寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

中学生の妹のオナニーを録画した[後編]

2017/07/31 22:49


妹が寝たことをいつものようにモニターで確認した。

もう半年以上モニターしているから、どのくらいの時間で妹が熟睡するのかわかっていた。

生理が終わってすぐの頃だと思う。

オレは皮手錠とロープを持って、妹の部屋に行った。

もちろん週末、親がいない土曜の夜。

オレがなぜ皮手錠なんか持っているのかというと、オレはSで彼女にも調教をしているからだ。

おまんこの毛は完全に剃毛してあるし、露出プレイもするくらいだ。

ま、それは今はどうでもいい。

清楚なのにオナニーする当時15歳の妹をオレは犯すつもりで妹の部屋に行った。

妹の部屋に入る。

豆球を点けたままなので意外に部屋は明るい。

オレはゆっくりと妹の両腕に皮手錠をつけた。

手錠と言っても分離するタイプのものだ。

それぞれの手首に装着した後、ロープでそれを結ぶ。

ロープをベッドの頭側にある棚の後ろを通すと、妹はバンザイをした格好になる。

自分では外すことができない。

軽くキスをする。

ペロペロと舐め回す。

舐め回しながら、ゆっくりと胸を揉み始める。

Tシャツを捲り上げるとピンク色だと思う乳首が見えた。

舐める。

舌でねぶり、吸い、軽く噛む。

すると・・・。

「う~ん・・・」

熟睡してるにしても敏感なのだろう。

掛け布団をすべて剥ぐ。

下はパンティだけだった。

ゆっくりとパンティを脱がせていく。

おまんこが、妹のおまんこが見えてきた。

立派な毛を生やしたまんこだ。

少し足を開かせてその間に身体を沈め、両手はおっぱいを揉みながらクリトリスを舐め始めた。

妹のクリトリスの皮を捲り、舌でチロチロする。

するとすぐにおまんこからドロリとした透明な液が出てきた。

無意識でもこういう反応はすると聞いたことがあるけれど、それはおびただしい量だった。

15歳の美少女の、たぶん処女のおまんこをペロペロ舐めていると、22歳の彼女のまんこを舐めている時の数倍は興奮してオレのちんぽは破裂しそうになっていた。

「・・・ん???」

ペロペロと舐めているとついに・・・。

「んあ?あうっ、あん!何?何何?あうっ」

妹が起きた。

起きることも計算尽くだった。

「え?あれ?何?」

妹が頭を上げる。

まだよくわかってないらしいが、Cカップのおっぱいを激しく揉みしだかれ、おまんこを吸い上げているのがオレとわかったようだ。

目線が交錯した。

「お、お兄ちゃん!な、何してるの!ヤダ!やだやだやだーーー」

無言で舐める。

「ちょっと、やめて!何してるの!あ、あれ?」

妹が腕を動かそうとして縛られていることに気付いたようだ。

「お前、好きなんだろ?こういうの」

「何言ってるの?やめて!あっ」

おまんこを舐めるのを中断して身体をせり上げ、おっぱいを激しく吸い上げる。

「ほら、見てごらん」

「いやーーー、やめてやめてやめて!お兄ちゃん、私たち、こんなことしたらいけないよ、お母さんが・・・」

「お母さんは札幌だよ。今は二人きりだ」

「いやっ、やめてっ、お願い!」

「じゃあ、お兄ちゃんの言うことを聞くか?」

「聞くから、なんでも聞くからやめて!」

「じゃあ・・・」

オレは体勢を変えて妹の顔の前にペニスを突きつけた。

「舐めるんだ」

「そ、そんなこと、できない・・・」

「じゃあ、やっちゃうぞ」

「やる?って」

「セックスするぞ」

「いやいやいやいや、そんなのやめてっ」

「じゃあ、舐めるんだ」

妹の唇にチンポを突き立て、激しくイラマチオする。

「むふっ、あふっ、むふっ」

3分くらいそんなことしていたら妹がむせたので抜く。

「ゲホッゲホッ・・・。お、お兄ちゃん、なんで?なんでこんなことをするの?」

「お兄ちゃんの質問に答えるんだ」

「な、何?」

「今やったみたいに、男のチンポを舐めたことがあるのか?」

「そ、そんなことしたことないよぉ。私たち、兄妹なんでしょ。兄妹はこんなことしちゃいけないよっ」

