寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妻が初めての他人棒候補に童貞君を面接した3

2017/07/31 23:31


『うぅあぁっ! イ、イクっ! イクっ! イッちゃうぅっ! あなた、イッちゃうっ! ゴメンなさいぃっ!!』
私の顔を見つめながら、泣きそうな顔でイッてしまったまさみ。まさみは、タケル君の顔の上にまたがったまま、肩を大きく動かして荒い呼吸をしている。

タケル君は、口の周りをまさみの蜜でドロドロにしたまま、良い笑顔を見せている。

「イッたんですか? 気持ち良かったですか?」
タケル君は、本当に嬉しそうだ。それだけではなく、さっきまでのおどおどした感じも消えているように見える。女性をイカせることは、男にとっては自信に繋がる。タケル君も、自信を持ったのだと思う。
『イクわけないじゃない。童貞くんにイカされるなんて、あるわけないわよw』
まさみは、からかうように言う。
「え? で、でも、イクって……」
『イッちゃいそうだったって事よ。イッてはいないわよw でも、いいところまで行ってたわ。イカせたいなら、もっと頑張って♡』
「わかりました! じゃあ、続けます!」
タケル君は素直にそう言うと、まさみのあそこに口をつけて舐め始めた。

まさみは、イッてないと言った。でも、それはウソだと思う。さっきまさみは、私に謝りながらイクと叫んだ。足の指の動きや、太ももの力の入り具合から見ても、イカされてしまったのは間違いないと思う。私は、まさみがイカされたのを見て猛烈に興奮していた。

『そう、そこぉ、上手よ……あっ、あっ! 気持ちいいわよ♡』
まさみは、タケル君に顔面騎乗したままあえぎ出す。タケル君は、嬉しそうにまさみのあそこを舐め続けている。いくら若く見えるとはいえ、まさみは41歳だ。18歳の男の子が、そんなおばちゃんのあそこを嬉しそうに舐め続けているのは、とても不思議に思える。私が18の頃なんて、40歳の女性なんかはババァと思っていたと思う。あの頃よりも、今の40歳は若々しくて美しいと言うことなのかもしれないが、今の若い男性が、熟女好きになってきているということもあるのかな? と思った。

嬉しそうに舐め続けるタケル君は、顔面騎乗されたまま、まさみのあそこに指を入れようとする。でも、体勢が苦しく上手く入れることが出来ない。でも、親指なら入れられることに気がついたタケル君は、少し窮屈そうに親指を差し込んだ。
『んっ! くぅ、あぁぁ♡ そこぉ、もっとこすって! 気持ちいいわ、凄く……うぅぁっ! クリも舐めて、そう、あぁっ! あぁっ!! 気持ち良いぃっ! もっと指動かしてっ!』
まさみは、とろけた顔で指示を飛ばす。タケル君は、コンドームをつけたペニスをギンギンに勃起させたまま、まさみの指示通りにまさみを気持ち良くしていく。

『うぅあっ! イッちゃうぅっ! ダメぇ、出ちゃうぅっ! あぁっ!』
まさみは、足の指を大きく広げた状態で叫ぶ。もう、イク寸前という感じだ。でも、出ちゃうと叫んだ。どういう意味だろうと思う間もなく、まさみのあそこから飛沫が飛び散った。透明の液体を飛び散らせたまさみは、本当に気持ちよさそうな、うっとりした顔をしている。タケル君は、顔に潮をかけられても、イヤそうな感じはなく、それどころか笑みを浮かべているようにさえ見える。

『ゴメンね。潮吹いちゃったよw』
まさみは軽い感じで言ったが、顔が真っ赤になっている。相当恥ずかしいようだ。まさみは、私とのセックスでは潮を吹いたことなどない。かろうじて、ディルドを使ったセックスで少し吹く程度だ。こんな子供に負けた……。私は、そんな気持ちになってしまう。
「お、美味しいです。今度こそイッちゃいましたか?」
タケル君は、少しどや顔っぽい言い方をした。
『まだまだよ。なにどや顔してるの? そんな悪い子には、お仕置きね。ほら、あそこにお口つけてごらん』
まさみはうわずったような声で言うと、タケル君の顔にあそこを押し当てていく。タケル君は、まさみに言われたとおり、まさみのあそこに口をピタッとくっつけた。
『こぼしちゃダメよ』
まさみは、凄くうわずった声でそんなことを言う。

