寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【妹】妹と妹の彼氏の体験 【エッチな体験談 近親相姦体験談】

2017/09/14 03:47


2010/08/04 23:42┃登録者:えっちな名無しさん◆mpYc1/8U┃作者:名無しの作者妹との体験談ではなく
正確には妹と妹の彼氏の体験を目撃した話。
んで、彼氏が変態だった。

最初に当時のうち等の年齢とか。
俺、19歳。大学1年生。
妹、16歳。高校1年生。

妹の彼氏、妹と同級生…?多分。


2年前の秋くらいの事。

朝食中だった。

両親共働きで、朝は基本的に妹と2人。
俺と妹は性格も顔もまったく似てないが、唯一似てるのが遅寝早起き。
夜更かししても朝早く起きて、ちゃんと朝ゴハンを食べ、余裕をもって学校に向かう。

この日もそんな感じで普通に2人で朝ゴハン食べてた。

妹「お兄ちゃんさ、今日夕方家いる?」
俺「さぁ。居ても多分遊びいく。なんで?何か用?」
妹「いや別に。知り合いくるから。」
俺「俺が居ようが居まいがいつもの事じゃん。」

その時、妹は何か言い出し辛そうな顔しだし、俺は何となくピンときた。

俺「もしかして、、、彼氏?」
妹「…そう」

妹はちょっとニヤケ、恥ずかしそうな表情をした。

俺「ふーん。父ちゃん母ちゃん帰ってくるまでには帰らせろよ。
めんどいのイヤだからな。」

正直、妹の恋愛なんてどうでもいいと思う。

妹「わかってるよ。ちょっと話すだけ。」

そう言って妹は空になった食器を片付け、いつもより少し早く家を出た。
彼氏と待ち合わせしてるらしい。
俺はいつも通り、ゆっくり学校に向かった。


んで、夕方。
とゆうか16時くらいだったか。
俺は家に帰ってきた。
ホントはまだ授業はあったけど、別の大学に進学した友達と遊ぶ約束をしたからサボった。

約束まで時間は結構ある。
妹はまだ帰ってきてなかった。

そこで妹が今朝言った、彼氏がウチに来ると言った話を思い出した。

(鉢合わせたら気マズイからもう出て、どっかで時間潰そう。)

部屋にカバンを置き、財布だけ持って玄関に向かった。

靴を履いていると玄関のドアが開いた。

妹「あ」
俺「あ」

扉が開いた向こうには、妹がちょっと困った顔で立っており、その隣に見知らぬ男が居た。

玄関のドアが開いていたから俺が居るのはわかっていたのだろうが、ここで鉢合わせるとは
さすがに思わなかったろう。
俺もだ。

彼氏「はじめまして」

急に彼氏だろう男が挨拶してきた。
見た目は正直かっこよく、ひょろっとしていたが長身で爽やかな感じだった。

俺「うん。はじめまして。えっと…兄の?です。よろしく」
彼氏「?です。よろしくです」

そんな恥ずかしいやりとりを見ていた妹は軽く吹き出しながら

妹「○○です。妹ですww」

と、笑いを堪えながら冗談交じりに彼氏に挨拶しだした。

普段は愛想が悪く、あんま喋る事もない妹がこんな顔するんだなぁと
意外な一面を見た気がした。

俺「じゃあ俺出掛けるから。」
彼氏「はい」
妹「うん」

俺はそのまま家を出て、時間潰そうと本屋のほうへ向かった。


家を出て15分くらいだったか。
携帯をカバンに入れっぱなしだった事に気づく。
何処で待ち合わせをするか決めてあったが、連絡取れないのは不便なので取りに戻る事にした。

家に到着し、中に入る。
俺の部屋は1階、妹の部屋はその真上の2階にある。

携帯をカバンから取り出し、再度出発しようとしたが
妹が男とどんな会話をしているか気になった。
普段あんま喋らないし、ただの興味本位だった。

俺はそろっと2階に上がる。
何故そろっとなのかは、もしアレな感じでお楽しみ中であれば、気づかれない様に素早く立ち去る為だ。
兄妹のそうゆうのって結構イヤなもんだと思ってたし。

