寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

僕と優等生の彼女と、不良のアイツ5

2017/09/01 01:31



麻衣子は、一人でラブホテルを出ると、慌てて走り始めた。さっき昭典には、自転車のチェーンが外れたと言ったが、そもそも自転車でなど来てはいない。とっさに口から出たウソだ。麻衣子は、走りだしてすぐ、股間の違和感に気がついた。
ナプキンを当てていて、少し走りづらい。生理でもないのにナプキンをしている麻衣子……。膣中の前田の精液があふれ出さないようにだ。

麻衣子は、走りながら激しく動揺していた。前田に対して、
『またね』
と言ってしまった。昭典とラブホテルに入るところを撮影され、脅されて無理矢理連れ込まれたはずなのに……処女を奪われたはずなのに、その相手に”またね”と言ってしまった。

麻衣子は、昭典に対して強い罪悪感を感じていた。でも、同時に、走り始めたことで子宮の奥に快感が走るのを感じていた。ついさっきまで、前田の大きなペニスで刺激された子宮口。それが、走る衝撃で刺激されたのか、うずいていた。

麻衣子は、そんな自分の身体の反応に嫌悪感を感じながら、昭典に対して申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
いつもの待ち合わせの場所……大きな公園の公会堂の横だ。昭典はすでに到着していて、ベンチに座って小説を読んでいた。電子書籍でもなく、紙の本だ。スマホも持っているが、本は紙の本でなければいけないという彼なりのこだわりだ。

『ごめんねっ! 遅くなっちゃった!』
麻衣子は、息を切らせて叫ぶ。そして、昭典の顔を見た途端、涙があふれてしまった。
昭典は、泣きながら走ってくる麻衣子を見て、読んでいた本を取り落としてしまった。
「ど、どうしたの!? 自転車は? 転んだの?」
昭典は、軽いパニック状態で麻衣子に聞く。麻衣子は、パニックになりながらも、本当に心配そうに声をかけてくる昭典を見て、さらに涙がこぼれてしまった。

『う、うん。大丈夫……。チェーン切れちゃってたから、走ってきた』
「そうなんだ。走らなくても良かったのに。ゴメンね、急がせちゃって」
昭典は、麻衣子に大事がなかったと知り、ホッとした顔に戻った。
『ううん。だって、早く会いたかったから……』
麻衣子のその言葉はとっさに出たもので、本心だった。でも、言った後すぐに、そんな言葉とはまったく逆のことをしてしまったことを深く反省した。

「ありがとう。でも、あんまり時間ないよね? スタバでも行こうか?」
昭典は、麻衣子のカバンを持ってあげながら優しい口調で言う。なにもかもが前田とは大違いだ。それなのに、さっき麻衣子は前田に身体だけではなく、少しだけ心を許してしまった。
(本当にごめんなさい……。私、バカだった……)
麻衣子は、すぐにでも昭典に抱きつきたい気持ちを抑えて、彼の手を握った。昭典は、少しビックリした顔をしたが、すぐに照れたような笑みを浮かべ、舞子の手を握りかえした。

そして、いつも行くスタバに向かって歩き始める二人。麻衣子は、さっきまでの裏切り行為など忘れたように、幸せな気持ちになっていた。昭典も、幸せな気持ちで麻衣子のことを見ていた。
(こんなに髪を乱してまで走ってこなくても良かったのに)
昭典は、乱れた麻衣子の髪を見て、そんな事を思った。そして、麻衣子の髪を優しく撫でながら、
「こんなに急がなくても良かったのに。髪の毛、グチャグチャだよ」
と言った。
『あっ、う、うん。ゴメンね、みっともないよね。後でトイレで直してくるね』
麻衣子は、ひどく動揺しながら、自分で後頭部なんかを触ってみた。すると、寝癖どころではないくらいにグチャグチャになっていて、走ったくらいでここまで乱れるはずがないというレベルだった。

