寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【寝取られ】セックスレスの妻の下着が最近変わった[中編]

2017/06/19 14:00


私が仕事から帰ると、いつもの妻がいつもの様にキッチンで夕食の準備中です。
「ただいま」
「お帰りなさい」
「あっ、俺、来週の7日は職場の飲み会が決まったから」
この時、少し妻の表情が動いたような・・・。 でも普通に・・・。
「そう。それじゃ、私もその日は出掛けようかしら」
大したものです。早業の言い訳作り。エプロンを着け、キッチンに向かっている妻の後ろ姿をしげしげと見つめます。ついこの前、この尻に吉田の手が這い、その奥の秘部には指が突き刺さった。それに、この体は十分に反応し、淫液を垂らし、今まで私以外に見せたことのない歓喜の表情まで晒してしまったのです。そう思うと勃起してしまいます。
「どうしたの?」
妻の問いかけに慌てて前を鞄で隠すようにして部屋へ。
9月7日の朝。普段の格好で普段のように・・・。
「おはよう」「おはよう。今日は飲み会って言ってたわよね」
「ああ、職場のだから遅くなると思う」「私も買い物に出掛けるから、ちょうどいいわ」
いつものように、私と同じくして妻も家を出ます。
(あれっ、普段の格好?)
今日は吉田とのデートで、お洒落して出掛けるものと思っていた私には期待はずれです。
(ショーツは?ハイレグの白?前の透けたブルー?)
出張先の会議でもこのことばかり考え、全く頭に入りません。出張から帰り、7時過ぎ、小部屋のあるちょっと高級な小料理屋で吉田からの連絡を待ちます。ここなら役所の人間はほとんど来ません。吉田が来るのを待っている時間は、会議中以上に長く感じました。今思えば5分毎には携帯を開いていたのではないでしょうか。
吉田がやって来たのは8時過ぎでした。吉田から『今から行く』との連絡があってから小部屋の障子を開け、出入り口の方ばかり見ていました。
「お待たせ」
少しにやけた顔の吉田はすぐに私を見つけます。
「お疲れさん。お世話になりました」
「こちらこそ。さあっ」
ビールを勧めますが、明日仕事で車を使うから今日は飲めないとのこと。蒲焼をつつき、ウーロン茶を飲みながら吉田が報告してくれます。
「今日は、1時に電話したら、2時に駅裏の駐車場で落ち合うことになった」
(あっ、そうだったんだ。有紀は一度家に帰って、着替えてからデートに出掛けたんだ)
職場から直接デートへと思っていたのは私の大きな思い込みでした。
「◯◯河原にドライブしたけど、この暑いウイークデーだというのに結構車も多くて、デートにもならず、『ホテル行ってもいい?』って聞いたら有紀さんが下向いていたので、△△△に行った」
△△△は大きめの洒落たラブホテルです。車庫で車から降りると、いかにも恋人同士のように(傍から見れば不倫中年そのものでしょう)腰に手を回します。妻は身を固くします。部屋に入ると、ソファーに座って備え付けのお茶を飲み普通に話そうとしますが、会話が長続きしません。先日、痴態を見せていながら、今日セックスのために会っているということが妻を緊張させているようです。
吉田の左手が肩にわまされ、右手が妻の顎を持ち上げます。軽いキス。唇はうなじから首筋へ。妻の呼吸が荒くなっていきます。右手は胸を軽く包み込むように揉みます。右手が裾を捲ろうとすると、妻の手が吉田の手を押さえます。
