寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

女子にオナニーを見られてしまい…【童貞・セックス】

2017/10/07 11:00


高校時代の思い出といわれると思い出すのはアレだけだ
放課後、部活で汗をかいたから、麦茶を飲もうと思ったけど、カバンの中に水筒がはいってなくて、
「あぁ、教室に忘れたんだな・・・」と思って、友達に言わずに教室へ戻った。
んで、教室で水筒を発見して、戻ろうとした時に、目の前に女子の体操服が。
その体操服は、オレはそんなに好きでもなかったけど、けっこうかわいいを女子のヤツだった。


そして、無性にそれでオナニーをしたくなって、
廊下へ出て周りをキョロキョロみて誰も居ないのを確認してからしこりはじめた・・・
んで、暫くオナってたら出そうになって、そこでオレは気づいた。
・・・ヤベェ・・・向こう側の音楽室から見られてる・・・
オレの教室は二階だったんだが、女子が一人、明らかに俺を見てる・・・
その女子は驚いたような顔をして、そのあと微かに笑っていた・・・続く?
焦ったオレはズボンをさっとあげ、体操服を元の位置に戻して、走って部活へ戻った。
もちろん、見られたことが気になって部活に集中なんて出来なかった。
次の日、学校へ行くと、げた箱に手紙が入っていた。一瞬「ラブレターか?」なんて思ってドキドキしたが、
もちろんそんなはずもなく、内容を見た瞬間、オレは青ざめた。
「Dear→○○君、昨日は見ちゃったよ~♪○○君ってそんな趣味があるんだ~♪このこと誰かに言っちゃおうかなぁ。
もし言って欲しくなかったら、今日の帰りに○○君ちに行ってもいい?返事は昼休みに私に言いに来て。 佳奈」
たぶん、こんな感じだったと思う(記憶は曖昧)
んで、どうしようか迷った挙句、従うしかないって言う決断に至った。
・・・昼休み。気分は進まないまま、隣のクラスの佳奈の所へ行った。
んで、「いいけど・・・オレんち何もねぇし・・」と言ったら
「ホント!?じゃあ、一緒に帰ろうね~」と上機嫌で答えてきた。
んで、オレが教室を去ろうとすると、佳奈と佳奈の友達が話してるのが聞こえてきて
「ねぇ、○○君と何すんの?」
「んー?秘密ー」なんて言っていた。
とりあえず、昨日のことをばらす気は無いようで、ほっとして教室へ戻った・・・続く
佳奈はわりと綺麗な方だったけど、芸能人の誰に似てる~とかじゃなかった。
では、続きを・・・
そして、部活を終え、帰ろうとしていたオレを佳奈が追っかけてきた。
と、いうかずっと佳奈はオレが部活をしていたのを見ていたわけだが。
非情にやりにくかったし、友達にも冷やかされて、気分は最悪。そんなんじゃないのに。
気まずい雰囲気から始まって、佳奈が話し掛けてきた。
「ねぇ、○○って何であんなことしたのー?彼女とかいないのー?」
「べ、別にいない・・・だから・・やったんじゃん・・・」
オレが恥ずかしそうに下を向いて歩いてると、彼女をニヤニヤすながらオレを見て笑っていた。
「ウフフ・・・ふーん・・・飢えてんだー。可愛いー。」
「・・・・うっせぇよ。」
必死でカッコつけるオレ。見られた時点でかっこ悪いのに。
「ふーん・・・じゃ、私の体操服かしてあげよっか?」
「・・・は?な、何言ってんだよ。馬鹿じゃねぇの。」
