寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

寝取られ癖を持つ彼氏に調教された女友達[後編]

2017/08/02 14:19


「それじゃ、入れるよ・・・?入れちゃうよ?」

彼女は俺をベッドに寝かせ、騎乗位の姿勢になって俺のチンコをゆっくりとマンコで飲み込んでいく。

ゴムの中の空気がミチミチと音を立て、彼女が小さく、「んん・・・っ」と声をこぼす。

(騎乗位好きな男が多いってことも、その身体で知り尽くしているんだろうなぁ)と、俺はぼんやりと邪推。

上になった彼女と舌で唾液を交換し合いながら、彼女がゆっくりと腰を動かしていく。

「としあきのって長いね・・・奥まで入りきらないよ・・・」

彼女はそう言って、額に汗を滲ませながら苦笑いする。

目が合ったのでもう一度ディープキス。

首を上げると結合部分が丸見えになっている。

確かにキツそうだ。

そのままおっぱいを揉んだり、彼女の動きに合わせて俺も腰を動かしたりしていると、だんだんと彼女の喘ぎ声が大きくなってきて、同時にマンコの具合もちょっと変わってくる。

「なんだか、中がすごくトロトロになってきたよ」

「私ね、イキそうになると、そうなっちゃうんだぁ・・・ねぇ、一つお願いしてもいい?」

潤んだ目で訴えかけられる。

彼女は俺が動きやすいように少し腰を浮かせたままにする。

「としあき・・・私が『いっせーの、せ』って言ったら、思いっきり突きまくってくれない?私そうやってイカされるの好きなの、お願い・・・」

俺は「わかった」と頷き、彼女の合図を待つ。

「いっせーの・・・、せっ」

耳元で彼女が囁いた瞬間、俺は彼女の腰を掴み、そこへ思いっきり何度も腰を打ち付けた。

「んはぁあっ・・・!!」

一際大きな喘ぎ声を上げ、身体を弓なりに反らせる彼女。

唾液が飛んで顔にかかる。

ビクビクと身体を痙攣させているが、逃げられないようにしっかり支え、お構いなしに突きまくる。

しばらくすると彼女は、だらんと身体の力を抜いて俺の前に倒れこんできた。

「ちょ・・・ちょっと待って・・・イッたから・・・待って・・・」

彼女の胸に溜まった汗が俺のそれと混ざる。

ひんやりして気持ちいい。

顔を真っ赤にして、肩で大きく息をする彼女。

俺もかなり息が上がっている。

二人繋がったまま少し休憩。

彼女はその姿勢のまま枕元に手を伸ばして、何やら携帯電話を取ってきた。

(え、まさか・・・)と思った。

「これからすること引かないでね?一応、そういう決まりだから・・・」

もうどんなに異常なことが起ころうと動揺なんかしない・・・と思っていた。

が、さすがにこれにはビビッた。

彼女は携帯を操作し、耳にそれを当てる。

俺はドキドキしながら見守る。

案の定だった。

「××様・・・今、私ホテルにいます・・・」

彼氏だ。

「先ほど、オチンポで一度イカせて頂きました・・・はい、そうです。今も繋がったまま・・・です。はい、その前にフェラチオも・・・えっと・・・言わなきゃダメ・・・ですか・・・?」