「恥ずかしい?」
今度は左手がワンピースのファスナーを下げます。これには妻も大した抵抗はしなかったようです。ワンピースを肩から落とすと、キャミソールの下にはピンクの刺繍の入ったブラジャーが。
「今日、あれ着けて来てくれた?」
小さく頷く妻。
「見せて」
白のショーツが確認されます。
「立って、もっとしっかり見せてよ」
しぶしぶ立ち上がる妻。パンストの中に見える白いショーツ。先日見た時は広めだと思ったヘアーは処理されたのか、ハイレグの中に納まっています。吉田も立ち上がり、キスをしながら、キャミソールを持ち上げブラジャーを外します。すでに硬くなっている乳首。キャミの上から軽く触れます。片手はパンスト越しにお尻を揉みながら。手がパンストに入ろうとした時・・・。
「待って」
妻はワンピースを抱えバスルームへ。浴室を覗こうかと考えましたが、大人しく待つことに。バスローブを着けて出てきた妻に代わり、吉田もシャワーに。ソファーでテレビを観ながら待ってる妻。吉田はシャワーを終えると真っ裸で妻の元へ向かいます。すでに勃起したペニスに、目をどこに合わせればよいのか戸惑う妻。
「有紀さん。この前は有紀さんだけイッちゃったんだから、今日は最初、俺のを可愛がって」
妻が吉田のペニスを顔に近づけます。下を向いたまま躊躇しながらも、ペニスに両手を宛てがう妻。いつまでも両手で撫でている妻に、吉田は両手で妻の顔を挟み、その口元にペニスを押し付けました。ペニスは恥ずかしそうに少しずつ開く唇の中に納まっていきました。私しか知らない妻にしてみれば、いきなり求められたフェラも、こういうものかと思ったのでしょう。最初は恥ずかしそうにしていたフェラも、徐々に深く咥え込まれるようになり、舌で転がされるようになり・・・。吉田からは、妻がフェラをすることにより感じていることが読み取られます。結構長時間咥えていたそうです。
(俺との時、長いフェラなんて受けたことないよな~・・・嫉妬)
ペニスを口から抜き取りキス。フェラをすることで十分感じてしまった妻。軽いキスだけで打ち震えます。バスローブを脱がせるとブルーのショーツ。短く切り揃えられたヘアーが確認できます。その下に出来た染みが、いつでも受け入れられることを教えています。ここは熟女殺しの吉田。キスから離れた吉田の唇はうなじへ、そして首筋へ。首筋を離れた唇は肩から指先に下り、そしてまたうなじへ。妻の吐息が声となって吐き出されます。
「あっ・・・ああっ」
もう骨抜きになってしまった妻を抱え、ベッドへ。うつ伏せになった背中を唇が這います。ゆっくりと産毛だけを触るかのように柔らかく、うなじから腰までを往復します。腰からうなじに帰る時、勃起した吉田が尻に触れると、おねだりをするかのように振れる腰。堪らなくなった妻は、頭を持ち上げ歓喜の声を漏らします。
「ああ~~っ」
爪先まで行った唇はやっと乳房に届きましたが、なかなか乳首に届きません。勃起した大き目の乳首。待ちに待った唇が乳首に届き、軽く噛まれた時、妻は一度目のアクメを迎えました。アクメを迎えた妻は今だショーツを着けたままなのです。吉田の時間をかけた愛撫。(これじゃ~手抜き亭主だと思われてしまう)
抱き寄せてのキス。妻の手は、今や当然のように勃起したペニスに添えられ、扱きます。ショーツの染みは先ほどと比べ物にならない程に大きくなっています。ショーツの染みを捉えた指先に妻は大きく反応します。
