寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

隣に引っ越してきた黒ギャルっぽい若妻は、足コキ上手だった

2017/08/31 23:31


最近隣に引っ越してきた夫婦が、とにかく賑やかで少しうるさい。まだ、どう見ても二十代で、旦那は鳶、奥さんはたまにパートに行ってるみたいだ。2人とも、どう見ても元ヤン……。というか、まだヤンキーやってますという感じだ。

旦那さんは、鳶にしては大柄で、ゴリマッチョ系の超短髪。コントの泥棒みたいなヒゲを生やしている。最初見たときはビビり倒したけど、よく見ると目はつぶらで、意外に腰の低いナイスガイだった。

奥さんは、ビリギャルの表紙の写真みたいな感じで、ほとんど金髪だ。へそが見えそうなシャツに、お尻の肉がチラ見しそうな短いホットパンツを穿いている。そして、夏でもないのに良い色に日焼けしていて、多分、黒ギャルとかいうスタイルなんだと思う。

奥さんは、目つきがきつい感じでドSみたいな感じだけど、ギャルメイクをやめれば、結構美人だと思う。旦那さんと同じで、話してみると意外なくらいフレンドリーで優しい人だった。

でも、たまに聞こえてくる夫婦喧嘩は、なかなか激しい。お互いに結構なボリュームで怒鳴りあった後、結局旦那さんが言い負かされるのがパターンだ。
喧嘩はするけどラブラブなようで、週に2~3回もあえぎ声が聞こえてくる。奥さんはかなり大きな声であえぐけど、たまに旦那さんがあえいでいるのも聞こえてくる。
どういう風にしてるかはわからないけど、奥さんがハードに責めているみたいだ。

そんな風に、昼も夜も賑やかなお隣さんだけど、僕がバイクに乗っていることで、凄く仲良くなってしまった。僕が乗っているのが、カワサキの250ccのレプリカで、それを見た旦那さんが、”男はカワサキだよな”とか言ってきた。それ以来、凄く話しかけられるようになり、いつの間にか家に招かれて食事をごちそうになるようになった。

今どき、どこの田舎だよwと思うくらいに、密な隣人関係になったけど、僕も2人のことは凄く気に入っていて、兄貴とあねさんという感じで慕っている。まぁ、今時珍しいかもしれないけど、良い関係だと思う。

「ほら、もっと食べないと。デカくなれないぞ」
旦那の薫さんが言う。でも、僕はもう20歳なので、たぶんもう育たないと思う。
「いや、僕もう20歳ですって。もう身長止りましたよ」
『25歳くらいまでは伸びるって言うよ。ほら、沢山あるんだから、遠慮しないの!』
そう言って、強引に食べさせてくる2人。でも、もうお腹いっぱいだ。でも、そんな事を言っても無駄だとわかっているので、ひたすら口に詰め込んでく。

「良い食べっぷりだな。美味いか?」
薫さんが、相変わらずのいかつい顔で聞いてくる。でも、家の中なのでサングラスをかけていないから全然怖くない。薫さんがサングラスをかけていると、実はつぶらな瞳だとわかっていてもビビってしまう。

僕は、美味いですと答えた。
『へへ。褒められたw やっぱり食事は大勢の方が楽しいねぇ』
明菜さんは、良い笑顔で言ってくれる。黙っていると冷たい感じで怖いけど、笑っていると本当に優しい感じになる。美人だからそう見えてしまうのかな? と思う。

それにしても、今日も明菜さんはセクシーな格好だ。ホットパンツの隙間からは、チラチラと下着が見えてしまっているし、ヘソ出しのシャツの胸元はやたらとルーズで、前屈みになるとおっぱいがほとんど全部見えてしまうときもある。

痩せている感じの身体なのに、胸チラで覗く胸元は、思いのほか豊かでドキドキしてしまう。しかも、今日はブラのサイズがあっていないのか、隙間から乳首も一瞬見えてしまった。黒ギャルなのに、綺麗なピンク色の乳首で、ドキッとしてしまった。

