寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

僕と優等生の彼女と、不良のアイツ5

2017/09/01 01:31



麻衣子は、一人でラブホテルを出ると、慌てて走り始めた。さっき昭典には、自転車のチェーンが外れたと言ったが、そもそも自転車でなど来てはいない。とっさに口から出たウソだ。麻衣子は、走りだしてすぐ、股間の違和感に気がついた。
ナプキンを当てていて、少し走りづらい。生理でもないのにナプキンをしている麻衣子……。膣中の前田の精液があふれ出さないようにだ。

麻衣子は、走りながら激しく動揺していた。前田に対して、
『またね』
と言ってしまった。昭典とラブホテルに入るところを撮影され、脅されて無理矢理連れ込まれたはずなのに……処女を奪われたはずなのに、その相手に”またね”と言ってしまった。

麻衣子は、昭典に対して強い罪悪感を感じていた。でも、同時に、走り始めたことで子宮の奥に快感が走るのを感じていた。ついさっきまで、前田の大きなペニスで刺激された子宮口。それが、走る衝撃で刺激されたのか、うずいていた。

麻衣子は、そんな自分の身体の反応に嫌悪感を感じながら、昭典に対して申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
いつもの待ち合わせの場所……大きな公園の公会堂の横だ。昭典はすでに到着していて、ベンチに座って小説を読んでいた。電子書籍でもなく、紙の本だ。スマホも持っているが、本は紙の本でなければいけないという彼なりのこだわりだ。

『ごめんねっ! 遅くなっちゃった!』
麻衣子は、息を切らせて叫ぶ。そして、昭典の顔を見た途端、涙があふれてしまった。
昭典は、泣きながら走ってくる麻衣子を見て、読んでいた本を取り落としてしまった。
「ど、どうしたの!? 自転車は? 転んだの?」
昭典は、軽いパニック状態で麻衣子に聞く。麻衣子は、パニックになりながらも、本当に心配そうに声をかけてくる昭典を見て、さらに涙がこぼれてしまった。

『う、うん。大丈夫……。チェーン切れちゃってたから、走ってきた』
「そうなんだ。走らなくても良かったのに。ゴメンね、急がせちゃって」
昭典は、麻衣子に大事がなかったと知り、ホッとした顔に戻った。
『ううん。だって、早く会いたかったから……』
麻衣子のその言葉はとっさに出たもので、本心だった。でも、言った後すぐに、そんな言葉とはまったく逆のことをしてしまったことを深く反省した。

「ありがとう。でも、あんまり時間ないよね? スタバでも行こうか?」
昭典は、麻衣子のカバンを持ってあげながら優しい口調で言う。なにもかもが前田とは大違いだ。それなのに、さっき麻衣子は前田に身体だけではなく、少しだけ心を許してしまった。
(本当にごめんなさい……。私、バカだった……)
麻衣子は、すぐにでも昭典に抱きつきたい気持ちを抑えて、彼の手を握った。昭典は、少しビックリした顔をしたが、すぐに照れたような笑みを浮かべ、舞子の手を握りかえした。

そして、いつも行くスタバに向かって歩き始める二人。麻衣子は、さっきまでの裏切り行為など忘れたように、幸せな気持ちになっていた。昭典も、幸せな気持ちで麻衣子のことを見ていた。
(こんなに髪を乱してまで走ってこなくても良かったのに)
昭典は、乱れた麻衣子の髪を見て、そんな事を思った。そして、麻衣子の髪を優しく撫でながら、
「こんなに急がなくても良かったのに。髪の毛、グチャグチャだよ」
と言った。
『あっ、う、うん。ゴメンね、みっともないよね。後でトイレで直してくるね』
麻衣子は、ひどく動揺しながら、自分で後頭部なんかを触ってみた。すると、寝癖どころではないくらいにグチャグチャになっていて、走ったくらいでここまで乱れるはずがないというレベルだった。

