寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

会社の2つ上の女性と電車で...【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

2017/09/14 11:31


部署の飲み会があり飲み会が終わったあと、
帰る方向が同じだからと2つ年上のSさんという女の人とほろ酔いで
駅に向かっていた。
Sさんはスレンダーで顔は森高千里のようなひとだ。
駅に着いたら、ホームはすごい数の人でごった返していた。
人身事故か何かで電車が大幅に遅れているらしい。
2本の電車を人が多すぎて乗り過ごしたが、かなり時間も
遅かったので3本目にSさんと乗ることにした。これも超満員。
何とか電車に乗ることができたが、窒息死するのではないかというくらい
の混みようだった。

押されながら乗ったのだが、Sさんと真正面で体が密着したまますごい圧迫で動けない。
Sさんは僕の肩にあごをのせるような格好になっていて、Sさんの髪が
僕の顔の左側でくっつき、何かいい匂いもする。
春だったがその日暖かくてSさんがわりと薄着だったこともあり、
この状況に興奮してしまい、勃起してしまった。
ちょうど、Sさんのお腹のあたりに押し付けるような感じだ。
混みすぎてずらすことすらできなかった。

この状況でSさんと「すごい混みようですね」とか会社の人の噂話で普通に話していたが、
電車は快速だったし、ダイヤが乱れていて途中止まったりでなかなか次の駅に着かない。
しばらくするとSさんが
「さっきから何かお腹にあたるんだけど」と言うので
あーあ、セクハラとか言われるのかなぁと思い、
「すみません、体ずらしたいんだけど、圧迫されて全く動けないんで。。。」
とへたれな僕は素直に謝った。
「気にしなくてもいいよ。こんなんじゃしょうがないよね。」
と言ってくれ、怒ってないんだ、とホッとした。
この頃、つき合ってた彼女もいたし、Sさんはきれいな人でたまにオカズに
したけど、恋愛感情はなかった(この時は)。しかしオカズにするくらいなので
この状況に体は正直だ。

Sさんは、「よく痴漢にあうんだよね。変なおじさんばかりでキモイ。」とか
「でも時々若い人もいるんだよ。信じられない。」
などというが、今わたくしがやっているのは、触っていないけど、
痴漢と変わりないですが。。。

Sさんは、ちょっと飲みすぎたね、と言い、僕の肩に乗せていた顔を僕の顔のほうに
傾けてSさんの頭と僕の頬がくっつくような格好になり、顔を見ないまま話していた。
「今、彼氏が研修で海外行ってるから、男の人とこんなふうにくっついたりするとドキドキするよ。」
とボソボソとSさんは小声でつぶやいた。
痴漢はキモイだのと言ったり、一方ドキドキするだのと言って、僕は混乱した。
股間は余計にパンパンになってしまった。

混乱しているうちに横のひとたちから体を押されてSさんと真正面に向かい合って
いたのが少しずれて、僕の左手の甲がSさんの細い、ももに位置した。
Sさんの左手は僕の股間にあたるような位置になっているような気がするけど、
相変わらず圧迫されていたので、股間にあたるのはSさんの左手なのか
左腕なのかそれとも腰あたりなのかがはっきりと判別できなかった。
この間もずっとSさんとは普通に会社の話とかしていた。

すると、残念なことに次の駅に着いてしまい、
「開くドアは反対でも普通は向かい合う体勢を変えるよなあ」
と思いながら降りる人と乗ってくる人の入れ替えをなんとなく体勢を正面で密着したまま
待っていたら、電車の反対側のドアは閉まって発車した。
内心すごいラッキーだった。
乗客は少し減り、圧迫されるほどの混みかたではないものの朝のラッシュ時と同じで
十分密着したままでSさんの左手あたりに僕の破裂しそうなモノがあたり、
僕の左手甲がSさんのもものあたりのままだ。