すると、まさみは少し下腹部に力を込めたような感じになる。すぐに、タケル君が大きく目を見開いて驚いた顔をする。でも、すぐに真顔になり、喉を鳴らしてまさみのあそこから出てくるものを飲み込み始めた。
『こぼしたらお仕置きだからね』
まさみは、声が震えている。興奮しすぎてそうなっているのか、羞恥でそうなっているのかはわからない。でも、タケル君は喉を鳴らしてどんどん飲み干していく。

まさみは、けっこう長い時間放尿を続ける。でも、タケル君は口をピッタリ押しつけたまま、一滴もこぼさずに飲み干していく。
私は、言葉もない。口の中におしっこをされて、それをこぼさずに飲み干していくタケル君。私は、さすがにやりすぎだと思った。でも、タケル君のペニスを見て考えを変えた。タケル君のペニスは、さっきよりもさらにガチガチに勃起しているようで、血管がビキビキになっていて怖いくらいだ。

タケル君は、こんな事をさせられて興奮している。M的な気質はあると思っていたが、ここまでとは思っていなかった。そして、まさみは出し切ったようで、やっとタケル君の顔からあそこを外した。

『ちゃんと飲めたね。偉いわよ。ご褒美あげるわ。何がいい?』
まさみは、すっかりと痴女のような感じになっている。
「キスして欲しいです!」
タケル君は、即答した。よっぽど、まさみとのファーストキスが嬉しかったようだ。私は、胸がドキドキしていた。またまさみがキスをしてしまう……。愛する妻が、他の男とキスをする……。私は、泣きそうな気持ちになっていた。でも、タケル君のものほどではないが、私のペニスも痛いくらいに勃起していた。

『そんなことでいいの? いいわよ。すぐしてあげる』
まさみはそう言うと、すぐにタケル君に抱きつき、唇を押し当ててキスを始めた。すぐに絡み合う二人の舌。タケル君も、夢中で嫁の口の中に舌を差し込んでいる。

さっきのまさみの一方的なキスではなく、恋人同士のように舌を絡ませる二人。タケル君のキスはぎこちないとは言え、情熱的で心がこもっている感じだ。
『上手よ。この辺りがキュンキュンしちゃうわ』
まさみは、下腹部当りを手でさすりながら言う。
「あの……。唾飲ませて下さい……」
タケル君は、そんなことを言う。恥ずかしそうな感じはまったくなく、堂々とそんなリクエストをするタケル君。まさみも、まったく戸惑うことなく、
『上向いてごらん。飲ませてあげる♡』
と言った。すると、すぐにタケル君は上を向いて口を開ける。まるで、エサを待つ鳥のヒナのようだ。

まさみは、その口の中めがけて唾液を垂らしていく。けっこう大量に、透明の塊がタケル君の口の中に飛び込んでいく。タケル君は、それを嬉しそうに飲み干す。

『ふふw 凄く濡れてるね。興奮しすぎじゃない?』
まさみは、タケル君の唾液を飲ませながら、その太すぎるペニスを指でもてあそび始めていた。タケル君のペニスは、血管ビキビキに勃起している上に、とめどなく溢れた先走り汁でテカテカに光っていた。

「も、もっと下さい」
タケル君は、荒い息遣いのままおねだりをする。
『変態♡』
まさみは嬉しそうにそう言うと、さらに唾液を垂らしていく。タケル君は本当に嬉しそうにそれを飲み干していく。

まさみは、タケル君のペニスをこするように撫でながら、乳首も指で触っている。タケル君は、女の子みたいに吐息を漏らして気持ちよさそうにしている。

その状態で、まさみはどんどん唾液を流し込んでく。そして、口の中がカラカラになってしまったのか、唾液が出なくなる。そのまままさみは、タケル君にキスをした。濃厚に舌を絡めるキスをする二人。まさみは、指で愛撫を続ける。