「飢えてんでしょー?かしてあげるから。ほら。」差し出される体操服。
止まるオレ。続く
「だから、なんでそうなんだよ・・・つーか、こんなトコで体操服出すなよ。怪しすぎるだろ・・」
まだ人の眼が気になる年頃。
それでも佳奈は「受け取らないんだ~。じゃ、誰かに言っちゃおうかなぁ・・・」
「とにかく、どうせオレんち行くんだから、渡すならそこでやってくれ」結局欲しかったオレ。でもなるべくカッコつけて。
もう十分かっこ悪いのに。
「マジ!受けとるの!これでまた秘密が増えたねぇ・・・」ニヤニヤする佳奈。
そうこうするうちに家に着いた。もちろんこの時間だ。親がいるに決まってる。
彼女なんて連れて行ったこと無い俺がこんな時間に連れて行くと怪しい、怪しすぎる。
だから、まずオレが帰って、佳奈は裏の窓から入ることに決定。
二階まで上がるまで、心臓が飛び出るほどビクビクしていた。
そして、部屋に着く。
「何で私のこと紹介してくれなかったのー?」
「何て紹介すんだよ・・・彼女じゃねぇだろうが・・。」
「あはは、確かにそうだ。オナニー見しただけだもんね~」ニヤつく佳奈。
もうどうにでもなれ・・・続く
ニヤついてる佳奈を横目に、オナニーという言葉に敏感に反応するオレ。佳奈はさらに二ヤつく。
「何ー。照れてんの?高2にもなって。あ、もしかして、○○って童貞?」
「・・違う。童貞なわけねぇじゃん。」
必死にごまかすオレ。もちろん、この時童貞だった。
「アハハ、分かりやすいー。何なら私が相手してあげよっか?」
ドキっとして、返事に困っていると、母の声が一階から「ごはんー、早く降りてらっしゃーい!」
恥ずかしい・・・。とりあえず、佳奈はここにいることになった。
飯を食い終わって、(もちろん、何処に入ったか分からない早く)部屋に戻る。
そこには、オレのエロ本を読む佳奈の姿が・・・しかも、女子校生物。終わった・・・オレ。 続く
「ふーん・・・やっぱ○○ってエロいんだねー・・」さっきまでのテンションとは裏腹に、えらくテンションの低い佳奈。
しかも微かに顔が赤い。どうせならさっきまでのように笑ってくれたほうが良かった・・。
「・・・やらせて・・・あげよっか・・・?」
「・・・はぁ?な。いいよ。別に・・」
「何言ってんのー!我慢は良くないって!我慢は!」覆い被さられるオレ。
「な、冗談止めろよ!切れんぞ!」
「慌ててるー!やっぱ童貞みたいだねー、じゃ、触るよー?」
征服のズボンの上から股間を触ってくる佳奈。もうだめだ、オレ・・・続く
初めて女に触られる感覚。それは別にたいしたものではなかった。
しかし、その触られているという行為自体がオレの感情を昂ぶらせた。
「どお?気持ちいい?」
「別に・・・」
「ふーん・・・つまんないの・・・・」佳奈は手をどけてしまった。
「・・・・」しばしの沈黙。
そして、「キ、キスをさせてくれ・・・」とうとう言ってしまったオレ。情けねぇ・・・。
「なにー?キスもしたことないのー?んー・・・どうしよっかなぁ・・・?」
佳奈のわざとらしい返答に、オレは我慢が出来なかった。
次の瞬間、佳奈を抱いて、キスをしていた。
「や、ちょっと・・・」
1分程のキス。もちろん、唇を合わせるだけの。
つぶっていた目をあける。・・ヤバイ、佳奈と目が合った・・。
すぐに佳奈から離れる。
「ごめん・・」
「んー・・いいけど、別にー?何なら、も、もっとすごいしてあげるよー?」