何か股間に感触を感じたと思ったらSさんは
「今、手に当たってるんだけど、ずらせないよ。ごめんね。」
「そんなことないですよ。謝らなければならないのはこんなになってこっちだし。」
「でも普通じゃない状況よね?」
「すみません」
「謝ることじゃないよ。こんな混雑してるんだもん。しょうがないよ。」と優しい。

次に信じられないことがおきた。
また電車が途中で止まって、グラっと揺れた瞬間に何とSさんは、
「転ぶかと思ったよ。握っちゃった♪」と僕の股間を握ったのだった!
頭の中は軽いパニックで
「いいですよ。」とよくわからない返答をしたのだが、
冷静に考えるとこんなものが手すりのかわりになるはずがない。
揺れは収まったのにSさんは握ったまま手を離さない。会話が会社の話しとかだったのが
「ズボンのうえからでもはっきりとわかるね」とか段々Hモードになってきた。
勿論、益々小声だが。

それでへたれな僕も勇気を出して、Sさんのももにあった左手甲をSさんの股間に
スカートの上から押し付けてSさんの様子を窺った。
Sさんは抵抗もしなかったので、
「Sさんのほうは握っているんだ。だから大丈夫」を信念にさらに甲を掌にして
スカートの上から押し付けるように触って
「スカートのうえからだとはっきりとわからないですね」とつぶやき
「女のひとだとそうかもね」とSさんは普通に返してきた。
もうここまでエロモードに入ってるとさすがに甲から始めたへたれな僕でも
スカートの中に手を入れようか、いや、それはまずいとすっごい悩んでついに実行
に移してしまった。

ミニスカートでもなかったSさんだが、わりと短めの柔らかい生地のスカートだったので
左手で少しづつスカートをたくるようにしてまくっていった。
「今、なにしてんの?」
ゲッ、やば。やりすぎか?警察に捕まるか?
「はっきりとわかりたいんで。。。」とアホな返答に、
「ふーん」とスルーしてくれたようで
「そうするとわかるの?」
「たぶん」
「あ、そっ」とSさんは僕のモノを強く握った。それで迷った挙句、そのまま続けた。
さっきまでセクハラ呼ばわりされたらどうしようと思っていたことを考えると大躍進だ。

まくり終わって、股間を触ろうかどうか一瞬躊躇したあと、ももを触った。
「あれ?ストッキングは?」
「伝染してたし、今日暑いからさっきトイレで脱いできた」と。
Sさんは握っていた僕の股間をさすり始めた。
一方、我が左手は、股間に到着。
「こんなに?」とおしっこをもらしたのではないかというくらいパンツがびしょびしょで、
Sさんも普通に会社の話などをしながらもいやらしい気持ちになっていたかと思うと興奮した。

「すごい濡れてますよ」と小声で
「Mくんだって、こんなんじゃん」と股間を強く握り締めた。

どういうわけだか、パンツの中に手を入れてはいけない気がして
パンツの上からでもわかる割れ目をずっとなぞったり、パンツの
横から少し出ている毛をなぞったりしていた。

Sさん見ると、唇を噛んで何かをこらえているようだし自分も我慢できず、
「次、降りませんか?」
「いいよ。」
ってことで、次の駅で降りた。

しかし、降りた駅、近くにホテルなんかなくしばらく歩いた。
繁華街と逆の出口を出たのか、快速が止まるにしては寂しいところだった。
すぐに周りに人がいなくなった。その先にスーパーがあった。
そのスーパーは深夜営業などやっているところではなく、裏に回ると自転車置き場になっていて
自転車置き場の奥に膝くらいの高さの植栽があり、
自転車置き場と植栽の間の1メートルくらいの狭い間に行き(場所探しに必死です)、
キスをした。

キスをして初めて自分の彼女に罪悪感を感じたが、エロい欲望のほうがはるかに
勝っていた。Sさんも同じではなかったかと思う。
こんな場所なので、ここではキスだけにして、やっぱりホテルを探そうと思っていたのだが、
Sさんが「ここだと人が来ないよね?」と何度も念を押したので、「ここでもOKなのか?」
と疑いと期待が半々だった。
Sさんはどうも人目は嫌なようだ。(僕もだが。警備の人とかいるのだろうか?)