「そう言えば、彼女は出来たのか?」
薫さんがそんな事を聞いてくる。と言うか、いつも聞かれる。僕は、高校の時に一瞬だけ彼女が出来たことがあったけど、それ以来、彼女が出来たことはない。
「まだです。全然ダメですね」
『そうなの? 正夫くんモテそうだけど』
明奈さんは、真顔でそんな事を言ってくれる。僕は、モテそうだなんて言われたことはない。ブサメンやキモメンではないと思うけど、イケメンではない。絶対にない……。
僕が、顔を赤くして否定すると、
「そうなのか? 正夫って、スゲぇ真面目で浮気とかしそうにないから、彼氏にするには良いと思うけどな」
と、薫さんまでそんな風に言ってくれる。確かに、僕は誰も見ていなくても信号無視もできないような、融通が利かないタイプの真面目クンだ。気弱の裏返しとも言えると思う。

『すぐに良い子に出会えるよ』
明奈さんは、弟を見るような優しい目で僕を見ながら言ってくれた。なんというか、ヤンキー系の人の方が、実は情に厚いのかな? と、認識をあらためた。

今日は、薫さんはグイグイと焼酎を飲んでいた。明日は休みということもあって、いつも以上にペースが速い。僕は、一切アルコールは飲めないけど、無理に勧められたことはない。俺の酒が飲めないのか! というノリではなく、ファンタも美味いよなw とか言ってくれる。本当に、薫さんは見た目とはまったく違って優しい人だと思う。

『正夫くんって、子供みたいだね。ファンタメロンが好きって、なんか可愛いよ』
少し酔っ払った感じの明奈さんが、猫でも見るような目で僕を見ながら言う。本当に、可愛がってもらっているなと感じる。でも、僕はいつもではないけど、結構エロい目で明奈さんを見てしまっているので、少しだけ罪悪感を感じる。

今日は、明奈さんの乳首まで見てしまっている。僕は、いま楽しい時間を過ごしていながらも、早く部屋に戻ってオナニーをしてくてたまらなかった。最近の僕のオナニーは、ほぼ100%明奈さんがおかずだ。セックスをしている声が聞こえると、条件反射的にオナニーをしてしまう。

『ちょっと、風邪ひくよ! ったく、弱いくせに飲みすぎだっつーの』
軽く舌打ちをして、明奈さんが言う。こういう時の明奈さんは、正直怖い。薫さんは、軽くイビキをかきながらソファにもたれかかるように寝てしまっている。

「相変わらず、弱いんですね」
僕は、微笑ましいなと思いながら明奈さんに言った。
『ホントだよ。こんな図体して、情けないったらありゃしないよ』
明奈さんは、口は悪いけど、優しい目で薫さんを見ている。ラブラブなんだなと伝わってくる。

「そう言えば、お子さんは作らないんですか?」
『作ってるよ。なかなか出来ないんだよね〜』
明奈さんは、僕のことを見つめるようにして聞いてくる。こうやって、真正面から見ると、やっぱり美人だなと思う。そして、妙に緊張してしまう。

すると、明奈さんが急に立ち上がり、僕の後ろに回った。
「えっ? どうしたんですか?」
と、慌てる僕のすぐ後ろに座り、僕の肩を揉み始めた。
『正夫くんは肩こりとかないよね。あっ、やっぱり全然こってないw』
僕の肩を揉みながら、そんな事を言う明奈さん。
『薫ちゃんにマッサージしてあげたいんだけど、どうにもコツがつかめないんだよね。ちょっと、練習させてよ』
そう言って、肩を揉んでくれる明奈さん。でも、肩こりなんてない僕は、正直くすぐったかった。

『どう? 痛い?』
結構強めに揉みながら、明奈さんが聞いてくる。でも、痛いと言うほどではない。
「痛くはないです。もう少し、下の方がいいと思います」
『こう? このへんかな?』
明奈さんは、結構真剣だ。仕事で疲れた薫さんを、癒やしてあげたいという気持ちなんだと思う。薫さんは、本当にいい人と結婚したなと思う。

そうやって、しばらく練習が続く。ある程度、肩や背中をやった後、今度はそのまま僕の腕を揉み始めた。後ろから手を伸ばして揉んでくれるので、自然と身体が触れ合うようになってしまう。