麻衣子は、つい、さっきの前田の激しいセックスを思い出してしまった。始めてのセックスだったのに、イクまで乱れてしまった自分……。麻衣子は、恥ずかしさで顔を赤くしてしまった。
「そうだね。じゃあ、頼んでおくよ。いつもので良いよね?」
昭典に優しく言われ、うんと頷く舞子。
そして、到着すると、すぐにトイレに向かう麻衣子。トイレに入ると、慌てて鏡で自分の顔を見た。髪の毛はもつれるように乱れていて、それをなんとか手でほぐすようにして直していく。思ったよりもすぐに直ったのは、麻衣子の髪の毛が傷んでいないおかげだ。一度も染めたこともないし、パーマをかけたこともない。おまけに、ドライヤーでクルクルしたこともない麻衣子の髪は、天使の輪っかが出来るほどにキューティクルいっぱいだ。

そして、麻衣子は髪の毛を直すと、ナプキンが気になってしまい、個室に入って鍵をかけた。すぐにスカートの中に手を差し込み、色気も何もないようなショーツを膝まで下ろした。すると、個室の中に一気に前田の濃厚な精液の臭いが充満した。

麻衣子は、驚きながらナプキンを見た。すると、ナプキンに吸収されるには粘度が高すぎるのか、ほとんど吸収されない状態の精液が、たっぷりとナプキンの内側に乗っていた。そして、麻衣子の膣からは、さらに彼の精液が流れ出してしまう。慌ててナプキンでそれを受け止めた麻衣子。

(こ、こんなに……。昭典君、ごめんなさい。私、中まで汚されちゃったよ……)
麻衣子は、泣きそうな気持ちでそれを見つめていた。でも、その強烈な青臭い臭いが、麻衣子をおかしくさせていく。麻衣子は、精液が流れ出るのが止ったタイミングで、自分の膣を触る。そして、精液が流れ出てこないことを確認した後、クリトリスをまさぐり始めた。
(ダメぇ、こんな場所じゃ……。昭典君も待ってるのに……)
麻衣子は、そんな事を思いながらも、クリトリスに触れた途端、電気が流れたように強い快感を感じてしまった。
さっき、前田にさんざん包皮を剥かれたことで、まだクリトリスが剥き出し状態の麻衣子。指は、直接クリトリスに触れていた。

(ダメぇ、こんなの本当にダメ……あぁ、でも、どうして? 気持ちいいの、凄く気持ち良いの!)
麻衣子は、慣れた動きでクリトリスをこすりあげていく。ほとんど毎日しているオナニーのせいで、本当に滑らかな動きをしている。

麻衣子は、こんな場所でオナニーなどしたことがない。そして、外でするオナニーの快感に、心底驚いていた。すると、トイレのドアが開く音と同時に、人の足音が聞こえた。

女子大生くらいの女の子二人が入ってきて、二人とも鏡でメイクや髪型を確認し始める。二人とも、短いスカートに肩が見えているキャミソールで、典型的なビッチギャルの姿だ。
『マジでイケてるじゃん! 真季はどっちが良いの?』
『え〜。どっちでも良いよ。でも、祐介君の方がエッチ上手そう』
『確かに』
女子大生二人は、笑いながらそんな会話を平然と始めた。二人は、今日は友達の紹介で大学生の男二人と待ち合わせだった。たいして期待もせずに待ち合わせ場所のここに来た二人は、待っていた男二人がイケメンだったことにテンションが上がっていた。

『なんだ、この臭い? エロい臭いがする』
『マジ? どっかに着いたかな?』
パンツが見えそうなほど短いスカートを穿いている方が、自分の服や腕の臭いをかぎ始めた。
『なに、真季まだやってんの? M性感だっけ?』
『うん。だって、M男君いじめるだけで、5万とかもらえるし』
真季と呼ばれた方は、サラッとそんな事を言う。真季は、それほど美人でもなければ可愛らしくもない。もっと言ってしまうと、スタイルも悪い。
でも、中高と陸上部だったこともあり、筋力と持久力は普通の女の子の比ではない。ゴツいと言っても言い体型だ。

真季のしているバイトは、M性感という風俗だ。SMクラブほど本格的ではないが、Mの男性をいじめ倒すという風俗ジャンルだ。
その中で、一見、優しくてウブに見える真季は人気者だった。真季のプレイは、ハードというより苛烈なものだ。ペニスバンドで泡を吹くまで突き続けたり、小さな手を生かして、アナルにフィストファックまでしてしまう。

