寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

母娘陵辱・息子の友人たちに【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

2017/09/22 03:42



2006/03/23 00:55:21 (wRrBFVKF)














 五年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生
活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか倹
しく暮らしていました。
 私の年齢は四十六才で、息子の雄太が十九才になっていて、娘の美紀は十
六才の高校一年生です。
 私は医療事務の資格を持っていたので、昼間は小さな個人病院での医療事
務仕事をし、夜は料亭の仲居として働き、子供たちをどうにか育て上げてき
ました。
 しかし、この春の大学受験を息子の雄太が失敗してから、我が家に少しお
かしな風が吹き始め、どこかに空気の遮断壁のようなものが出来てきていました。
 予備校に通うこととなった雄太の生活態度が、それまでの素直な純真さが
どこかに消えてしまい極端な内向的で鬱的な性格になってしまったのです。
 原因の一つに、大学受験の失敗による家族への申し訳のなさがあることは
事実なのですが、母の私も娘の美紀もまったく気にもしていないことなの
に、息子の雄太一人だけがまるで世捨て人にでもなったかのように、拗ねた
ような被害妄想を大きくしていってしまっているようでした。
 予備校にはどうにか通うのですが、帰宅してからはほとんど自分の室から
出ようとはしなくなりました。
 家族三人のありきたりの会話というものが、この二、三ヶ月の間に瞬く間
に途絶えていってしまったのです。
 私が帰宅するのはいつも夜の十二時前後で、娘の美紀から雄太の挙動につ
いてを訊くのですが、内向的で鬱的な傾向は強まるばかりで、母としての心
配は毎日募るばかりでした。
 ある時、私は息子の雄太に問い質しました。
 「雄太、どうして家族と交わろうとはしないの?何かお母さんにでも不満
があるのならいってちょうだい」
 この時の雄太の応えは、
 「何にもねえよ」
 だけの一言でした…。