「オレのことをネタにして、そんなこと言えるのか?」

「えっ?」

「美穂、お兄ちゃんの質問に答えるんだ。スリーサイズは?」

「そ、そんなこと恥ずかしいよ」

「言わなきゃ、犯すぞ」

「いやいや、言うからっ。・・・胸は85くらい、あとは・・・56で82くらい」

「ブラのカップは?」

「そんな恥ずかしいこと言えないっ」

「言わなくてもブラを調べればわかるんだぞ」

実は知っていた。

妹が風呂に入っている時に調べていたのだ。

妹は65のDカップになっていた。

1年でCからDになっていた。

Dカップの中学3年なんて犯罪だ。

だが、その犯罪的な巨乳がオレを狂わせる。

「Dカップです・・・、ね、お兄ちゃん、もうやめよ、ね?」

「美穂はオナニーでイク時は、いつもオレのことを思ってるんだろ?」

「何?なんのことかわかんない」

「そんなこと言うと・・・」

美穂のおまんこに指を這わせるとそこは大洪水になっていた。

「あうっ、いやんっ、だめっ、そんなところ触らないでぇ」

「もういっぱい舐めてるよ」

「お兄ちゃんは知ってるんだ、美穂が淫乱なこと」

「なんのこと?美穂、知らない」

「美穂は縛られてレイプされるのが好きなんだな」

「そんなのイヤっ」

「だったら、このベッドの下にあるレディコミはなんだ?」

「・・・お、お兄ちゃん、知ってたの?」

「半年以上前からな」

「ひどいっ、美穂の部屋に入ってたなんて」

「美穂だって、オレのことを・・・」

「知らないっ」

「そんな態度をとるのなら・・・」

オレは美穂の足をぐっと押し開いた。

「いやっ、やだやだやだぁぁぁ」

しかし、そのままオレは美穂のおまんこにペニスを突き入れた。

「いたぁぁぁぁぁいぃぃぃーー、やめてええ、いやいやいやいやっ」

一気に処女膜を貫いた。

「お願い、抜いて、抜いてぇぇぇぇ」

そんな声を無視して激しく激しく出し入れしつつ、クリトリスも弄ぶ。

「おにいちゃあん・・・」

妹は縛られたまま、オレのペニスに凌辱された。

嫌がっているのに顔が上気していて、乳首がピンと立っている。

「お願いっ、もうやめてっ、早く出してっ」

その言葉でオレは、イキそうになったので妹の腹の上に放出した。

腹の上のつもりだったがものすごい量が出た。

顔にまで飛んだ。

果てた後なのに、オレのペニスは硬いままだった。

精神が興奮するとこうなると聞いていたが、実際にこうなるとびっくりする。

しかし、ペニスには妹の処女の血がついていた。

それを見るとなんだかそれ以上のことができなくなった。

オレは妹の横に添い寝をして顔や胸に舌を這わせまくった。

1時間以上・・・。

「やめてぇ」

「お兄ちゃんは知ってるんだ」

「何を?」

「それは今は言えない」という言葉を繰り返した。

そして、再び、妹のまんこに突き入れた。

「お前をレイプしたかったんだ。犯したかったっ」

「こんなのいやぁぁ」

「お兄ちゃんは知ってたんだ。いやらしいレディコミでオナニーしてることも。ボールペンを入れたり指でしたり」

「な、なんでお兄ちゃん、知ってるの??」

「全部見てた。イク時に、『お兄ちゃん!』って叫んでいくこともな」

「・・・恥ずかしいっ。どうやって見てたの?」

「天井にカメラを据え付けていたんだ」

「・・・ひどいっ、ひどいひどい」

「本当にそう思ってるのか?ゾクゾクって感じてるくせに」

「そ、そんなぁぁぁ、違う、違うよぉ」

そうは言いながら最初とは明らかに違って妹は感じていた。

鼻に抜ける甘い声がそれを物語っていた。

「そうだ、美穂、お前は処女だったのか・」

コクンと頷く妹。

「それはよかった。美穂、お前の処女喪失の一部始終をすべて録画できたよ」

「・・・えっ」

そう、むろんオレは妹の部屋へ行く前にビデオを録画状態にしておいたのだ。

鬼畜な兄である。

妹を犯した後も夜は長かった。

オレはローターを持ち込んでいた。

恋人に使っているやつだ。

へなへなになっている妹にローターを使った。

クリトリスに。

「あああああーーーーっ」

美穂は腰を跳ねるように動かしたけれど、押さえ込んでじくりとクリを凌辱した。

「お兄ちゃん、ねえ、やめてっ、やめてぇぇぇぇ」

