寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】見慣れないアドレスから私の写真が添付されたメールが【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

2017/06/30 23:47


私は、30代の独身です。年より若く見られることもあってか、ある会社に派遣で受付をしていました。そこは一人で勤務をすることと、1Fのフロアには他部署もなかった為、お客様が来られたとき以外は特に何をすることもなく、言ってみれば勤務中も自由な環境でした。そのためか、日に何度か男性社員が話をしに来たり、食事に誘われたり、メルアドや電話番号を聞きにくる、ということもありました。私には不倫ではありますが、彼氏もいるため、そんな誘いも心地良く思いながらも、断り続ける日々が続いていました。今年の春先、会社でイベントがあり、夕刻からほとんどの社員が社外に出掛けていました。私は派遣社員であったこともあり、イベントには参加せずに、いつものように終業時間に正面玄関を閉め、エレベーターで更衣室のあるフロアに向かいました。更衣室は、最上階の更に一番奥にあります。社内にはほとんど人が残っていないようで、(こんな静かな会社は初めてだ)なんて、のん気に思いながら、更衣室までの廊下を歩いていきました。廊下から更衣室までの細い通路を歩き、本当に奥まった場所にある更衣室のドアを開け、エアコンのスイッチを入れました。そのとき、後ろ手に閉めかけていたドアがいきなり引っ張られ、私は後ずさりする形になりました。(えっ・・・何?)その瞬間、後から口を塞がれ、抱きすくめられました。(誰・・・?やめて・・・)声を出そうにも、口を塞がれているため、声になりません。更衣室は畳敷の8畳ほどの部屋でした。その中に私は押し込まれ、畳に倒されました。振り返ると、いつも私のところに話をしに来ていた平野とその同僚の鈴木が立っていました。「何・・・どうしたの?」私は後ずさりしながら、彼らに言いました。「吉田さん、いつも誘ってもデートしてくれないから、俺たちから遊びに来たよ」そう言いながら、私に近づいてきました。さっと、鈴木が私の後にまわり、「平野がね、どうしても吉田さんとしたい、て言うから。俺も先輩として手伝おうを思って」「えっ・・・?」そして、鈴木は私の両手を掴み、頭の上でネクタイで縛りました。「いやっ・・・やめ・・・」再び、鈴木の手で口を塞がれ、最後は声になりませんでした。「吉田さん、今日は誰も残ってないから、騒いでも無理だよ。」「そうそう、平野の言うとおりだよ。でも、気持ちよくなっても声出せるから、Nちゃん(私の名前)にとっても、良いかも」といって、笑いました。(犯される・・・)そう思いました。「お願い・・・やめて」少し大きな声を出すと、「うるさいんだよ」といって、平野に顔を平手で1回殴られ、そばにあったガムテープで口を塞がれました。本当に危ないと思い、唯一自由だった脚をバタつかせると、「ほら、スカートが捲くれちゃって、きれいな脚が丸見えだよ」そう言って、平野が片足ずつ部屋に置いてあった座卓に脚を縛りつけました。(お願い・・・やめて・・・)声にならない声で叫びました。鈴木に後から押さえられ、片足のうえに平野がのると、私はほとんど身動きが出来ませんでした。その体制で平野の顔が近づいてきました。「大丈夫だよ。大人しくしていたら、痛い思いはもうさせないから・・・」そして、平野の手が私の頬に触れてきました。その手は、ゆっくりと首筋を撫で、制服のベストの上から胸を触りました。(やめて・・・、触らないで・・・)大声を出したいのに、ガムテープのせいで、声になりません。平野の顔が首筋にうずめられ、熱い舌で舐められ始めました。「いつも、好い匂いさせてるね、吉田さん。S(彼氏)も、この匂いで誘惑したの?」確かに、彼も私のつけている香水と私の本来の香りがマッチしていて好きだ、とよく言っていました。そのままゆっくりと、平野の手がパンストを履いた脚を撫であげ、タイトスカートの中に入ってきました。「この黒パンストの脚にいつも誘惑されたんだよなぁ。受付に座っていると、太ももまで見せちゃってるからね。本当は、誘ってたんでしょ?」(そんなことない!)彼にも、気をつけるように言われてたけど、誰も見ていないと思ってたから・・・平野は、首筋から顔を離すと、両手で私の太ももを撫で、スカートを捲り始めました。「この脚が触りたかったんだよ」そして、顔を太ももに押し付け両手と顔でスカートをどんどん捲くってきます。(お願い・・・やめて・・・)「ほら、パンティーまで丸見えになってきたよ」そう言いながら、平野の手がパンストの上から、クリの辺りを擦り始めました。(いや・・・やめて・・・)「あれ?熱くなってきてるのかな?」平野がいやらしく笑いながら言います。「直接触ってあげようか」(いやっ・・・)その瞬間、パンストを引っ張ったかと思うと、一気にビリビリに破かれました。(いやぁ~・・・)「へぇ、今日はピンクのパンティーなんだ。やっぱり清楚なイメージだったから、下着まで真面目なんだね。それに、すごくきれいな肌だね。手とかもきれいて思ってたけど、この太もものスベスベ感はすごいよ」そう言いながら、平野は太ももを撫でたり、口を付け舌で舐めたりしてきました。「破られた黒のパンストと、白い肌って好対照ですごく興奮するよな」二人はそんなことを言いながら、笑いました。