寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

温泉旅館の処女娘を籠絡し落としたぜ・・・

2017/09/14 12:00


 
大学時代です。友達に九州の温泉旅館の息子がいました。隼人といいます。3年の9月に、彼の家を拠点に仲間とフィールドワークをしました。彼には短大2年の19歳の美代子がいました。兄には似ないすごい美人でした。

夜は仲間で美代子も囲んでゲームをしたりして楽しく過ごしました。フィールドワークが終わったある日、隼人がやってきて、「美代子がおまえのこと好きだっていわれてのう、つきあってくれんか、おまえなら真面目だし、安心じゃけんのう」といいました。

私は、ちょうど、高校時代からの彼女と別れたばかりだったのでラッキーと思いました。さっそく、メールをおくりました。彼女からもすぐにメールがかえってきました。

キティちゃんマークつきのメールでした。一週間後、再調査の名目で彼の旅館に泊まりました。1日目、美代子が夕飯をもってきました。おしゃくもしてくれました。雰囲気で俺を好きだとわかります。

楽しく食事をして、お膳をさげぎわに手を握ると、ぽっと赤くなりました。純情可憐です。そっと抱き寄せてキスをしました。びっくりしましたが、応じてくれました。その夜はそれだけにしました。

お風呂にはいって帰ってきたらふとんがしいてありました。そうか、明日はふとん敷きのときにもっといけるかもしれないと思いました。朝はバイキングでした。

美代子はかいがいしくおかみさんと着物姿で働いています。その日の調査が終わりました。夕飯にはなんとおかみさんが来て、「あの子はうぶでねえ、世間知らずでねえ、近いうちにお見合いさせようとおもっとるんよ、」とお酌しながら、笑顔で話してくれました。

私は内心でえっと思いながら、そうですかとにこにこして聞いていました。お風呂にいかずに待っていました。来ました。美代子が「おふとん敷きにまいりました」と三つ指ついてやってきました。
ふとんを敷いているあいだ、美代子を観察していました。髪をあみあげています。うなじが白くきれいです。胸はこぶりでしょう、お尻がかわいいです。白い足袋をはいています。おそらくパンティも白でしょう。

ふとんを敷き終わりました。もどろうとする美代子の手をとりました。「だいすきだよ」そういうと抱きしめてキスをしました。「あっ、だめ」といいながら、それでも応じて、舌をからませあいました。
ふとんの上に押し倒すようにして、彼女の胸をもみしだきました。「あっ、だめ」とおしのけようとしましたが、強引に着物の胸元から手をさしいれました。

ブラジャーの上からやわらかい胸が感じられました。乳首がたってきたのがブラジャーごしにわかりました。着物の胸元をはだけさせ、ブラジャーを下からはずしました。かわいい白い乳房がぽろんとでてきました。その乳首をぺろぺろとなめました。

美代子はビクン、ビクンと感じてふるえました。おそらく初めての感覚でしょう。はだけた着物の裾から、白い太股があらわになっています。そこへ手を伸ばそうとしたとき、部屋の電話がなりました。

いけない、美代子はあわてて飛び起きて電話に出ました。「ごめんなさい、すぐ行きます。まだ、ほかのお客さんのおふとん敷かなくちゃ。ごめんなさい」美代子は乱れた髪を直し、胸元を締めて帯を軽く締め直して出て行きました。

さきほどの美代子の乳房の触感を楽しみながら、眠りにつきました。次の朝もバイキングで、もう美代子はかいがいしく着物姿で働いていました。夕食は別の仲居さんが来ました。

「みよちゃんはね、子どものころから知ってるんだけどいい子でね、小さい頃は体が弱くて、高校時代にテニスしてから丈夫になったみたいだね、おかみさんは、はやくお見合いさせたがっているようでね、本人には内緒でそっと見合い話がすすんでいるようだね」私は内心、あせりました。

こんな可愛いくてきだてもよい子なら嫁さんにしたいと思うようになっていたからです。その夜のふとん敷きもその仲居さんでした。私は、夕べのことで嫌われたかと思いました。その夜はなかなか寝付かれませんでした。

朝3時頃、お風呂に入りにいきました。あたりはしんとしています。大浴場の入り口までいくと、浴衣姿の美代子が出て来ました。「あっ」と思いました。

浴場の前の椅子に腰掛けて話そうとすると、「こはだめ、あそこにビデオカメラがあるから」、といって女子トイレの前の空間へまねきいれました。大好きだよ、といって抱きしめました。長い黒髪の洗い髪がまだしっとりと濡れています。

美代子も舌をからめてきました。胸元に手をやりました。ブラジャーをしていませんでした。私は、美代子の浴衣をはぎ取るように胸元を広げました。浴場の前からのあかりで、かわいい乳房がシルエットとなってあらわれました。

