寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

寝取られ癖を持つ彼氏に調教された女友達[後編]

2017/08/02 14:19


「それじゃ、入れるよ・・・?入れちゃうよ?」

彼女は俺をベッドに寝かせ、騎乗位の姿勢になって俺のチンコをゆっくりとマンコで飲み込んでいく。

ゴムの中の空気がミチミチと音を立て、彼女が小さく、「んん・・・っ」と声をこぼす。

(騎乗位好きな男が多いってことも、その身体で知り尽くしているんだろうなぁ)と、俺はぼんやりと邪推。

上になった彼女と舌で唾液を交換し合いながら、彼女がゆっくりと腰を動かしていく。

「としあきのって長いね・・・奥まで入りきらないよ・・・」

彼女はそう言って、額に汗を滲ませながら苦笑いする。

目が合ったのでもう一度ディープキス。

首を上げると結合部分が丸見えになっている。

確かにキツそうだ。

そのままおっぱいを揉んだり、彼女の動きに合わせて俺も腰を動かしたりしていると、だんだんと彼女の喘ぎ声が大きくなってきて、同時にマンコの具合もちょっと変わってくる。

「なんだか、中がすごくトロトロになってきたよ」

「私ね、イキそうになると、そうなっちゃうんだぁ・・・ねぇ、一つお願いしてもいい?」

潤んだ目で訴えかけられる。

彼女は俺が動きやすいように少し腰を浮かせたままにする。

「としあき・・・私が『いっせーの、せ』って言ったら、思いっきり突きまくってくれない?私そうやってイカされるの好きなの、お願い・・・」

俺は「わかった」と頷き、彼女の合図を待つ。

「いっせーの・・・、せっ」

耳元で彼女が囁いた瞬間、俺は彼女の腰を掴み、そこへ思いっきり何度も腰を打ち付けた。

「んはぁあっ・・・!!」

一際大きな喘ぎ声を上げ、身体を弓なりに反らせる彼女。

唾液が飛んで顔にかかる。

ビクビクと身体を痙攣させているが、逃げられないようにしっかり支え、お構いなしに突きまくる。

しばらくすると彼女は、だらんと身体の力を抜いて俺の前に倒れこんできた。

「ちょ・・・ちょっと待って・・・イッたから・・・待って・・・」

彼女の胸に溜まった汗が俺のそれと混ざる。

ひんやりして気持ちいい。

顔を真っ赤にして、肩で大きく息をする彼女。

俺もかなり息が上がっている。

二人繋がったまま少し休憩。

彼女はその姿勢のまま枕元に手を伸ばして、何やら携帯電話を取ってきた。

(え、まさか・・・)と思った。

「これからすること引かないでね?一応、そういう決まりだから・・・」

もうどんなに異常なことが起ころうと動揺なんかしない・・・と思っていた。

が、さすがにこれにはビビッた。

彼女は携帯を操作し、耳にそれを当てる。

俺はドキドキしながら見守る。

案の定だった。

「××様・・・今、私ホテルにいます・・・」

彼氏だ。

「先ほど、オチンポで一度イカせて頂きました・・・はい、そうです。今も繋がったまま・・・です。はい、その前にフェラチオも・・・えっと・・・言わなきゃダメ・・・ですか・・・?」