 そしてあの忌まわしい出来事は、八月下旬の雨の降る午後に起きてしまっ
たのです。
 私が帰宅したのは午後十一時過ぎでした。
 狭い玄関口に見慣れない男物の靴が幾つも、まるで足の踏み場もないくら
いに雑然と脱ぎ散らかされていました。
 いつもなら居間にいるはずの、娘の美紀の姿が見当たりませんでした。
 居間に並列して二つの室があり、ベランダ側の六畳の洋間が雄太の室にな
っています。
 その雄太の室から妙に騒々しい音楽の音が聞こえ、時折、ひそめるような
声での何人かのざわめきが耳に入ってきていました。
 そのざわめきの中から、私は娘の美紀の呻くような声を聞き取り、唐突な
不安感に襲われ、思わず雄太の室のドアを強くノックしていました。
 一瞬、ざわめきの声は静まり、娘の美紀の断続的な呻き声だけになりまし
た。
 ただならぬ気配を感じ、ドアのノブを思い切り廻すと施錠はされていなく
て、簡単にドアは開きました。
 室の中一杯にタバコの煙が充満していて、アルコ-ルの臭いが強くしまし
た。
 息子の雄太を含めて男が四人いました。
 その雄太が何か紐のようなもので両手足を括られた状態で、床の上に転が
されていました。
 口をガムテ-プで固く塞がれていました。
 雄太以外の三人の男たちは全員が素っ裸になっていて、壁の横のベッドに
群がっていました。
 全員が二十才前後の若者でした。
 そのベッドの上に娘の美紀がいました。
 全裸にされて犬のように這わされていたのです。
 私はあまりの驚愕に思わず声を失っていました。
 全裸の美紀の周囲に男三人が群がっていて、一人は美紀の剥き出しの臀部
に密着するようにして、膝を立てて腰を前後に律動させていました。
 俯いた姿勢の美紀の顔の前でも、男が膝を立てていました。
 あろうことか美紀の口の中に、その男の下半身の突起物が深く沈み込んで
いました。
 目を閉じて美紀は抵抗する素振りもなく、男のものを顔を自ら前後に揺す
りながら咥え込んでいたのです。
 美紀の浮き上がった腹の下に、もう一人の男が潜り込んでいて、仰向けに
なって下のほうから美紀の乳房を揉み込んでいました。
 「やっ、やめなさいっ」
 「やあ、お母さんですか?お嬢さんはもうこんなに楽しんでいますよ。お
母さんもどうです?一緒に楽しくやりませんか?」
 娘の美紀に下半身のものを咥えさせている、がっしりとした体格の男が私
のほうを向いてにやけたような声でいってきました。
 「な、何てことを…あ、あなたたちは」
 「お宅の雄太君がね、予備校で俺たちに多額の借金をしていましてねぇ。
その利息代わりにお嬢さんを頂いているってことなんですよ」
 「しゃ、借金って…い、いくらなの?」
 「三十万ですよ」
 「たったそれだけのお金で…ど、どうして娘なの?」
 「何いってるんですか、雄太君からの提案なんですよ、これは。なあ、雄
太」
 「な、何てことをっ…お願い、娘を離してやって」
 「もうかれこれ二時間近くも、お嬢さんと僕たちは交わっているんです
よ。見てみなさい、こんなに僕たちに従順になっている。でも、お母さんが
代わるっていうんなら離しますよ、どうです?」
 それから二言三言の言葉のやりとりがありましたが、このおぞましい屈辱
的な状況を打破するには答は一つしかありませんでした。
 私は承諾するしかありませんでした。
 「お、お願いです。息子と娘を室の外へ出して…出してください」
 せめてもの私からの哀願でしたが、三人の男からの答はノ-という非情極
まりないものでした。
 娘がベッドから下ろされ、床の上に突っ伏したように寝転がされました。
 ベッドの上に私は座らされました。
 一人の男が私の前で仁王立ちしました。
 男の剥き出しの下半身が、私の顔のすぐ前にありました。
 男が上から見下ろすようにして、声には出さず目で私に何かを要求してい
ました。
 私の口のすぐ前まで、すでに固く屹立した男のものの先端が接近してきて
いました。
 私は口の中にゆっくりと含みました。
 私の背後にも男が一人座り込んでいました。
 「むむう…ううっ」
 背後の男の手が、私のブラウスの前ボタンをゆっくりと外しにかかってき
ていました。
 口の中一杯に男の大きな屹立が入り込んできていました。
 ブラウスが私の肩と腕から脱がされていました。
 ブラジャ-のホックもあっけなく外し取られました。
 背後の男の手が私の乳房に、強い握力で襲いかかってきました。
 同時に首筋に男の舌の愛撫が這ってきました。
 乳房を揉みしだく男の手に、私は思わず自分の両手を重ねていました。
 正座していた私の下半身が、三人目の男によって横から唐突に足を崩され
ました。
 スカ-トのホックが外される音がしました。
 パンティストッキングが剥がされました。
 両足を前に投げ出されるような姿勢にされ、太股のあたりから大きく割り
裂かれました。
 三人目の男の手の先が無遠慮に、割り裂かれた股間の中心をパンティの上
から妖しげになぞってくきたのでした。
 「むむうっ…むう…うう」
 耐え難い屈辱と汚辱の責めに、私は意識を半ば以上喪失しかけていまし
た。
 男の屹立を口に含まされ、乳房を荒々しく揉みしだかれ、そして下半身の
中心に男の乱暴な指の責めを、私は長く受け続けました。
 夫を亡くして五年の女の身体には、若い野獣と化した男たちの攻撃は、あ
まりに強烈で淫ら極まりない刺激的なものでした。
 「ああっ…だっ、だめ」
 私の身体の中の感情の起伏が、大きく激しく波打つような事態に陥ろうと
していました。
 気持ちのよさを私は身体の奥底のほうから、熱く煮えたぎるような感覚で
体感し始めていました。
 ベッドの上に私の身体は仰向けにされていました。
 両足を高く拡げて持ち上げられ、間に入った男の屹立を、私は下半身の柔
肉の中深くのところまでつらぬかれていました。
 一人の男に口を吸われていました。
 口の中で男の舌に、私の舌は熱く燃えて順応していました。
 三人目の男に乳房の先端を噛まれていました。
 「ああ…ああっ…い、いいわっ。…いいわっ」
 目くるめくような忘我の境地に、私はすでに達していました。
 息子と娘の前で犯されて、私は母親のすべてを捨てるような熱い思いで、
全身を淫らにのたうたせていました。
 三人の男たち全員の精液を、私は下腹部の奥深くにたっぷりと仕込まさ
れ、はしたなく淫れ狂って屈服の声を幾度も上げ続けたのでした…。

