寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

母娘陵辱・息子の友人たちに【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

2017/09/22 03:42



2006/03/23 00:55:21 (wRrBFVKF)














 五年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生
活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか倹
しく暮らしていました。
 私の年齢は四十六才で、息子の雄太が十九才になっていて、娘の美紀は十
六才の高校一年生です。
 私は医療事務の資格を持っていたので、昼間は小さな個人病院での医療事
務仕事をし、夜は料亭の仲居として働き、子供たちをどうにか育て上げてき
ました。
 しかし、この春の大学受験を息子の雄太が失敗してから、我が家に少しお
かしな風が吹き始め、どこかに空気の遮断壁のようなものが出来てきていました。
 予備校に通うこととなった雄太の生活態度が、それまでの素直な純真さが
どこかに消えてしまい極端な内向的で鬱的な性格になってしまったのです。
 原因の一つに、大学受験の失敗による家族への申し訳のなさがあることは
事実なのですが、母の私も娘の美紀もまったく気にもしていないことなの
に、息子の雄太一人だけがまるで世捨て人にでもなったかのように、拗ねた
ような被害妄想を大きくしていってしまっているようでした。
 予備校にはどうにか通うのですが、帰宅してからはほとんど自分の室から
出ようとはしなくなりました。
 家族三人のありきたりの会話というものが、この二、三ヶ月の間に瞬く間
に途絶えていってしまったのです。
 私が帰宅するのはいつも夜の十二時前後で、娘の美紀から雄太の挙動につ
いてを訊くのですが、内向的で鬱的な傾向は強まるばかりで、母としての心
配は毎日募るばかりでした。
 ある時、私は息子の雄太に問い質しました。
 「雄太、どうして家族と交わろうとはしないの?何かお母さんにでも不満
があるのならいってちょうだい」
 この時の雄太の応えは、
 「何にもねえよ」
 だけの一言でした…。