それを聞いた瞬間、また、佳奈の唇を塞いでいた。続く
「ん・・・」30秒くらいのキスの後、佳奈が舌を入れてきた。
「!!」その、舌の感触に驚くオレ。
元々唇フェチであったためか、かなり興奮する。
でも、自分で佳奈に入れることはしなかった。情けないオレ。
しばらくして、唇が離れる。
「興奮しすぎだってー、キスぐらいで。次からは気をつけてよー。鼻息がこそばゆいんだから」
そんな落ち着いてられねぇっつーの・・・。
この時点でオレはもう完全にHまでOKだと思っていた。佳奈も言ってたし。
「・・・なぁ・・・させてくれよ・・?な?」
「んー・・・ダメー」
「な、何でだよ、いいじゃん!」
子供みたいにねだるオレ。かっこ悪い。
「んー・・・だって下に親が居るんでしょー?さすがにやばいんじゃない?それに○○コンドーム持ってんの?」
「ん・・イヤ、持ってないけど」
「じゃあ、無理じゃん、初めから」
「マジかよー・・・我慢できねぇ・・・」
この時ばかりは親を恨んだ。
「じゃあ・・・見せ合いっこしようか?」
「はぁ?何の?」
「その・・オナニーの。」
「!・・・つーか、それだったらHでも一緒じゃん・・」
「だからー、コンドーム持ってないんでしょ?○○。」
「そうだけど・・・見せ合いって・・・今更だけどさ、お前はいいの?オレなんかで?」
「んー・・・別に○○のこと嫌いじゃないし・・・それに、我慢できないしね・・」
「何が?」
「その・・・要するにやりたいの!私も!バカじゃないのー・・・これだから童貞君は・・・」
「・・・・じゃ、じゃあ・・・やろうか?」「カーテン閉めて、外から見られたら恥ずいじゃん」
カーテンを閉める。
そして、オレはズボンのチャックから股間を出した・・・   
佳奈がマジマジとオレのティンポを見ている、恥ずかしさで大きくなるティンポ。
「うわぁ・・・結構大きいんじゃないの?これって・・・」ちなみに、実際は普通サイズである。
ココから推測するに、佳奈はそんなに多くの人とやったことがなかったのだろう。
「な、なぁ・・そっちも・・・」
「あ、うん・・オッケー。」佳奈がスカートを上に引っ張り上げる。
パンツはなんかフリフリのやつだったのを覚えている。
「オッケー?」
「ぬ、脱がないのかよ?」
「そこまではねー、さすがに。それに脱がなくても女は出来るし」
「な、何だよそれ、卑怯じゃねぇか・・」
見たいがためにかっこ悪いオレ。
しかし「じゃあ、やめよっかー?」
「ま、待て!分かったって・・」
もちろん、恥ずかしいからオレはしごけるはずがなかった。
佳奈の露になったパンツを見ていると
「始めてよー。早く。やめちゃうよ?は・や・く!!」しょうがなくしごき始めるオレ。
佳奈はオレを見ながら、足を閉じて触り始めている。
ちょっと待て・・見せないってのは反則じゃないのか?
不満だらけのオレ、続く
佳奈を見ながら必死で右手を動かし続ける。
佳奈は足を閉じてはいるが、微かに隙間からパンツが見えて…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ずっと隠し続けてきた別の女性との関係が、ついにバレてしまった 2
2018/06/18 01:30
2018/06/18 01:30
その日の午後・・・。山間の静かな温泉に車を走らせた。