もうすでにクリで快感を知っていた美穂は簡単にイッてしまった。

妹にローター責めをしまくる。

女性には一度イクと無反応になるタイプと何度でも大丈夫なタイプがいるけれど、妹は後者だった。

何度も何度も、妹は機械の振動で絶頂に達していた。

奥菜恵のような清純なルックスなのに豊満なバスト、しかも乳首はピンピンに立っている・・・。

そんな妹を快感の虜にすることで両親へのチクリを防御することにしたのだ。

快感は麻薬だ。

一度、経験させると忘れられなくなる。

「お兄ちゃんやめてぇぇ、ああ、イクぅぅ」

「お願い、なんでもするからブルブルするのやめてぇぇ」

「ふつうの、普通のほうがいいのっっ」

妹はそう言いながらも、いやらしい局部から愛液を吐き出させていた。

「お兄ちゃんのモノの方がいいのか?」

「・・・はい」

「どうして欲しいんだ?」

「そ、そんなこと、言えない」

「言わないと・・・」

「あ、あ、ごめんなさい、言います。お兄ちゃんのおちんちんの方がいいです・・・」

「ちゃんと言うんだ。『美穂のいやらしいおまんこにお兄ちゃんの太くて長いチンポ入れて』って」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
祭りで仲良くなった女性2人に童貞を奪われた3P体験談
2017/08/08 22:10
2017/08/08 22:10
田舎に住んでいる大学生です。

去年、祭りに参加した時の話です。

僕は19歳で、

大学でお祭り関連のサークルに入っていたので、

そのお祭りの手伝いを頼まれていて、

僕はカキ氷屋の手伝いをしていました。

店番をしていたのは、主婦2人組みでした。

年は30代だったと思います。 僕はその2人に「名前はなんていうの?」

「童顔なのねー」とか話し掛けられました。

祭りも終盤に差し掛かり、ひと段落着くと

僕はおばさんとずっとお喋りをしていました。

二人は「彼女はいるのー?」と聞いてきました。

僕は「いませんよ~」と答えました。

そして、僕は年上の女性が好きだとい…
【近親相姦】弟と・・・・・・【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/10/10 20:49
2017/10/10 20:49
私は、仕事が終わって飲みに行くときにはいつも 自宅に帰ってから出るのですが、あの日はなんか帰るのが面倒でスーツ姿のまま行きました。 腹も減っていたしとりあえずよくいく居酒屋へ急ぎました。 車を止め、中へ入って行くと混んでいて座るところと探すと カウンターの端の方からつ目が人分だけ空いています。 そこへ座ると隣の席のジャージ姿の若い女の子後から歳とわかる。が 「あっ」と小さい声をあげこちらを見ました。 その子に「ここまずかったかな誰か座ってるの」 と聞くと「友達が来るはずなんだけど来ないから座ってもいいですよ、どうぞ」 と言ってくれました。 で、それからしばらくその子をそれをきっかけにいろい…
小学校の同窓会に行ってエッチしちゃいました
2017/10/29 14:28
2017/10/29 14:28
【レイプ体験談】憧れの人が薬で変えられた 1/2
2016/03/19 00:59
2016/03/19 00:59
今から10年以上も前ですが、大学生の頃の話。 僕は20才、彼女もいなくて童貞でした。 でも好きな女の人はいました。 その人は同じ年でA○Bの大島さんに似ていたので「優子」とします。 優子は別の大学に高校時代からの彼氏がいました。 僕も彼氏を見たことがありますがかなりイケメンでした。 優子は派手ではないけれど、清楚で清潔感があって、近寄りがたいオーラがありました。 飲み会の時になっても下ネタにはあまり参加しないでニコニコして聞いてるだけで、話をふっても笑って答えないような可愛らしい女の子でした。 「レイプ体験談」カテゴリの最新記事 巨乳中出しアナルお嬢様キャバ嬢童貞アイドル尻素人ナンパ
温泉旅行に行った日から嫁の不倫が始まった
2017/06/03 12:02
2017/06/03 12:02
実は朝になっても妻が家に帰って来なかったのです。