 そしてあの忌まわしい出来事は、八月下旬の雨の降る午後に起きてしまっ
たのです。
 私が帰宅したのは午後十一時過ぎでした。
 狭い玄関口に見慣れない男物の靴が幾つも、まるで足の踏み場もないくら
いに雑然と脱ぎ散らかされていました。
 いつもなら居間にいるはずの、娘の美紀の姿が見当たりませんでした。
 居間に並列して二つの室があり、ベランダ側の六畳の洋間が雄太の室にな
っています。
 その雄太の室から妙に騒々しい音楽の音が聞こえ、時折、ひそめるような
声での何人かのざわめきが耳に入ってきていました。
 そのざわめきの中から、私は娘の美紀の呻くような声を聞き取り、唐突な
不安感に襲われ、思わず雄太の室のドアを強くノックしていました。
 一瞬、ざわめきの声は静まり、娘の美紀の断続的な呻き声だけになりまし
た。
 ただならぬ気配を感じ、ドアのノブを思い切り廻すと施錠はされていなく
て、簡単にドアは開きました。
 室の中一杯にタバコの煙が充満していて、アルコ-ルの臭いが強くしまし
た。
 息子の雄太を含めて男が四人いました。
 その雄太が何か紐のようなもので両手足を括られた状態で、床の上に転が
されていました。
 口をガムテ-プで固く塞がれていました。
 雄太以外の三人の男たちは全員が素っ裸になっていて、壁の横のベッドに
群がっていました。
 全員が二十才前後の若者でした。
 そのベッドの上に娘の美紀がいました。
 全裸にされて犬のように這わされていたのです。
 私はあまりの驚愕に思わず声を失っていました。
 全裸の美紀の周囲に男三人が群がっていて、一人は美紀の剥き出しの臀部
に密着するようにして、膝を立てて腰を前後に律動させていました。
 俯いた姿勢の美紀の顔の前でも、男が膝を立てていました。
 あろうことか美紀の口の中に、その男の下半身の突起物が深く沈み込んで
いました。
 目を閉じて美紀は抵抗する素振りもなく、男のものを顔を自ら前後に揺す
りながら咥え込んでいたのです。
 美紀の浮き上がった腹の下に、もう一人の男が潜り込んでいて、仰向けに
なって下のほうから美紀の乳房を揉み込んでいました。
 「やっ、やめなさいっ」
 「やあ、お母さんですか?お嬢さんはもうこんなに楽しんでいますよ。お
母さんもどうです?一緒に楽しくやりませんか?」
 娘の美紀に下半身のものを咥えさせている、がっしりとした体格の男が私
のほうを向いてにやけたような声でいってきました。
 「な、何てことを…あ、あなたたちは」
 「お宅の雄太君がね、予備校で俺たちに多額の借金をしていましてねぇ。
その利息代わりにお嬢さんを頂いているってことなんですよ」
 「しゃ、借金って…い、いくらなの?」
 「三十万ですよ」
 「たったそれだけのお金で…ど、どうして娘なの?」
 「何いってるんですか、雄太君からの提案なんですよ、これは。なあ、雄
太」
 「な、何てことをっ…お願い、娘を離してやって」
 「もうかれこれ二時間近くも、お嬢さんと僕たちは交わっているんです
よ。見てみなさい、こんなに僕たちに従順になっている。でも、お母さんが
代わるっていうんなら離しますよ、どうです?」
 それから二言三言の言葉のやりとりがありましたが、このおぞましい屈辱
的な状況を打破するには答は一つしかありませんでした。
 私は承諾するしかありませんでした。
 「お、お願いです。息子と娘を室の外へ出して…出してください」
 せめてもの私からの哀願でしたが、三人の男からの答はノ-という非情極
まりないものでした。
 娘がベッドから下ろされ、床の上に突っ伏したように寝転がされました。
 ベッドの上に私は座らされました。
 一人の男が私の前で仁王立ちしました。
 男の剥き出しの下半身が、私の顔のすぐ前にありました。
 男が上から見下ろすようにして、声には出さず目で私に何かを要求してい
ました。
 私の口のすぐ前まで、すでに固く屹立した男のものの先端が接近してきて
いました。
 私は口の中にゆっくりと含みました。
 私の背後にも男が一人座り込んでいました。
 「むむう…ううっ」
 背後の男の手が、私のブラウスの前ボタンをゆっくりと外しにかかってき
ていました。
 口の中一杯に男の大きな屹立が入り込んできていました。
 ブラウスが私の肩と腕から脱がされていました。
 ブラジャ-のホックもあっけなく外し取られました。
 背後の男の手が私の乳房に、強い握力で襲いかかってきました。
 同時に首筋に男の舌の愛撫が這ってきました。
 乳房を揉みしだく男の手に、私は思わず自分の両手を重ねていました。
 正座していた私の下半身が、三人目の男によって横から唐突に足を崩され
ました。
 スカ-トのホックが外される音がしました。
 パンティストッキングが剥がされました。
 両足を前に投げ出されるような姿勢にされ、太股のあたりから大きく割り
裂かれました。
 三人目の男の手の先が無遠慮に、割り裂かれた股間の中心をパンティの上
から妖しげになぞってくきたのでした。
 「むむうっ…むう…うう」
 耐え難い屈辱と汚辱の責めに、私は意識を半ば以上喪失しかけていまし
た。
 男の屹立を口に含まされ、乳房を荒々しく揉みしだかれ、そして下半身の
中心に男の乱暴な指の責めを、私は長く受け続けました。
 夫を亡くして五年の女の身体には、若い野獣と化した男たちの攻撃は、あ
まりに強烈で淫ら極まりない刺激的なものでした。
 「ああっ…だっ、だめ」
 私の身体の中の感情の起伏が、大きく激しく波打つような事態に陥ろうと
していました。
 気持ちのよさを私は身体の奥底のほうから、熱く煮えたぎるような感覚で
体感し始めていました。
 ベッドの上に私の身体は仰向けにされていました。
 両足を高く拡げて持ち上げられ、間に入った男の屹立を、私は下半身の柔
肉の中深くのところまでつらぬかれていました。
 一人の男に口を吸われていました。
 口の中で男の舌に、私の舌は熱く燃えて順応していました。
 三人目の男に乳房の先端を噛まれていました。
 「ああ…ああっ…い、いいわっ。…いいわっ」
 目くるめくような忘我の境地に、私はすでに達していました。
 息子と娘の前で犯されて、私は母親のすべてを捨てるような熱い思いで、
全身を淫らにのたうたせていました。
 三人の男たち全員の精液を、私は下腹部の奥深くにたっぷりと仕込まさ
れ、はしたなく淫れ狂って屈服の声を幾度も上げ続けたのでした…。

