寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

色白女子K生に 【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

2017/09/03 08:47


カメラマンをしています。

カメラマンといってもピンキリで、大抵は食うためにつまらない仕事をしているのが現実です。

私もそんな一人で、小さな仕事を数こなして何とかやりくりしています。

最近は、グラビアサイトの撮影がメインです。

この手のサイトは多数あり、ほとんどが素人同然の子を使って低予算で運営されています。

カメラマンのギャラも安く、当然、一流のカメラマンなど使えません。

とりあえず仕事があるだけマシという私のような者が使われるわけですが、ギャラはともかく、仕事自体は楽しんでいます。

若い子の制服、ブルマ、水着姿などが撮影の中心なので、ついつい仕事であることを忘れてしまいそうになります。

撮影慣れしていない子たちにうまいポーズをつけるのも一苦労で、まずは恥ずかしさに慣れてもらうために、無駄なカットもどんどん撮っていきます。

もちろんエッチなポーズも必要なので、少しずつそっちの方向へもっていけるかどうかがポイントです。

(そういうカットこそ、サイト継続を左右するわけですから。)

でも、わりと最近の子は撮りやすくなりましたね。

撮影のテンポに乗ってさえしまえば、結構きわどいポーズもしてくれる子が多いです。

こんな撮影ですから、役得もいっぱいあります。

水着での開脚などではアソコのスジはくっきり、水着の脇からのハミ毛も当たり前。

サイトで公開するときには、そういうカットは当然修正してしまうので、ちょっと残念ですね。

いろいろポーズを変えているうちに水着がずれてくるのを狙って、M字開脚にもっていくと、中には脇から少しアソコが見える子もいます。

そんなときは、もうこちらはビンビンで、撮影どころではありません(笑)。

放水をすると、水着が身体にピッタリ張り付き、アソコの形がクッキリ。

ある意味、こんな状況で仕事を続けていくのはちょっとつらいですが、元気なムスコをなだめながら、撮影を続けます。



先日撮影した、Naokoちゃんは格別でした。

X7歳のK3で、身長160cm、B82(C)、W60、H84。

とにかく色白でカワイイ。

その透き通るような肌を見ていると、制服撮影の段階からいろいろ期待をしてしまいました。

水着は用意した中で一番小さいものを選び、それを着てもらうことにしました。

更衣室から出てきたときには、本人は恥ずかしそうにしていましたが、露出された白い肌はまぶしいほど。

その姿だけでちょっとエッチな感じがします。

でも初々しいところがさすがにK生、エッチだけどさわやかなんです。

早速、バシバシ撮影していきました。

少しずつ開脚にもっていくと、見事に水着がアソコに食い込み、ワレメこそ見えないものの、脇の柔らかそうなお肉が半分くらい顔を出しています。

毛もいくらかハミ出していますが、本人は撮影に集中していて気付いていません。

たいがいの子はさすがに途中で気付いて、恥ずかしそうにコソコソ直すのですが、この子は全く気付く様子がないので、十分撮影させてもらってから、そっと

「Naokoちゃん、水着食い込んじゃってるよ。直した方がいいね。」

と言うと、自分の股間に目をやり、真っ赤になってあわてて後ろを向き、直していました。

そして、「すいません、すいません」と何度も謝っていました。

別に謝らなくてもいいのにね、こっちはいいもの見せてもらってるんだから(笑)。



気を取り直して撮影を続けました。