だが、ブラウスの上に羽織っているものの前を開け、ブラウスの半分ほどボタンをはずし、
ブラのなかに手を入れ、Sさんの小ぶりの胸を触ってしまった。やっぱり僕はもう止められなかった。
これがSさんの胸か。会社で今まで普通の関係だった人の胸なんだ、
と思うと余計にクラクラしてきた。
色白のSさんの乳首はきれいな色(ちなみに当時の僕の彼女は沈着系)でそこを舌で転がしはじめると
「ウーン」と声が漏れてきた。
普段より声が高いぞ。Sさんこんな声出すんだと思うと余計に興奮した。

Sさんは相変わらずズボンの上から僕の股間をさすっている。
Sさんのスカートに手を入れ、パンツの横から指をいれ、直接割れ目をなぞった。
ぐちょぐちょだった。クリをさするとピクンとし、
「はぁっ」と大きくため息をし、声をこらえているようだった。

パンツが邪魔なので、片足だけ脱がし(靴がひっかかり少し面倒だった)、
Sさんの片足を植栽にあげてSさんの股間を眺めた。
5メートルくらい横に電灯があり、少し暗いもののよく見えた。
「はずかしいよー」
暗くてあまり見えない、と嘘をついた。

胸のときと同じで会社の人の「こんなところ」をみていると思うと更に興奮した。
(どちらかというと毛は普通よりやや濃い目か?)
そして舐めた。
「きたないよー。そこは、いいって」と言われたが続けた。
ずっと声をこらえているようだが、気持ちよさに少し出てしまうようだ。
3分くらいたっただろうか(早かった)、すると突然
「もういい、もういい」といきなり僕の頭をつかみ離そうとしたが、
そのままクリを舐めてると
「あーー」と少しだけ声を出して、股間を突き出すようにしてSさんは果ててしまった。

「もう、なんてことするの?はずかしいよ」
「Sさんが気持ちよく…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優1/8
2017/02/18 15:01
2017/02/18 15:01
僕は33才のサラリーマンです。 結婚はしていますが子供はいません。 妻は中学からの同級生で、学生時代から7年ほど付き合って27才の時に結婚しました。僕は昔から勉強が出来たので一流と呼ばれる大学に行き、今は某大手商社に勤務しています。 妻も同じ大学に行き、昔は大手の自動車メーカーに勤めていて、結婚を機に退職しました。僕は勉強ばかりしていたのでそれほどモテるタイプではありませんでした。 妻も同じように学生時代は地味で大人しく、男子から声がかかる存在ではありませんでした。 そんな二人だったので、大学で上京した時にはさみしい東京生活のせいか、地味同士すぐに仲良くなりました。 大学の途中で交際がはじまり…
29歳の若妻のGカップにたまらず寝取ってしまったエッチ体験談
2016/02/19 03:23
2016/02/19 03:23
私45歳、妻47歳で結婚16年目です。