妹の部屋に近づくと、小さく妹の笑い声が聞こえた。
会話までは聞こえないが彼氏と楽しくお喋りしているようだ。

俺は約束の時間までヒマだったのか、妹の隣の部屋にこっそり入った。
この部屋は空き部屋で、俺と妹が小学生の頃に使っていた勉強机が2つあるだけ。

妹の部屋側の壁にもたれかかり、座り込んだ。
会話が聞こえてたがあんま覚えていない。

しばらく経ち、相当しょうもない事してんな俺と思い、そろそろ待ち合わせ場所に向かおうと思った。
全然おもしろくないし。

すると妹の部屋では会話が途切れ、静かになったと思ったら

妹「え、ちょっと…何?足触ってるけど。くすぐったい」

なんか様子がおかしい声が聞こえた。

妹「やだよ。だめだって。そうゆう気分じゃないよ」

俺はびっくりして壁のほうに耳をやった。

彼「あ…ごめん…でも」

ベルトのカチャカチャという音が聞こえる。

妹「…なんで脱ごうとしてんの。」
彼「いや、ほら、えっと…」

彼氏はテンパってるのか、ある意味度胸があるのかわからないが、とにかくキョドっているようだった。

妹「だーかーらー。ズボン履いてってwww」
彼「…マジごめん。でもさっきから○○のスカートの中見えそうで…ガマンできなくて…」
妹「うわーサイテーww」

妹はまだケラケラとしていた。けど彼氏のほうはどうやらマジっぽい。
俺は興味本位でちょっと様子を覗いてみたくなった。

この部屋のベランダは妹の部屋とつながっている。
ベランダの前に家は無く、ビルとかマンション開拓前の森林になっていて見られる心配もない。
なので妹の部屋は窓全開で、網戸のみで過ごしている。
この日も例に洩れずそうだった。

ベランダに出て、妹の部屋を覗く。
壁沿いに隠れ、網戸越しの向こう側を見渡す。
今思えば妹の部屋の間取りなど知らなかったので、急にお互い顔を合わせる事になったら
大変な事だった。

部屋の様子はというと。

妹はカーペットの上にいて、足をこちらに向けうつ伏せで、制服のまま雑誌を読んでいた。
顔は俺からはまったく見えない。
彼氏はそんな妹の横にあぐらをかいて座り、腰だかお尻あたりをゆっくり撫でていた。
そんな手を妹は時々うっとおしそうに振り払っていた。

彼氏はYシャツのボタン全開で、ズボンもパンツも脱いでいる。
めっちゃチ○コが反り返り、やる気まんまんのご様子だった。

網戸越しなので、壁越しよりかなり会話が聞こえる。

妹「もう、何?」
彼「はぁ…いや…はぁはぁ…もうちょっとだけ」
彼氏はものすごく息が荒くなっていて、一生懸命、妹のふくらはぎ辺りにチ○コを擦り付けていた。

妹「すごいカッコしてるよ?それにくすぐったいからヤダ。早くズボン履いてよ」
淡々と、声のトーンも変えず、雑誌を見たまま妹は言った。

彼「…はっ…はっ…うっ」

彼氏は返答せず、射精に集中し始めたのか息をかなり荒くし、激しく妹に擦り付けている。

妹「……」

彼「はぁっ…ごめん○○…○○…」

彼氏は急に謝りだすと妹の片方のソックスを脱がし、足の裏を嗅ぎはじめた。

彼「スゲー溜まってて…はぁはぁ…」

そんな様子を見ていた妹はかなりドン引きのようで

妹「それはキモすぎだって。ホントやめて」

そう言って妹は体を彼氏から離し、彼は「あ…」と残念そうにおとなしくなった。
ビンビンのまま。

妹「?君の事好きだし付き合ってるけどちょっとおかしいでしょ。変態すぎだよ」
彼「ご、ごめん。でも」

みたいな、お説教が始まった。あんま覚えてない。
しばらく妹に淡々と説教くらっていた彼氏だったが

彼「じゃ、じゃあ挿れないから○○が抜いて!お願い!」
妹「私この間のが初めてだったんだから全然そうゆうのわかんないんだけど」
彼「う…口で舐めたりするんだよ。お願い」
妹「なお更ヤダよ」
彼「手で触ってくれるだけでもいいから!それか、さっきみたいに○○は何もしなくてもいいから!」
妹「ヤダよ」
彼「じゃあ自分でするからさぁ、いい?」
彼氏はチ○コを軽くしごき始める。
妹「この部屋で?ウチで?ヤダよ。自分の家でして」
彼「……」