受話器から、少しだけ男の声が漏れてくる。

が、何を言っているのか判断できない。

彼女は俺を一瞥して、片手を顔の前に立てて『ごめんね』と合図をした。

「私の、口マンコを使って・・・、いやらしい音を立てて・・・、元クラスメイトの男の子のチンポから・・・大好きな精液を・・・搾り取りました・・・」

俺はガツンと胸にショックを受けた。

「いえっ、全部飲みました。舌でちゃんと味わって、かき混ぜて・・・。はい、ありがとうございます。今度はオマンコを・・・いっぱい使ってもらいます・・・」

キュウ・・・と、彼女の締りが強くなった気がした。

「ええ・・・そうです。××様・・・。私は、チンポが何よりも大好きで、誰にでも股を開く・・・淫乱なマンコ女です・・・」

俺は魂が抜けたようにポカンとしてしまって、その後に起きた事にすぐ対応しきれなかった。

「××様・・・今からまた、して頂きます・・・ね・・・」

そう言って彼女は身体を回転させ、繋がったまま俺に背中を向けた。

「本当にごめんね、精一杯気持ちよくするから、バックから突いて」

彼女は受話器を離して俺に囁く。

言われるがまま起き上がって彼女を四つん這いにさせる俺。

彼女も尻を突き出してそれに応える。

彼女は痩せてはいるが尻は大きめで、そのギャップからかバックになるとその眺めはとてもエロい。

ムラムラと劣情が湧き上がってきてたまらなくなり、俺は尻肉を鷲掴み、最初から全力で腰を打ちつけた。

「んああっ!んんっ!・・・んはぁっ、来てますっ!今、オチンポがっ、ああっ!私の・・・」

俺が彼女をどんなに感じさせても、彼女の嬌声は別の男の元に届けられる。

底なしの虚しさを感じる一方、この状況にとても興奮している自分にも気付く。

「奥ですっ!オマンコの奥に・・・突かれるたびに、くふぅんっ!オチンポの先が当たって・・・!この人っ、オチンポ長いからぁ・・・!気持ちいいっ、オマンコっ、いっぱいイカされちゃうっ!」

(・・・“この人”か・・・)

彼女と彼の中じゃ、俺はセックスの道具になってくれる一人のオスでしかないんだな・・・。

ギュウギュウに締まる彼女の肉穴の快感と、茫漠とした虚しさが交互にやってくる。

どっちも強烈だった。

「はいっ、イキます・・・!公衆オマンコの中で射精してもらいますっ!私は身も心も・・・っ!××様のご命令にっ、どんなエッチなご命令でも従うっ、んあっ!肉奴隷ですっ!はあっ、あっ、としあき、イッて!出してぇ!」

急に名前を呼ばれたのでびっくりした。

同時に、気のせいか彼女のマンコの締まり方が変わる。

入れるタイミングと抜くタイミングで、的確に搾り取るように入り口を締めてくるのだ。

驚いた・・・、調教次第でこんな風になるなんて・・・。

こんなに気持ちいい穴の中にチンコを出し入れしていて、イクなと言われる方が無理がある。

「イッて!イッて!としあきっ・・・!」

ご命令どおりに。

「んはぁああっあああああああああああ・・・っ!!」

睾丸の中が空っぽになるんじゃないかってくらいの長い射精を、俺は彼女の一番奥に叩きつけた。

『後でもっとスゴいのぶち込んでやるからな』と、彼女の携帯から男の声が聞こえる。

「嬉しいです・・・」

彼女は身体を震わせながら受話器に囁いた。

「それでは、明日伺います・・・」と彼女は電話を切った。

一通り行為が終わって、俺も彼女も汗ダラダラのままシャワーへ向かった。

「ごめんね・・・」

空の浴槽の中に座り込んで静かに謝る彼女。

俺は素朴に浮かんだ疑問を彼女にぶつけてみる。

「俺で何人目なの?」

ワンテンポ置いて返答が来た。

「ごめん、6人目くらい」

うおお、ギリリリリリリ・・・。

「でもこうやって誘ってもさ、断られることもあるんだろ?成功率は?」

「100%だよ、断られたことないもん。男の人って素直だよね」

ああ・・・。

もうこんなことをした後じゃどうやっても、俺は彼女にとっての特別な人にはなれないんだろうな、と思った。

その後俺たちは眠り、朝方に起きて、もう一回セックスをした。

彼女は、「彼には秘密でするんだからね?」と念を押し、少しだけ生のマンコに入れさせてくれた。

しかし、わずか3往復ほどで射精感を感じるほど、中の具合は凄まじいものだった。

肉ひだが亀頭をすっぽりと掴んで、ドロドロに舐められるような感じ。

あまりの良さに思わず唾液が垂れる。

胸に落ちたその唾液を舐め取りつつ、「じゃ、おしまーい」と彼女は笑った。

昼過ぎにそれぞれ帰宅。

それから何日かは後悔と嫉妬と自問自答とその他色々で、マジに胃が痛くなった。

彼女から呼び出しを受けることは、その後も何度かあった。

「こういうことすると、勝手に悩んで私と距離を置いちゃう人って多いんだよね。でもその分、としあきはプレイだって割り切って考えてくれてるみたいだから嬉しいよ」

(誰も割り切ってねーっつーの)