 どれくらいの時間が経過したのかわかりませんでした。
 ベッドで全裸の状態で仰向けになった私の身体の上に、娘の美紀の裸身が
覆い被さってきていました。
 「美紀…」
 「お母さん…」
 私の身体の上で、美紀が背後から男につらぬかれていました。
 「ああっ…」
 十六才とは思えないような切なげな声で、美紀が上気した顔を妖しげに歪
めながら熱く身悶えていました。
 私の乳房に美紀の細い手が這っていました。
 私たち母娘は自然なかたちで、唇を重ね合っていました。
 唐突に美紀の身体が私から離されました。
 ベッドに横に並ぶようにして、私と美紀は四つん這いにされ、二人の男か
ら同時につらぬかれました。
 私の背後にいる男の口から呻くような声が洩れました。
 「かっ、母さんっ…ああっ」
 息子の雄太でした。
 しかし、私のほうに息子から逃れようとする理性感はもう残ってはいませ
んでした。
 「ああっ…もっと、もっと突いて」
 私は、思わず息子に求めてしまいました。
息子の雄太のただがむしゃらなだけのつらぬきに、…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
大学病院での便秘診療 (看護婦の体験談)
2016/01/08 23:00
2016/01/08 23:00
あの個人病院へ再び・・・ (看護婦の体験談)の続き http://www.seilogs.com/archives/1049274841.html 名前: さつき 性別: 女性 年令: 22 メッセージ: 最近、便秘がちのことで就職後のことを考えると気分が重くなってしまって...  体調がわるくなって仕事がきちんとつとまるのか、ちゃんと社会人としてやっていけるのか、気になりだすと考え込んでしまいます。  健康診断のつもりできちんとしっかりした病院でみてもらおうと以前から考えてはいました。  大学の講義も12月で終わり…
★お手軽な抜くだけのヤンキー女・・1/2
2015/09/20 19:53
2015/09/20 19:53
 道沿いの自販機の所でタバコ休憩してたら、l半ヘルを被った爆音原付スクーターの女の子が近づいてきて「これ(ZRX1100)お兄さんの?」って声を掛けられた。「そうだけど何?」って言ったら俺の横に座り「後に乗せてくれない?」って。「俺、2ケツはしないんだわ。」って答えた。