「も、もう我慢出来ないです。入れたい……です……」
あえぐように言うタケル君。ペニスは爆発しそうなほどいきり立っている。そこで私は気がついた。いつの間にコンドームを外したのだろう?そんな私の戸惑いに気がついたのか、
『キツそうだから、外しちゃった。どうしよう? 大きいサイズのコンドーム、買ってきてくれる?』
と、手に握っていた外したコンドームを見せながら言うまさみ。

私は、慌ててわかったと言った。そして、部屋を飛びだし、すぐに近所の薬局目指して自転車を走らせた。でも、こぎ始めてすぐに、あのまま生でしてしまうのではないか? そんな不安で胸が押しつぶされそうになった。私は、必死で自転車を漕ぐ。そして、5分もしないうちに近所の薬局に着いた。
私は、コンドーム売場に移動して棚を確認した。すると、確かに大きいサイズのコンドームが売っている。LやLL、スーパービッグと言うヤツもあった。私は、その中の一番大きなヤツを手に取る。そして、レジに向かった。レジには、パートのおばちゃんがいた。こういう時に限って、レジが女性……。でも、急いでいた私は、そのままレジに行く。そして、それをレジに置く。
パートのおばちゃんは、目で笑いかけてくる感じだった。私は、恥ずかしさで顔を赤くしながら会計を済ませると、慌てて自転車にまたがった。

息を切らせながらドアを開けると、奥の方でバタバタッと音がする。私は、イヤな予感で腋に汗を流しながら寝室に入ると、ベッドに並んで仰向けで寝ている二人がいた。
『お、お帰り。早かったね!』
「あ、ありがとうございます、すみません」
二人は、慌てているのが見え見えだった。そして、まさみは何とも言えない上気したような顔をしていた。さっき私が出かける前は、痴女と…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
義父に犯され、義父の愛犬にも
2017/06/20 19:19
2017/06/20 19:19
私(幸恵:45歳)は義父(68歳)に犯されました。 夫(45歳)は土建業で営業課長をしており、出張も多く休日も会社に出る事が多かったんです。 息子(22歳)は大学に進学と同時に家を出て1人暮らしをしています。 そんな訳で、家には義父と私の2人で過ごす事が多かったんです。 結婚当時は別に暮らしていた私達も、義母が病気で亡くなり、仕方なく一緒に暮らす事になりました。 一緒に暮らして数年が過ぎた頃から、義父が私を厭らしい視線で見ている事を知りました。 息子が大学に合格し、家を出ると義父は淋しさからか一匹の犬を飼い始めたんです。 名前はルイ。 雑種だと思いますが大型犬の血を引く雄犬です…
人妻を、夫に嫌悪感を抱かせるまでに夢中にさせた結果
2015/07/29 23:43
2015/07/29 23:43
明菜が離婚した。夫が求めてきた時に
「キモいから触らないで」
と言ったのが引き金になったようだ。
夫は妻の不貞を疑ったようだが明菜は
「あなたに触れられるだけで鳥肌が立つ。別れてくれ」
で押し通したようだ。






夫は初めは裁判でという思いもあったようだが世間体と自己のプライドを守るために泣く泣く判を捺したらしい。
そこまで明菜をのめり込ませた責任は私にある。

離婚したことを電話で報告してきた明菜を呼び出し、彼女の体を味わいながら今後のことを相談した。
私は明菜とは結婚できないことを告げ、愛人として迎える用意はあることを告げた。
明菜も結婚には拘ってないようだっ…
泥酔した元部下の女の子の中に大量射精したH体験談
2016/09/28 01:11
2016/09/28 01:11
結婚式に一緒に出席していた元部下の亜矢子とシテしまった。




亜矢子は3年前に結婚し昨年寿退社した元部下だ。




先日、直属の部下A子の結婚式に参加した。




俺の部署でA子が入社した時の指導係が亜矢子だったので彼女も招待されていて



式→披露宴→二次会って具合に参加していた。




俺は亜矢子に「時間 大丈夫か?」と聞くと



「今日は実家に泊まるので大丈夫!