途中、休憩のとき、Naokoちゃんが恥ずかしそうに私のところに来て、

「さっきの写真は使いませんよね?」

と聞くので、わざと

「さっきの写真?」

と聞き返すと、顔を真っ赤にしてうつむいてしまいました。

ちょっとかわいそうなので、

「ああ、水着が食い込んでたやつね。ふつう、ああいうのはボツにするか、修正して使ったりするんだけどねぇ。」

と言うと、

「お願いします。使わないでください!」

と、ちょっと涙目になっていました。

その場は、「考えておくよ。」とだけ言って、撮影を再開しました。

その後の撮影はあまりノリもよくなく、明らかにさっきのことが気になっている様子。

とりあえず撮影を終え、機材を片づけていると、再びNaokoちゃんが来て、

「写真、どうなりますか?」と。

私は、名刺を渡し、

「その携帯に連絡くれる?」

と言って、仕事場を後にしました。



その日のうちに連絡がありました。

「絶対に使わないでください。」

と必死なので、

「じゃあ、使う写真を一緒に選別しよう。その方が君も安心だろう。」

と言い、事務所に使っているマンションの場所を知らせ、来るように指示しました。



早速、次の日にNaokoちゃんがやって来ました。

わりと落ち着いているようでした。

撮った写真をモニターで一緒に確認していくと、恥ずかしい格好の写真が出てきました。

本人はまた真っ赤になっています。

水着の食い込んだ股間のアップの写真が出てくると、さすがにNaokoちゃんは目をそらしました。

「いいのが撮れてるでしょ。こういうのは高く売れるんだよ。」

と言うと、

「やめてください。お願いします…。」

と鳴き声になっていました。

「こっちも仕事でやっていることだからね。」

とちょっと冷たくしました。

「どうしてもダメですか…?」

と言うので、

「タダでは無理だよ。君、お金ないだろ?」

と聞くと、うつむいたまま黙ってしまいました。

そこで、

「じゃあ、お金に代わるもので、私を満足させてくれないかな。」

と言ってみました。

すると、

「どうしたらいいですか?」

と声を震わせています。

「君も女の子なんだから、どうしたらいいかわかるだろ?」

と言うと、何も答えませんでしたが、覚悟を決めたようでした。



そのまま床に寝かせ、脚を拡げさせました。

撮影と同じM字開脚の状態にして、アソコをパンツの上から触り、

「残念だけど、写真ではこの大事なところは隠れていたんだよな。もったいない。君のようなカワイイ子はココを見せたって、何も恥ずかしいことなんてないよ。」

と言うと、Naokoちゃんは口を真一文字に閉じ、目をそらしました。

そこで、

「さて、見せてももらおうかな。」

と言って、一気にパンツの股間の部分を脇にずらしました。

きれいなアソコが顔を出し、こちらも縦一文字にピッタリ閉じています。

色白で、いかにも使われていなさそうな少女のオマンコといった感じです。

それでいてワレメの脇はふっくらと肉付きがよく、十代らしいオマンコを目の前に気持ちが焦ります。

まずは、自分の手できれいなオマンコを拡げさせました。

薄いピンク色でちょっと濡れて光っています。

入り口がまだよく見えないのでもっと思い切り拡げさせると、小さな入り口が見えました。

ここもピッタリ閉じていてほんとにカワイイ!

経験を聞いてみると、彼氏一人だけとのこと。

しかもその彼とも長くは続かず、だいぶ前に別れたらしい。

ほとんど未経験に近いようだ。

使われている様子など全く感じられないオマンコも納得。

ここに自分のモノを入れられるなんて…考えただけでビンビンです。

でもすんなり入るかちょっと心配。

それくらい入り口が小さい!