でも、M男達には高評価だった。実際、マキのシフトはほとんどが事前予約で埋まってしまうほどだ。今日も、昼のシフトで3人のM男達に、夢と希望と唾液とペニバンを与えてきたところだ。

『マジで? 私もやろうかな?』
『やってみなよ! マジ、M男いじめるとスカッとするよ!』
真季はそんな事を言う。彼女は、ほとんど罪悪感なくM男に痛みを与えることが出来る。きっと、天職なのだろう。

個室の中の麻衣子は、そんな彼女たちの言葉に慌ててしまった。臭いでバレてしまう……。そう思った麻衣子は、パニックになってしまった。クリトリスをまさぐる指を外し、ナプキンに口をつけて前田の精液をすすり取り始めてしまった。
臭いを消すためにとっさに取った行動だったが、口の中が青臭い臭いと味でいっぱいになると、麻衣子の興奮は一気に振り切れてしまった。麻衣子は、口の中に前田の精液を溜めたままクリトリスをまさぐり始めた。

一気に快感が駆け抜け、ギュッと足の指に力が入る。麻衣子は、そのまま剥き出しになったクリトリスをまさぐり続ける。そして、服の上から乳首をつまむ。驚くほど固くしこった乳首は、麻衣子にさらなる快感をもたらした。

(ダメぇ、イッちゃう、こんな場所でイッちゃうっ!)
麻衣子は、泣きそうな顔でオナニーを続ける。もう、自分の意思では止められない感じだ。麻衣子は、イク寸前、口の中の精液を飲み込んだ。それが喉を通って胃に落ちていくのを感じた途端、麻衣子は全身を震わせながら、腰が抜けたようにしゃがみ込んでしまった。
(私、なにやってるんだろう……ごめんなさい)
麻衣子は、快感にボーッとしたままの頭でそんな事を考え、慌ててトイレを出た。

昭典は、いつも座るテーブル席に腰掛けて麻衣子…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【不倫】中出しOKな人妻をゲットしたものの・・・。
2018/09/02 10:00
2018/09/02 10:00
サイトで36歳の人妻、ユリと知り合いました。携帯番号を交換し、色々話をしてみると・・・。 「夫と一緒に秘密クラブに入っている」「夫にテレクラで知り合った男と3Pさせられてる」「アナルもOK」「ピルを飲んでいるから中出しもOK」 って女性だったので、エッチ前提でアポをとりました。会ってみてガッカリ。 (オバさんじゃんか!) まあ顔を見なきゃ良いかってことで、車内でフェラをさせるともう濡れ濡れ。パンツ(でっかいヤツでした)の上から弄ってやると、「あ~ん」とオバさん声で感じていました。金を出してくれるって言うからラブホに行き、またフェラをさせました。人妻がフェラがうまいって言…
【人妻体験談】仲良くなった隣の奥さんが、引っ越してしまう前に一度だけ関係を持った
2017/06/24 12:02
2017/06/24 12:02
今住んでるアパートの隣に住んでいた奥さんと、一度だけ関係しました。 当時俺は28歳で美穂さんは35歳で細身で色白で世話がいい奥さんでまじめな感じだった。 結構顔合わせるから仲良くなり、夕飯を分けてくれたり、田舎から貰った物を分けてたりしてました。 欲望ってのは湧かない感じで、まぁ綺麗な足くらいは見てたかな?こういう人と結婚したらいいだろうなぁとは思ってた。 俺が住みだして一年半位した頃、旦那さんの転勤で引っ越す話を聞いた。 「仲良くなれたのに残念です」と話すと「そうねぇ…私も寂しいもん」とシンミリ話してると、「今日は誰も居ないから飲みに行くね」と。 冗談だと思ってたら夜にノックされました。 …
【寝取られ】僕の目の前で悪友に抱かれた妻[後編]
2018/05/22 22:00
2018/05/22 22:00
山内に犯され、快感に身を震わせグッタリしている妻を見ていたら、さすがに僕の愚息も元気を取り戻してビンビンになっていました。僕も見ているだけでは我慢できなくなってきました。布団の真ん中に全裸の妻、その少し横に山内。僕は山内の反対側に移動し、妻にくっついてキスをしました。ハァハァと肩を震わせる妻の姿がとても色っぽく感じました。 「僕もしたくなっちゃったよ」 「少し休憩させて・・・」 「もう我慢できないくらいになっちゃってるから、ホラ」 妻に僕の元気になった肉棒を握らせます。黙って握り、そのまま息を整える妻。僕はどうしても我慢できなくなり妻を責め始めました。隣に山内がいるとい…
底辺な知り合いから誘われたバイトは、まだ年端もいかない女の子との……
2016/06/30 23:00
2016/06/30 23:00
ホストやってるアキラからの一本の電話でした
「バイトやんねえ?別荘でビデオ撮影の手伝いしながらキメよーぜネタはがっつりあるよん」
そのころプーでぶらぶらしてた俺は、「おいしいじゃん」「いくー!」二つ返事でした。
約束の月曜の朝、上野の待ち合わせ場所にいくと機材いっぱいのワゴンが一台とホストのアキラ、893やってるケン、ケンの兄貴分の山科さん。