「有紀さん、自分で脱いで僕にあそこを見せて」
「恥ずかしい。脱がせて下さい」
「い~や、自分で脱いで」
もどかしいショーツ越しの愛撫が続きます。腰を左右前後に振る妻。とうとう自分で脱いでしまいます。吉田の指先が軽く挿入され、まるで淫液を掬い取るかのような動き。
クチュ、クチュ・・・。
「いやっ。恥ずかしい」
「そう。有紀さんこんなに濡らしてしまって恥ずかしいよね」
グチュ、グチュ・・・。
「すごいよ。なんという有紀の淫乱なマンコだ」
「いや~~~。やめてっ」
二回目のアクメです。いよいよ吉田の唇が秘所を責めます。陰唇は腫れあがり、淫液を垂らしています。舌先で軽く弾きます。クリトリスは濡れた下唇でそーっと擦ってあげます。妻の快感の度合いは、甘い吐息から歓喜の声に変わったことで測り知れます。
「あああ~~~~。ねっ、ねっ」
さらに強い刺激を求めて自然と妻の腰が動き、秘所が唇を追い求めます。今度は陰唇を吸い上げます。わざとズルズル音を立てて。
「いや~~~っ、ああああ~~~~っ」
色んな表現で吉田を喜ばせたようです。指が挿入されます。
「ううっ・・・」
出し入れされる指、吸われるクリトリス。
「いや~~~~~~~~~~っ」
一際大きい声で妻は三度目のアクメを迎えました。いよいよペニスが秘所に宛てがわれます。陰唇を割ったペニスはクレパスを上下するばかりで、決して中に入ろうとしません。腰を振って秘所でペニスを追い求める妻。
「ねっ、ねっ・・・どうしたの?あっ、あっ・・・」
「入れて欲しい?」
大きく頷く妻。吉田は妻を抱き締めると妻を上にしました。
「じゃ、自分で入れてみて」
恥ずかしそうに腰を動かし挿入を試みます。入りそうになると吉田が腰をずらします。なので、なかなか上手くいきません。その間も吉田は下から乳首を吸います。堪らなくなった妻は、とうとう他人棒を自らの手で持ち受け入れたのです。やっとペニスでの快感にありついた妻。久しぶりのペニスです。一転して下からの強い突き上げ。
「いいっ、イク、イク、イク~~~っ」
呆気なく4度目のアクメです。数年ぶりのセックス。呆気なく4回もアクメを迎えた妻。
しかしここで、あんなに優しかった吉田のセックスが豹変します。少し時間を置いただけで体勢を入れ替え、激しい腰使いが始まりました。子宮を押し潰せと言わんばかりに深い挿入です。戸惑う妻。バックスタイルをとらせます。吉田の腰が尻に当たる度にパンパンと音がします。頭を振り快感に耐える妻。
「ねっ、ねっ、もう駄目、もう駄目、あああ~~~~イク~」
5度目のアクメを迎えました。まだ吉田は果てていません。
「有紀さん、どう?俺のセックス良かった?」
頷く妻。髪を撫でながら聞く吉田。黙って妻はキスを求めました。そして、しばらくすると妻は自らペニスを咥えにいったのです。久々のセックス、しかも夫以外…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
❤夫婦生活が長いと女として見てくれない
2017/09/21 20:44
2017/09/21 20:44
 結婚20年の40代後半の主婦です。世間から見れば円満な家庭生活と映るかもしれません。最近では主人は私を一人の女とは見てはくれていない様子。更には薄々ながら主人の影には女性がちらついています。