受話器から、少しだけ男の声が漏れてくる。

が、何を言っているのか判断できない。

彼女は俺を一瞥して、片手を顔の前に立てて『ごめんね』と合図をした。

「私の、口マンコを使って・・・、いやらしい音を立てて・・・、元クラスメイトの男の子のチンポから・・・大好きな精液を・・・搾り取りました・・・」

俺はガツンと胸にショックを受けた。

「いえっ、全部飲みました。舌でちゃんと味わって、かき混ぜて・・・。はい、ありがとうございます。今度はオマンコを・・・いっぱい使ってもらいます・・・」

キュウ・・・と、彼女の締りが強くなった気がした。

「ええ・・・そうです。××様・・・。私は、チンポが何よりも大好きで、誰にでも股を開く・・・淫乱なマンコ女です・・・」

俺は魂が抜けたようにポカンとしてしまって、その後に起きた事にすぐ対応しきれなかった。

「××様・・・今からまた、して頂きます・・・ね・・・」

そう言って彼女は身体を回転させ、繋がったまま俺に背中を向けた。

「本当にごめんね、精一杯気持ちよくするから、バックから突いて」

彼女は受話器を離して俺に囁く。

言われるがまま起き上がって彼女を四つん這いにさせる俺。

彼女も尻を突き出してそれに応える。

彼女は痩せてはいるが尻は大きめで、そのギャップからかバックになるとその眺めはとてもエロい。

ムラムラと劣情が湧き上がってきてたまらなくなり、俺は尻肉を鷲掴み、最初から全力で腰を打ちつけた。

「んああっ!んんっ!・・・んはぁっ、来てますっ!今、オチンポがっ、ああっ!私の・・・」

俺が彼女をどんなに感じさせても、彼女の嬌声は別の男の元に届けられる。

底なしの虚しさを感じる一方、この状況にとても興奮している自分にも気付く。

「奥ですっ!オマンコの奥に・・・突かれるたびに、くふぅんっ!オチンポの先が当たって・・・!この人っ、オチンポ長いからぁ・・・!気持ちいいっ、オマンコっ、いっぱいイカされちゃうっ!」

(・・・“この人”か・・・)

彼女と彼の中じゃ、俺はセックスの道具になってくれる一人のオスでしかないんだな・・・。

ギュウギュウに締まる彼女の肉穴の快感と、茫漠とした虚しさが交互にやってくる。

どっちも強烈だった。

「はいっ、イキます・・・!公衆オマンコの中で射精してもらいますっ!私は身も心も・・・っ!××様のご命令にっ、どんなエッチなご命令でも従うっ、んあっ!肉奴隷ですっ!はあっ、あっ、としあき、イッて!出してぇ!」

急に名前を呼ばれたのでびっくりした。

同時に、気のせいか彼女のマンコの締まり方が変わる。

入れるタイミングと抜くタイミングで、的確に搾り取るように入り口を締めてくるのだ。

驚いた・・・、調教次第でこんな風になるなんて・・・。

こんなに気持ちいい穴の中にチンコを出し入れしていて、イクなと言われる方が無理がある。

「イッて!イッて!としあきっ・・・!」

ご命令どおりに。

「んはぁああっあああああああああああ・・・っ!!」

睾丸の中が空っぽになるんじゃないかってくらいの長い射精を、俺は彼女の一番奥に叩きつけた。

『後でもっとスゴいのぶち込んでやるからな』と、彼女の携帯から男の声が聞こえる。

「嬉しいです・・・」

彼女は身体を震わせながら受話器に囁いた。

「それでは、明日伺います・・・」と彼女は電話を切った。

一通り行為が終わって、俺も彼女も汗ダラダラのままシャワーへ向かった。

「ごめんね・・・」

空の浴槽の中に座り込んで静かに謝る彼女。

俺は素朴に浮かんだ疑問を彼女にぶつけてみる。

「俺で何人目なの?」

ワンテンポ置いて返答が来た。

「ごめん、6人目くらい」

うおお、ギリリリリリリ・・・。

「でもこうやって誘ってもさ、断られることもあるんだろ?成功率は?」

「100%だよ、断られたことないもん。男の人って素直だよね」

ああ・・・。

もうこんなことをした後じゃどうやっても、俺は彼女にとっての特別な人にはなれないんだろうな、と思った。

その後俺たちは眠り、朝方に起きて、もう一回セックスをした。

彼女は、「彼には秘密でするんだからね?」と念を押し、少しだけ生のマンコに入れさせてくれた。

しかし、わずか3往復ほどで射精感を感じるほど、中の具合は凄まじいものだった。

肉ひだが亀頭をすっぽりと掴んで、ドロドロに舐められるような感じ。

あまりの良さに思わず唾液が垂れる。

胸に落ちたその唾液を舐め取りつつ、「じゃ、おしまーい」と彼女は笑った。

昼過ぎにそれぞれ帰宅。

それから何日かは後悔と嫉妬と自問自答とその他色々で、マジに胃が痛くなった。

彼女から呼び出しを受けることは、その後も何度かあった。

「こういうことすると、勝手に悩んで私と距離を置いちゃう人って多いんだよね。でもその分、としあきはプレイだって割り切って考えてくれてるみたいだから嬉しいよ」

(誰も割り切ってねーっつーの)

