寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

おじさん狙いの女子校生【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

2017/09/12 21:58


満員電車には痴漢がいっぱい。でも、痴女も確かにいるのよ。わざと男性の性器にお尻を押し付けたりして興奮させ、勃起するのを面白がったり…

そんなことを繰り返しているうちに、男性の方で「この娘、俺に気があるんじゃないかな…」なんて思うおじさんもいて、わざわざ毎日のように同じ車両に乗り込んできてはお尻を触ったり、ペニスを押し付けてくることもあるのよね。

でも、女の子には身勝手な子もいてね。最初にわざと男性に自分のお尻を押しつけて、ご丁寧にお尻を揺らせてズボンの中で射精までさせておきながら、痴漢呼ばわりしておじさんを鉄道公安官や警察官に突き出す子もいるわけ。

わたしね、そういうのって嫌なの。だから、好みのタイプの男性にしか、お尻を押し付けたりはしないのよ。去年の秋も、そうだったわ…。

すっごく電車が混んでいたときだった。わたし、その前の日にわざとお尻を擦りつけたステキなおじさまに再会できたの。わたし、うれしくてわざとドアの側で逃げようのない場所に移動して、おじさまが来るのを待ったわ。

そしたらね、2駅過ぎた頃、おじさんがわたしのすぐうしろに立って、わたしのお尻に自分のものをこすり付けてきたの。おじさんは、電車の揺れに合わせるように、お尻に勃起したものを擦りつけてくる。

おじさんは左手にバッグを持っていて、それでわたしとおじさんの隙間を隠した。そして、おじさんは右腕を使ってわたしを抱きしめてきた。そして、ゆっくりと私の胸を揉み始めたの。

わたしは、抵抗するつもりはなかったけれど、わざと恥ずかしそうに下を向いてもじもじしてみせた。おじさんは、嬉しそうなエッチな笑みを浮かべながら、わたしの乳房をしっかりとつかんで揉んだわ。

わたし、じっと動かなかった。おじさんは手をだんだんと下げてきて、スカートの裾をそっとたくしあげてきた。そして、さっとスカートの中に手を入れた。

にやにやしながら、太ももを撫で上げ、私の陰部をまさぐり始めたの。おじさんは指でパンティーの上からクリトリスをゆっくりとなぞった。わたし、感じてしまって、体がぴくんっと反応してしまうのを止められなかった。

快感が強まり、愛液があふれ、パンティーの表面にしみ出てきたのが自分でもはっきりとわかった。おじさんは、ヌルヌルと滑りやすくなったわたしの小陰唇やクリトリスを嬉しそうに指で弄んだ。

体中がピクピクと震え、足も腰も力が抜けていくわたしは、壁にもたれかかって、おじさんの触りやすい体勢を維持した。

おじさんは、鼻息を荒げながら、ズボンのジッパーを下げて、わたしのお尻に生のペニスを押し付けてきた。わたしは、おじさんの精液がスカートに付着するのを恐れた。そんなものを付けられようものなら、それこそ人に見られたら恥ずかしい。第一、制服のスカートに付ければ、ママに何があったのか、すぐに気づかれてしまうに決まっているもの。

ペニスを私のお尻にこすりつけ電車の揺れに合わせてリズミカルに動いているおじさんの鼻息は、ますます荒くなっていった。

わたし、おじさんのペニスがわたしの膣の中に入りやすいように、自分でスカートの裾をそうっと引き上げた。スレンダーなわたしの体は、後方からでも勃起したペニスが十分に通過できる路ができるの。おじさん、わたしのお尻を直に触ってそれに気づいたようだった。おじさんは、にやっと笑ってわたしの中に挿入してきた。

鞄の中から取り出したタンポンを右手で握ったまま、その拳をドアの中央付近にあて、ドアのすぐ側にある手摺を鞄を押し当てるように掴んだわたしは、おじさんのペニスの大きさと硬さを膣感覚で知って、さらに興奮した。

わたしは、おじさんの動きに呼応するように腰を左右に振り、快感を楽しんだ。おじさんはわたしが声を出さないように右手でわたしの口を押さえてきた。

「ウッ…」っと小さな声を上げ、おじさんは私の中で射精した。わたしは、おじさんが離れると同時に反射的にタンポンを挿入した。そして、内股についた愛液と逆流して会陰に垂れてきた精液をウットティッシュでさっと拭き取った。