途中、リンゴ園に立ち寄り、リンゴ狩りの時を過ごした。リンゴの木の下で微笑み、リンゴを採っている妻の姿が愛おしく思えた。


やがて紅葉した山間のホテルに着いた。深まった秋ともあって、部屋にはすでに炬燵が出されていた。


丹前姿でくつろぎ、豪華に調理された料理を味わった。その夜・・・。


食事が終わると仲居さんが布団を敷いてくれた。再び温泉に浸かってから、敷かれた布団の上に躰を横たえた。


妻も布団に横たわった。妻も私に抱かれて甘えようとする意図が心に潜んでいたように思えた。


暗闇の中で妻の浴衣の裾を拡げ、弾ける妻の肌に愛撫を続…
【乱交】騎乗位と顔面騎乗を交互に入れ替える女2人と最高の3P
2018/05/21 02:00
2018/05/21 02:00
飲み屋の女Aと付き合ってた時の話。 会社の飲み会がお開きになったあと、「カラオケでも行こう」とその日休みだったAに電話。 A「友達と行っていい?」 彼女の同級生だという女性Bと2人で来た。 俺とA、そしてAの同級生のBと3人でガンガン飲みながらカラオケ。店を出たら終電が終わってたので、「ちょっと休憩」と3人でラブホへ入った。(Bもいることだし、マジで休憩の意味で言った) 3人が時間差でシャワーを浴びた。俺はさほど酔っていなかったが、2人はかなりフラついてた。最初にBをベッドに寝かせ、俺はAと飲みながらテレビを観ていた。そのうちAも寄りかかってきたのでAも寝かせ、俺もちょっ…
男女4人でスキーに行って乱交プレイしてきました
2018/07/14 07:35
2018/07/14 07:35
【姉との告白体験談】 姉からの誕生日プレゼント
2016/05/07 20:56
2016/05/07 20:56
2008/05/07 15:34┃登録者:えっちな名無しさん◆za.UgsZI┃作者:58【お姉ちゃんからの注意書き】☆長編だから、時間のある時に読んでね。 ☆童貞包茎クンの妄想だから、許してやってね。「○○??、いるー?」いきなり、ドアの外から姉の声が聞こえたかと思うと、ドアのノブがガチャリと回った。俺は慌てて、ノートパソコンを閉じて、ずり下げていたズボンを上げる。「ちょ、ちょっと待って。今取り込み中で・・・」俺に構わず、姉は部屋の中に入って来た。「な、何だよ、姉ちゃん。いきなり入って来るなよ。」「ウフフッ。どうしたの?そんなに慌てちゃって。何してたの?」「べ、別に…。ちょっとネットで調…
【姉】おねえちゃんセックスしたい 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/06 05:19
2017/07/06 05:19
154:おねえちゃんセックスしたい:2005/06/26(日)21:14:28ID:Xh3nxlyi0 おねえちゃんセックスしたい はぁ? 彼女つくりな! おねえちゃんとしたい あんたまじめにいってるの?  うん 姉弟だよ?姉弟じゃそんなことしちゃまずいでしょ コンドームつけたら気にしなくてもいいじゃん しよー ばちん←平手打ち いで きもいからちかよんな!! 155:おねえちゃんセックスしたい:2005/06/26(日)21:14:47ID:Xh3nxlyi0 ねーねー セックスしようよー やめてって!!→ケリ いてて ねーねー ちょ ちょっと!…
混浴温泉にて…
2017/12/27 21:19
2017/12/27 21:19
私が19歳の時、当時付き合っていた彼と温泉旅行に出かけたんです。その旅館は混浴が売りだったのですが、いざ行ってみると混浴露天風呂には男の人しか入ってなくて、私は女湯に入りました。でもやっぱり広い露天風呂に入ってみたくて、夜中の1時頃入浴しに行ったんです!もちろん彼を誘ったのですが、夕食で相当お酒を飲んでいたのですぐ行くといいながらうとうとしていました。仕方なく先に行ったのですがこれが間違いの始まりでした…。私が女湯から混浴露天を覗くと誰もいません。ちょうど20代後半のお姉さま達がお風呂から上がったトコらしく、浴衣に着替えていました。「誰も混浴いないよ」と声をかけてくれたので安心して露天に行きま…
【レイプ・痴漢体験談】ある少年の一日(2)
2017/02/06 11:11
2017/02/06 11:11
力の弱い僕には、憧れの奥さまに危害が及ばないように見守ることしかできなかった。こんな怖い先輩達に囲まれても、威厳を保ったままの奥様。「どきなさい 私帰るから」「じゃ、淳君 また来るからね」ちらっと俺の目を見る奥様でも・・奥様の・・顔・・すこしこわばってるように感じる。玄関に歩き出す奥様。こんなに怖い先輩達をまるで恐れていないかのように凛々しささえ感じる。こんなに強い女性 学校の先生にも 居てくれたら・・・。心の底からそう思った。奥様の後姿を見つめる先輩達。<-----br>ゆっくり歩いていく奥様。そう・・そのまま・・無事に逃げて・・。 「ガーーーー」 突然、冷蔵庫が唸りを上げる。ビクッ…
魅力的なJK幽霊に恋をした part4
2017/04/13 21:16
2017/04/13 21:16
前回の話 470 ◆Jv4G8upKnw 2014/08/03(日)21:42:15 ID:UdZcaK7CS さて……>>392で『ご安心ください』と言ったのは覚えていますでしょうか。 ちょっと従兄やクソ友人と書くべきかどうか相談したのですが。 従兄・友人「「書かなきゃ男じゃないよ、オレ」くん」とのこと。 >>460続き。 その日の夜中もS子は俺に添い寝してきた。 今度はちゃんと、隣にS子が寝ることを想定してベットを開けておいた。 S子「そう言えばオレさん……」 オレ「なに?」 S子「その明日行く場所って怖い所ですか?」 オレ「怖い所ではないと思う。ただ、虫が…
【H体験談】地味で処女膜がありそうな女の子をデートに誘ってみた
2016/10/16 21:27
2016/10/16 21:27
会社の職場に童顔で地味で、
いかにも処女膜張ってそうな新入社員のOLにチサトって女がいた。