そして回を重ねるごとに、彼氏が指示をしているのか、アブノーマルな行為もするようになった。

アナルやちょっとした露出・・・玩具も彼女が色々と持ってきた。

俺がありつけた新しい行為はどれも、すでに彼氏によって開発済みのものだった。

だが、俺と彼女の関係は1年前にぷっつりと途切れる。

どうやら彼氏と別れたらしい。

こちらから連絡してみても、一向に返事はない。

(彼と別れたからって、俺の存在まで忘却の彼方かよ・・・)と、結構なショックを受ける。

そんなこんなで一年経つ。

が、一昨日、その彼女から本当に久しぶりに電話が来た。

憤りよりも再会の嬉しさが勝り、ついつい長電話してしまう。

すると彼女の方から、「近々会わない?」とのお誘い。

前があんなだったから、そりゃ警戒して行かなくちゃいけないんだろうけど・・・。

なんだかもう、今からでも勃起が収まらない。

会うのは来週だっていうのに。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
「これからあんたの奥さんのオマンコの中にピューッって出すのよ。あなたそれ見ると興奮するでしょう。マゾだものね。」
2018/02/28 11:31
2018/02/28 11:31
優香と結婚する事がきまった時から始まった。 私は再婚のため慎重にしており、優香とは婚前交渉はまったくありませんでした。 それだけ優香はいい女だったからでもあります。 この女と結婚したい ・・・・ 優香と結婚して一緒に暮らしたい一心でやっと結婚の約束まで漕ぎ着けた。 そして・・・・ 初夜がやってきました・・・・ 私は優香を抱ける喜びで手が振るえました。 優香が浴室から出てくると、優香に抱きつき、男としての幸せを噛み締めながら優香に頬ずりをしながら、身体を触りはじめました。 そして、ベットへ入ると優香も私の愚息を触りました。 しかし、あまりの喜びと興奮で、不覚にも、私は優香が触っただけで ピューッ…
イケテルヤンママと生ハメ中出しセックス【人妻体験談】
2016/12/30 20:10
2016/12/30 20:10
サラリーマンである俺が、外回り営業の際に公園でサボっていると、24歳というイケテルヤンママあけみが1歳児を連れて遊びに来た。
隣のベンチに座り込んだ為、ちょっくらナンパ。