我慢できず、ムスコを取り出し入り口にあてがうと、Naokoちゃんはあわてて腰を引き、

「ダメです!今日は…。」

と拒否。

私がちょっとムッとすると、

「たぶん今日は危ない日だと思います。生理の周期からすると…。」

と申し訳なさそうにつけ加えました。

しかし、私は遠慮なく先をワレメに沿って何回もこすりつけました。

経験はほとんどないようですがよく濡れています。

「ほら、こんなに濡れているよ。Naokoちゃんのオマンコも入れて欲しいんだよ。そういう年頃なんだ、しないともったいないよ。」

と言いながら、再び入り口にあてがいました。

「でも…。怖いんです。できたら困るし…。」

と危険日を気にしているみたいです。

ムスコを入り口にあてがったまま、

「君くらいの年だと、周期は不安定だから、あてにならないよ。大丈夫。」

と適当なことを言って、逃がさないようにします。

「じゃあ、ゴムをつけてください。」

と言うので、

「君、ゴム持ってるの?」

と聞いてみますが、もちろん、持っているはずはありません。

写真のこともあり、これ以上拒否できないと思ったのか、ついに

「絶対に中には出さないでください…。」

とあきらめたようです。



気持ちもアソコもすでに準備OK。

入り口にあてがっていたムスコを頭だけ入れてみます。

「あっ!」

Naokoちゃんが悲痛の表情で声をあげました。

すごい弾力で、力を緩めるとすぐに押し出されてしまいそうなくらいキツい!

そのままゆっくり腰を沈めていくと、、やっと半分くらい入りました。

Naokoちゃんはすでに肩で息をしています。

「初めてじゃないんだよね。」

ともう一度聞くと、

「彼のはこんなに大きくなかった…。」

と言います。

確かにこのオマンコにはちょっとつらいかな。

入り口のサイズに比べて、モノの大きさが際立って見えます。

それにしてもこの小さなオマンコがよく拡がるものです。

サイズの合わない私のモノをしっかりくわえ込んでいます。

そのまま浅くピストンをしてみました。

「うっ、うっ…」

とつき入れるたびに切ない声が漏れます。

油断するとはじき出さ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
女の快楽に負けて不倫【人妻出会い系体験談】
2015/11/28 21:10
2015/11/28 21:10

夫は仕事が忙しく、毎日残業で疲れて帰って来るし、休日はほとんど家で寝ているかゴロゴロしています。

結婚5年目ですでに夫とはセックスレス状態になっています。まだ30代前半なのにかなり寂しい夫婦生活です。まだ子どもがいれば子育てで気が紛れますが、セックスレスでは子作りもできません。


先日、久しぶりに仲のいい奥さんたち3人とファミレスでランチしたときにそういう話題になったんですが、

『まだ子どもいないんだし、若いんだから遊べばいいのに…そんな旦那さんじゃ、 セックスレスのまま死んじゃいそうだしね!!笑』
などいろいろ言われ、確かにと納得してしまいました。

その奥さんも旦那さんとはセック…
魅力的なJK幽霊に恋をした part4
2017/04/13 21:16
2017/04/13 21:16
前回の話 470 ◆Jv4G8upKnw 2014/08/03(日)21:42:15 ID:UdZcaK7CS さて……>>392で『ご安心ください』と言ったのは覚えていますでしょうか。 ちょっと従兄やクソ友人と書くべきかどうか相談したのですが。 従兄・友人「「書かなきゃ男じゃないよ、オレ」くん」とのこと。 >>460続き。 その日の夜中もS子は俺に添い寝してきた。 今度はちゃんと、隣にS子が寝ることを想定してベットを開けておいた。 S子「そう言えばオレさん……」 オレ「なに?」 S子「その明日行く場所って怖い所ですか?」 オレ「怖い所ではないと思う。ただ、虫が…
姉に手伝わされた乳搾り
2015/11/17 18:00
2015/11/17 18:00
できちゃった婚だった姉が、半年前に産んだ男の赤ちゃんと大荷物を持って、夏に実家に帰ってきた。階段で親父とおふくろとの話を盗み聞きしたら、どうやら旦那さんとは離婚前提の別居(いわゆる出戻りってことになるのか?)。
夜になったら、風呂上がりに俺の部屋にきて「またよろしくね」とにっこり。