麻衣子は、つい、さっきの前田の激しいセックスを思い出してしまった。始めてのセックスだったのに、イクまで乱れてしまった自分……。麻衣子は、恥ずかしさで顔を赤くしてしまった。
「そうだね。じゃあ、頼んでおくよ。いつもので良いよね?」
昭典に優しく言われ、うんと頷く舞子。
そして、到着すると、すぐにトイレに向かう麻衣子。トイレに入ると、慌てて鏡で自分の顔を見た。髪の毛はもつれるように乱れていて、それをなんとか手でほぐすようにして直していく。思ったよりもすぐに直ったのは、麻衣子の髪の毛が傷んでいないおかげだ。一度も染めたこともないし、パーマをかけたこともない。おまけに、ドライヤーでクルクルしたこともない麻衣子の髪は、天使の輪っかが出来るほどにキューティクルいっぱいだ。

そして、麻衣子は髪の毛を直すと、ナプキンが気になってしまい、個室に入って鍵をかけた。すぐにスカートの中に手を差し込み、色気も何もないようなショーツを膝まで下ろした。すると、個室の中に一気に前田の濃厚な精液の臭いが充満した。

麻衣子は、驚きながらナプキンを見た。すると、ナプキンに吸収されるには粘度が高すぎるのか、ほとんど吸収されない状態の精液が、たっぷりとナプキンの内側に乗っていた。そして、麻衣子の膣からは、さらに彼の精液が流れ出してしまう。慌ててナプキンでそれを受け止めた麻衣子。

(こ、こんなに……。昭典君、ごめんなさい。私、中まで汚されちゃったよ……)
麻衣子は、泣きそうな気持ちでそれを見つめていた。でも、その強烈な青臭い臭いが、麻衣子をおかしくさせていく。麻衣子は、精液が流れ出るのが止ったタイミングで、自分の膣を触る。そして、精液が流れ出てこないことを確認した後、クリトリスをまさぐり始めた。
(ダメぇ、こんな場所じゃ……。昭典君も待ってるのに……)
麻衣子は、そんな事を思いながらも、クリトリスに触れた途端、電気が流れたように強い快感を感じてしまった。
さっき、前田にさんざん包皮を剥かれたことで、まだクリトリスが剥き出し状態の麻衣子。指は、直接クリトリスに触れていた。

(ダメぇ、こんなの本当にダメ……あぁ、でも、どうして? 気持ちいいの、凄く気持ち良いの!)
麻衣子は、慣れた動きでクリトリスをこすりあげていく。ほとんど毎日しているオナニーのせいで、本当に滑らかな動きをしている。

麻衣子は、こんな場所でオナニーなどしたことがない。そして、外でするオナニーの快感に、心底驚いていた。すると、トイレのドアが開く音と同時に、人の足音が聞こえた。

女子大生くらいの女の子二人が入ってきて、二人とも鏡でメイクや髪型を確認し始める。二人とも、短いスカートに肩が見えているキャミソールで、典型的なビッチギャルの姿だ。
『マジでイケてるじゃん! 真季はどっちが良いの?』
『え〜。どっちでも良いよ。でも、祐介君の方がエッチ上手そう』
『確かに』
女子大生二人は、笑いながらそんな会話を平然と始めた。二人は、今日は友達の紹介で大学生の男二人と待ち合わせだった。たいして期待もせずに待ち合わせ場所のここに来た二人は、待っていた男二人がイケメンだったことにテンションが上がっていた。

『なんだ、この臭い? エロい臭いがする』
『マジ? どっかに着いたかな?』
パンツが見えそうなほど短いスカートを穿いている方が、自分の服や腕の臭いをかぎ始めた。
『なに、真季まだやってんの? M性感だっけ?』
『うん。だって、M男君いじめるだけで、5万とかもらえるし』
真季と呼ばれた方は、サラッとそんな事を言う。真季は、それほど美人でもなければ可愛らしくもない。もっと言ってしまうと、スタイルも悪い。
でも、中高と陸上部だったこともあり、筋力と持久力は普通の女の子の比ではない。ゴツいと言っても言い体型だ。