彼氏のチ○コをしごいていた手がゆっくりになっていった。

彼「ほんとにダメ?俺もうやばいよ」

彼氏の息は荒いままだった。
興奮状態で射精できない苦しみは男の俺にはどうしよもなくわかる。
男は射精する為だったらプライドとか簡単に挫ける。

今覗いている俺もかなり興奮していた。

妹「…もう、うるさい。勝手にやってれば」
彼「あ、ありがとう」
妹「私リビングに行ってるから」
彼「い、いや…○○に見てほしくて」

妹はかなり引いていたが、彼氏がしつこく頼みこんだ結果
妹はその場に座り込み、携帯をいじりだした。

彼氏は妹のほうを向きながらチ○コをしごきだす。

彼「はぁ…気持ちいいよ○○」
妹「そうなんだ」

妹は興味なさそうに携帯を見ている。
彼氏には見向きもしなかった。

彼「○○…ちょっとだけスカートの中みせて…」
妹「……」

妹はさっき脱がされた靴下を履きながら、少しだけ足を広げた。

彼「はぁっはぁっスゲー興奮する!」
妹「…よくそんなに盛り上がれるよね。私もう?君にかなりゲンメツしてるけど」
彼「ごめん…はぁ…部活の合宿で全然抜けなくて」
妹「大変だね」
彼「なぁ…やっぱり○○にしてほしい…お願い」

妹「…私が何かしなくてもソレそろそろ終わるんじゃないの?」
彼「でも、やっぱりしてほしい」

彼氏は立ち上がり、座り込んだままの妹の手を掴むと、自分のチ○コを触らせた。

妹「……」
彼「うっ、○○の手気持ちいいよ、○○!」

妹の手の平でチ○コを撫で回す。

妹「……」
彼「ああ、やばい、気持ちいい…おっぱいも見せて…」
妹「……」

妹は反応しない。
彼氏は掴んでいた妹の手を離す。
妹の手はそのままペタリと床についた。
彼氏は、はぁはぁ言…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【近親相姦】母と私と兄の3人でした汗だくセックス
2016/08/19 09:00
2016/08/19 09:00
お兄ちゃんは家族を養う為に、アルバイトも掛け持ちしながら働いています。私が今の大学に行けたのも、お兄ちゃんとお母さんのおかげです。 私はお兄ちゃんのトラックに乗って長距離を走るのがとても大好きでした。 一ヶ月間、一緒にお兄ちゃんと働けるように同じ会社でアルバイトをした時の事です。会社の計らいで、埼玉から名古屋、大阪、遠くは宮崎までお兄ちゃんの助手として一緒にトラックに乗ることが許されました。お母さんは大反対でしたが、最後は許してくれました。 ホテルは別の部屋で寝ていたのですが、疲れて寝ていたお兄ちゃんの部屋に入ると、エッチな番組を見ていたらしく、テレビは点けっぱなしでした…
後輩女にツボを教えているうちに、性感マッサージになってしまった話
2016/05/25 06:00
2016/05/25 06:00
アルバイトでマッサージをしてたことがある。
そこは田舎のホテルで、わりとのどかな感じで営業してた。
俺は彼女がいなかったので、そこの職場で先輩のおばちゃん先生を喰って、
ちょっと変ってる30歳の独身女を喰って、
色っぽい女社長(理事長の愛人)も喰った。
ある意味、食傷気味だったんだけど、 ある日突然、20歳の若い女が一人入社してきた。


なんでも地方の専門学校を出て、
美容師を目指していたらしい。貴美子という。

けっこうかわいかったし、俺好みのむっちり系だったので
下心いっぱいで親切にしてあげてたらすぐになつかれて、
いろいろ話すようになっ…
★俺が運送会社に勤めていた頃の話
2017/04/07 23:58
2017/04/07 23:58
 少し前の話しにはなります。俺がこの仕事を選んだ理由は、ひとりで誰も気にかけず仕事が出来るっていう事で運送会社を選んだのだが、違法駐車の取締が厳しくなって通称:緑の奴ら