その代わり帰りは送って下さいね」とその日は機嫌が良かった。

旦那はビールをコップに一杯でダウンするほどの下戸だ。




そんな日ごろの憂さを晴らすかの如く亜矢子は良く飲んでいた。

弁護士を目指してた処女の彼女にしていたエッチなことwww
2018/02/15 02:02
2018/02/15 02:02
4年前に付き合っていたKちゃんは弁護士を目指している女の子でした。

大学4年時に話に受けた司法試験で、

何と2次試験の択一に受かり、

本格的に司法の道を目指しだしたとの事でした。

付き合いだした当時、

俺が28歳で彼女は26歳、5度目の試験を終えた後でした。

彼女は真面目で頑張り屋でしたが、

ふとした時に「私、もしOLやってたら、今一番いい時期なのにな」と、

寂しそうな顔で呟いていたのを思い出します。

それでも「私、プチひきこもりだからw」と自嘲気味に笑いながら、

華奢な体で過酷な戦いに向け、

必死に勉強していたKちゃんを、

僕は心から応援し励まし、

そして尊敬も…
※僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです4(転載禁止)
2018/01/06 18:00
2018/01/06 18:00


僕は、来年には絵理奈と別れなけらばならないと思うと、どうしても現実感がわかない。絵理奈のことが大好きだし、絵理奈も僕との結婚を強く望んでくれていると思う。普通に考えれば、別れる理由なんてないはずだ。

僕は、どうしてあんな狂ったしきたりのある地元に生まれてしまったのだろう? 僕が地元に帰らなければ良いだけなのかもしれないが、地元に帰り、実家の仕事を兄とともに引き継いでいくという約束の下で東京に来ることができた。今さらそれを裏切るのも、人の道に反すると思う。

絵理奈との愛を貫くなら、駆け落ちしてでも……。そんな気持ちもわくが、最近どんどん強くなっていく、想像というか妄想みた…
学生時代に先輩が土産にくれた魔法の根っこ【エッチ体験談】
2016/04/30 15:10
2016/04/30 15:10

10年ほど前の話。あんまりエロくないかもしれませんが、聞いてください。

当時、大学生活真っ盛りだった私は、探検部に所属していました。といってもそれほどハードな部活動には参加しておらず、気のあう先輩、同期、後輩とわいわいやるために週に2、3度部室に寄り、2ヶ月に1回程度、探検部が借りている山小屋(?)にて行われる酒盛りに参加する程度でした。
位置づけ的には、へたれ部員です。

