寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

女子にオナニーを見られてしまい…【童貞・セックス】

2017/10/07 11:00


高校時代の思い出といわれると思い出すのはアレだけだ
放課後、部活で汗をかいたから、麦茶を飲もうと思ったけど、カバンの中に水筒がはいってなくて、
「あぁ、教室に忘れたんだな・・・」と思って、友達に言わずに教室へ戻った。
んで、教室で水筒を発見して、戻ろうとした時に、目の前に女子の体操服が。
その体操服は、オレはそんなに好きでもなかったけど、けっこうかわいいを女子のヤツだった。


そして、無性にそれでオナニーをしたくなって、
廊下へ出て周りをキョロキョロみて誰も居ないのを確認してからしこりはじめた・・・
んで、暫くオナってたら出そうになって、そこでオレは気づいた。
・・・ヤベェ・・・向こう側の音楽室から見られてる・・・
オレの教室は二階だったんだが、女子が一人、明らかに俺を見てる・・・
その女子は驚いたような顔をして、そのあと微かに笑っていた・・・続く?
焦ったオレはズボンをさっとあげ、体操服を元の位置に戻して、走って部活へ戻った。
もちろん、見られたことが気になって部活に集中なんて出来なかった。
次の日、学校へ行くと、げた箱に手紙が入っていた。一瞬「ラブレターか?」なんて思ってドキドキしたが、
もちろんそんなはずもなく、内容を見た瞬間、オレは青ざめた。
「Dear→○○君、昨日は見ちゃったよ~♪○○君ってそんな趣味があるんだ~♪このこと誰かに言っちゃおうかなぁ。
もし言って欲しくなかったら、今日の帰りに○○君ちに行ってもいい?返事は昼休みに私に言いに来て。 佳奈」
たぶん、こんな感じだったと思う(記憶は曖昧)
んで、どうしようか迷った挙句、従うしかないって言う決断に至った。
・・・昼休み。気分は進まないまま、隣のクラスの佳奈の所へ行った。
んで、「いいけど・・・オレんち何もねぇし・・」と言ったら
「ホント!?じゃあ、一緒に帰ろうね~」と上機嫌で答えてきた。
んで、オレが教室を去ろうとすると、佳奈と佳奈の友達が話してるのが聞こえてきて
「ねぇ、○○君と何すんの?」
「んー?秘密ー」なんて言っていた。
とりあえず、昨日のことをばらす気は無いようで、ほっとして教室へ戻った・・・続く
佳奈はわりと綺麗な方だったけど、芸能人の誰に似てる~とかじゃなかった。
では、続きを・・・
そして、部活を終え、帰ろうとしていたオレを佳奈が追っかけてきた。
と、いうかずっと佳奈はオレが部活をしていたのを見ていたわけだが。
非情にやりにくかったし、友達にも冷やかされて、気分は最悪。そんなんじゃないのに。
気まずい雰囲気から始まって、佳奈が話し掛けてきた。
「ねぇ、○○って何であんなことしたのー?彼女とかいないのー?」
「べ、別にいない・・・だから・・やったんじゃん・・・」
オレが恥ずかしそうに下を向いて歩いてると、彼女をニヤニヤすながらオレを見て笑っていた。
「ウフフ・・・ふーん・・・飢えてんだー。可愛いー。」
「・・・・うっせぇよ。」
必死でカッコつけるオレ。見られた時点でかっこ悪いのに。
「ふーん・・・じゃ、私の体操服かしてあげよっか?」
「・・・は?な、何言ってんだよ。馬鹿じゃねぇの。」
「飢えてんでしょー?かしてあげるから。ほら。」差し出される体操服。
止まるオレ。続く
「だから、なんでそうなんだよ・・・つーか、こんなトコで体操服出すなよ。怪しすぎるだろ・・」
まだ人の眼が気になる年頃。
それでも佳奈は「受け取らないんだ~。じゃ、誰かに言っちゃおうかなぁ・・・」
「とにかく、どうせオレんち行くんだから、渡すならそこでやってくれ」結局欲しかったオレ。でもなるべくカッコつけて。
もう十分かっこ悪いのに。
「マジ!受けとるの!これでまた秘密が増えたねぇ・・・」ニヤニヤする佳奈。
そうこうするうちに家に着いた。もちろんこの時間だ。親がいるに決まってる。
彼女なんて連れて行ったこと無い俺がこんな時間に連れて行くと怪しい、怪しすぎる。
だから、まずオレが帰って、佳奈は裏の窓から入ることに決定。
二階まで上がるまで、心臓が飛び出るほどビクビクしていた。