そして降りる駅に着き、おじさんに続いてわたしも降りた。そして、予定通りにわたしはおじさんに声をかけた。

「ねぇ…、おじさん。もっと気持ちいいことしましょうよ」

「なっ、何を言うんだね。私は何もしては…」

「心配しないで。誰にも言わないわ。二人だけの秘密よ」

わたし、淫乱な微笑みを浮かべて見せて、おじさんの手を引っ張ったの。思った通り、おじさんはニヤリと笑ってついて来た。

そして女性用トイレの個室に二人でこっそりと入り、わたしはおじさんに抱きついた。

「ありがたいねぇ…。だが、私はさっきの一発で定量だよ」

「大丈夫、わたしが大きくしてあげる」

そう言って、わたしはおじさんのベルトを外し、ズボンを膝まで下げると、おじさんのペニスを咥えた。そして、パンティーを脱ぎ、タンポンを取り出して汚物入れに投げ込むと、ペニスを吸い始めた。ドロドロした精液と愛液が混じり合って、わたしの太ももに垂れて来た。わたしは、その感覚に興奮した。そして、おじさんのペニスに次々に舌技を繰り出した。

「ウッ…、すっごい…」

おじさんは、少年の様に頬を赤らめ、その萎えたペニスは再び激しく猛り狂った龍の様に怒張した。

わたしは、黙ってお尻をおじさんに向かって突き出した。おじさんは、両手でわたしの乳房を揉みしだきながら、わたしの膣内に、その肉棒を挿入した。

そして二人は快楽をむさぼりあった。

「あっ…、あっ…、はあっ…、いい、いいわ…、あっ…、あっ…、はあっ…」

「ウアッ…」っと大きな声を上げ、おじさんは私の中で射精した。そして、そのままわたしの背中にもたれ掛かってきた。わたしは、おじさんが力なく腰を落として座り込むのを確かめてから、隣の個室に移った。精液と愛液を拭き取ると、何食わぬ顔をしてトイレから出て、自宅に帰った。

帰宅すると、わたしはいつも通りにシャワーを浴びた。鼻息がかかった首筋も、愛液と精液にまみれた部分もきれいに洗った。わたしは、全身を心地よい快感が包んでくれていることに満足した。そして、母が用意してくれた夕食をいつも通りに食べ、テストの成績について両親や姉、妹とも話しをし、いつも通りの家族団らんを楽しんだ。そして、女性家庭教師の授業を受け、受験勉強にはいつも以上に集中することができた。

一日の予定がすべて終わり、わたしはベッドに入った。そして、電車の中の出来事や駅のトイレでの出来事を思い出しながら、気持ちよくオナニーをして眠りについた。

翌日の朝のテレビには、駅の女子トイレで下半身をむき出しにして死んでいたおじさんのニュースが流れていた。新聞には、痴漢行為に興奮して脳卒中を起こし、そのまま凍死したのではないか、と書かれていた。

わたしは、新たなおじさんを求めていつもの電車に今日も乗る。
「レイプ・痴漢」カテゴリの最新記事 愛液トイレお尻挿入パンティ痴漢


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
いつもにこやかな課長
2016/12/17 17:49
2016/12/17 17:49
とある洋服屋さんで仕事してたときのこと。 お客さんが多くてバタバタ接客、バタバタ販売。 他の女の子達と乱れた商品を整理をしていると「あのミムラさん、ちょっと」と手招きする男性。 洋服屋はテナントショップで、そのショップがあったフロアの営業課長が手招きしてる。 30代半ばでいつもにこやかな微笑みを絶やさない男性(ちょっと石田純一似)。 その課長がニコリともしないで手招きしてる。 (こ、こわい。) 恐る恐る近づくと「ちょっといいかな?付いて来て」と言って歩き出す課長。 ウヮァ・・・私何かしたっけ? 怒られるのかな?相当やばいんじゃない(汗) 内心かなり焦りながら課長の後を付いて…
タトゥーしているハーフ美女を出会い系で知り合いオフパコした訳だが
2017/06/03 19:30
2017/06/03 19:30
スペック 30 某地方都市 175 67 彼女なし 女のスペック 27 日本人と台湾人のハーフ 160くらい 細身 Cかぷ位休みの日に予定がなければ よく出会い系で釣れた女とデートしたりセクロスしたりするんだが その日も前日から適当に漁ってたら 写メ付きの良い女が書き込んでた その女の書き込みは正確には覚えてないけど 「明日の昼間にどなたか会えませんか?」 みたいな書き込みだった どこにでもある普通の書き込みだったが 最近風俗でも出会い系でもハズレだらけの俺には 写メがハズレではない時点で心は決まっていた 「明日1日ヒマなんで宜しく~ どこに行けばいい?」 みたいな返信をしたらすぐ…
★プライベート話から男女の仲に展開
2016/08/13 14:55
2016/08/13 14:55
 得意先の経理担当の事務員さんは当時40歳。小柄で笑うと笑顔の可愛い美人系のスリムな熟女でした。最初は挨拶をするだけだったのが、世間話をするようになり、そのうちプライベート事も話する仲になった。