 どれくらいの時間が経過したのかわかりませんでした。
 ベッドで全裸の状態で仰向けになった私の身体の上に、娘の美紀の裸身が
覆い被さってきていました。
 「美紀…」
 「お母さん…」
 私の身体の上で、美紀が背後から男につらぬかれていました。
 「ああっ…」
 十六才とは思えないような切なげな声で、美紀が上気した顔を妖しげに歪
めながら熱く身悶えていました。
 私の乳房に美紀の細い手が這っていました。
 私たち母娘は自然なかたちで、唇を重ね合っていました。
 唐突に美紀の身体が私から離されました。
 ベッドに横に並ぶようにして、私と美紀は四つん這いにされ、二人の男か
ら同時につらぬかれました。
 私の背後にいる男の口から呻くような声が洩れました。
 「かっ、母さんっ…ああっ」
 息子の雄太でした。
 しかし、私のほうに息子から逃れようとする理性感はもう残ってはいませ
んでした。
 「ああっ…もっと、もっと突いて」
 私は、思わず息子に求めてしまいました。
息子の雄太のただがむしゃらなだけのつらぬきに、…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】ビッチが出来上がるまでを聞いてくれ【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/16 14:31
2017/03/16 14:31
バブルの崩壊直前に建てた豪邸で私は産まれ育った。日本なのに玄関ホールが15畳、6人暮らしでバスルーム3つ。アメ車を2台、大型犬を3匹飼っていた。アホな家だった。父方の祖母と同居、美人な専業主婦と洒落乙アパレル父上っ面だけ見れば非の打ち所のない家だったと思うしかし見事なまでに上っ面だけ私が物心ついた頃にはすでにその家は両親にとって戦場でしかなかった毎晩罵声を聞きつつ「早く離婚すればいいのに」って思っていたのは覚えている母「一人暮らしもしたことないガキがほざいてんじゃねぇ」母の一言に父がふじこふじこしながら広いリビングを走り出した。それと同時に二階に住む祖母が「やめなさーい!」と駆け下りてくる。…
【痴漢・レイプ】公園に来るレイプ魔の虜になりました【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/20 09:47
2017/06/20 09:47
今日もです。娘の美恋と近所の公園で遊んでいました。周りには、私と同年代(25歳前後)のママ友達も大勢いました。そんな中、今日も屈強な大男がやってきました。彼は悪魔です。彼が来ると、その体臭ですぐにわかります。まるで獣のような匂いです。身なりはいつもTシャツにジャージ。身長は165CMの私が、遥かに見上げる位の大きさです。身体もがっしりとしています。平日の公園には不釣り合いな男です。そんな悪魔の彼の狙いは、公園で子供たちを遊ばせる若い母親の私達でした。目的は私達を陵辱する事。彼は、かなりの人数の若い母親達の身体を陵辱している様です。私もその一人ですす。初めて陵辱されたのは、丁度二週間前。引っ越…
知り合った女に変な行為せがまれてるwww 【エッチ体験談】
2015/12/14 00:31
2015/12/14 00:31
1:えろい匿名さん:2012/12/17(月)18:54:26.53 ID:qtn9c6dr0 明日海でシロナガスクジラのつもりでセクロスしなきゃいけない・・・ 4:えろい匿名さん:2012/12/17(月)19:09:52.52 ID:YKf6dwdW0 何言ってるかわからない 9:えろい匿名さん:2012/12/17(月)19:13:49.28 ID:do9WGUfz0 どういうことなの・・・・ 16:えろい匿名さん:2012/12/17(月)19:14:37.68 ID:JUu/bMiYP 意味不すぎwwwww 23:えろい…
【姉との告白体験談】 姉「洗うの大変だから私の洗濯物汚さないでね…」
2016/05/23 11:22
2016/05/23 11:22
2013/03/04 14:47┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者弟「フヒヒwwじゃあ姉ちゃん代わりにしてくれよwww」  姉「え…?」  弟「このままじゃ姉ちゃんの服汚しちゃうからさぁwwwほらもう出ちゃうよww」シコシコ  姉「だって…ど、どうすれば…」  弟「ほら手でいいからさwwこうしてさぁwww」グイッ  姉「あ…」ピトッ  弟「うはwwwwフル勃起wwwww」ギンギン  弟「ほらw力入れてしごいてみww」  姉「し、しごく…?」  弟「姉ちゃんwwwだから力入れて上下に動かし…
妹「んっ、ああっいいよぉ、凄く……んっ、気持ちいい……あっあっ」
2017/09/09 16:02
2017/09/09 16:02
妹「お兄ちゃん、出かけてる」