子供は全寮制の学校に通わせていて、家には2人だけで最近はいつもまんねりの夫婦生活をしています。






ある日、後輩のA39歳がB子29歳と最近結婚したので我が家でお祝いもかねて食事会をしました。





B子は幼さが残る童顔でいたって普通にカワイイ顔、ショートカットの少し茶髪で体は丸みのある肉つきの





色白で女性特有の曲線美でオッパイがGカップあるエロティック体型で胸元を強調する





大きく開いたU字のセーターを着ていました。





テーブルでホームプレートを4人で囲み私の向かいにB子が座っていたので正面から…
巨乳女子をどエロな友人に紹介してみた
2016/07/03 06:08
2016/07/03 06:08
723 :えっちな18禁さん:2010/10/03(日) 00:53:01お盆休みの終盤、俺とまみは俺の部屋でマッタリと過ごしていた。 夕方くらいに3年ぶりくらいにマサルから電話があった。 東京から地元に戻ってきて、今実家にいるから、遊ばないか?との事。 俺はゆみも連れてマサルと三人で居酒屋に行く事にした。  待ち合わせの場所に行くと、浅黒く日焼けをしたマサルが居た。 俺はまみをマサルに紹介した。 マサルは少し人見知りなところがあるので、照れくさそうに挨拶をしていた。 まみはニッコリと笑っていた。  居酒屋につ…
年上のお姉さんにペニス見せてみたww【エロ体験談・フェラチオ】
2016/06/03 15:05
2016/06/03 15:05
25歳の社会人なんですが、昔からの銭湯好きな男です。 最近の健康ランドとか色々な温泉施設があるのではなく、 昔ながらの銭湯でお風呂に入るのが好きなんです。 それで子供の時から通っていた実家の近くの銭湯で ちょっとしたHな事件がありましたw そこは昔はオバチャンとオッチャンが番台をしてました。 ちょっと事情がありまして実家に帰った時に久しぶりに行くと 俺が小学生1年の時に集団登校で一緒だった 4歳上のお姉ちゃんが番台をしてました。 そのお姉ちゃんはこの銭湯の一人娘なんです俺が生まれた所は下町で 昔は近所の子供達(小学生ぐらいまで)が年齢に関係なくよく遊んでました。 俺も幼稚園ぐら…
睡眠薬で寝かせて豪快に中に出してやった
2017/02/13 13:01
2017/02/13 13:01
261 えっちな18禁さん[sage] 2009/10/12(月) 11:06:30 ID:epxOIaRl0 昔手マンまではさせてくれるけど、本番は絶対にさせてくれない友達に、午後TEAに睡眠薬6錠くらい入れて眠らせた 冬で部屋が暖かかったせいか2時間程したら、何か眠いから寝る~って爆睡 即効パジャマのボタンを外し乳を写メり、次はパンツ脱がしてマンコをパシャッてやろうと思ったけど、足が開かない なので裏返しにしてマンコを弄くり、反応は殆どないけど、濡れてくるのに興奮してそのまま生で挿入 起きないようにゆ~っくり腰を動かすと、僅かに「アッ」っとか「ウ~」とか吐息が漏れて更に興奮しちゃって、…
女 「精液飲ませてくれませんか?」
2016/10/21 06:08
2016/10/21 06:08
544 :1/4:05/02/10 00:44:02飲み会後、11時くらいに駅裏を一人で歩いていたら、ビルの隙間から結構きれいな 女の人が歩いてきた。 なんかキョロキョロしてるし、10月でもう寒いの、妙に薄着。 でもかわい~、あんなのとエッチしてぇと思って見てたら目が合ったんですよ。 1~2秒見つめあってしまい、これはナンパ待ちか?と思って、酒の勢いも手伝って 声掛けようと思ったら 向こうから近づいてきた。で、いきなり話し掛けられたんだけど、そのセリフにはビビッタ。 女「あの…お暇ですか?」 あぁ、うん。 女「あの……
セフレの年下男子に毎回中出しされちゃって…
2017/06/11 12:00
2017/06/11 12:00
 