明奈さんは、上腕から前腕にマッサージを勧める。後ろから手を伸ばしているので、思いきりおっぱいが僕の背中に密着してしまう。僕は、マッサージの気持ちよさどころではなくなり、ドキドキしっぱなしだ。
さっきの胸チラでわかっていたけど、明奈さんのおっぱいは意外に大きい。着やせするタイプなんだと思う。

背中に、柔らかいおっぱいの感触を感じながら、僕は勃起してしまった。明奈さんに気づかれないように、さりげなくポジションを換えてみたりする。でも、どうしても股間のもっこりは隠せない……。

『なんか、右だけ前腕太いね。なんで?』
無邪気に明菜さんが聞いてくる。僕は、たぶんオナニーのしすぎのせいだと思ったけど、
「ノ、ノートとかいっぱい書くんで、そのせいだと思います」
と、とっさに言い訳をした。

『そうなんだ。てっきり、シコり過ぎなのかと思ったよw』
明菜さんに、見抜かれたようなことを言われて、僕は恥ずかしさに顔を真っ赤にしてうつむいた。
『あらあら、真っ赤になっちゃってw 可愛い〜』
明菜さんが、僕の頬を指でつつきながら言う。たぶん、明菜さんもかなり酔っているみたいだ。
「じゃ、じゃあ、そろそろ帰りますね」
僕は、勃起しているのを見つけられないうちに帰ろうとした。すると、おっぱいを押しつけていた明菜さんが、僕にギュッと抱きついてきた。

『私の声って、結構うるさかったりする?』
と、耳元で聞いてくる明菜さん。やっぱり、かなり酔っている感じだ。今まで見た中で、一番酔っ払っているみたいで、少しろれつが回っていない。息も酒臭い。
「な、なんのですか?」
『子作りのw』
「そんな事ないです! 全然聞こえてこないです!」
僕は、とっさにウソをついた。セックスの声がうるさいなんて、本当でも言えっこない。

『ふ〜ん。そっか。迷惑かけてないか心配だったんだよね』…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ロリと熟女の良さを兼ね備えた人妻風俗嬢の極上Hですっかりお気に入り
2018/01/18 23:10
2018/01/18 23:10
パイパン熟女のデリヘル嬢を頼んだ事がある。

ムラムラしていて、
でもオナニーでスッキリするのはちょっぴり悲しいので
自分へのご褒美にと風俗を頼んだ。

さっそくホテルに入って、
やってきた人妻デリヘル嬢は
小柄で貧乳なロリ体型な人妻デリヘル嬢でした。

そのロリな人妻デリヘル嬢のMさんは
ちょっとおとなしくて控えめな感じ

特に世間話をするわけでもなく、部屋に入ってすぐ、

「ねぇ、脱いじゃお」

といって俺の服を脱がしてくれる。

もちろん俺もロリ妻デリ嬢のスカートに手を伸ばし、
服を脱がしていった。

すると、トランクスを
脱がすなりいきなり俺の息子を咥え即尺

出会ってから2分で
いき…
【熟女体験談】先輩の目の前で奥さんとセックスしていた
2016/10/27 00:02
2016/10/27 00:02
2016/10/27 (Thu) 学生時代からの先輩に頼まれて

先輩の目の前で奥さん(この人も学生時代の先輩なんですが)

とセックスしていた頃があります。

俺が奥さんを抱いた後、先輩が続いて奥さんを抱いてました。

以前は、奥さんが他の男に抱かれている様を想像して

自分を奮い立たせていたそうですが、

その趣味? が高じて、実際に抱かれているところを

目の前で見ないと気が済まなくなったそうです。

先輩は頭が変になったのか?!と思いましたが

そういう趣味の人も居ることは居るんだなあ、

と分かりました。

休憩がてら、先輩と奥さんとのセックスを見物させてもらえるので…
フィンガーテクニックが凄い網タイツの痴女がいるポルノ映画館
2015/09/05 00:06
2015/09/05 00:06
昔、とあるピンク系の
ポルノ映画館に痴女で美人なおばさんが
いるという事で有名だった