妹「よし・・・・・・今のうち・・・・・・」

妹「スカートは邪魔」

妹「しばらくは帰ってこないはずだから」

妹「お兄ちゃん・・・・・・、んっんっ」

妹「パンツの上から、指で・・・・・・」

妹「あっ、湿っていく・・・・・・、あっんっ、ふんっ」

妹「お兄ちゃんの部屋で自慰なんて・・・・・・」

妹「だめなのに・・・・・・」

妹「でも指がとまらない」

妹「だめっ、声がでちゃ・・・・・・あっあっ」

妹「んー、あっふぅ、んっ、どんどんパンツが湿っていくよぉ」

妹「気持ちいい・・・・・・」

妹「最後まで・・・・・・」

中学で仲の良い女子にビンビンのモノを見せた
2017/05/24 11:16
2017/05/24 11:16
256 :えっちな18禁さん:2009/09/19(土) 21:36:25 中1の時に仲のいい子と誰もいないとこで二人きりになり 何かのはずみでおっぱいに手が当たった 怒られるかと思いきや、触っていいよって言われて 体操服の上から軽くタッチした もっと触っていいんだよって言うけどためらっていたら その子は自分から体操服を脱ぎブラまで外して上半身裸になった 乳輪が五百円玉くらいあってかなり大きく、触ったら柔らかく温かかった ○○のチン○も見せてとなり、恥ずかしながらもパンツ脱いだらビンビン状態の 見て大きくなってるねって感心してた 257 :えっちな18禁さん:…
ユミのマンコが乾く暇が無く、乳首も起ちっぱなしだった。
2018/05/09 17:04
2018/05/09 17:04
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 私は賭け事が大好きで、知り合い3人に借金がある。 それは膨れ上がり債務超過状態。 そこで、妻の身体で帳消しにしてもられないか頼んだ。 2人が同意してくれた、後は妻を説得するのみだ。 妻は今32歳。名前はユミ。 高校卒業と同時に家出をした。水商売の道には22の時に入り、 始めは50代の社長の愛人。 次は28歳の時には、ヤクザの愛人にされた。 ユミは痩せていて微乳だが、名器持ちなので可愛がられていた。 そのヤクザにはみっちりとしこまれたらしく、フェ…
【オナニー体験】私は、『覗かれる事に興奮する』女です。
2017/04/02 12:02
2017/04/02 12:02
いわゆる自分から見せる露出とは違うのかもしれませんし、