そして、部屋に着く。
「何で私のこと紹介してくれなかったのー?」
「何て紹介すんだよ・・・彼女じゃねぇだろうが・・。」
「あはは、確かにそうだ。オナニー見しただけだもんね~」ニヤつく佳奈。
もうどうにでもなれ・・・続く
ニヤついてる佳奈を横目に、オナニーという言葉に敏感に反応するオレ。佳奈はさらに二ヤつく。
「何ー。照れてんの?高2にもなって。あ、もしかして、○○って童貞?」
「・・違う。童貞なわけねぇじゃん。」
必死にごまかすオレ。もちろん、この時童貞だった。
「アハハ、分かりやすいー。何なら私が相手してあげよっか?」
ドキっとして、返事に困っていると、母の声が一階から「ごはんー、早く降りてらっしゃーい!」
恥ずかしい・・・。とりあえず、佳奈はここにいることになった。
飯を食い終わって、(もちろん、何処に入ったか分からない早く)部屋に戻る。
そこには、オレのエロ本を読む佳奈の姿が・・・しかも、女子校生物。終わった・・・オレ。 続く
「ふーん・・・やっぱ○○ってエロいんだねー・・」さっきまでのテンションとは裏腹に、えらくテンションの低い佳奈。
しかも微かに顔が赤い。どうせならさっきまでのように笑ってくれたほうが良かった・・。
「・・・やらせて・・・あげよっか・・・?」
「・・・はぁ?な。いいよ。別に・・」
「何言ってんのー!我慢は良くないって!我慢は!」覆い被さられるオレ。
「な、冗談止めろよ!切れんぞ!」
「慌ててるー!やっぱ童貞みたいだねー、じゃ、触るよー?」
征服のズボンの上から股間を触ってくる佳奈。もうだめだ、オレ・・・続く
初めて女に触られる感覚。それは別にたいしたものではなかった。
しかし、その触られているという行為自体がオレの感情を昂ぶらせた。
「どお?気持ちいい?」
「別に・・・」
「ふーん・・・つまんないの・・・・」佳奈は手をどけてしまった。
「・・・・」しばしの沈黙。
そして、「キ、キスをさせてくれ・・・」とうとう言ってしまったオレ。情けねぇ・・・。
「なにー?キスもしたことないのー?んー・・・どうしよっかなぁ・・・?」
佳奈のわざとらしい返答に、オレは我慢が出来なかった。
次の瞬間、佳奈を抱いて、キスをしていた。
「や、ちょっと・・・」
1分程のキス。もちろん、唇を合わせるだけの。
つぶっていた目をあける。・・ヤバイ、佳奈と目が合った・・。
すぐに佳奈から離れる。
「ごめん・・」
「んー・・いいけど、別にー?何なら、も、もっとすごいしてあげるよー?」
それを聞いた瞬間、また、佳奈の唇を塞いでいた。続く
「ん・・・」30秒くらいのキスの後、佳奈が舌を入れてきた。
「!!」その、舌の感触に驚くオレ。
元々唇フェチであったためか、かなり興奮する。
でも、自分で佳奈に入れることはしなかった。情けないオレ。
しばらくして、唇が離れる。
「興奮しすぎだってー、キスぐらいで。次からは気をつけてよー。鼻息がこそばゆいんだから」
そんな落ち着いてられねぇっつーの・・・。
この時点でオレはもう完全にHまでOKだと思っていた。佳奈も言ってたし。
「・・・なぁ・・・させてくれよ・・?な?」
「んー・・・ダメー」
「な、何でだよ、いいじゃん!」
子供みたいにねだるオレ。かっこ悪い。
「んー・・・だって下に親が居るんでしょー?さすがにやばいんじゃない?それに○○コンドーム持ってんの?」
「ん・・イヤ、持ってないけど」
「じゃあ、無理じゃん、初めから」
「マジかよー・・・我慢できねぇ・・・」
この時ばかりは親を恨んだ。
「じゃあ・・・見せ合いっこしようか?」
「はぁ?何の?」
「その・・オナニーの。」
「!・・・つーか、それだったらHでも一緒じゃん・・」
「だからー、コンドーム持ってないんでしょ?○○。」
「そうだけど・・・見せ合いって・・・今更だけどさ、お前はいいの?オレなんかで?」
「んー・・・別に○○のこと嫌いじゃないし・・・それに、我慢できないしね・・」
「何が?」
「その・・・要するにやりたいの!私も!バカじゃないのー・・・これだから童貞君は・・・」
「・・・・じゃ、じゃあ・・・やろうか?」「カーテン閉めて、外から見られたら恥ずいじゃん」
カーテンを閉める。