真季のしているバイトは、M性感という風俗だ。SMクラブほど本格的ではないが、Mの男性をいじめ倒すという風俗ジャンルだ。
その中で、一見、優しくてウブに見える真季は人気者だった。真季のプレイは、ハードというより苛烈なものだ。ペニスバンドで泡を吹くまで突き続けたり、小さな手を生かして、アナルにフィストファックまでしてしまう。

でも、M男達には高評価だった。実際、マキのシフトはほとんどが事前予約で埋まってしまうほどだ。今日も、昼のシフトで3人のM男達に、夢と希望と唾液とペニバンを与えてきたところだ。

『マジで? 私もやろうかな?』
『やってみなよ! マジ、M男いじめるとスカッとするよ!』
真季はそんな事を言う。彼女は、ほとんど罪悪感なくM男に痛みを与えることが出来る。きっと、天職なのだろう。

個室の中の麻衣子は、そんな彼女たちの言葉に慌ててしまった。臭いでバレてしまう……。そう思った麻衣子は、パニックになってしまった。クリトリスをまさぐる指を外し、ナプキンに口をつけて前田の精液をすすり取り始めてしまった。
臭いを消すためにとっさに取った行動だったが、口の中が青臭い臭いと味でいっぱいになると、麻衣子の興奮は一気に振り切れてしまった。麻衣子は、口の中に前田の精液を溜めたままクリトリスをまさぐり始めた。

一気に快感が駆け抜け、ギュッと足の指に力が入る。麻衣子は、そのまま剥き出しになったクリトリスをまさぐり続ける。そして、服の上から乳首をつまむ。驚くほど固くしこった乳首は、麻衣子にさらなる快感をもたらした。

(ダメぇ、イッちゃう、こんな場所でイッちゃうっ!)
麻衣子は、泣きそうな顔でオナニーを続ける。もう、自分の意思では止められない感じだ。麻衣子は、イク寸前、口の中の精液を飲み込んだ。それが喉を通って胃に落ちていくのを感じた途端、麻衣子は全身を震わせながら、腰が抜けたようにしゃがみ込んでしまった。
(私、なにやってるんだろう……ごめんなさい)
麻衣子は、快感にボーッとしたままの頭でそんな事を考え、慌ててトイレを出た。

昭典は、いつも座るテーブル席に腰掛けて麻衣子…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
友達の前で無理矢理襲われたのですが、感じちゃいました。
2018/01/30 22:49
2018/01/30 22:49
昨日の夜中、友達と2人でカラオケしてたらイケメン男が2人入ってきて「ドライブ行かない?」ってナンパされた。

ちょうど帰る時間が近かったので送ってもらうことにした。


その帰り道に「ちよっと飲まない?」って居酒屋に寄った。

居酒屋は個室になっててお洒落な所だった。

しばらくすると友達だという3人の男がやってきた。


いきなり私のオッパイを鷲掴みして「巨乳ちゃんだね、おいしそう!」と言った。
「やめて下さい!」と怒ると、「ヤラれたくて付いて来たくせに気取るな!」と平手打ち。


あっという間に私達は5人がかりで脱がされた。


口にパンティを詰め込まれ、手を…
Hな体験談。。美人の嫁をレスにしておいて寝取らせた 続12編
2016/07/04 17:14
2016/07/04 17:14
前編は以下のとおり