「後に乗せてくれたら犯らしてあげるからどう?」って馬鹿を言うので「お前まだガキンチョじゃん。遠慮しとくわ。もっとおっぱいが大きくなってから出直して来い。」って言った。そしたら女の子の表情が急に変わって「何偉そうに言ってんのよ!女から声を掛けたのに恥をかかす気。」とのたまうので
「お前馬鹿か!安売りしてんじゃねぇよ。」と…
妻を常務に預けてしまった(4)
2016/09/21 21:01
2016/09/21 21:01
 妻を常務に預けてしまった(4)      龍 晃一 福岡空港に迎えに行くとお土産をどっさり買ってきた雅美の姿があった。私の見ている前で常務と雅美が抱き合ってキスをしていた。そして二人は別れて行った。そんな姿を観ていたことを知らないかのように笑顔の雅美が近寄ってきた。「お帰り、楽しかった----」 「とっても楽しかったわ----」 「ママ、お帰り」 「雅子にもお土産を沢山買ってきたよ」 「ママ、ありがとう」 雅子にはママが男と旅行に行っていたとは口が裂けても言えないことである。あどけない姿をとても可愛く思った。子供にはこんな辛い思いをさせたくないと思っているが、雅美の表情は笑顔で逢瀬を満喫した…
【レイプ】特急電車のトイレで
2016/01/31 10:47
2016/01/31 10:47
349:Mr.名無しさん:2007/04/23(月)01:24:31 好きな女の子が大阪に住んでいる遠距離恋愛中の彼氏に久しぶりに会うために、 特急に乗って行こうとしてたんだが、その特急の車内でヤクザっぽい男に、 いきなり隣に座られて凄まれたんだって。 彼女怖くて通報したかったんだけど、万が一そのDQN親父に逆上されて、 刃物なんかで傷つけられたら彼氏に申し訳ないと思って必死に耐えてた。 数ヶ月ぶりに会う彼氏に見せたくて着ていた春らしいふんわりしたスカートの中に、 ごつごつした日に焼けた手を無造作に突っ込まれて、 下着の脇から、何の思いやりもない手つきで性器をまさぐられ続けた…
居酒屋で友達の奥さんと会い、69で性器を舐め合いワンナイトラブ不倫
2016/03/21 00:06
2016/03/21 00:06
居酒屋で友達の奥さんにばったり会い
一緒に飲むことになり、酔った勢いで手を繋いでました。奥さんがトイレに立ち戻ってくると奥さんから手を繋いでくるので、腰に手を回したり密着してました。

 0時をまわり「もう帰らないとダメ?」と聞くと「今日はね旦那いないのよ 独身よ」と言うので「じゃぁ今夜付き合ってもらうかな 朝まで」と言いホテルヘ行きました。キスをして盛り上がってシャワーもせずに69で舐めあいました。上手なフェラに我慢できずに挿入しました。

「そのままでいいよ シューくんのおっきいから入るかなぁ」と笑顔で言われキスをしてゆっくりと挿入しました。充分濡れてるのにキツイまんこに興奮しまし…
料理上手な人妻と(4)
2018/01/10 03:28
2018/01/10 03:28
俺がティッシュをさやかさんに渡すと、 彼 女は精液をたっぷりと吐き出し、 「ほんとにイッパイ出たねぇ。若いねぇ。 いつまで出続けるのかドキドキしたぁー」 って子供みたいな笑顔で言いました。 そのあと流しにいって、クチュクチュうがいをし始めました。 ホッペタをプクプクさせたあと 「プハァー」って言いながら 水を吐き出すさやかさんの仕草が可愛くて可愛くて、 俺は急いで近づいていってさやかさんに後ろから抱きつきま した。 さやかさんは一つ一つの仕草が本当に愛らしくて俺好みでした。 彼女のことはまったくと言っていいほど何も知らなかったけど、 心の底から大好きだなぁと思いました。 甘えたくて甘えた…
引っ越したマンションに同級生夫婦が住んでいて浮気に発展
2015/11/14 05:28
2015/11/14 05:28
私は30代の専業主婦です。

新しいマンションに引っ越してしばらくした時に、

どこかで見覚えのある顔に出会いました。

それは、中学校時代の同級生のユカリ(仮名)でした。

まさか同じマンションに住んでると思わなかったからビックリしたけど、

それからというもの、家族ぐるみでお付き合いするようになりました。

でも、それが大きな間違いに発展してしまいました。 ユカリが家を数日空けるのと、うちの主人の出張の日が重なったんです。

それで、お互い一人だから食事でもって、

ユカリの家でダンナさんに食事を作ってあげてたら、

いきなりガバって後から抱き締めてきて、激しく胸を…
保育園の父母会で出会った巨乳人妻と濃厚な不倫中出しセックス
2017/06/30 21:00
2017/06/30 21:00
  