この山科さんは中学のときの先輩なんだけど新宿でナンパするときは、いきなり顔面に一発入れて、そのままビルの陰でブチこんで、ヤリ捨てするというそれは恐ろしい特技をもった方で、俺達の間では、きれめの山科さんみたら死んだフリするしかないって…
写真あり!おっぱいに淫語を落書きしてオナニーする変態処女。
2016/07/31 20:01
2016/07/31 20:01
   オレの調教部屋でよく遊んでる愛海はおっぱいをいじくるのが大好きなどすけべ処女だ。最近は下着の写真や下着からズラしてコリコリ指でいじって勃起した乳首の写真を見せるだけじゃ我慢できないのか、おっぱいにいやらしい言葉を書き込んで写メで送ってくる。その後にどれくらいいやらしい処女マンコが濡れたのかチェックさせ、指でぱっくり開いてピンクのヒダヒダの奥まで見せてもらう。処女なのにこんなにいやらしいお汁を垂らして、愛海のおまんこはドロドロに。。。。 続きと写真はこっちで・・・ 調教部屋  18歳以上のメール調教や写メ交換したい変態M女はおいで。二人だけになったら、こんな感じで調教してやるよ・・・「も…
兄のデカチン【エッチ体験談】
2016/02/08 00:32
2016/02/08 00:32
中学の時、高校生の兄の携帯に友達の携帯でイタズラメールしました。 兄は確実に童貞なのでからかっているとHメールしてきて自分のは大きいと自慢してきました。 童貞が何言ってるんだ?と友達と笑いながら 『先に見せてくれたら見せる』と送るとすぐに写がきました。 見ると本当にでかくて当時の中学生の彼氏の二倍近くありびっくりしました。 友達がヤってみたいと言いだし後日ヤったみたいです。 痛くてヤバイって言ってました。 …
妻と市会議員
2017/10/22 04:31
2017/10/22 04:31
ある中核都市に住む私と妻、子供二人と離れに同居の親。 今年4月に起こった妻ユリの衝撃的なお話です。ほぼ実話ですが登場人物は仮名にしてあります。現在私は45歳、ユリは41歳、157?、43?、Cカップのスレンダーな体型をいまでも維持しています。私が言うのもおかしいですが、お尻から足首にかけての引き締まった脚線美は毎日見ても飽きません。私好みのスリットの入ったタイトスカートにガーターを着ければエロ丸出しです。普段は堅い職業の為、あまり化粧せず長い黒髪を結んで出かけますが、夜、お出かけの時はバチッと化粧し洋服にも気を使い昼の顔とは別人になります。 これは私が「結婚しても子供産んでも女を忘れてはいけな…
大人しかった幼馴染がヤリマンに、今でも動画などでオナニーしてます。
2017/08/11 19:00
2017/08/11 19:00
高校1年の時の話です。

当時、僕は幼なじみのレイコと半分付き合っている様な状態でした。

告白はしていなかったけど、しょっちゅうデートをしたり、お互いの部屋に行き来したり・・・。

少なくとも、僕は恋人だと思って接していたんです。

家は隣で小中と同じ、成績の良い彼女と同じ高校に進学するために必死で勉強したものです。

誕生日に叔父からプレゼントされた双眼鏡で、受験勉強の合間に屋根裏部屋に昇って彼女の部屋を覗き見していた事もありました・・・。
レイコは結構可愛くて、眼鏡がとてもよく似合う女の子でした。

