージの先生に咥え方や舌の使い方を教わって

・△妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました完(転載禁止)

・入院した看護師と病室で

・絶倫男に何度もイカされて思わず懇願

・【熟女体験談】ロレツも怪しいぐらい酔っているおデブなおばさんを車で自宅まで送る間に中出しカーセックス

・先輩とカラオケデートしてたらそのままレイプされた

・【人妻体験談】パート熟女と飲み会の後、マンションに連れていきたっぷりと中出しSEX

・【CFNM】ちん見せ(だけじゃない!)の思い出?中2の時のこと

・処女を頂くまではオナニーでガマン

・ココロとカラダ

・【CFNM】ちん見せの思い出?小6の時のこと

・浮気してくれてありがとう・・・

・【熟女体験談】農家に婿に入り、老婆な義母とほぼ毎日SEX

・【初体験】3人の処女との体験を語る[後編]

・スイミングクラブの夜

・疲れたのでホテルでマッサージを頼んだ体験

・修羅場にならなかった悪戯

・小6少女に受けた屈辱の欲望~約束のアイドル~

・お互いの息子を交換して性処理

・【初体験】3人の処女との体験を語る[前編]