(警察OBなどで構成されている緑のユニフォームを来た違反切符切ってくるオヤジ)が街を徘徊しているというのもあり、運送会社では「ヨコノリ」っていう、配送助手をつけるという事になっていたのだった。

 このヨコノリは、いちおう契約上では運転はせず、助手席に乗っているだけ。(つまり、配達中に停車している車の中で待機し、違法駐車を免れるための対策)だから給料も時給800円とか、そんな感じで安い。

 そしてそのヨコノリに応募して…
友達公認で友達の奥さんとデートしたり…1【体験談】
2016/03/03 21:10
2016/03/03 21:10

友達の嫁さんを友達公認でデートしたり抱かせてもらってる。

スペックは

俺:36歳独身リーマン

友人:36歳

友人嫁:29歳


とりあえず友人嫁はKちゃんとしておく。

友人と俺は大学の同期で、卒業以降1年に1回位の割合で会ってるような関係。


友人は結構大きい会社に勤めてるんだけど、あまり社交的なタイプじゃなくて定期的に会ってる友達は俺くらいだと思う。

(結婚式の時の友人は俺ともう一人だけだった。)

結婚式呼ばれて友人代表のスピーチも頼まれて、一瞬俺でいいのか?と思った記憶がある。


ただ優しい性格だし俺も友人の事は好きな性格だから飲んでても楽しい。
妹が20歳を迎え、とうとう大人の仲間入りした5年前のこと
2015/11/26 18:33
2015/11/26 18:33
妹の久美が20歳になって、とうとう成人となった。5年前のことだけど。 俺としてはすごくインパクトがあったし、忘れられない。 この成人式&成人記念旅行が俺と久美が離れられなくなったというか、心底愛し合うようになったきっかけだから。お互いの気持ちを確認した日だった。 成人式の1か月前に俺から久美へプレゼントで兄妹で伊豆の温泉旅行を決めた。 成人式の翌日から2泊3日の温泉&ドライブ。 俺は大学は休みだし。久美も休み。 「お兄ちゃん、ほんとにいいの?宿泊代とか全部お兄ちゃんで。」 「ああ。俺からのプレゼントだ。成人だもんな、おまえも。」 「ありがとう!!お兄ちゃん・・・だーい好き!!お兄ちゃんと旅…
海でバーベキューしてたら若くて淫乱人妻に逆ナンパされてザーメン搾り取られた体験談
2016/01/04 02:02
2016/01/04 02:02
俺は現在西九州在住・・・・。

台風が鹿児島の南に来ていてたが、海の様子をみて

午前中いっぱいなら西九州の波はまだ大丈夫だな・・・と確認し、

近場の海へ潜りに行った。狙いはサザエ・・・。

一応地元で顔も利いているので漁協の連中も文句も言わない。

ただ現地は岩が多いのでエントリーが大変なので、

この海で潜るのは地元の漁協と俺ぐらい。

朝9時頃より素潜り開始、

岩場で危険なのでスイム・アンダーウェアは上下に着、

その上にこの5mmのウエットスーツ、グローブ、ブーツ、フィン、マスク、

シュノーケル、ダイビングナイフ、ダイビングウェイトを羽織って

昼近くまで、サザエ収穫に熱中!
3Pプレイ中に人妻に中出ししてしまった
2015/10/13 14:00
2015/10/13 14:00
大学3年の夏休み、バイト先の40代のおっさんに、
「お前、バイト終わったらもう二度と顔を合わせないよなあ。お前、あの知寿子さんどう思う?」
「綺麗な人ですよね。思わず見とれてしまいますよ。旦那さんが羨ましいです。」
「そうか。じゃあ、一緒に来いよ。」
そういわれて車に乗り込んだ。途中の駅で女性を乗せた。何と知寿子さんだった。
 
「ちょっと、何で河野君が乗ってるわけ?」
「いいから、いいから。」
俺達は郊外のラブホに入った。
訝しげな顔で俺を見る知寿子さんにおっさんは、俺はバイトだから後腐れないからと言いくるめながら脱がせていた。