そして回を重ねるごとに、彼氏が指示をしているのか、アブノーマルな行為もするようになった。

アナルやちょっとした露出・・・玩具も彼女が色々と持ってきた。

俺がありつけた新しい行為はどれも、すでに彼氏によって開発済みのものだった。

だが、俺と彼女の関係は1年前にぷっつりと途切れる。

どうやら彼氏と別れたらしい。

こちらから連絡してみても、一向に返事はない。

(彼と別れたからって、俺の存在まで忘却の彼方かよ・・・)と、結構なショックを受ける。

そんなこんなで一年経つ。

が、一昨日、その彼女から本当に久しぶりに電話が来た。

憤りよりも再会の嬉しさが勝り、ついつい長電話してしまう。

すると彼女の方から、「近々会わない?」とのお誘い。

前があんなだったから、そりゃ警戒して行かなくちゃいけないんだろうけど・・・。

なんだかもう、今からでも勃起が収まらない。

会うのは来週だっていうのに。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
同じラインで働く同僚2人に筆おろしされた体験談
2016/01/16 22:10
2016/01/16 22:10

僕が会社の同僚二人にお持ち帰りされた時の事を書きます。

二年前になります。

当時、僕は20歳。高卒で就職した工場でラインに付いて流れ作業をしていました。

モテた記憶も全くない20年間でした。

ラインの職場仲間でビアガーデンに行った時に、ラインの同僚二人にやたら飲まされました。

その二人も高卒で就職した同期でした。

一人は僕と同い年で、顔は平均的でしたが身体はナカナカのもので、もう一人は定時制の高卒でしたので歳は僕より一つ上で、入社当時から少し濃い系の化粧をしていて、エロいという印象が強く、お水系の顔も美人だと思います。


痩せていて胸は大きい方ではなく、小さくもない、ただセ…
★会社では紅一点の彼女
2017/08/27 12:09
2017/08/27 12:09
 今日は某車ディーラーに勤務する彼女の飲み会に迎えに行く予定でした。なんせ彼女は男達の中に紅一点なもんで心配が絶えませんでした。しかも今日は珍しく早い段階から、足元がふらふらする。とのこと。

 予定時間に迎えに行くと、宴会が終わったらしく、俺が店の前に待っていると、彼女は同僚2人に両肩を支えてもらい出てきました。

 同僚は俺の存在に気付き、手の位置を移動しましたが、明らかに背中から回した手が胸の上にありました。俺はちょっとムカつきましたが、世話になった手前、お礼を言い、立ち去りました。

 車内で彼女に、おまえ胸触られてなかった?と言うと、触られてたかな?わかんないや…と今にも眠りそう…
【義家族との体験】義母の体
2015/10/05 07:58
2015/10/05 07:58
妻を25で生んだ義母は現在51歳、夏の季節、家族の一員である俺は、横側 からはそのたっぷりと肉を付けた3段腹と同じくらい膨らんでいる胸を、寝転 がっては短パンからのぞく太い足の付け根の隙間から見えるベージュ地味パン を毎週の様にみては、夜のおかずにしていた。ある日、妻と子供、義母が買い 物に出かけて義母の家で留守番していた時、洗面所で手を洗っていると、洗濯 機のフタが開いていたのでふと見ると、いつも足の付け根からかすかに見える ベージュのパンツの端切れが見えていた。タオルにくるんでいたようだが、洗 濯機に投げ入れた時に偶然見えていたらしい。そっとくるまれたタオルを開いてみると、義母の秘部を…
貞操観念がボロボロなのか、素人の熟女や人妻の援交が最近多いねwwwww
2016/09/26 14:02
2016/09/26 14:02
出会い系サイト使うとかなりいるんだよ