そして、平野の手がパンティーのクロッチに触れようとしたとき・・・「あれっ?、毛がはみ出てるよ?」(いやっ・・・見ないで)そう、普段から私はほとんど手入れをしていなくて、彼にも「毛深いね」って言われるほどでした。「清楚な吉田さんが、毛をはみ出させてるなんて、興奮してきたよ。それに、お○んこもちょっと臭いがきつめで、吉田さんのイメージと違って、余計にそそられるよ」(臭いがするって、それは1日仕事をした後だから・・・)すごく恥ずかしく、そして情けない思いになりました。「俺も、我慢できないから、触らせてもらお」そう言って、鈴木がベストに手を差し込み、ブラウスの上から胸を揉み始めました。そして、ブラウスのボタンを外し、胸をさらけ出しました。(いやぁ・・・)「へぇ、パンティーとお揃いのブラだね。かわいいけど、邪魔だから外すね」そういって、鈴木がブラをずらしました。「おぉ・・・」鈴木と平野の声・・・。「制服の上からだと、ほとんど胸無いかと思ってたけど、B位はあるんだ」バカにしながら、鈴木が乳首を摘みました。(んん・・・)思わず腰が浮きました。「感じる?そうかな、て思ってたけど、やっぱり乳首が感じるんだ」感じるなんてことはありません。ただ、摘まれた痛みで、体が動いただけでした。「ここも感じるでしょ?」そして、興奮した目で下着の脇から指で直接触ってきたのです。「へぇ、少し濡れてるよ。吉田さん、こんなことされて感じてんだ」(バカにしないで。こんなことで感じるわけない・・・!) 2: 投稿者:法子◆nKtjMDIjdk 投稿日:2011/07/07 21:42:24「もっと気持ちよくなれるように、これを使ってあげるよ」平野はポケットから小さな包みを出し、少し指につけました。(何!?・・・)「ホテルとかに置いてあるゼリーだから安心してね」そういうと、下着の脇から指でクリを捏ねはじめました。「ほら・・・だんだん、堅く大きくなってくるよ」悔しいけど、ゼリーを使われ、スムーズに捏ねられると、体が反応をしてしまいました。(助けて・・・○○)彼の名前を叫びながらも、体は次第に反応してしまいました。「ちょっと、中も触ってみるね」平野は、そう言いながら指を差し込んできました。「あぁ、熱いよ。それに、すごく締まってる」平野の指は、1本から2本へと増え、私の中を激しく掻き混ぜてきました。「どんどん、汁が溢れてくるよ。吉田さん、感じてるんだ」「乳首もこんなに硬く尖ってきてるよ。平野、こんなに感じてくれてたら、もう逃げないだろう」「そうだね。じゃ、とりあえず、脚を開放してあげるよ。」そう言って、脚の縛りを解かれました。しかし、両足の間には平野がいるため、閉じることもままなりません。」「吉田さん、口も外してあげるけど、大声だしたらダメだよ」そういって、ガムテープをはがされました。「はぁ・・・」私は一気に呼吸をして、つかの間の安堵を得ました。しかし、二人の攻めが続き、そのまま、「あぁ・・・だめ・・・、本当に・・・お願い・・・アッ、アァ・・・」と、はしたない声を上げてしまいました。「だめだよ、声出したら。しょうがないなぁ、じゃこれを入れようか」そういうと、二人は私を四つん這いにさせ、鈴木の物を私の口に差し込んできました。「噛んじゃだめだよ」頭を押さえつけて、のどの奥まで大きくなった鈴木のもので犯されていきました。「うわぁ、尻の穴まで丸見えだよ。ここも舐めてやるよ」平野は、あそこに指を入れながら私のお尻の穴まで舐め始めました。(そんなとこ・・・)口にものが入っているため、結局声にならないまま・・・。でも、私はその行為にも感じてしまっていました。(年下の人たちに、感じさせられて・・・)平野は私より4才ほど年下でした。そんな男の子たちに責められて感じてしまっていることが恥ずかしくて・・・、鈴木のものが入った口から涎を垂らしながら、とうとう私は1度目の絶頂を迎えてしまいました。「あれっ・・今、吉田さん、逝ったよね?」平野に言われ、私は首を振りましたが、「へぇ・・・、無理やりされて逝くんだ。可愛い顔して、とんだスケベだね」鈴木にも言われて・・・「じゃ、俺もそろそろ気持ちよくさせてもらおうかな」そういうと、平野は私のあそこに、平野のものをあてがってきました。(いやっ・・・それだけは、嫌っ・・・)そう思ったのですが・・・平野のものは人並みでしたが、私のあそこはすんなりをそれを受…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
中出しして1年後彼女が赤ちゃんを抱いていた
2017/04/30 05:16
2017/04/30 05:16
932 :えっちな18禁さん :2012/07/10(火) 00:20:06.03 23歳の大学4年の6月だった。 そういえばAちゃんが卒業して2ヶ月以上会ってないけど、どうしたかな?彼女とはサークルの帰りにHをして依頼、月に1度くらい会っていた。彼女に連絡を取り、数日後会うことになった。 レストランで昼食を取り、ホテルに向かう車の中で彼女が言った、「私、お見合いしたんだ・・・」、「結婚するの?」、「うん」、「好きなの?」、「別に・・・ 結婚には良い相手だから・・・」。 彼女とはシャワーを浴びながらフザケたりするのに、その日の俺は違っていた。彼女の服を脱がせて、俺も裸になると直ぐ…
めちゃめちゃスケベで淫乱な彼女をハプニングバーに連れていきました
2016/01/06 11:30
2016/01/06 11:30