(但しこれは女としての私の感です)私は浮気願望が強い訳でもなくましてや結婚以来、浮気はありませんでした。 しかし、浮気や不倫体験談は時々ネットで拝見していました。今日は私のたった一度だけの浮気体験を告白させて下さい。

 あれは数ヶ月前の夏の日、私はとある講習会に3泊4日で関西に行った時のことです。最終日、講習会で知り合った同年代の男性に食事に誘われました。私は折角来たのだから観光、と思いもう一泊…
妻の出張3
2017/05/28 22:04
2017/05/28 22:04
憂鬱な朝がやってきました。 パソコンのメールボックスに目を向けると、 また新たなメールがエリカから私に来ていました。 内容を見てみると 「サヤカ朝から社長に精液飲ませてもらってるよ?」 「私には飲ませてって言っても飲ませてくれないのに。いいな?」 と書かれていました。 そこには社長のイチモツをいっぱいいっぱい 口に含ませた、いままさに精液を飲まされている所であろう 少し苦しそうなサヤカの顔のアップが一緒に添付されていました。 朝からまた嫌なものを見てしまいました。しかし、ファイルを開いたのは自分です。 今日も会社を休むことはさすがにきついので 重い足をひきずりながらも会社に向かいました。 体に…
【近親相姦】【理不尽?】遊びに遅刻したり忘れ物しても絶対に怒ったりしない彼女だったけど…【体験談
2016/07/07 06:46
2016/07/07 06:46
121:おさかなくわえた名無しさん2012/05/30(水) 09:50:52.64ID:WgPG3myv 理不尽だとはわかってるんですが冷めた瞬間。 4年ぐらい付き合ってた元彼女はめちゃくちゃ優しい、というより気が長かった。俺にも他人にも。 何をしても(例えば遊びに遅刻したり、いるものを忘れたり、)絶対に怒ったり、白けたりせず、「いいよ~よくあることだよ~^^」と言ってくれる子だった。ある日家デートのときに、彼女に同僚から電話がかかってきて、なんかもめ出した。(電話から向こうの騒いでる声が聞こえた)一方彼女はにこにこしてて「わかった~いいよ~代わりにやるよ~」とか言ってて、仕事の話だし近くに…
【母親との告白体験談】 Dカップの園児の母達
2016/05/31 14:42
2016/05/31 14:42
484えっちな21禁さんsageNew!04/03/3018:08ID:osGk1LNl一あれは、4年ほど前の夏。当時、20代最後の夏を謳歌したい欲求不満気味だった漏れは、生命保険の出入りの兄ちゃんに、合コンセッティングをお願いしまくっていた。この兄ちゃん(仮にN君)には、何度も合コンを過去にお願いしており、その都度、期待を大幅に裏切られていたわけだが、それでもN君に再びお願いしてしまうあたりに、漏れのルックスの限界が分かるってもんだ。 493484sageNew!04/03/3018:16ID:osGk1LNl数日後、N君から吉報が。どうやら、数少ないコネから合コン相手をなんとか確保した…
サークルの仲間と4P 2
2017/04/03 07:05
2017/04/03 07:05
友達の浩史とその彼女の恵と久しぶりに会ってSEXしました。恵とさくらは先週成人式だ ったので、まずはそのお祝いもかねて乾杯です。彼女のさくらは正月、友達とハワイに行っ ていたので、さくらに会うのさえ久しぶりでした。さくらは成人式後、髪をバッサリと切り 、肌も黒くなっていて大人っぽく見えたのでドキっとしてしまいました。恵も化粧のせいか 、前より大人っぽく見えます。最近さくらはダイエットにはまっていたらしく、体重は5キ ロやせて、54キロになったそうです。SEX後に3サイズを測ったら、胸が84、ウエス トが64、ヒップが92とかなりいい感じになっていました。腰がでかいので、ウエストは サイズの割に…
【母親との告白体験談】 洗濯機のカドにあそこを当ててオナニーする母
2016/08/03 22:51
2016/08/03 22:51
まさか、高三にもなって夢精をしてしまうなんて。と、すすり泣くような声を聞いたような気がした。「ああっ。くぅっ」子犬の鳴くような、痛みに耐えるような・・・ そっと流しのあるほうから、洗濯場の方に回ろうとしたとき、洗濯機の前にたたずむ女の姿が目に入った。「なおこだ」 彼女は横山尚子といって、父の後妻に入ろうとしている女だ。 母が死んで、はや六年が過ぎ、弁護士の父はさみしさからか、事務所のこの女とねんごろになったらしい。そして彼女はおしかけてきたのだ。年の頃は三十半ばで女ざかりとでも言うのだろうか。弁護士事務所に勤めているだけあって、ケバさはない。むしろ地味だ。 黒いふちの眼鏡と、ひっつめ髪と…
【体験談】バイトの送別会で美人店長に夜這いした
2016/06/07 20:30
2016/06/07 20:30

俺は、コンビニでアルバイトをしている
フリーターだった

そのコンビニは、20代の女店長で
俺とタメだった。



オーナーは別の店(本店)にいるので
その店はバイトと女店長だけだった。



んでよくバイト仲間と飲みに行ってたんだが、
たまに女店長も参加してた。



そんなこんなで2,3年経ち、
俺は深夜シフトのリーダーとして信頼は厚かった。




しかし別口で良いバイトが見つかり辞めることに。



同僚によって開かれた送別会には美しい店長の姿もあった。




1次会終了の時点で女店長はす…
マジメなOLと残業。セクハラ発言したらノリノリでセックスまで出来たwww
2017/04/21 20:02
2017/04/21 20:02
ある月初めの週末、おれは客先での打ち合わせを終え、