熟女フェチの自分にとってありがだく、

ある熟女と援交した

「明日、援で会える? バツイチですが、2なら。助けて下さい。足利在住」

条件が合い、ドライブ兼ねて出かけてみた。

足利駅待ち合わせ am11時。駅近くの駐車場に

車を止め駅に向かい、改札口あたりで待った。

予め聞いてた服装の人が改札口を出て、

電話をかける仕草を察した。

「いま改札口近くに着きました。もう着いてますか?

左手にチャのバッグ持ってます」

電話しながら傍に寄り

「百合さんですか?」

「はい」

と恥ずかしそうに頷いた。


「車は駐…
【痴漢・レイプ】女教師レイプ強姦体験:放課後の体育倉庫で
2016/06/20 03:59
2016/06/20 03:59
以前、さる高校で体操部の顧問をしていた時のことだ。 学生の頃、それなりに男性とつきあったこともあるが、何しろこの不況下に教員試験に通るのは大変なことなので、勉強ばかりしていた。 おかげで、あこがれの教師になることができたが、どちらかというと私はまじめな目立たない地味な女で、校内でもおしゃれなどはとくにせず、いつもやぼったいジャージ姿で通しているような、そんな女だった。 それでも、体育の指導のときなどは、年頃の男子生徒達の視線を感じることもあった。  担任しているクラスにMという生徒がいた。 Mもまた、地味な生徒で、勉強もスポーツもそこそこできるものの、特に目立つこともない、気の弱い少年だった…
性感マッサージを妹に試して
2017/02/13 05:19
2017/02/13 05:19
私は、25歳の社会人です。 ある日雑誌の性感マッサージの特集を読み、どうしても試したくなりました。 そこで女子大生で21歳の妹の彩に試すことにしました。 彩は身長こそは低いですが、形のよい胸、くびれた腰、むっちりと充実したお尻、かもしかのような脚、スタイル抜群でした。 彩が女子高生の頃から、いつかセックスしたいと考えていました。 彩の部屋に行くと、彩はパジャマ姿でうつ伏せ状態で本を読んでました。 私は、まず彩の肩を揉みました。 「肩凝っているの、気持ちいい」と喜んでいました。 私は背中から責めることにしました。 まず背骨の周りを押しました。 次に指の先で下から上でなで上げる…
私の初めてがお兄ちゃんでよかった♪【エッチ体験談】
2017/12/30 13:47
2017/12/30 13:47
私の好きな○お兄ちゃんにいつも勉強見てもらったり遊んでもらってました。でもわたしも大学生になったのでその関係が少しずつくずれていくようになりました。 私はある火曜日にお兄ちゃんに連絡して家に遊びに行くことにしました。(お兄ちゃんと言っても2つ上のご近所の昔からお世話になってる人のことです。)兄「はれて大学生やな」 私「お兄ちゃんの大学と一緒なんだよー。」 兄「そうやな。学校であったらよろしくな。」 私「?学校だけ?」 兄「だってお前もそろそろ彼氏とか作るだろ?そんなに可愛いいんだから。まず高校のときに付き合ってないこと事態がおかしいぞ。」 私「(しょうが…
【複数・乱交】爆乳の彼女を会社の男達に寝取られた 続13編【体験談】
2016/06/30 22:58
2016/06/30 22:58
前編は以下のとおり 彼女が泣きそうな声で、あっ、すごい、あっすごい、 と独り言のように悶え腰をムズムズさせました Kが、すごいだろ?そうだろ? と彼女に言い聞かせながら穴のすぐ下にディルドを押し当て 彼女の頭をさらにつかんで様子をのぞきこませました そんな中、チ○ポを抜いた男が満足そうに溜息を漏らして 根元を絞りました チ○ポの中に残っていた、半分かたまりになったザーメンが どろっ、どろっ、と絞り出され、 スロー再生のように、 穴の中にゆっくり糸を引いて垂れていきました その途端、彼女がものすごく興奮した声で、 あっ、あっすごい、あっ、と悶え声…
始発電車で寝ている女子高生にイタズラしたら感じてきたので・・・
2017/12/20 00:19
2017/12/20 00:19
始発電車で寝ている女子高生にイタズラしたら感じてきたので・・・エッチ体験談。 日曜の朝、始発の電車に乗り込むと車内はガラガラ。 車両の一番端のボックス席に制服姿の女子高生が1人で寝ていた。 ・・・・・かわいい・・・・。 よく寝ていたので隣に置いてあるバッグを拝見。 Tシャツ、タオル、おぉブラジャーにパンツ等等。 察するところ運動部で今日は学校で練習か。 バッグを隣の車両に隠してきてまた戻る。 女子高生はまだよく寝る。 ・・・チャンス!10コスプレと14400秒あげる 遠藤ななみ隣に座ってスカートをめくった。 白いパンツが見えた。 おおお、女子高生の白いパンツ。 股間がモッコリしてるぞぉ。 ・・…
電車で触りたい放題の女子に遭遇
2017/05/16 05:16
2017/05/16 05:16
828 :えっちな18禁さん:2010/10/03(日) 00:12:35 先日JRに乗ったとき寝てる女探してたら、ちょうど練習帰りっぽいコを発見。 隣の席が空いてたので、すかさず確保 腰を通路側に突き出す感じで寝てたので体勢を変えるふりをして少しずつ密着 肘を股関節あたりに当ててみても反応なし、足でふくらはぎをかなりぐいぐい押しても 全く反応なし これは完全に寝てると確信し、本格的に触ろうと思ったんだが 運悪くそこは進行方向に近い座席、斜め前に向かい合う席があってそこに一人の男が・・・ そいつが寝てくれるか降りてくれるのを待ってたんだが寝る気配も降りる気配も全くなし …
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【女×女】お隣の奥様に覗かれてレズに目覚めた私[後編]