以前付き合っていた彼女がかなりのスケベだった。




スケベ、もしくは痴女といってもいいぐらいエッチな事大好きなタイプで、


どんなHなプレイをしたいと質問したところ


「誰かに見られながらSEXしたい」とw


彼女の変態プレイの要望を叶える為に、


大勢の他人にエッチを見られたいと、


ネットで検索してたところハプニングバーというものの存在を知った。




その頃は今程ハプニングバーがメジャーでもなく、


まさにハプニングバーの黎明期。




俺自身も知らない複数の人前でHするのを妄想すると…
【人妻】豚肉人妻あや
2015/12/14 05:37
2015/12/14 05:37
 その日、僕は学校の授業が終わると一目散に家に飛んで帰って来た。 「ただいま……ハァハァ」  学校からずっとダッシュしてきたので、家に着いた頃には息が切れ切れだった。 「お帰りなさい、今日は早かったのね?」 「うん……まぁ」  いつもより早く帰ったので、母親が訝しんでいたが、今はそんなことはどうでもいい。  僕は手洗い、うがいをし、喉を潤すためにコップに三杯のジュースを飲み干してからその時が来るのを待った。 (そろそろか……)  僕は、壁に掛かった時計に目をやってそう思った。 「散歩に行ってくるね」 「行ってらっしゃい(キタ………
ほんのちょっとの勘違いから始まったセフレ関係
2017/08/25 17:35
2017/08/25 17:35
はじまりは、ほんのちょっとの勘違いからだった・・・。