私は夢中で乳房をもみ、乳首をちろちろと舐めました。もうペニスはぎんぎんになってブリーフをはちきれんばかりにしています。
もしかしたら、私ははっと思って美代子の浴衣の前をはだけました。黒いデルタがみえました。「あっ、だめ」あわてて美代子は浴衣を閉じようとしました。私は今しかないと思いました。

ブリーフを下げ、美代子を壁におしつけたままいきりたったペニスをしっかりと閉じている美代子の股のなかへつっこみました。「あっ」びくんと美代子ははねあがりました。そのすきに私は足をとじている美代子の足に割り込ませました。

あっだめ、美代子は必死で、股をとじようとしています。ペニスは入り口をさがしてあちこちつきあげています。陰毛と陰毛がじょりじょりとすれあっています。オマンコとペニスがすれあうたびに美代子は「あっ、あっ、あっ」と声をあげます。

「こんなのいや、御願い」美代子は泣きべそ顔です。私はかわいそうと思いましたが、「大好きだ、今夜しか会えないから、大好きだ」と言って、入り口らしきところを探して突き上げました。

立ち位もなんども経験がありますが、抵抗するとは初めてです。が、とうとう、入り口をさがしあてました。ペニスの先が入り口にひっかかり少しはいりました。

美代子は「あっ、痛いっ」とのけぞりました。と、そこへ話し声がしてきました。「やはり、温泉はいいね、いつでもはいれるものね」お客のおばさんたちのようです。

美代子はあわてて、私をつきとばすようにして、みづくろいもそこそこに「ごめんなさい」と言って逃げるように立ち去りました。おばさんたちはちと怪訝そうな顔をしていました。私はブリーフをはいてしばらくそこにいて、おばさんたちが浴室にはいるのを見届けてから、部屋にもどりました。

部屋にはいってもしばらくは眠れませんでした。もうだめだな、と思いました。夜が白みはじめるころ、うとうとと眠りにはいったようです。部屋をノックする音で目を覚ましました。仲居さんがおはようございますと挨拶にきました。

「朝食はいかがいたしますか」もう8時半時でした。「すみません、今日はいらないです、ありがとう」そういって、私はまたしばらく眠りました。11時ごろ目をさまして、身支度をしてフロントに行きました。

美代子はいませんでした。短大のゼミがあるとかでもうすでに出てしまっていました。私はむなしい気持で、京都にもどりました。

美代子からメールも途絶えました。やはりだめだったか、好きになった想いが強いほど挫折感が大きかったです。

が、12月のはじめに、突然、美代子からメールが届きました。12月24日の昼間、京都で逢いたいというものでした。私と逢うことはお兄ちゃんには絶対、ナイショにしてほしいとありました。
もしかしたら、できるかもしれません。私は、すぐに待ってるよ、大好きな大好きな美代子とメールしました。12月24日になりました。あたりはすっかり、ジングルベルの雰囲気です。

私は、ストーブをいっぱいつけて暖かくしました。そして、秘かに、隠しビデオも設置しました。玄関のチャイムがなりました。白いセーター、白い襟巻き、チェックのスカートの美代子が立っていました。私は、美代子を招き入れました。       
10時に美代子はやってきました。白いセーターとチェックのスカートです。清純そのもののなかに秘めた決意を感じました。「どうぞ」「失礼します。」美代子は玄関に入りました。ハイツとは名ばかりの安アパートですが、LDKがあるのが救いです。

玄関のすぐ前にダイニングキッチンと向かいがトイレと浴室になっていて、その奥が8畳の居間で、ベッドも置いてあります。美代子は靴をきれいにそろえてあがろうとして、ついでに乱雑になっていた私の靴もきれいにそろえてあがってきました。

さすがに老舗旅館の箱入り娘です。しつけができています。立ち上がったところを逢えたねと言って抱きしめると素直に抱かれました。
キスをしました。なにかを決意しているかのように、積極的に唇をあわせてきました。「とうとうきてしまったわ」「あいたかったよ」やわらかいセーターの上から胸をもみました。嫌がりませんでした。

服を脱がそうとすると、暗くしてといいました。カーテンを閉めました。これ以上は暗くなりません。エッチのときには、じゅうぶん、あそこもみえるでしょう。二人でベッドに倒れ込みました。