顔はちょっと松嶋菜々子似だけど、本当に地味。



おそらく顔のつくりの問題ではなくて、
真面目そうでお堅い感じはしないんだけど、
雰囲気が本当に地味で素朴なんなOLなんだよね。



そんなチサトに興味を惹かれ
ある日俺はドライブに誘ってみた。



彼女は暇だからOKだという。
彼女のアパートの近くで待ち合わせをしてドライブ

そして夜景スポットの空港近くに車を止めて、
おしゃべりを続けた



俺は頼りになる相談相手という感じで聞き役に徹する。


いつの間にか時間は…
プールで股間を触ってきた幼稚園の若いママ【人妻体験談】
2018/05/06 10:10
2018/05/06 10:10
3連休のことです。

うちの息子と、その友達、合わせて3人でプールに遊びに行きたいという話になったのですが、あいにくうちの妻がどうしても仕事がはずせないと言うので、私が連れて行くことになりました。

妻は看護師をしていて、こういう事はどちらかというと土日が休みの私の担当になっています。

前日に妻が一緒に行く友達のお母さんたちと連絡を取り合ってくれて、段取りはつけてくれました。

うちの車がステップワゴンということもあり、私が車を出すことになりました。

当日、息子の友達2人とそのお母さん2人がうちにやってきました。

2人とも、すでに服の下に水着を着用していると言っていました。

私は息子と…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・人妻の男あさりが止められません

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・酒を利用して寝取った

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・泥酔女の話しを一つ

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り

・【熟女体験談】隣のデカチンな黒人と4p乱交していた寝取られ妻

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終

・フィギャアスケート部員で男は俺一人

・【人妻体験談】インポになった夫のせいで、痴漢レイプされた相手に再度レイプを望む欲求不満な妻

・凌辱犯罪被害者の貧乳恥辱ロリ女と結婚した経緯

・ウブな女の子から大人の女に

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・嫁を寝取っていたのは俺だった?完

・ロリコンな幼馴染との奇妙な関係

・オヤジの愛人とデキて孕ませた子供は・・・

・思い出のお姉さん

・【人妻体験談】変態で下品なプレイを妄想し、実現させたくなるムッツリスケベな専業主婦

・【熟女体験談】超爆乳のホルスタイン熟女のナンパに成功し、パイズリやおっぱいビンタなど色んな超爆乳プレイを楽しんだ

・職場の先輩 大学時代

・36歳の巨乳処女OL(再修正版)

・【人妻体験談】同居している息子の嫁のパンチラや乳首チラに我慢出来ずに禁断の寝取りをしてしまった父

・【熟女体験談】年下社員と下品な淫語を叫びながら本能のままにSEXをするパート主婦