夏休みも終わりに近づいたある日の朝、田舎から高速バスで帰省してその足で研究室へ夏休み明けのゼミ発表のための資料を取りに行きました。その帰りに、なにげに部室に行くと仲の良かっ た先輩(農学部、ケチで有名だったが、同郷で…
【初体験】進学校のまじめな女子高生と
2018/04/27 06:00
2018/04/27 06:00
大学4年の時、まともに就活もせず、個人経営の店を任されてバイトしてた。たまたま夏休みで他のバイトも休みが多く、高2の子に残業してもらった。進学校のくそ真面目な奴で、閉店後、売上の集計が合わずかなり遅くなっても文句1つ言わずに手伝ってくれた。 「夏休みだし、親にも連絡したから平気です」 経営者は遠縁らしく、親も勘違いしたようだ。深夜に女子高生と2人きり。腹が減ったと言われ、行きつけの居酒屋に行った。 「私、外で飲むの初めて」 やばい、まだ未成年だった・・・。ほろ酔い気分で俺のアパートへ・。いきなり彼女はベッドへ横たわる。 (酔ってるな・・・) 俺は特別早く童貞を捨てる気も…
体の柔らかい巨乳女子とセックス
2017/05/18 20:46
2017/05/18 20:46
959 :えっちな18禁さん:2010/10/02(土) 10:26:07 4、5年位前、県外に大学時代の友人の結婚式に、行ったんだ。 前々回(第1回?)のWBCの頃だった。 仕事は連休が取りやすい夜勤の仕事で、5連休くらいだったかな?けど 披露宴当日は朝の7時まで夜勤。 疲れてたなあ。 普通に披露宴が終わって、予約してくれたホテルの部屋(何故かツイン)で 宿泊したんだけど、もう一人、宿泊者が・・・これで女が泊まってりゃ、それでいいんだけど、 新郎との共通の友人っていうか、新郎とは中・高・大と一緒。オレとは大学での友人。が 「オレも明日休みだから、ツインだったら泊まっていい?…
弟達に
2017/11/07 08:49
2017/11/07 08:49
虐待ではありませんが私が中2の時に悪戯された事を…私が中2で弟が小3でした。 五才も離れているせいか私は弟が凄く可愛いくて、ほぼ毎日、一緒に風呂に入り寝る時も一緒の布団でした。 そして夏休みに弟の友達BとBの兄Aが家に泊まりに来た時に悪戯されました。 その日は、お互いの親はPTAの旅行かなにかで父親が残る私の家に泊まる事になったようです。 Bの兄は小6で異かにも悪戯小僧的なBも同じタイプでした。 父が帰宅し、夕食を四人ですませ、お風呂に入るように弟達に言うと弟が「ねちゃんは」と私は「今日はABと一緒に入りなさい」弟とBは「一緒に入ろうょ」と手を引いてきました。「前は一緒に入ったじゃん」弟はそう…
★二人の子持ち人妻との思い出
2017/09/15 13:20
2017/09/15 13:20
 人妻の名前は恵子32歳で色白で好みの顔立ち、二人の子持ち上は男の子八歳、下は女の子五歳で旦那は35歳のサラリーマンで車の販売会社に勤めてる。

 私は36歳の建設会社員で現場の所長をやっている、城下街の現場事務所で臨時事務員として雇用したのが恵子との出会いである。

 事務用の正月の飾り付けを恵子と二人で買い物に行った帰りに峠道に差し掛かったときに、恵子が意味ありげに[もう帰るんですか]と言ってきたので、麓の脇道に入り池の傍に車を停め抱き寄せると恵子からキスして来た。

 興奮して胸を出し乳首を吸うと硬くなり、飴玉みたいに大きく成った慌てて下着を脱がマンコを触りながら見ると、白い肌に薄い…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】夫とセックスして初めて元カレの大きさを知った私

・高級ソープ行ったら2時間で4回搾り取られた

・【熟女体験談】垂れ乳爆乳な義母と公衆トイレで青姦SEXしていたら男がやってきたので、義母を犯してもらった

・妹のパンツを見た友人

・ウブなイケメン君を攻略しました

・【人妻体験談】悪魔の義弟がレイプするように罠を張ったら・・・

・後輩の奧さんに欲情して生挿入してしまったが・・・

・彼女の友達にいたずら

・妻の妹と偶然飲み屋で会って盛り上がって・・

・清楚な後輩の部屋の前で聞き耳をたててたら

・#結婚を考えてる彼女をトルコ人に抱かせてみたら

・夫が不倫してHIV感染

・人妻の先輩に誘惑されて種付けしました

・【人妻体験談】人妻デリヘル嬢の面接に行ったら、店長にレイプされた

・【熟女体験談】魔女っ子ヒロインのコスプレをした妻に逆レイプされた

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[前編]

・巨乳の先輩の乳首

・カラオケに行って、後輩の奧さんとキメセクした

・サイトで出会った人妻とナマでやるために考えた作戦

・婚活クソババアにならないよう正直に生きる

・職場の人妻にととろけるような初体験しました

・私の男とのSEX歴をお話しします

・清純顔して彼氏がいるのに同じサークルの奴に色目を使うヤリマン女

・【熟女体験談】平凡な主婦が初めて「イク」という快感を体験した結果、常にSEXしたいという淫乱になった

・誰かに言いたいので投書いちゃいました

・高2の冬、ナースと実際にあったガチのエロ体験

・【不倫】フェラのことを「キス」と言う微乳の元ヤン妻

・夫と別居中の人妻と激しすぎる不倫SEXしました

・旦那さんと別れて俺と・・・

・【浮気】バイト先で知り合ったフェラ上手な短大生