 夕方訪問したとき、彼女の退社時間と同じになり駐車場まで歩きながら話をした。冗談で食事でもどうですかと誘うと、うれしいとの返事、ご主人が仕事で遅くなる日に食事に行く約束をした。レストランでの食事の間、家族のこと恋愛のことなど話が盛り上がった。
 食事も終わり彼女に車を止めていたところまで送り、暫く車の中で話をしていた。外は雨、人も車も通らない場所。彼女の肩に手を回すと頭をもたげかけてきた、キス…
母親が上半身裸の男に犯されるのを見て【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/12 23:35
2017/11/12 23:35
隣室からの話し声に突然目が覚めて、母の部屋を障子の隙間から覗くと、枕元の明かりに照らされて、後ろ向きで上半身裸の男性が、布団に仰向きで寝ている母を押さえ付け、着ている浴衣を無理に脱がそうとしているところでした。「イヤッ、だめです、お願いやめて下さい」 母はかなり抵抗していましたが、やがて浴衣の帯を解かれると、一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。浴衣の下はノーブラだったため、乳房はブルンと剥き出しとなり、下半身は白のビキニショーツのみで、股間にはうっすらと陰毛のシルエットが見て取れるような下着姿でした。恥ずかしさから必死に乳房を覆い隠し、起き上がってその場を逃れよううとしたのですが…
【レイプ・痴漢】【妹】従妹へのいたづら 4 【ツンデレ】【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/04/12 23:46
2017/04/12 23:46
親父達は午前中には帰ってしまい、俺だけが残された。昼間は叔父に連れられてゴルフへ行き、夜は夜で叔父叔母から20歳になったんだからと、しこたまお酒を飲まされた。一応風呂には入ったが、しんどくてすぐに布団に入ってしまった。夜中、トイレに起きたときには、寝る前に吐いたのが効いたのか、酔いはだいぶ抜けていた。少し頭が重かったがフラフラとトイレに行き、用を足し、少し水を飲んで部屋に戻った。すぐに布団に入ったが、一度起きたらなかなか寝付けなくなり、ボーッと天井を眺めているのも退屈だったので、タバコを吸いに外に出た。夏とは言え山奥なので、夜風が冷たかったが、酔い覚ましにはちょうどよかった。ボーッとしながら…
壊れる
2016/08/13 10:05
2016/08/13 10:05
主人とはもう11年間もセックスレス状態で、最後なんて惨めそのもの。 辛うじて立ったペニスを入れても途中から萎えてしまって、 咥えて必死に立たせようとしていたら、突然舌の上にトロッと出されて。 甘ったるくて飲まずに手に出したら、「寝る」と一言。それ以来無くなりました。 3年前、息子が東京の大学に現役合格し、都心の1Rマンションを借りました。 息子と当座の買い物して帰宅する途中、偶然短大時代の友人に会いました。 息子だけ先に帰して、喫茶店で二時間近くよもやま話をした帰りの地下鉄の中で 無性に尿意をもよおしてしまいました。 駅のトイレは臭くて汚いのでマンションまで我慢しようと思いましたが、 エレベー…
初めての不倫でセックスの快感に溺れた【人妻不倫体験談】
2015/12/01 12:10
2015/12/01 12:10

私は34歳です。夫とは7年前に結婚しましたが、夫は仕事には熱心ですが、他に女がいる様子もないのですが、私には冷たくて、2年前からセックスレスです。

女友達から聞いたセックスの本当の歓びも、まだ知りませんでした。
日中は、まじめに仕事してますが、夜は女の部分が悶えて、困ってました。

ところが、先週初めて、街で買い物の帰りに声をかけられたんです。その人は学生時代の先輩で、私よりも30cm位背が高く、イケ面でセンスも良くて、その頃は心の中で慕っていた人でした。