そして、オレはズボンのチャックから股間を出した・・・   
佳奈がマジマジとオレのティンポを見ている、恥ずかしさで大きくなるティンポ。
「うわぁ・・・結構大きいんじゃないの?これって・・・」ちなみに、実際は普通サイズである。
ココから推測するに、佳奈はそんなに多くの人とやったことがなかったのだろう。
「な、なぁ・・そっちも・・・」
「あ、うん・・オッケー。」佳奈がスカートを上に引っ張り上げる。
パンツはなんかフリフリのやつだったのを覚えている。
「オッケー?」
「ぬ、脱がないのかよ?」
「そこまではねー、さすがに。それに脱がなくても女は出来るし」
「な、何だよそれ、卑怯じゃねぇか・・」
見たいがためにかっこ悪いオレ。
しかし「じゃあ、やめよっかー?」
「ま、待て!分かったって・・」
もちろん、恥ずかしいからオレはしごけるはずがなかった。
佳奈の露になったパンツを見ていると
「始めてよー。早く。やめちゃうよ?は・や・く!!」しょうがなくしごき始めるオレ。
佳奈はオレを見ながら、足を閉じて触り始めている。
ちょっと待て・・見せないってのは反則じゃないのか?
不満だらけのオレ、続く
佳奈を見ながら必死で右手を動かし続ける。
佳奈は足を閉じてはいるが、微かに隙間からパンツが見えて…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【オナニー】パパが隠してたSM写真集[第2話]
2016/10/04 15:00
2016/10/04 15:00
その年5月の連休後半。父は珍しく、その初日から三日目まで丸々休めることになりました。引越してきてから、まともに休める日が数日しかなかったので、新居の中は母が色々と整理してはいたみたいですが、ほとんど手つかずでした。 なので、この連休に家族みんなで片付けてしまうことになりました。 初日は車で近郊のターミナル駅に行き、家具や調度品、食器、食料品などをたくさん買い込みました。その時私は、その後とても長いお付き合いになる、移動式の大きくて洒落た姿見を買ってもらいました。その姿見を買う時に母が私に言った言葉は、ある意味、私のその後を暗示していました。 「なおちゃんもこの間大人になっ…
【レイプ体験談】母を犯した 2
2016/07/02 19:27
2016/07/02 19:27
その日、私は家に帰ってからもあの映像が頭から離れませんでした。 ・・・人妻物の女性が私の母かもしれないという思いはほぼ確信に変わりました。 なぜなら・・・ビデオに映っていた背景が、うちの台所に間違いなかったからです。 それに、抵抗する女性の手首にあった腕時計は母のものと全く同じでした。 嘘かもしれない、嘘であってほしい、そんな思いが虚しくなるほど、すべての事柄が、あの犯される女性が私の母であることを物語っていました。 私はその真偽を確かめたくて我慢できなくなり、父から預かっていた生活費の中から二万円を抜き取り、夕方あいつの所に行きました。 「人妻物のビデオを売ってくれ」と私が言うと、あい…
【レイプ・痴漢】女子大生に中出し(1)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/10 07:31
2017/06/10 07:31
女子大生に無理やり挿入した 変態親父です。 今日は俺にセフレが出来た話でもしてみます。 何時ものようにダチの行きつけの居酒屋に 気持ちよく騒いでいると 1人の女性が話しかけてきた この女性の名は嬢としよう。 ダチの知り合いですかと話しかけてくる。 俺:そうですよ、もうかれこれ30年以上の付き合いですかね。 嬢:そうなんですか、えっ・・・いくつですか 俺:三十代後半ですよ 嬢:全然見えません、てぃうかダチさんも・・ 俺:もしかして、ダチの事が気になるの 嬢:違います、良くここであったりするけど幾つなのか聞いてなくて・・・ 俺:そうなんだ、幼稚園からずっと一緒にいる仲間なんだよ たわいもない会話…
友達の家でねーちゃんを…1
2017/12/31 05:49
2017/12/31 05:49