僕もその美熟女な痴女に会いたくて
何度か通い詰めて、
やっとまさに夢のような体験ができたのだった。

その日も館内はがらがらで、
一番後ろの席に座っていたところ、
横の扉から人が入ってきた気配がしたので、
何気なく振り向くと、四十路ぐらいの熟女と目が合った。


ハーフコートを着ながら、
黒革のホットパンツにロングブーツという、
いかにもそそられるエロい格好だった。

このおばさんはまっすぐ僕の方に近寄り、
隣に座った。

この瞬間、間違いなく
「噂の痴女」だと確信した。

女はいきなり手を僕の…
【母】母・妹・まーこちゃん・町内さん・加代子さんとの6P【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/10/31 21:26
2017/10/31 21:26
ol" target="_blank">OLspan="2" bgcol" target="_blank">OLor="#ffffff"> 母・妹・まーこちゃん・町内さん・加代子さんとの6P 父が出張中の日に、母と妹とまーこちゃんと町内さんと加代子さんと5VS1でやった時の話です。この日はエッチするつもりはなかったけど、修行先からの帰りに地下鉄で加代子さんに出会いました。電車の中で加代子さんが「お茶飲む時間ある?今度、すごいことにチャレンジするから意見聞かせて欲しいのよ」と言ってきました。そして僕が乗り…
何か、複雑で! 2
2016/10/24 23:05
2016/10/24 23:05
先日は、妻とご近所の熟女とのレズ覗きの投稿をご覧頂き有難うございました。 皆さんのコメントの多さにビックリしました。その後の進展についてですが、後日「一緒に食事でも」と誘われました。今回は「食事のお誘い」の話です。昨日、私の仕事中に妻から携帯にメールがありました。 「今晩、Kさんの家に行きましょう。Kさんからのお誘いです。」 私は「了解です。なるべく早く帰るようにします。」と返信しました。私は先日の事を思い出し「ひょっとすると、Kさんとナニが出来るかも。妻の公認で。」 そんな事を思っていると午後からの仕事が手につかなくなりそうでした。 「でも、そんなに急に進展はしないか。ご近所だし、世間体もあ…
黒人に何度も中出しされてしまいました
2016/05/21 16:21
2016/05/21 16:21
私と親友のカオリンでこの前ドライブ行った時の事です。
カオリンが免許をつい最近取ったのでカオリンが運転する車で千葉県内を色々走り回って遊んでいました。
気付けばもう日も暮れて二人ともお腹も減ってきたのでファミレスで食事をすることにしました。 食事も終わり帰ろうと車のところに行ったら私たちの車の横に変なアメ車が1台止まっていました。
そして車に乗っていたのはヒップホップ系の格好をした若い黒人二人組みで、私たちが車に乗ろうと近ずいていったらその黒人たちが車から降りてきて
「ネエ、カノジョ~コレカラ、イッショニアソビニイコ~ヨ」
なんて声を掛けてきました。
私もカオリンも外人にナ…
水道修理に行った先の奧さんを俺のものにした
2016/05/11 21:00
2016/05/11 21:00
「美紀の体をよく見せてもらうからな!」Tシャツをたくし上げて、ブラもついでに押し上げる。白いきれいなおっぱいが飛び出してくる。
ピンクの乳首にしゃぶりつくと・・・「ああ・・ん」美紀は声上げる。
舌をまわしながらしゃぶりあげる。
「ああ・・いい・・感じちゃう・・」おっぱいを触りながら、ミニのファスナーを下ろして、スカートを下げる。ピンクのレースパンティーが見える。