喫茶店でお茶を飲みながら、ドキドキ。学生時代の思い出や、卒業後のいきさつを話してるうちに、彼は今、大阪に勤めていて、たまたま出張で…
【レイプ体験談】露出、レイプ、獣姦、虐待、全部。被害者は神木似のノースリーブ美少年
2015/09/23 18:53
2015/09/23 18:53
2007/10/08 09:36┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:一撃代筆 スーパードッジ(体育祭) おれはスーパードッジというものをやっていて投げるボールが平たくなるくらいの球を投げる事が出来る。だが、そんな事をみんなは知らない。そんな中、1?3年混合の体育祭。オレがスーパードッジをやっている事など知らないみんながドッジボールを選択。俺は別クラスにいる超がつくほどの美少年に恥ずかしい思いをさせてやる事にした。そいつは背が低く、顔は女顔、色白。神木隆之介だと思えばいいだろう。そいつは意外にもスポーツ万能だ。性格はボーっとしているようでいて、案外しっかりしてやがる。誰にでも優しい。典型…
お母さんがいるのに求めてきた彼
2015/12/12 10:00
2015/12/12 10:00
この間学校帰り、彼氏の部屋に始めて行った時の話。
彼の家は小さな1軒家で1Fの玄関の横。私はもともと彼の家でそんな気分にならなかったのに、彼は私の胸とかさわってきてました。
ラブホでは濃厚なエッチとかできるけど、私声でちゃうし。お母さんも壁はさんだリビングにいてたし、暑いので二人で寝転がってクーラーかけていたら寒くなってきて、ふとんに二人で入りました。


私は「お母さんいるからまずいってば・・」というと彼は「いいって、鍵つけてるから絶対大丈夫!」と布団のなかにまきこんできました。
 何もしないから、、と言ったとおり、彼は私を後ろからだいてうとうとと寝ました。私…
■抱かれるのを無沙汰していて
2018/05/25 20:02
2018/05/25 20:02
 初めまして恵理子です。初めての投稿なので読みずらいかもしれませんが、お許しを・・願います。私は31歳で子供はいません。隣の旦那さんは29歳です。主人は転勤していて寂しい毎日です。母は入院していて面倒を見なくてはならないのです。

 その様な事なので、ついて行く訳にもいきません。町内の行事の為に隣の旦那さんと話をするようになりました。もちろん隣の奥さん共、話をします。

「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス

・【熟女体験談】離婚したバツ一パートおばさんにアダルトビデオを見せられ、筆下ろしをしてもらった

・FXで失敗したエリート女の屈辱

・やっぱり違う私を女にしてくれた人

・【人妻体験談】夫婦ゲンカをして飛び出してきた同じマンションに住む奥さんとハメまくってヤリまくり、この不倫を止められそうにない

・【レイプ】荒れた中学で起きた性的いじめの実態

・可憐の女店主が全裸で土下座した

・ウブな人妻は旦那しか知らない豊満な女体

・俺は聖人君子じゃないからなあ・・・

・【胸糞】母が不倫相手の子供を死産して病院に遺体を置いたまま逃げ

・【人妻体験談】上司が妻に会いたいと言ったので上がってもらうことにしたら、妻を寝取られ、妻は知らないうちに上司の恋人になっていた

・【熟女体験談】行きつけのスナックでママと女の子の乳揉みは日常化し、SEXを楽しんだ

・【乱交】エアコン修理のおじさん2人に私の体も診てもらった

・凌辱された小学生

・ママ友ともナンパされホテルに行っちゃいました

・「精液好きです」って女がいるけど・・・

・揉まれたら理性が崩壊する私の理性は弱いです

・憧れの女性

・弓道部のJKに生挿入したら、ギューッと締めつけてくれた

・私の計画実行(妻を部下に・・・)2

・【オナニー】女子刑務所内のオナニー事情

・「彼氏のよりはるかにおっきい…」といい恥ずかしそうに・・・

・【レイプ】バッグの中身を漁られる横で、すでに私は犯されていた

・大嫌いな妹を犯した話

・僕と従弟のユウくん

・【不倫】太ももを割って入った主任さんの膝でアソコを擦られて

・「初めてのエッチ」講座

・【熟女体験談】遅れてやってきた美熟女風俗嬢が本番SEXをさせてくれ、口に受け止めてもらった

・グリーン車

・一夜のM奴隷交換