会社へ戻らず自宅に直帰していたところ、

週末に自宅で目を通すつもりでいた資料を会社に忘れたことに気が付いた。

資料は週明け早々に使うものだったので、

おれは面倒だったけど資料を取りに会社へ戻ることにして、

まぁこの時点では会社に同僚でも残っていれば、

ついでに晩飯でも一緒に食べて帰ればいいかぐらいに考えていた。

ところが会社に戻ってみると、

月初めの週末のせいかほとんどの社員はすでに帰宅してしまっていて、

ガランとしたフロアに残っていたのは

数年前に定年になったあと嘱託として会社に残っているAさんと、

支店の総務兼経…
【不倫体験告白】投稿雑誌で発見!今まで知らなかった妻のHな経歴に大興奮
2017/05/28 12:52
2017/05/28 12:52
私が会った事がない、その撮影者で知っているのはカメラを趣味にしている男の人だと言うことだけでした。 その人の事を、最初の頃、妻は私に話してくれたそうなのですが、その写真を妻が自慢げに言うのを、適当に聞き流していたためはっきりと覚えていないのが真実です。 でも、妻は そんな私の態度に面白くなかったのか、また、私が適当に相槌を打っているのを了承したと思ったのか、モデルを続けていました。 妻も私にその最初を見せただけで、特に何も言わなくなり、私もそれを忘れてしまっていたある日でした。 捜し物をするため、ゴソゴソと本棚をさぐっていると、いつか見た妻の写真を入れていた袋が出てきました。へぇ~まだ…
【姉】屋根裏から姉のオナニーとエッチを覗き見してオカズにしてた【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/11/15 12:47
2017/11/15 12:47
714 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/09/28(水) 18:53:58.30 ID:eVYDfztg0 [1/3]  姉貴はなかなかいい女で、中学の頃からいろいろとモテた。 で、当然と言えば当然の成り行きなんだけど、 大学に入って直ぐ、同じ大学生の彼氏が出来て俺たちの家でHするようになった。 姉貴とは仲が良かったから、俺はそういう時は気を利かせて外出するようにしていたんだが、 それまでも時々姉貴をオカズにしていた俺としては、彼氏の奴に姉貴を盗られたようで面白くなかったので、 ある時から、外出するふりをしてこっそりと家に戻り、 自分の部屋から天井裏へ入って隣にあ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・パンチラから始まった事件

・【熟女体験談】夢のハーレム3P乱交で、エロい淫乱熟女二人組に全身リップからの中出し

・常連客とエッチ。今も関係は続いています

・色白で細身の彼女を、バイト先のエロいオーナーに寝取られた

・私の痴態を他人に見せて興奮する夫・・・

・県道の脇に“落し物”の様に転がっていた泥酔女

・★バイト先の人妻とすんなりエロできた

・セレブ妻の高価な下着を中出し汁でドロドロに【出会い系体験談】

・明日を見つめて 6.佐藤家の事情

・【人妻体験談】セフレがいるイケメンデカマラ息子と束縛し合わない程度に近親相姦を楽しんでいる

・スーパーで美人な若妻が万引きしたのでお仕置きに犯しちゃいましたwww

・風俗嬢に絶賛される規格外の巨根 2【風俗体験談】

・中出し娘。

・単身赴任の兄の代わりに義姉を潤わせてあげます

・風俗嬢に絶賛される規格外の巨根 1【風俗体験談】

・2月に結婚するんだけど

・教師と女生徒の恋愛物語

・同僚とその娘その2

・出会い系サイトで知り合った美人な人妻と中出しセックス

・ソープで指名嬢が休みで変わりに来た嬢がまさかのwwwwwwwwwwww

・★股間を触ってくる友人の奥さん

・別れさせ屋

・ヤリチンの彼氏が寝ている隣で抜いてくれた友カノ

・【人妻体験談】うつぶせオナニーしている息子を見て興奮し、逆レイプを目論む痴女母

・【熟女体験談】実姉と近親相姦し、子供も出産して幸せな夫婦生活を営んでいるんだが・・・

・【SM・調教】ドSとドMが混じり合った濃厚セックス[第4話(終)]

・俺の彼女が風俗面接して帰ってきたんだがw【デリヘル体験談】

・弁当屋の美人人妻とトイレで中出しセックスしちゃいました

・妻を他の男性に・・・

・友だちの家で初対面の人とセクロスした