あれは確か、携帯が流行り始めた頃だったな。 レイプは友達と二人で友達の家でねーちゃんを犯してしまった。 友達と言ってもねーちゃんをレイプするくらいだから本当の友達じゃないがね。 一緒にレイプした友達は悪友ってやつだ。 ねーちゃんの弟とは縁がなくなってもう会ってない。 勿論、弟は何も知らないよ。 もし知ったらどんな顔するだろうな。 もうそのねーちゃんも今では33歳くらいだが...レイプした、ねーちゃんの弟とは高校の時の同級生で、その弟は当時は大学2年になったばかりで19歳の春だった。 一方、俺と一緒にレイプした友達は高卒で就職。 まあ、今で言う低学歴のDQNって奴奴だ。 糞会社に勤めてたけど…
医師が…
2017/10/23 05:49
2017/10/23 05:49
私は患者としてあまり有名ではない近場の病院で入院中です。 部活で足を理由複雑骨折すぐに退院できず悲しい…。 そんな落ち込んでる私に男の先生(メガネで痩せた)がいつも相談してくれます、 ただ目つきがイヤラシいのとボディータッチがあり常にその医師のあそこが膨れていて少し恐さが頭によぎりました。 車椅子で押してもらい屋外へ、すると先生が急に私の股の下に名刺をわざとらしく落として私の股の下で鼻息荒く拾って 立ち上がると肩を触り指が脇の下へ… こそばくて仕方なく笑っていたら先生は調子に乗りわき腹や太ももをこちょこちょ触り私の下半身に手を入れてきたんです 抵抗はしましたがあまり動くと痛くて抵抗に限界があり…
男の右手が、我慢の限界に来たように、私の性器を捕えました。
2017/12/30 18:19
2017/12/30 18:19
こういうサイトに投稿を繰り返し、ただの過ぎた経験の一つとなるように努力しています。 傷口をえぐる事になるかもしれませんが、物語のように投稿する事で、他人の経験のように思えてくるようになればと思います。 もう10年以上前の忌まわしい記憶・・・・・・北関東の小さな都市に住んでいた私は、地元の中学を卒業して地元の進学校に通っていました。 3歳上の姉は近所でも有名な美人で、私も鼻が高い存在だったのですが、そんな姉のおこぼれで、私もけっこう男の子にちやほやされる存在でした。 そんな風でしたので、男の人にナンパを仕掛けられることも多く声を掛けられることになんの警戒心も持っていませんでしした。 その日は…
続・上司の奥さんに悪戯
2017/01/13 09:01
2017/01/13 09:01
前に上司の奥さんに睡眠薬を飲ませ 悪戯した話を投稿した 鬼畜野郎の健ですw 覚えてますかぁw またまた美人妻、孝子さんに鬼畜な 悪戯をしてやったから話すよwその日は夫婦で出掛けていたらしく 俺のアパートの近くまで来ているから 近くの居酒屋で飲まないかと上司からの 電話があり行ってやったw 俺は酒は飲まずに飯を頂き 上司夫婦が帰るのを待っていた。 もちろん電車で帰る予定の二人を 車で送り、あわよくば自宅での酒宴に ありつき、更にあわよくば美人妻、孝子さんにまたまた悪戯したいとの良からぬ 考えを持っていたのだw 二人とも酒豪なのでなかなかいい感じに 酔っている。しかし孝子さんはホントに いい女…
やきもちにに興奮する私のスワッピングセックス【人妻・寝取られ】
2016/02/21 18:05
2016/02/21 18:05
「旦那さん、(入れて)いいですか?」ご主人が妻の口から チンポを抜きながら言った。 チンポは唾糸を引きながら妻の 口から離れた。それは青筋を浮かべテカテカと光りながら天 をむいて脈打っていた。まさに雄の性器であった。ご主人は 妻の足元に回り足をM字型に開いた。その中心部の恥毛は濡 れて陰唇にへばり付いていた。天を向くチンポを片手で押し 下げながら亀頭で割れ目を2度3度となぞった。ぱっくりと口を開いた妻のまんこ…亀頭を僅か含ませてご主人 は私を見た。 今年の正月は最高の正月だった。妻からの素晴らしいお年玉 、それはSWの承諾。その夜の姫初め、まるで新婚初夜の気分 …
❤混浴で若い子をからかうのは楽しい
2017/12/01 11:30
2017/12/01 11:30
 30代の最後を記念して学生時代の仲良し3人組で気ままな温泉旅行を計画しました。3泊4日でしたが最終日に思わぬハプニングが。宿ではみんな羽目をはずして遅くまで飲みました。