「家庭を壊さない程度の付き合い」その言葉の意味を、お互いが取り違えた。

職場の忘年会で二次会のカラオケが終わり、そろそろお開きか?そんな空気が流れていた。

飲み散らかしたグラスを集めたり、本を揃えたりと、カラオケルームの片付けをしていた私は、いつの間にか置いてきぼりをくっていた。

気が付くと、コートを着かけている彼と二人きり・・・。
ちょっぴりどぎまぎして、そそくさとその場を去ろうとした。

リモコンを手に持ち、視線を落として、さりげなく彼のわきを通り過ぎる・・・はずだった。

足元の視界に、前から誰かの足が近…
【SM・調教】義父に摘まれた高嶺の花
2016/05/28 06:00
2016/05/28 06:00
小5の時に転校して来た緑ちゃんはとっても美少女で、クラス男子みんなが憧れたアイドルだった。中学になったらますます綺麗な清純美少女になった。俺もずっと憧れ続けていたが、高嶺の花だと諦めていた。 中学3年の2学期の初め頃、緑ちゃんが木陰で隠れ家みたいに佇むアパートに入っていくのが見えた。緑ちゃんはこんなボロアパートに住んでいるのかと、さっき緑ちゃんが入っていった玄関先に立つと、生活感のないアパートの中からゴトン!と音がして、緑ちゃんの悲鳴が微かに聞こえた。新聞受けから中を覗くと、緑ちゃんが下半身だけ裸にされて、変な椅子に括られていた。四十くらいの男が憧れの美少女の陰毛が掻き…
デリヘルドライバー日記 -離別編-
2017/01/12 14:05
2017/01/12 14:05
梅雨もあけて素晴しい青空ですが、その時間というのはいつも寝てるんです。 経験するのは熱帯夜のみ!さみしい限りです、お陰で肌が白くなり始めた様な気がしますw 8/15 過去の日付の日記を見ていると判ると思いますが、俺書き間違いが多いです。 りえ嬢とりか嬢と書いてますが・・・勘の良い方ならお判りの通り、源氏名と本名です。 どっちがとは書きませんが、時々間違えて書いてしまう事あるかもしれません。 そこは大きなお心でお許し下さい。 デリヘルというのは俺も知らなかったんですがちゃんと届出が必要なんですね。 当店もちゃんと届出・・・してるんか?熊五郎! またこの業界独特という訳ではないでしょうけれども、入…
姉ちゃんを取られたくなくて彼氏がいるのに襲ってしまった近親相姦エロ体験談
2015/09/29 10:00
2015/09/29 10:00