  刺激を求めてる専業主婦です。先日、出会い系サイトに登録してみました。プロフィールにちょっと胸の谷間がわかる写メを載せるとすぐにものすごい反応がありました。世の中にはこんな主婦でもまだまだ女として求めてくれる男性がこんなにいるのかと思うと嬉しくなってしました。そしてかなり迷いましたが、ちゃんと顔のわかる写真が載っていて、さらにメールの内容がちょっと面白くて誠実そうな7才も年下のサラリーマンをしている男性を選んでメールを返しました。「こんなおばさんだけどいいのかな?」ってメールすると、すぐに「年上の落ち着いた女性が好きなので…。僕こそこんな子どもでいいです…
【レイプ・痴漢】エリカ様お仕置き(1)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/06 15:17
2017/06/06 15:17
ゆっくりと流れる、昼過ぎの時間。  メインストリートの車の流れも、いつもに比べて閑散としているように思える。 (しかし……やっぱり慣れない服装は、妙に肩が凝るなぁ)  ターゲットを欺くために、変装を施した。  自分ではどうかわからないが、人が見ると、立派なガスの点検員に見えるだろう。  少々衣服が綺麗過ぎる感もあるが、卸したばかりと思えばいい。 (まぁ、余計なことは考えずに、さっさとやってしまおう)  慣れない服装で、佐藤はターゲットの家へと向かう。――3週間前。  テレビ関係者同士、といっても雑用的な役回りの連中ばかりだったが、の飲み会があり、 佐藤も出席していた。  皆、酒の力を借りて日…
【姉】スナックで知り合ったFカップお姉さん 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/09/20 05:26
2017/09/20 05:26
2012/06/23 23:59┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者おっさんの過去作品 おっさんがかつてAV女優と遊んだ話 沖縄〇俗の思い出を書く 黄金町の思い出を書く おっさんとニューハーフの深い友情物語 コーチお姉さんアフターストーリー おっさんは風俗で働いているお姉さんが好きです。 それはもちろん人にもよりますが、風俗のお姉さんというのはプロなので、おっさんが気持ち良くなるためのアレコレを真剣に施してくれる。 それでいて、普通に会話してみるととても良い子だったりすれのに、しかし心のどこかに陰を潜ませているわけです。 お金目当て、お金のため、客なんてただの金蔓、…
※家庭教師先の可愛いおかあさんを本気で好きになった僕は、ご主人から奪おうと決めた2
2016/02/19 23:56
2016/02/19 23:56
僕は19歳の大学生で、それなりに名の通った大学に通っているせいで、家庭教師のバイトでけっこう稼げている。お金にも多少余裕があるので、なんとか彼女を作ろうと毎日必死だった。中高と進学校に行っていて、勉強ばかりで女性と付き合ったことはおろか、デートすらしたことがない僕は、当然まだ童貞だった。

でも、コンパに行っても凄く緊張してしまう僕は、デートの約束どころか、連絡先の交換すら出来ない有様だった。
そんな日々を過ごしていた僕だけど、ある日恋に落ちた。相手は、新しく教えることになった、小学生の男の子の母親だった。

健太くんの母親の日奈子さんは、たぶん20代後半か30代前半くらいだと思…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【妹】うちの妹が忍者かもしれない件 【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・続 息子の同級生と妻【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・オーストラリア旅行で

・女子大生 果歩 4

・不倫の終わりに彼女からのお願い事が半端じゃなかったです

・【姉】姉との関係 【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・妻の悩ましい顔がみたくて【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・新聞屋さんが来る

・日頃は割りと物静かなパートのおばさんイかせたったwwwwwwwwwww

・【父】父と妹が その1 【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・【Hな体験】ジジイの大家に親子丼されてた母子家庭の母娘[第2話]

・双子の姉妹を性的にいじめ その2【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・副店長に2

・大学受験の為の個人塾で知り合った浪人生とのセックスが気持ち良かったです

・友人に騙され続けた妻【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・彼氏よりも深い関係に

・二人のお兄さん2

・予定が変わって妹と二人きりで海の別荘で過ごすことになり

・【近親相姦】夜のWBC【体験談】

・社宅物語「犯される」【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・副店長に

・目が覚めたら上司に抱きつきながら寝てた時の話です

・【姉】家出したらお姉さんに拾われた 【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・社宅物語 「強姦ショー後編」【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・義弟に

・夫のエロDVDはみんな・・・

・【Hな体験】ジジイの大家に親子丼されてた母子家庭の母娘[第1話]

・サイトで知り合った男達に

・【母】母肉 【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・計画的犯行【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】