「大好きだよ」「うれしい。」「今日お嫁さんにしたい」彼女は恥ずかしそうに頷きました。やはり、その気だったのです。が自分から飛び込んできたのです。

もう私は夢中で、彼女の白いセーターを脱がしました。美代子ははあはあと荒い息をしながらされるがままにしています。白いブラウスも脱がし、スカートも脱がしました。美代子を覆っているのは白いブラジャーと白いパンティだけになりました。
そのまま脱がそうと…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【人妻体験談】姉の同級生
2015/11/30 19:54
2015/11/30 19:54
私の勤めている会社にパートの事務員としてやって来たのが優子さんでした。 明るい性格ですぐに会社の雰囲気にも溶け込み、机を並べて仕事をする私とも気が合いプライベートな話題も会話するのに時間はかかりませんでした。 話をしていて驚いたことに優子さんは私の3歳上の姉と中学の時の同級生だと判り、一層親しくなっていきました。 優子さんは28歳で結婚して4年経つそうでしたが子供はいないとのことでした。 ある日「久しぶりにあなたのお姉さんに会いたい」と言うので姉に伝え、その後二人で連絡を取り合っていたみたいで「今度飲みに行くのよ」と話してくれました。 楽しみで待ちきれない感じで嬉しそうな笑顔が少女のよう…
【人妻・浮気・不倫】ついに
2016/01/31 18:28
2016/01/31 18:28
40歳 既婚 子供一人 自営業。 12年前に新興住宅地に家を購入。 女に不自由したことがない。 常に三人前後の人妻と交際がある。 俺は金のある人妻しか相手にしない。 1回目の食事とホテル代は出すが2回目からは女に払わす。 女に、お金であなたと一緒に居られるのならいくらでも払う・・・と思わせるように身体に教える。 そんな俺が絶対にヤッてみたい女が現れた。 3年前、恵美は引越してきた。 よそから転入してくる家族が多い新興住宅地なので、半年に1回町内会議を開き、ゴミの出し方とか回覧のやり方とかを話し合う。 俺は古いほうなので全員の顔を知っている。 だがその日、一人際立って目立つ恵美が居た。 越し…
彼女は少なくとも100回以上は部長に抱かれている
2017/03/02 21:44
2017/03/02 21:44
5コール目ぐらいでマキが出た。
「どうしたの、こんな時間に」声自体は普通。
「いや、ちょっと体調崩して会社休んでるんだけど、どうしても声が聞きたくなって」
僕も努めて冷静にかつ若干弱々しくそう言って話し始めた。

マキはちゃんは気遣いの言葉を掛けてくれるが、
「もう、寝てた方がいいよ」とか「あんまり話してると具合悪くなるよ」とか「すぐに病院行った方がいいよ」とか電話を早く切りたそう。

僕は電話から聞こえる僅かな物音も聞き漏らすまいと聞き耳を立てながら、必死で話を伸ばしていた。

そのうち返事が段々遅くなり、やがてマキが「ちょっと待って」と言ってしばらく無音。そして「ゴメン、後でこっ…
競泳の女子大生コーチに童貞を奪われたフル勃起体験談
2017/03/12 15:07
2017/03/12 15:07
僕は小5の時に、

スイミングスクールに通っていて、

そのスクールの水着は競泳用ビキニでした。

成長期で体が大きくなる頃だったので、

競泳用ビキニはお尻に食い込むくらい

ピチピチでした。

俗に言う半ケツっていうやつです。

童顔ながら顔も良い方で

しかもオ○○チンも大きい方だったので

よくスイミングスクールに来ている女の人に

競泳ビキニの前を偶然のふりをして

触られたりしていました。

当時選手コースに入ってたんで、

夜9時頃までプールで泳ぐ毎日でした。

ある日、

僕とバイトで来てた女子大生のコ-チの二人だけ、

最後まで残っていました。 シャワーを…
嫁の新婚初夜!完全なノンフィクションを投稿しようと思う
2017/01/17 10:02
2017/01/17 10:02
俺は、システム機器のメンテナンスをするカスタマーエンジニア。