3回くらい告白された事があるとか、彼女の友達が言っていたのを覚えて…
お姉ちゃんのパンツでオナニーしたい俺はクズな弟だorz
2015/09/25 21:01
2015/09/25 21:01
・・・と僕がお姉ちゃんの前で汚らわしい妄想にふけりつつ罪悪感にまみれていたら、すぐに「タっくん(仮名)は可愛い弟だよ」ってお姉ちゃんの声がした。 お姉ちゃんのお手手が僕の頭を撫でていた。 そしてお姉ちゃんはするっと自然にパンツを脱いで、 僕のズボンのチャックをそっと外して、脱ぎたてのパンツを僕のタートルヘッドにやさしく被せてくれた。お姉ちゃんのお手手も表情も優しく温かいままで、全然いやらしさとか不自然なところがなくて、お姉ちゃんはキレイなまま僕のを激しくしごき始めた。 お姉ちゃんの愛情たっぷりな手コキとお姉ちゃんのピュアな輝きに感激して、僕はわんわん泣きながら白い汚らわしい液をぶちまけた。(お…
凄く好きだった女の子への遅すぎた告白&童貞卒業体験談
2016/08/11 20:02
2016/08/11 20:02
ええっと。

高校の時、俺は同級生の絵梨がすんごい好きでした。

絵梨とは1年2年と同じクラス。

よく喋ったなあ。

絵梨は彼氏つくらないし、

俺たちまさか両想い?

なんて痛い妄想いだいてました。

それくらいとても仲が良かったけど、

告白とかのアクションは起こせなかった。

無理しなくても絵梨との毎日は楽しいし、

下手に告白なんかしてふられたら鬱だ。

俺は不確かなことに挑戦するより、

のほほんと現状に満足する性格。

そんなぬるま湯につかっていた俺、

3年になってとうとう絵梨とは別々のクラスになってしまった。


それでも廊下とかで会えば、立ち話を…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】大学生にも見えるバイトの人妻を自宅に連れ込んで

・私の娘の元カレとのお付き合いの話

・中学生に寝取られた_2

・本社のお局様と 7

・【SM・調教】行きつけのスナックで変態プレイ

・【人妻体験談】出張ホストに妻をナンパ痴漢させ、寝取らせて興奮する変態夫

・【熟女体験談】オナニーを邪魔してきたAカップの貧乳叔母に激怒してレイプした男子中学生

・中学生に寝取られた_1

・続1・借家の寝室に開けられていた覗き穴

・【初体験】北海道行きのフェリーで知り合ったおじさんたちと

・ビデオテープを偶然に発見してしまった・・・

・【Hな体験】ボール遊びしてたら隣の家のお姉さんにフェラされた

・俺の奥さんと尊敬する先輩の満さんが

・むっつりな一人暮らしの女との体験

・「キノコの子」と呼ばれた俺の性の自叙伝~見つけた忘れ物~

・【熟女体験談】見知らぬ男に自宅で侵入レイプされ逝ってしまったバツイチ熟女

・ウロダイナミック

・中学校一年のときでした。

・【人妻体験談】枕営業をしてくる美魔女保険レディに緊縛電マ寸止め責めの調教プレイを行ったら、変態美魔女となって度々遊びにくるようになった

・【初体験】終わった後もしばらくはジンジンして痛かったです

・ゆきずりH

・仕事中にセクハラされて我慢しています

・倦怠期の婚約者が、会社の男の子にデートに誘われたと言ってきた(ブロマガ転載禁止)

・嫁を寝取っていたのは俺だった?

・「キノコの子」と呼ばれた俺の性の自叙伝~大学時代後半~

・合コンで出会ったJDたちと乱交

・【熟女体験談】主婦二人が掲示板で浮気相手を募集し、年下大学生二人と4p乱交で二本同時挿入

・M紀-その2

・受付嬢とのこと

・【人妻体験談】うちの妻が幼馴染にする事以上のエロい事をしてくる負けず嫌いな幼馴染の奥さん