それも或る知り合いの男性と打ち合わせの為と言って

前日の夕方に出かけたきり・・・

話は半年ほど前に夫婦で温泉に出かけた事から始まったのです。

妻は42歳になったばかりで背丈はあまり無く

どちらかと言うと小太りと言ったところでしょうか、

でも胸はその体つきにも係らず非常に目立っているのです。

それと肌は自慢する訳ではありませんが

色白できめ細かく太股から脹脛にかけては

すべすべで触ると気持ちが良いのです。

暑くなる季節にはそんな妻にミニスカートとは言わないまでも

少し短めで膝小僧が出るくらいの丈の物を穿いてみたらと言うと…
【痴漢・レイプ】憧れの同期が酔い潰れたので好き勝手やってしまった
2018/06/23 05:26
2018/06/23 05:26
同期の沙織が飲み会で珍しく泥酔した。 やはり日本酒の一気飲みが効いたのだろう。 足元がおぼつかないし、視線も定まってない。 沙織は社内でもかなり綺麗な方だ。 長身だが細身でスタイルもいい。 店から歩いて出れないので肩を貸してあげた際に、とりあえずおっぱいを揉んだ。 Eカップぐらいはあった。 Cカップぐらいかと思っていたので意外だ。 さらに足元がおぼつかなくなってきたのでおんぶした。 柔らかいおっぱいが思いっきり背中に当たる。 気持ちよかった。 俺はお酒を飲めないから車で居酒屋に行っていたので、もう電車がなくなった沙織を車で送る事にした。 泥酔の沙織を車に乗せたものの全く目を覚ます気配がない。…
奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした5
2017/01/08 15:01
2017/01/08 15:01
この前、ケイスケさん夫婦の家で王様ゲームをしたことで、嫁のユキの下着姿をケイスケさんに見られてしまい、おまけにユキとケイスケさんがキスまでしてしまった、、、その後セックスまでは行かなかったですが、ユキがケイスケさんの乳首を舐めながら、手コキでイカせる姿を見て、信じられないくらいのショックと興奮を味わいました、、、 ただ、それが刺激になって、僕との夫婦生活はより良いものにりました。 ユキは、僕がマコさんとキスをしたり、フェラでイカせてもらったことが本当にショックだったようで、僕をマコさんに取られないかと真剣に心配して、健気に色々としてくれます。 ユキが、マコさんと一緒に買い物に行き購入したエロい…
❤HP用のカットモデルのはずが
2017/09/06 19:19
2017/09/06 19:19
 知り合いの美容師に頼まれて、HP用のカットモデルを頼まれました。その方は趣味で写真を撮っていて、アマチュアながら賞を取ったことのある腕前。

 本来ならプロのカメラマンが撮影するらしいけど、私の空いている時間とカメラマンの都合が合わず、今回はその美容師さんが撮ることに。

 仕事の都合で約束の時間を大幅に遅れ、着いたのは21時をとっくに過ぎた頃・・嫌な顔ひとつせずシャンプー後、この秋の最新デザインのカットをしいよいよ撮影に。

 お店の一角が撮影スペースとして片づけられていて、何カットか撮ったあとPCで確認。ふたりで画面を覗いていると、自然に頬を寄せ合う形になっていて、気付いたら美容師さ…
★事務員さんにプチセクハラでおっぱいを触った
2016/06/14 17:05
2016/06/14 17:05
 去年入った事務員なんだが、最近よく喋るようになり、会社の飲み会でもオレの席の隣に割り込んできたりと少し親密になってきた。飲み会では、事務員は楽しいらしく陽気になっていて、下ネタにも絡んできた。

 話の流れで、おっぱいの話題になった時、事務員が「私、Dカップなんですよー」て言ってきてアピールしだした。オレと反対側の先輩に服の首周りから中を覗かせてくれて、確かに谷間があるのでちょっと興奮したんだ。
「触ってもいいですよ」って言ってきたけど、会社の飲み会なので遠慮しといた。一週間後の土曜日に会社で仕事をしていたら、あまり出社してる人もいないので事務員と話してた。そしたらまたおっぱいの話になっ…
バリ島旅行でハンサム外国人とSEXしてひと夏の恋
2017/07/16 00:11
2017/07/16 00:11
この春、卒業旅行で外国人とエッチしたんです



この春、友人と卒業旅行という事で、友人のK恵とバリ島に旅行に行きました。

バリ島は常夏の狭い島で、一年中泳げます。

私たちも大胆な水着を付けて毎日ショッピング+ビーチで昼寝でした。

春休みは会社は休みでないため、年輩のツアー客と学生ぐらいしか日本人は見当たりません。

バリに来て3日目、2人でホテルのビーチで昼寝をしながらおしゃべりをしていたところ、現地の若者がジュースを持ってきて話し掛けてきました。

2人ともすっごく若く(17、8歳ぐらいでしょう)、日焼けした顔は日本人とは違いハンサムです。

一人は黒人の血があるようで顔の骨…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・しかもナマ・・・

・【Hな体験】キス上手なバツイチ女性とのセックスに溺れた

・年上新入社員の麻美

・【不倫】夫の職場の屋上で友達のご主人とドキドキエッチ

・痴漢じゃないです~

・【熟女体験談】物凄くエロくて素敵な淑女のアヘ顔があまりにもエロ過ぎて中出し射精

・従姉(33)のセックスを見せてもらった話

・ツーショットで卒業間近のJKと

・【人妻体験談】ヤリマンビッチで馬鹿な母乳幼妻と出会い系で知り合い中出しフィニッシュ

・【レイプ】学校一の美少女を眠らせて縛って

・OLが股を開き気味に脚を投げ出して寝てた

・某サイトに割り切りで募集をした体験談

・遠距離の彼女と会いに行く前の晩に巨乳の先輩と

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(再補足と再修正)

・飲み会でお持ち帰りしたら同僚の彼女って打ち明けられ仰天した話2

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・【SM・調教】終わらない絶頂地獄

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(補足と修正)

・人妻の男あさりが止められません

・40歳のヌード

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[後編]

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・泥酔女の話しを一つ

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界