知寿子さんは諦めた顔をしなが…
【美魔女とのエッチ体験談】大学の友達の母親がすごい美魔女で欲情してみた(後編)
2015/12/23 09:00
2015/12/23 09:00
「ふぅぅんっ!ふぅぅんっ!」 突かれるたびに声を出す。 後ろから抱き付くようにして覆い被さり、巨乳を揉みながら腰を振った。 根元まで入ってみると絵里さんのオマンコはアツアツだった。 そこからはもうひたすら音に気を付けながら腰を打ち付けるだけ。 絵里さんは必死に口を押さえながらキッチンにしがみ付いてた。 ふと下を見てみると、信じられないほどの白い泡が陰毛付近についてた。 そんなに泡立つほど濡らしてたのかと思ったら発狂しそうだった。 覆い被さりながら絵里さんの耳付近で「凄い気持ちイイ」 と何度も呟いた。 絵里さんは「うんうん」 と何度も頷いてくれてた。 だから我を忘れて腰…
酔ったOLを尾行して・・・
2017/01/27 06:19
2017/01/27 06:19
金曜日の夜、総武線の秋葉原駅のホームで酒に酔ってフラフラのお姉ちゃんを発見。 顔を見たら、25~6歳といったところか。 テレ朝の女子アナの野村真季にホントそっくりのすげぇ美人! (密かにファンなんだよ、俺。) 俺も、酒が入っててムラムラ心いっぱいだったから、尾行を決心。 お茶の水で乗り換えて、水道橋で降りた。 少し距離を開けて、彼女の後ろをゆっくりついてったんだよ。 彼女、ホームのゴミ箱でチョロチョロっと吐いてた。 でも、さすが美人は違うんだなぁ。 吐くのでもなんだか上品なんだよ。 んで、駅の改札を出て都営三◯線までやってきた。 でも、もう電車も終わっててシャッターが下り…
欲求不満の人妻はエロかった 【エッチ体験談】
2016/01/16 18:44
2016/01/16 18:44
今日は会社休んで、女の子と会ってました。 えっ?会社休んでまで、出会い系で遊んでるなんてダメ人間??ええダメ人間です(爆) でもですね~。なんのために生きているかって聞かれたら、 「俺は女のエロおマンコにぶち込んで、中出しするために生まれてきたんだ!!(爆)」 と声を大にして言いたい。 本音で生きていかないといけませんよ。世の中は(笑) さて、今回は出会い系サイトで出会った女の子で、送られてきた写メを見て即決してしまいました。 とにかく口がやらしそう!! 絶対今回もエロまんこに中出ししてやろう!と決意しました(笑) この子、去年、就職し…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・炬燵で逝かされて【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・アダルトショップの横でドM痴女に遭遇したから聞いてくれwww

・30歳にして援交相手で童貞を捨てる俺……

・【近親相姦体験告白】叔母の家で

・【不倫】旦那以外の中出しを“汚染”と評した不倫主婦

・悪い癖【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・桃子

・【近親相姦体験告白】叔母と撮影会

・小6の時に

・床上手なデブおばさん

・泥酔した先輩OLを寝ている間に中出し

・たまにはベランダでSEXするのもいいね

・帰省すれば抱かれるのはわかっているのに…3【人妻体験談】

・【近親相姦体験告白】結婚式のあと従妹と(3)

・ジェットコースター

・祖父

・義理の母と…

・アソコを見せながらフェラしてくれた処女の新人OL

・★前付き合っていた女の子とのお話

・人妻はコーラビンより大きなあれが大好き

・帰省すれば抱かれるのはわかっているのに…2【人妻体験談】

・【近親相姦体験告白】結婚式のあと従妹と(2)

・小5の夏休みに

・小学生の時、女の先生の家で・・・

・【人妻体験談】私の理想の女性である母がイタズラされ、無防備な露出をさらけ出した

・会社のイケメンに誘われて浮気しちゃいました。。。

・援交希望の貧乳人妻と激安中出し&AF!

・帰省すれば抱かれるのはわかっているのに…1【人妻体験談】

・【近親相姦体験告白】結婚式のあと従妹と(1)

・【Hな体験】美人な保健の先生の口に無理やり突っ込んだ