勝手に俺のマルボロから1本つまみだして、口にくわえて「火」って……相変わらず偉そうだぞ。

机に座って脚組んで、ぷかぷかと「久しぶりにだと、結構くるねぇ」なんて言うか
ら、俺「たばこって母乳とかによくないんじゃねぇの?」
と聞いたら「あの子、完全ミルクッ子だから、おっぱい飲ま…
★今でもそうかな??レースクイーン嬢の実情
2015/11/27 17:02
2015/11/27 17:02
 90年代私はレースクイーンでした。若気の至り!時代の乗り!正直スタイルに自信があったので、男達に見られたいって言うのはあったハイレグなんて、割れ目をかろうじて隠してるにすぎなくて、半分以上オマンコ見せて歩いてるようなもの・・

 レーサーとクイーンやコンパニオンは付き合っちゃいけなくてばれれば罰金だけど、そんなの表向きに言ってるだけでakbがタレントやスポンサーとオマンコやりまくってるのと一緒!クイーンだって簡単にオマンコやられちゃう存在だった。
 レイプされた女の子なんて掃いて捨てるほどいるし、喜び組と同じ女の子たちはヤラレることは覚悟の上!レオタードを引き上げられてオマンコに食い込ま…
【童貞のエッチ体験談】入社以来ずっとヤリたかった3歳年上OLと中だしセックス
2015/12/13 16:00
2015/12/13 16:00
超田舎公立大学で四年間、アホみたいに陸上競技ばっかりやってたら、なぜか財閥系企業に就職。 もちろん体力枠だけど田舎の家族は大喜び。 回覧板に乗って村内放送くらいの大騒ぎ。 陸上しか能のないスーパーバカの俺にとっても大満足。 意気揚々と入社したら、始めの配属は本社から遠く離れた地方の支社。 近くにコンビニしかない大学と比べたら、地方都市だろうが大都会。 沢山あるテレビのチャンネルや、車や人の多さに面食らいながら、「バカだけどなんでもやりますお願いします」 と仕事相手に頭を下げまくる毎日だが、もともとバカなので全然苦痛じゃない。  会社の中の地位は最底辺なのだが、取引先は俺にまで…
【オナニー】従妹の割れ目を見たら我慢できなくなって
2018/05/29 14:00
2018/05/29 14:00
親戚の家族と海に行った時の話です。 1つ下の従妹のゆうこちゃんと泳いでいて、夕方頃に私の水中眼鏡が割れて右手を切ってしまい、手当てを受けました。手当てが終わる頃にはもう海水浴場には誰もいませんでした。民宿に帰ると、もうみんなお風呂も済ませていて、食事までの時間を寝転んだりして過ごしていました。 水着のまま風呂場へ行き、さっさと脱いで風呂へ入っていると、すぐにゆうこちゃんも入ってきました。(え?えっ?)と思っていると、「もうお風呂2人だけやって」って言いながら、かかり湯をし始めました。 「う、うん」と言いながら、目はゆうこちゃんの体に釘付けです。 まだ毛は生えていませんが…
【近親相姦】家庭教師先【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/10/08 05:24
2017/10/08 05:24
家庭教師をもう長くやってるせいか、まぁ、母子家庭ということもあるのだろう が、非常に信頼されている。合鍵まで持っている。ある時は、母親が会社の慰安旅 行で家を留守にしたときに留守番を頼まれた。そのときに、娘Aと一晩中やりまく り、処女を奪った。元々、勉強を教えながらもオナニーとか、Hな事を教えていたの で、向こうも受け入れてはくれた。今でも、勉強中の殆どの時間は、Aの股間には何 かが入ってる状態だ。そんな家である日、俺はある日、家庭教師が終わった後に、 母親Mに飲みに誘われた。Mは元ヤンということもあり、服装は派手目で、いつもス カートを履いていて、俺はいつも娘の部屋に案内され、階段を上が…
妹とHなトーク
2017/05/31 17:16
2017/05/31 17:16
556 :えっちな21禁さん:05/02/18 12:35:00 実は最近彼女ができた。名は「まゆみ」。かわいい。 で、うちには妹がいる。名は「ゆみこ」。 先日、まだしてない彼女とのセクースを想像しつつ自家発電していた。 そしていよいよ達する瞬間、ちょっと声が出てしまった。 「うっ、ま、まゆみ~っ、うっ」 その瞬間、俺の部屋のドアが開いた。ガチャ。 妹「お兄ちゃ・・・・・・ごめん」ガチャ。あわてて扉を閉める妹。 557 :えっちな21禁さん:05/02/18 12:40:16 俺はあわてて後始末をし、身支度をして妹の部屋へ。 妹「さっきごめんね。」 俺「…
秋葉原某メイド喫茶3
2017/10/19 09:19
2017/10/19 09:19
可愛い双子の姉妹いただきました。 姉の舞ちゃん、妹の美雪ちゃん。 月日に人揃ってかなり失敗して素人に難しい仕事させたその日夜仕事終わってから残ってもらいました。 「今日だけで万近い損失だ」と嘘を言って弁償して欲しいと告げたら人共泣き出した。 人の頭を撫でながら「今日まで人のトータルだと万近い損失だけど」と更に嘘で追い込んでから人の胸を鷲掴みして「ご両親に言わない方法あるけど分かるよね」と揉みながら囁いた。 人共始め俯いていたから「じゃあ帰って良いよ。 電話するから」と追い討ちをかけて受話器取ったら「わかりました。 だから両親には黙って下さい」と舞ちゃん が言い出し美雪ちゃんも「バイト内緒でして…
小学生男子にアソコを吸われた女子
2016/01/09 12:12
2016/01/09 12:12
445 :えっちな18禁さん:2008/08/27(水) 17:59:206年生の夏、恒例の家族旅行で田舎に帰った。 海沿いに住む祖父の家で、華やかさはないが綺麗な海で遊ぶのが楽しみだった。 3つ下の従兄弟の竜君に連れられ、都会じゃ絶対見られない大自然を走り回った。 その竜君、「おねーちゃん、おねーちゃん」と何処に行くにも私の後ろをついて廻った。 お互い一人っ子同士なのもあって、私も本当の弟みたいに可愛がってた。 2年前に来た時は一緒にお風呂に入ったりしてたんだけど、さすがに今年は アソコに毛も生えてたし先に一人で入らせてもらった。まだ夕食には少し早…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・中3の時に体験したエロ話をする