クロッチに指を這わせて、中指でクリのあたりを刺激してやる。
「ああ・・そこ・・だめ・・」少しきつめに擦る。
「ああ・・やだ・・よごれちゃう・・」
「それじゃ、脱がしてやるよ」パンティーに手をかけて、お…
白樺湖の蕎麦屋で美人女子スノーボーダーの胸元がチラリ
2017/03/27 05:16
2017/03/27 05:16
462 えっちな18禁さん[sage] 2014/02/16(日) 23:45:54.18 ID:v9FQBdyO0 今日しか書くときないと思い、ずっと温めてた体験だけど 2012年の夏の話。 白樺湖の通路で駐車場があいてた蕎麦屋さんに入ったんだが 頑固おやじがどうたらと看板のあるお店ね。 中は車とは反比例して繁盛してて、若い男性店員からメニュー渡され待つことに。 店内は県知事からの表彰状やら、トロフィー、切り込みや写真だらけ。 写真がほぼスノボ一色だったので明らかに何かあるのがわかりやすかったんだが 男性店員に聞いてみたら藤森由香選手の実家だとのこと。 どーりでと納得。 463 えっちな1…
ダンナの名前を耳元で何度も囁きながら、人妻と寝取りSEX
2016/12/30 06:00
2016/12/30 06:00
後輩の武田くん(32歳)は写真が好きだ。
私も同じ趣味を持っており、彼の妻も一緒に来る。
妻の名は美也子(30歳)で、結婚2年目だが、子供はまだいない。
美也子はスレンダーな体型をしていて、まぁまぁ可愛い。
何度か写真撮影をするうちに親しくなった。


夜景撮影の約束をしていたが、後輩の武田が調子悪く、美也子だけが来た。
武田からは「傑作を頼むよ」ということで、美也子にお任せらしい。
「とっておきの穴場があるから、そこへ行こうよ」と誘った。
標高400mで市街地の夜景が一望の元に見えるが、ハンググライダーの場所の為、意外と知られていない。

1枚の撮影に40分はかか…
【熟女体験談】小さいころからマザコンだった俺がパンオナに夢中になっていると母親に見られてしまい・・・
2017/10/07 18:02
2017/10/07 18:02
2017/10/07 (Sat) 俺は小さいころからマザコンでお母さんが大好きだった

お母さんのおまんこの匂いを嗅ぎたくて
思春期の頃は、洗濯物からお母さんのシミ付きパンティを盗み
クロッチの匂いでかぎながら、黄ばんだ部分をペロペロ舐めて
オナニーした

一度母のパンオナを体験すると、
辞められなくなり毎晩両親が寝静まった後に
洗濯機の前にいき、オナニーをしていた

そして、あれは中3の時

いつものようにパンオナに夢中になっていると
背後に人の気配がした

一体なんだ?

俺はびっくりして、後ろを振り返ると
母が呆然と立っているのだ

「たかし、なっなにをしているの・・?」

震える声…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・新社会人ってセックスするの簡単すぎw 3

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 4

・大雪のおかげで好きだった兄と結ばれました

・お互いのプライベートに干渉しない不倫

・【人妻体験談】喫茶店で超ミニスカ制服で接客することになった主婦がお客さんのエッチな視線に晒されることに・・・

・【熟女体験談】可愛がってくれたデブなおばさん事務員が逆レイプするように激しく上下運動してきた筆下ろし体験

・新社会人ってセックスするの簡単すぎw 1

・旦那LOVEの人妻を落すテクニック

・【Hな体験】ずぶ濡れになった女子高生と車で雨宿り

・養子に出した息子が養子先を乗っ取り

・巨根を一度入れてしまえば女はもうお終いです・・・

・【初体験】初体験からずっと続いている従妹との関係

・【不倫】夫とセックスして初めて元カレの大きさを知った私

・高級ソープ行ったら2時間で4回搾り取られた

・妹のパンツを見た友人

・ウブなイケメン君を攻略しました

・【人妻体験談】悪魔の義弟がレイプするように罠を張ったら・・・

・後輩の奧さんに欲情して生挿入してしまったが・・・

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[後編]

・彼女の友達にいたずら

・彼氏とのSEXは相性が良くてエロエロ三昧

・妻の妹と偶然飲み屋で会って盛り上がって・・

・清楚な後輩の部屋の前で聞き耳をたててたら

・#結婚を考えてる彼女をトルコ人に抱かせてみたら

・夫が不倫してHIV感染

・人妻の先輩に誘惑されて種付けしました

・OLのメンズエステのバイト体験談

・【熟女体験談】魔女っ子ヒロインのコスプレをした妻に逆レイプされた

・巨乳の先輩の乳首

・カラオケに行って、後輩の奧さんとキメセクした