嫁は、俺が担当するお客様に勤めていた。

歳は1つ下になる。

嫁が勤める会社はとても使用頻度が多く、

毎週火曜日にメンテナンスに行っていた。

嫁の存在はだいぶ前から知ってはいたが、

特に会話するような接点はなかった。

ある時、お客様の人事異動でオペレーターが交代することになった。

俺はシステムの操作説明をするために、

お客様の新担当者に挨拶と説明に回ったんだがその中に嫁がいた。

その時に初めて嫁と間近で話をした。

とびっきりの美人ではないが、コケティッシュで色っぽい顔立ち。

ちょっとメイクが濃かったかな。

DOLL
2015/12/08 01:01
2015/12/08 01:01
(1)さあ・・お風呂に入ろうか・・・・? パパが、私のブラウスのリボンを解いた。 私はロッキングチェアに座ったまま、じっとしている。 パパはブラウスのボタンをはずし、スカートのファスナーを下ろし、一気に私の服を脱がせた。 だいぶ・・汗をかいているね・・・・ まだ1月。 外の気温は低くても、私がいつもいるサンルームは、春のように暖かい。 きれいに・・・洗ってあげるからね・・・・・ パパは私を抱き上げると、バスルームへと運んで行った。最初は、ほんの遊びのつもりだった。 ママと、新しいパパを困らせるつもりの、小さないたずら。 今では「それ」が普通になってしまった、、、、本当のパパが死んだのは8年前。…
【学校】現場監督が舌をとがらせてクリを舐めたり吸ったりしながら【体験談】
2015/10/24 05:05
2015/10/24 05:05
私が高二の時の話です。よくテレクラに暇つぶしに電話をしていました。ただ、当時住んでいたのがど田舎だったので、ヘタに会ったりすると、友達のお兄ちゃんの友達、とかの微妙なつながりのある人だったりする危険性がかなり高かったので、一度も会った事はありませんでした。ある時、つながった人は「新しいホテルの現場監督でここにいるんだ、あと半年したら本社に帰るんだ。」という人でした。しつこく「会おう」とも言ってこないし、物腰も柔らかく、電話番号まで教えてくれました。一ヵ月くらい電話だけで話をしていました。話をしていってわかったのですが、ウチから徒歩20分くらいのアパート住みということなのでした。ある時電話したら…
【母】幼稚園の母親達と偶然飲み屋で【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/08/08 23:49
2017/08/08 23:49
俺は夜の仕事が多い。妻も働いていて、幼稚園の子供の行事やお迎えは俺の仕事になる事が多い。 そこで人妻達と会う機会が多いと思う。 ある日友達と飲みに行っていて、偶然隣の席に子供の母親達がいた。 向こうは4人で来ていて、結構飲んでいたみたいで、すぐに同席するように言われてしまった。他の3人も同じ幼稚園の子供がいるみたいで、 そう言われてみれば顔を見た事があるなと思っていた。向こうは俺の事を知っていた。男親が迎えに来たり、行事に出たりするのは目立つらしい。 その中で、Y子が俺にやたらとくっついてきたり、話しに割り込んできていた。今思うと俺を見る目も誘うような色っぽい目をしていた。 母親と言っても…
友達の女に中出ししてしまいました
2016/09/12 12:05
2016/09/12 12:05
つい先日、長年友達のような付き合いを続けてた女にいたずらしてしまいました。相手が私のことをどう想ってたのかはわかりませんが、先日遊びに出かけた帰りにそのまま私の家に来ました。で、二人で飲んでるうちに彼女が寝てしまったのです・・・ 続きを読む
69ってすげーよ (恋人との体験談)
2015/10/12 15:00
2015/10/12 15:00
それまで童貞だった俺が彼女と付き合ったのは3ヶ月前。 彼女も処女でお互い何時も知らない状態で1つになった。 恥ずかしいと言う気持ちもあったけど、 それよりもどうやったらいいのだろうと言う事ばかり頭に浮かんで とにかく困った事のほうが多かった。 ネットとか本で仕入れた知識は本番でほとんど役立たずであったし。 何回か体を重ねていると慣れも出てきて、 お互い結構いろいろな事に興味を示すようになった。 特に2人に強い関心があったのが69。 ラブホテルでエロビデオを見ていて これやってみようかと言ったら、 赤い顔してうんと言ってくれたから…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【妹】うちの妹が忍者かもしれない件 【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・続 息子の同級生と妻【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・オーストラリア旅行で

・女子大生 果歩 4

・寝取り、先輩の寝ている前で巨乳の奥さんに中出し

・不倫の終わりに彼女からのお願い事が半端じゃなかったです

・妻を同僚に寝取られた【寝取られ・セックス】

・【姉】姉との関係 【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・妻の悩ましい顔がみたくて【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・フィギュアスケーター明日香

・新聞屋さんが来る

・日頃は割りと物静かなパートのおばさんイかせたったwwwwwwwwwww

・【父】父と妹が その1 【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・【Hな体験】ジジイの大家に親子丼されてた母子家庭の母娘[第2話]

・双子の姉妹を性的にいじめ その2【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・副店長に2

・催眠で

・友人に騙され続けた妻【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・予定が変わって妹と二人きりで海の別荘で過ごすことになり

・目が覚めたら上司に抱きつきながら寝てた時の話です

・【姉】家出したらお姉さんに拾われた 【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・社宅物語 「強姦ショー後編」【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・陸上部

・義弟に

・夫のエロDVDはみんな・・・

・【Hな体験】ジジイの大家に親子丼されてた母子家庭の母娘[第1話]

・サイトで知り合った男達に

・【母】母肉 【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・計画的犯行【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・初めて縛られた30代奥様の体験