・直美4

・他人が妻に出した精液にフェチを感じています(4)

・【Hな体験】中学生の頃、市営プールで彼女に挿入した

・直美3

・妻は公衆便所まんこ

・【熟女体験談】スナックの若いけどデブの女の子に乳揉みが日常化し、送り狼をして朝までSEX

・直美2

・先月おいしい思いが出来たのだが…

・【人妻体験談】一度の寝取られ体験で、エロスの虜になりエスカレートしてく人妻

・たまらない募集記事

・【不倫】配達先の奥さんとの玄関先で激エッチ

・浮気がバレた女の末路wwwww

・うちの中学にはアイドルがいる

・彼女の罪悪感を利用して・・・

・不倫希望の人妻にため息・・あぁ~奥さん

・その人妻、何と知り合いの奥さんだった

・【人妻体験談】旦那と別居中のケバい水商売をしている人妻を調教して、なんでも言うことを聞く雌豚に仕立て上げた

・【熟女体験談】息子を恐喝していた不良達にジーンズを脱がされ、レイプされて雌犬となった母親

・【露出】銭湯で働いている男性と飲み屋で会うと興奮する[後編]

・大人のオモチャで攻め続けられ歓びを

・【熟女体験談】得意先でかなり年上の年配のおばさんとSEXした

・姉は無防備

・いまも体が忘れていないあんなSEX

・姉とセックス

・【Hな体験】セックスの名人キャラが幸いして同僚OLとやれた

・ダイエット中に調教された妻 その2

・【Hな体験】気持ちいいけど怖かった初めてのピンサロ体験

・生まれ変わったら『道』になりたい

・【熟女体験談】推定六十路の老婆に逆レイプをされたのがきっかけで熟女に興味を持った