「お子さんかわいいですね~」
『ありがとうございます』
と世間話がはじまる。
しばらくして、ベンチを移動して隣に座る。

「こんなかわいいお子さんだと旦那もイケメンなんでしょ?」
『イケメンすぎて、女遊びが激しくて困ってるんです」
「そっか、じゃああけみちゃんもしちゃえば?」
『なかなか相手がいないよ~』
「そんなにかわいいなら、やりたいオーラ出せばいけるよ」
『こんなかんじ』
とイキナリVネックの胸元を下げ、ブラ全開!!…
授業をさぼって露出
2016/02/10 09:01
2016/02/10 09:01
授業をサボって露出しました。あの日ってことにして体育の授業をサボった私は、保健室に行くふりをして教室に行きました。そして、教室で着ているものを全部脱いで、すっぽんぽんになりました。 脱いだ服は自分のロッカーに入れて、南京錠で扉をロックしました。これで、私は前以って特別棟の屋上に置いて来た制服を回収しないと、着る衣服がありません。教室の時計を見ると、授業が終わるまでの残り時間は40分でした。私の教室である2−Cから特別棟の屋上に行くには、2−Aと2−Bの教室の前を通って階段を下りて2階に行き、1−Aから1−Dの前を通って渡り廊下へ行きます。そして、渡り廊下を渡って特別棟へ行き、階段を上って行かな…
【人妻体験談】進化
2017/07/03 15:15
2017/07/03 15:15
主人と別居して1年が過ぎました、離婚は私も主人も良い出せないままです。 私は36歳子供は私に原因があって授かれません。 子供が居たらこのようにはならなかったと思います。 看護士ですから収入は主人よりも多くこれも主人にプレッシャーがあったのでしょう。 22歳で主人と知り合い1ヵ月後に初体験をしました。 SEXに興味はあったのですが抑制力も強く、お付き合いした方も居ましたが、いざその時には拒んでしまってました。 主人が私の部屋に遊びに来た時、初めて部屋に入れた男性も主人だったのですが、何度か来ましたがその様な雰囲気にはならなかったので、その日も安心して部屋に入れたのですが夜勤明けでパジャマ…
学校の帰りに制服のまま集団中出しレイプされた女子高生
2016/01/12 22:00
2016/01/12 22:00
去年の10月に学校の先輩に犯されてしまったときのエッチ体験談です。。 学校が終わって帰ろうとしてた所に3年の先輩が声をかけてきたんです。私はしゃべったことも無くて何だろって感じでした。 話しがあるからちょっと来て欲しいってマジメな顔して言われたから断れずに先輩に付いていきました。 ずうずうしいけど告白かなぁなんて思っちゃったんです・・・そして視聴覚室に入ろうとしたら既に教室の中に2人の先輩達がいました。 え?って思った時には私を連れてきた先輩が取り押さえてきて教室の中に引きずり込まれました。 他の先輩がドアのカギをしめてカーテンをしてました。必死に抵抗してもかないません・・・。 …
元CAで美人の母親が知り合いの不良たちにレイプされた…【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/24 17:42
2017/09/24 17:42
2015/10/25 (Sun)僕は、大学1年生です。 ちょうど2年前、高2の時に母が犯されるのを見てしまいました。 母は、真由美その時41歳です。 元スチュワーデスで僕が言うのも変ですが松坂慶子に似ていて美人です。 父は、海外赴任をしています。 当時僕は、学校の不良たちからいじめを毎日のように遭っていました。 ある日、母と買い物の途中、2つ上の不良のリーダー弘樹に会ってしまいました。 弘樹は、母に丁寧に挨拶をすると僕に「困ったことがあったら電話して来いよ」と 携帯の電話番号を書いた紙を渡しました。 母は、僕がいじめに遭っているのを知っていたので、弘樹のことをいろいろと聞い…
部長の若い奥さんに口説かれて
2017/07/19 20:19
2017/07/19 20:19
俺はこの会社に入社して、この4月でもう10年目を迎えた。 社内で鳴かず飛ばずで32歳。 同期は出世して主任とか係長とか、結婚して家族ができているやつらもいっぱい。 結婚式に呼ばれるばかりで、回収できるのはいつのことやら・・・。 今いる部署には、もう5年もいる。 普通は2~3年で部署が変わり、その度に役職が上がっていくことが多い中、5年も一緒の部署にいる俺。 俺の上司である部長ともかれこれ3年の付き合いで、4月から4年目。 実はこの部長がまた厄介で、超細かくて、重箱の隅を突くタイプ。 必然的に残業も多く、夜もろくに遊べないのである。 特に俺に対しては、『独身だし暇だろ』的な扱い…
【女子高生のフェラチオ】可愛い先輩に学校で2回抜いてもらった
2016/10/07 16:00
2016/10/07 16:00
高校の時の話。生物部で後期の各班の研究テーマを話し合った時、僕のグループは『細胞の運動』というテーマになり、2人ずつペアを組んでいろんな細胞の運動の仕方を調べる事になりました。 僕は2年の副部長(凄い美人)とペアになって、鞭毛運動について調べる事になりました。 でも、鞭毛運動をする細胞なんてそんなに種類がないので、すぐに研究が行き詰まってしまいました。 このままでは冬休み前にする中間発表に間に合わず困っていると、先輩が「ヒトの鞭毛運動を調べよう」と言い出しました。 僕が「ヒトの細胞に鞭毛運動している細胞なんてあるんですか?」と聞くと、先輩は真っ赤な顔をしてしばらく困ったような顔をして…
彼女の母親とずっと前から秘密の関係
2017/04/23 17:00
2017/04/23 17:00
現在大学生です。幼馴染の高校生の彼女がいます。
大学の授業が早く終わる日は、彼女の家で落ち合って、それからデートしています。
彼女とは学童時代からの付き合いで、お互いの家族も行き来してほとんど家同士の付き合い。彼女も自分もそしてお互いの家族同士も、将来自分たちが結婚することはほぼ既定路線でした。