最近はタイミングが合わなかったりで、
家やホテルに入って時間をかけてヤるっていうのは減ったみたい。

それでも後輩がヤりたいなって思ったら、とりあえず嫁には
連絡してるみたいで嫁もその時に余裕があれば相手してて
大体後輩の車の中でしているみたい。

そういう時は嫁から先にフェラを始めてその間に自分で
イジり始めててしばらくしたらフェラを止めて
嫁がオナニーでイクまで後輩は見てるだけで待ってるらしい。

嫁がイったら後輩が嫁に入れるんだけど、大体生で入れて
後輩がイキそうになったら嫁にどうするか判断させてるらしい。

嫁もその時に余裕があったら外でって言って口…
焦るな、俺
2015/10/10 14:05
2015/10/10 14:05
俺:社会人19 彼女:大学生19 付き合って半年ぐらいの時に初めて彼女の家に泊まりに行った時。 遠距離だから普段はネットで話すぐらいだったし、女性と付き合うのって初めてだったのもあってめっちゃ緊張してる俺。 何故か対面で座ってぎこちなく話とかするも、お互い口下手ですぐに話題が尽きて時々目を合わせたりして沈黙。 とにかく何か話題振るためにあれこれ考え込んでたら、彼女が軽く身を乗り出してきて俺の手を握る。 「まだ握ったこと無かったから」って彼女に言われて、それまでに2、3回会ってたけど手も繋いでなかった事に初めて気付く 「そういえばそうだね」とか返しながら勇気を出して。、初めて彼女を抱きし…
【母親との告白体験談】俺にとって本当の母さん
2017/12/16 00:23
2017/12/16 00:23
14:大人の名無しさん:2006/12/05(火)02:13:22ID:mSy5QmK0俺を生んでくれた母親は俺が2歳の頃に死んだ。 後の親父の話では元々、体が丈夫な人じゃなかったらしい。 俺が6歳の頃に親父が再婚して義母がやってきた。 ある日、親父が「今日からこの人がお前のお母さんだ」といって連れてきた。 新しい母親は俺を本当の子供のように可愛がってくれた。 家族とか血縁とかまだ分からない頃の俺にとって義母が本当の母親だった。 それから、何年か経ち俺が中学の頃、今度は親父が事故で帰らぬ人となった。 親父の葬式の席で親族が集まりこれからの俺たち家族の事で話し合うことになった。親父の両親(俺…
監禁調教 ~ひとみ編~【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/12 13:11
2017/09/12 13:11
俺の趣味は、自分の気に入った女の子をペット(もちろん性的な)にすることです。 このあいだは女子大生をレイプした後、媚薬の力を借りて調教、俺専用のペットにしちゃいました。 そのときの様子を書きましたので、良かったら読んでください。 半月前から都内の大学の周りで張り込み女の子を物色し、獲物を決定。ついに作戦を実行に移すことに。 ターゲットの名前はひとみ。某女子大に通っている19才です。 大学からの帰り道、友達と別れた後を追い、人気のない道まで尾行。睡眠薬をかがせ、廃業した山奥のホテルの一室へ運び込むことに成功しました。 あらためて眠っているひとみのからだを眺めると、ほんとうにいいからだをし…
★横領した支店いち美人行員を
2017/04/24 14:51
2017/04/24 14:51
 私は某地方銀行に勤めていますが、以前数百万円を横領したOLがいました。支店長判断でマスコミには報道されませんでしたが、懲戒免職になるまでの1年間、横領事件の犯人として罪を償うまで、銀行の奴隷となっていました。

 横領犯である真紀は、勤続5年。25歳で、窓口での接客を主な業務としており「なんでこの子が?」というくらい、美人で評判のいい子で、最初に行内で発覚した時には、全員驚愕したものです。


 ある日の夜、支店長室に真紀を呼び出しました。その日の支店長室で、支店長、次長である私、直属の上司である課長、3人を前に真紀は必死に言い訳を重ねました。しかし、疑問を1つ1つ質問していくうちに、真…
【セクハラ体験告白】純愛?職権乱用?
2016/05/25 11:49
2016/05/25 11:49
去年の秋、うちの職場にシンガポールからの女性の研修生が人入ってきた。 俺はそのとき初任のエリアマネージャーだったため、そのうちの人を担当する教育係になった。 彼女は中国系シンガポール人だったため、ぱっと見はうちらと同じ系統の顔をしていた。 正直もう一人の女の子は芸人の渡辺直実みたいな体型だったため、内心は当たりを引いたと思った。 彼女は18歳で、高校を卒業後日本語を勉強しながらお金を貯めたいと思って日本に来たという、とても真面目な女の子だったので俺も一生懸命仕事を教えていった。 二週間くらい経ち、仕事にも慣れたようだったので、彼女を食事に誘うと喜んで来てくれた。<br>レストランで食事…
学生時代、同じアパートの人妻に筆下ろしをして頂いた結果
2018/03/06 01:02
2018/03/06 01:02
学生時代、同じアパートの人妻に筆下ろしをして頂いて以来、人妻にとても興味を持っています。