 寝る前に旅館自慢の露天風呂に入ることにしましたが、もう一時過ぎでしたから深夜の時間帯は混浴OKと知っていました。みんな少しは期待していたと思います。

 更衣室には浴衣が3組ほどがそれぞれのかごに乱雑に置かれていました。脱ぎ方から察して男性だと分かりましたね。一瞬顔を見合わせましたが、こちらも3人ですから度胸をきめて浴場に。

 結構広い浴場でしたが、浴槽は縦に長くて最初に入るところは思ったより狭いのです。しかもその…
欲求不満が溜まっている近所の綺麗な奥さん【人妻体験談】
2018/04/04 06:10
2018/04/04 06:10
近所の綺麗な奥さんをついにゲットした。
私は37才で、奥さんは34才。
まだ子供がいない人だ。

先日、家の前を掃除してる奥さんに、思い切ってナイショで一度デートして下さいと言ったところ、ストレートにOKの返事がきた。

旦那さんが仕事で週に2~3日しか帰って来ないので時間はあるそうだ。
車に乗せ少し話をしたあとラブホに車を入れた。


ラブホは結婚する前以来だと言った。

部屋に入ってすぐ抱きしめ深いキスをした。

ベッドに倒れ込んだらシャワーを浴びたいと言ってお風呂場へ。
お互いシャワーから戻りベッドへ入りキス。


首筋、乳首、お腹から陰毛地帯、内ももと舌を這わせた。
すごい濡れようだっ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢・レイプ】死姦して人生狂ったけど質問ある?

・51歳の義母とラブホ行ってきたwwwwwwwwwwwww

・【Hな体験】大量顔射の瞬間を彼女の友達に見られて・・・。

・【痴漢・レイプ】自慢の彼女を、親友だと思ってたやつに寝取られた話

・出張先で拾った泥酔メガネOLを送り狼

・近所のお兄さんに見せられました

・ヤンキーにヤラれた巨乳の先輩2

・初めてのセックスの相手は貧乳のお姉ちゃん

・ありえない締め付けの嫁の妹

・ゼミの合宿で好きだった先輩が他大のサークルの男に部屋に持ち帰りされた

・【人妻体験談】睡眠薬とお酒のコンボで爆睡した後輩の奥さんを睡姦レイプ

・息子の嫁は実は、風俗嬢だった。

・夫の治療費の為に風俗で働きました。。。。

・倉庫で棚卸し中に、熟女社員の巨尻をバックで突きまくった

・ブスでも女体だから抜くにはイイかな~

・同級生の人妻をセックス中毒にする 3

・お前が他人に抱かれて悶えてる所が見たい・・・

・レスで欲求不満だった私がパート先の上司と不倫した話

・友人の結婚式で再会した元カノと、朝までやりまくりました

・ 人妻ですが、夜の学校でマワされたときの刺激的な快感が忘れられません

・ビデオの中の嫁は、両腕を椅子に縛り付けられていてM字開脚状態。バイブを出し入れされていて、声をだして逝きまくっていた。【3/3】

・出会い系で愛人契約を募集してみた

・【痴女との体験談】いつもと違った朝

・【熟女体験談】寝取られフェチな義父にお願いされてハメ撮り義母相姦

・妻子持ちなのに甘ったれのバイト君を、体で慰めちゃいました

・【不倫】取引先の社長に頼まれて奥さんと枕営業

・【レイプ体験談】主要な米国メディアが朴槿恵の失態を連日報道

・浮気の必要性

・妻の協力で、後輩の巨乳の新妻に生挿入した

・コンイランドリーでほかの男のチンコを咥えてる妻を目撃・・・