俺:智也。

現在22歳。




姉貴:七瀬。

現在25歳。




親元から離れて2人で暮らしていて、姉貴との間に4才の息子がいます。




俺17歳で姉貴20歳の時に俺が姉貴を襲い、レイプをしたらデキた子供です。




俺は、ガキの頃から姉貴が大好きです。

姉としてではなく1人の女としてです。




性に目覚めてからは姉貴をオカズにしてオナニーしてました。




姉貴は乃木坂46の西野七瀬に似ており、俺より年下に見えるくらい可愛くて、


色白で程よく肉が乗って胸が大きくエロくて小柄で、声も性…
仕事出来る女は、Hも上手い床上手!【美人・フェラ】
2016/05/04 15:05
2016/05/04 15:05
やり手で、仕事のできる女と カラオケに行ったら、Hも出来る床上手な同僚だった 相手はバイト先の女の子。 いつもテキパキと仕事をこなしていたので 俺のなかでのその子のイメージは「仕事女」。 スタイルはよく、顔は細くて、 細いめがねの似合うスレンダーな美人でした。 俺は最初その人を性欲の対象としては 見ていなかったので、 自分から喋りかけることもなく、 挨拶だけの関係だった。 最初に話したときのことは もうずいぶん昔のことなので、 状況はほとんど覚えてないが 内容は有って無いようなものだったと思う。 でも、突然向こうから話しかけてきて 驚いたのはハッキリと覚えている。 そのころから…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】結婚前の過ちセックス【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/17 09:54
2017/03/17 09:54
婚約者がいるのに友達のカレと寝…投稿者:A渡辺 香織投稿日:2007/11/01(Thu)00:09No.5管理人さんありがとうございます。saiさんに・・・。今、アソコをたくさんいじって濡れちゃいました・・・。パンティがこんな風になってしまったのですが・・・。ニオイとか想像しないでくださいね・・・。恥ずかしいので・・・。——————————————————————————–Re:婚約者がいるのに友達のカレ…-sai2007/11/01(Thu)00:24No.6早々に見ましたよ凄いシミですね!!出来たら、アソコも見たいな??直メでも、構わないですよ??Re:婚約者がいるのに友達…
モデル事務所にいた頃、女優さんの手コキで5回もイカされた
2016/10/04 06:00
2016/10/04 06:00
もう15年くらい前になるんだけど、当時20歳そこそこの俺はモデル事務所に所属して、たまにTVにも出ていた。バラエティーの再現VTRみたいな、小さな出演だけど。
当時人気のあった夜のバラエティー番組で、視聴率投稿のダジャレや替え歌をVTRで再現するってのがあった。最近なら空耳アワーみたいな番組ね。夜遅い放送で、かなりキツいエロネタなんかもやるのでかなり人気があった。


おっぱいさわったりとか平気でやる番組だった。

その番組のVTRに出演することになったんだけど。

俺が出演したネタは、「紆余曲折」が「ウヒョ~!直接!?」になるってやつ。

VTRの流れは、まず若い…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・お姉ちゃんがシテあげるね

・ブルセラショップで下着を売っていた私と、キモいおっさんの話

・妻を寝取らせることにしたら【人妻・寝取られ体験談】

・外国人とのSEXは強烈でスポーツ並に汗だくになる件www

・【熟女体験談】大学を卒業しても童貞だった俺は新米社員の時に営業先の超熟女社員に逆ナンパされて筆下ろしされた

・寝取られ現場に遭遇すると、とっさに相手を殴るなんて出来ないものですね

・人妻になった同級生に中出し【人妻体験談】

・【驚愕】今日出会い系の女と初対面でセoクスしたが、やっぱり女ってクズだなぁ・・・・

・好色淫熟妻・眞澄(Age51)?1

・人生最高エッチで最悪な体験談

・ナンパ師な俺が高齢処女のバージンを喪失させたったwww

・職場でするのが大好きなOLさん

・【浮気】社長とその息子とちょっとだけ親子丼

・“脳イキ”できる美人な奥様を“腹部責め”で攻略

・真面目なレギュラー達は、練習後に不真面目に乱交してました

・泥酔して失禁したブスになぜか女を感じて

・大学の吹奏楽部で浮気しまくり

・33歳バツイチのいとことのセックスを、覗いていたいとこの娘に…

・【寝取られ】NTR属性が開花した彼女の願望を叶えてやった

・同僚が、、、、、、

・先輩にいかされた妻に ”興奮”

・変態淫乱大学生になっちゃった私のエッチ体験

・教職の現場で

・【Hな体験】同級生がしてくれためっちゃ気持ちいいフェラ

・温泉で妻がやってくれました

・そんなのつらいよ

・俺を兄貴を間違えて誘って来た兄嫁とそのまま

・私は、自称ツンデレと言いながらもドMです

・ヨーロッパのポルノ映画館を嫁の性教育に使わせてもらった体験談

・マッサージのおばさんが・・・