その時の女性は、僕よりも10歳上で30歳でした。

僕の部屋の上に住んでいたその人は、僕よりも一年遅れて引っ越して来ました。新婚夫婦として。

背が小さくて可愛らしい雰囲気から年が近いと思っていました。

ですが、その顔からは想像もつかないほど毎夜すっごくエッチな声を出して、激しくセックスしていたんです。 と言うのも自然と下の階の僕にも聞こえてきて、毎日それをおかずにしてオナニーしていました。

ある時、昼前まで家で寝てしまって、そのあと起きて洗濯していると上の階から干してあ…
夜中に忍び込んできた弟
2016/01/28 06:00
2016/01/28 06:00
私は寝苦しい夏の夜など、よくノーブラでTシャツ、それに短パンの姿で寝入ることがあります。汗っかきな私にはその服装でも寝汗でびしょぬれになることもあります。
その夜も寝苦しくて掛け布団も掛けず、ラフな姿で寝入っていました。しかし真夜中に急に重く暑苦しい感じが私を襲い、目を覚ました。
しばらく頭がはっきりしないで自分の置かれた状況を自覚できませんでしたが、やがて弟の篤が私の体にのしかかっていることに気がつきました。


慌てて離れようとしましたが、弟は私より三つ下と言ってもすでに14歳になると顔
立ちは子供でも体格は大人になるものです。

女性でも小柄で細身の私で…
ヤリマンな血筋!同級生のおばさんもチンコを欲しがる
2016/10/07 19:08
2016/10/07 19:08
 42才の妻帯者です。結婚して12年経つます。昨年の秋に転勤になり。実家から通うっています。週末の土・日は家に帰ります。家からだと電車で2時間、実家からだと30分なので。隣の家のA宅は、自分と同級性のゆりと3才下のまみがいます。

 ゆりは結婚して近くに住んでいます。まみが昨年の年末に離婚して実家に戻って来ました。隣とは自分が生まれる年に隣同士になったそうです。なので子供のころはよく一緒に遊んでいました。正月あけ実家から通いはじめの日、帰宅中、まみと改札口でバッタリ会い。駅前の居酒屋で軽く飲みました。


* その時の話で離婚のした理由を聞き、昔話で姉のゆりと自分がつき合っていたころの…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・働く人妻OLさん

・潰れて寝てる俺のモノを咥えていた女友だち

・綺麗なお姉さん

・コスプレ少女由佳 2/3

・元風俗嬢の嫁と寝取られ生活part1

・同期入社のOLにリードされて童貞卒業

・レイプされて死にかけた話 1/3

・53センチのくびれ腰が魅力のOLと脱素人童貞

・近 親 相 姦   妹×兄 

・【痴漢】美人妻のお尻に押しつけて射精した

・エロい団地妻とリアルロマンポルノの関係に

・少年とお姉さん

・付き合って7年の彼女を

・小西真奈美似の31歳の独身女支店長とのH体験

・【乱交】昔の乱交体験を思い出しながら毎日1人で慰めてます

・元彼の仲間3人に犯された彼女

・ホテヘル呼んだら変態きたwwwwwwwwwwwwwwww

・老女に遊ばれてた頃

・【熟女体験談】アダルト系出会い系サイトに挑戦したら、出会った男性にまるでレイプのように犯された

・すっぴん美人な女子大生バイトを僕と店長で

・大学生の姉ちゃんがセフレになった

・婦警を襲ってもた始め

・仕返し

・コスプレ少女由佳 1/3

・【人妻体験談】目隠しプレイでガチイキ絶頂するエロカワな淫乱未亡人

・彼女の妹(処女)にHしたいとお願いされて・・・

・昔、族やってた 2/2

・幼馴染と再会してトイレでSEXした

・思い出してもう一度会いたい女性

・事故を起こして脅され変態おやじに好き放題犯され中出しされたお姉さんwwwww信じられないけど本当にあったHな話5