先週、娘の通う保育園の父母会の懇親会がありました。いつもは妻が行くんだけど、急遽都合で行けなくなったので、私が行くことになりました。飲み会が始まって1時間を過ぎたあたりからみんな席をよく変わるようになり、私もそれに乗じて、前から目をつけていた母親の横に座りました。その人(K子さん)は娘と同じクラスの子の母親です。K子さんは、背はあまり高くないが、スリムなうえに胸が大きく、顔は岡江久美子に似た感じです。 今まで挨拶程度しか話したことがなかったのですが、話してみると結構ノリがよく、もしかすると下ネタいけるかもと思い、夫婦生活の話になったとき、「いやーうちはレスだから」…
【熟女体験談】妻の不倫相手にお願いして妻のSEXの最中の声をボイスレコーダーで録音してもらった
2016/08/23 00:02
2016/08/23 00:02
2016/08/23 (Tue) 妻美香37歳が不倫しているのは僕は携帯を見て知っていました・・

はじめは離婚とか慰謝料とか思っていましたが・・・

他の男にチンポ嵌められた妻はどんな感じ方をしてるんだろうか?
とかどんなSEXをするんだろうとか
興味を持ち始めました・・・

不倫相手の男の携帯番号も知っているので
僕は妻の不倫相手の男にTELをして有るお願いをしました。

妻のSEXの最中の声をボイスレコーダーで録音して欲しいというお願いを

しました本当は動画を撮影して欲しかったのですが・・

準備不足な事も有り今回は音声のみと成りますが・・・

不倫相手の男は最初は困っている様子で…
40になって、成し遂げた思い。
2016/08/21 20:01
2016/08/21 20:01
小学生の頃に、 向かえに棲む3歳歳上の従兄弟の姉ちゃんと仲が良くて、遊び相手になってくれていました。学力優秀で、スタイル抜群、 メチャ可愛い、初恋の相手、ケイコ姉ちゃんと、秘密の遊びをしていました。 秘密の遊びって、言うと大袈裟かもしれません。 抵抗する姉ちゃんの胸元に手を突っ込むって遊びです。なかなか手が入らないから、わきを、こちょこちょして、隙をつき手を浸入させる。 すると、イャァンって言って、はいっおしまいっ。 絶対に内緒だよって、止めるんです。姉ちゃんはかなり興奮していました。今思えば、たぶんレイプ願望があったんじゃないかなと推測してます。 中学時代に、二階から屋根に出て、タバコを吸…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・高身長を気にしてた同級生の女子大生と一緒の布団で寝た

・透けた競泳水着

・綺麗な妻には過去がある

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・叔父の奥さんに憧れていた若き俺のエロ歴

・日曜日のタダマン中出し

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・銭湯の娘だって子供扱いされたくない

・「わたしが教えてあげようか」から3Pへ

・オーナーの指導を色々受けているバツ1女です

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[後編]

・【人妻体験談】人妻とスローセックスを楽しみながら中出しして何度もイキまくる

・【熟女体験談】熟女が大好きで、かなりの人数とヤりまくるドMのド変態男

・腰が立たなくなるまで攻める旦那の後輩

・持病

・【初体験】伝言ダイヤルで知り合った年上女性と童貞卒業

・【乱交】温泉旅行で代わる代わる3人の男に犯され続けた

・姉弟の話

・高校ボクシングの試合の計量

・【熟女体験談】根気強く店に通ってスナックの熟女を口説き、ホテルに持ち込んで中出しSEX

・悲鳴とともにのけぞり、又しても失神・・・・・・

・【人妻体験談】野獣のようにSEXのに没頭し、歯止めが効かないくらい連絡してきたエロい人妻

・他人の妻を逝かせた

・クビになるよりマシだもんねと色気で

・【不倫】学芸員をしている真面目な主婦ですが・・・。

・タオルバリアー

・ラブホテル

・彼氏より俺のがいいだろ・・・

・息子の部活をバックアップするつもりが、コーチと肉体関係を……

・【人妻体験談】コンパニオンを待っていたら妻の友人が来て、騎乗位状態の素股から本番中出しをさせてくれた