彼女が僕の部屋に来るのもその逆も、勝手知ったる他人の家で、自分の家のように出入りしています。

もちろん、彼女とは彼女が高校生になった時に処女を頂きました。
エッチも、双方の家で普通にやってます。
家の中で繋がっている時に、親に見られたことも一度や二度ではない。
風呂も一緒に入ってい…
【熟女体験談】中卒のヤンキーママから性生活の不満を聞かされ、その夜に身体の関係になった
2017/09/23 00:02
2017/09/23 00:02
2017/09/23 (Sat) 職場恋愛をした事がある

相手は三十路の人妻

いわゆる不倫というやつ。

名前はナツコ。

中卒のヤンキー上がりなヤンキーママだが
人なつっこくマジメに仕事はする

顔は中の上くらい

少し仲良くなってきたところで、
いわゆる「性生活の不満」という愚痴を聞かされた

軽そうなので、ヤレそうだなと思い、
食事に誘うとホイホイ着いてきた。

当然その夜には人妻と身体の関係になった

一緒にシャワー

オッパイは小振りながら張りがあるお椀型

相当チンポに飢えてたみたいで、
シャワー後はむしゃぶりついてきた

これがまたメッチャ上手い

さすが三十…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】切ない両親のセックスを目撃し、泣いてしまった息子

・【熟女体験談】農家に婿に入り、老婆な義母とほぼ毎日SEX

・スイミングクラブの夜

・修羅場にならなかった悪戯

・小6少女に受けた屈辱の欲望~約束のアイドル~

・お互いの息子を交換して性処理

・【初体験】3人の処女との体験を語る[前編]

・【人妻体験談】念願のマイホームを新築し、隣の綺麗な奥様を盗撮していたら誘惑された

・セフレに頼まれて中出し放置プレイ

・単身赴任の夫を裏切り続けています

・人妻社員京子とのエッチ?

・【オナニー】「生で触ってみたい」と妹に頼まれて

・かなり昔の話だけど全裸の女を拾った事が有る。

・私の全てをさらけ出した

・マンションで朝から夜まで 最後の営み

・【熟女体験談】昭和時代にノーパン着物姿の母が中年のおじさんにスカートの中を覗かれた

・姉のPC修理してたら元彼とのメール発見ww

・【人妻体験談】金切り声を上げ続ける母にイラつき、罵倒しながらレイプする鬼畜な社長

・家族でクリスマスを楽しんでいると後輩が訪れて来た

・義弟に強いピストンを促すいけない私

・【Hな体験】大雪の夜に成り行きで相部屋になった美人OLと

・ようこそ川越達也のレストランへ

・「平均13センチ」という都市伝説

・妻と他人のセックスまで持ち込むのは難しいですね・・・

・出会い系の人妻女性で苦手意識を克服

・【人妻体験談】引っ越した先で出会った夫婦にスワッピングをしないかと誘われた

・【熟女体験談】中途採用のツンデレな女課長をラブホでハメたら、ポルチオ性感に目覚めてハメ潮を吹きだすようになった

・泊まり宿の無い女の子達との交流

・【不倫】甲子園のマドンナと10年越しの中出しセックス

・AVコーナー