長くなりそうなのですが、

よかったら読んでください。

私は、そこそこ大きな地方都市の、

静かな住宅街のアパートに住む23歳のフリーターです。

私の部屋は2階の角部屋で、

ベランダだけでなく壁側にも窓があります。

その窓際にベッドを置いてそこに寝てるのですが、

その窓を開けてほんの数メートル先に、

隣の建物(これもアパート)の住人の方の部屋があり、

そこにも窓があります。

つまり、

双方が窓を開ければ、

お互い丸見えになってしまう位置関係になっています。

この事は…
若くて可愛い女性店員を寝バックで犯す
2017/04/21 22:09
2017/04/21 22:09
近所にある農業関係の小売店に、珍しく結構可愛い店員さんが働くようになっていました。それまでは祖母の付き添いで行くくらいでしたが、その店員さんが働くようになってからは自分だけでも行くようになりました。
私はお尻派の人間なので、その店員さんのチノパンがパンパンになっているのを見ていつも良からぬ妄想をしていました。
決して細くはない足でお尻も小尻ではないですが、適度に大きくてムチムチしているのが堪らなく興奮する材料でした。

その日は、お店で結構大きな買い物をしてて、自分の車では持って帰れそうになかったので後で配達をしてもらう事になりました。

そして夕方くらいに店員さんが2人お店の車で持っ…
立ちバックで中出し
2017/06/28 02:16
2017/06/28 02:16
9月の連休中俺ら家族と嫁の姉さん家族と二泊三日で温泉旅行に行った。

俺の家族は俺(30才)嫁の奈美(28才)娘2人。

姉さん家族は旦那の靖司さん(38才)お姉さんの久美さん(32才)娘1人。

宿泊先は通常の露天風呂と家族で入れる貸切り露天風呂があった。

夕方旅館に着き全員で貸切り露天風呂へ。

その後全員で食事をし、移動の疲れもあったせいか、姉さん家族は隣の部屋に帰って行った。夜、奈美が迫ってきた。

たまには違う場所でのHもいいかと思い抱いた。

だが奈美は昔から淫乱。声が半端なく大きい。たまに子供が起きるときがある。奈美と知り合ったのはナンパ。 当時奈美には彼氏…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【露出】女装ビキニでナイトプールに侵入

・奥さんも覚悟したのか、欲しくなったのか・・・

・【レイプ】甲子園の常連校だった野球部の横暴

・今日メル友と会ってきた報告するよ

・浴室での排泄行為

・お堅い女上司の意外な趣味

・【熟女体験談】理容師の爆乳おばちゃんに勃起したらおっぱいプレスに手コキの痴女責めをされた

・俺とビッチとの思い出

・男は欲情を理性で抑えているんですよ

・あなたのこと『だけ』訂正するようにしてあげるから

・【人妻体験談】隣の引きこもり少年に好意を持たれて玄関でレイプされた専業主婦

・嫁の美人ママ友が家に遊びに来てくれました

・30代女性は狙い目なのか?

・【人妻体験談】超爆乳でブスな娘の友達のママさんにパイズリしてもらった後、無断中出し

・【熟女体験談】元ソープ嬢の現熟女デリヘル嬢な母との近親相姦SEX

・社長と偽って愛人募集

・アパート住まいが楽しいのは隣の奥さん

・女を忘れ女を捨てていました

・小?高にかけて妹への行為

・セフレ人妻達から知った主婦の実態をご紹介

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[中編]

・【熟女体験談】独身女子会の罰ゲームで全裸浴衣で部長達にお酌するはめになり輪姦レイプされた

・3P初体験…

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[前編]

・弟「なんか変なおしっこでちゃったぁ.......」

・【Hな体験】膝に跨がってキスをせがんでくるエッチな彼女

・何という大きさだ・・私の物とは比べ物にならなかつた・・・

・妹と普通に寝た話

・憧れの京都に落とし穴!

・【近親相姦】俺は今、姉貴の奴隷です