・【人妻体験談】人妻専門サイトに参加し、近所の綺麗な人妻を見つけSEXを楽しんだのだが・・・

・ストレス発散したくて出会い系に登録

・【女×女】お隣の奥様に覗かれてレズに目覚めた私[前編]

・#妻を友人に撮影させているうちに、スワッピングへの扉が開いた

・【不倫】巨根に溺れた生保レディ

・妻の秘密を発見!

・【熟女体験談】大きくてきれいなおっぱいを持つ親戚のおばさんに手コキをされ初めての射精、からの中出し体験

・【人妻体験談】素人専門の出会いコミュニティで童貞を捧げた同級生と再会し、セフレとなった

・義弟の股間から見えた太いものに

・セフレをスワップしてみた

・【レイプ】管理人のおじさんの性奴隷にさせられました

・私の全裸をサイトに投稿するバカ主人

・双子の甥達と

・妻も何度も何度もイされ疲れ果てて・・・

・【人妻体験談】旦那が単身赴任中に隣の変態夫婦に中出しレイプされてしまった

・【熟女体験談】嫌がる友人の奥さんとエロ動画撮影会

・【羞恥】俺のイキ顔を見ながら抜いてくれた陸上部の貧乳先輩

・偶然見かけた人を思い出してドキドキ

・妻の母と淫靡な毎日

・【熟女体験談】簡単にヤラせてくれるエロい人妻に誘われ、バックで挿入し、中でイッてしまった

・口説かれて体を許すまでの道のりが好き

・エロいお姉さん②

・部長の奥さんと関係を持つことになった。

・エロいお姉さん(^^)①

・【Hな体験】30年ぶりに再会した元カノはバイブが恋人だった

・【不倫】40代の人妻を味わったら若い女とやれなくなった

・【乱交】北海道行きの寝台特急の中で2人の男と

・先週初のハプニングバー体験 興奮と後悔と驚愕!

・【人妻体験談】アナルにローターを入れられながら夫の父のチンポを咥えイチャイチャする妻