寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

有名人官能小説 石原さとみ

2017/06/16 23:28


薄暗い階段を駆け登り部屋のドアを開けると、オレンジ色の光が眼
に差し込んだ。光を手の平で遮りカーテンを閉めると、中島夏彦は
バッグを学習机の傍らに投げ捨てた。この季節は西日が厳しいため、
朝からカーテンは閉ざしてあったはずだ。
ママが掃除に入ったに違いない。
夏彦は舌打ちした。
だがいつもと違う、いや、いつもと同じと言うべきか。
脱ぎ散らかしたパジャマもそのままで、昨晩性処理をしたティッシ
ュもグラビア雑誌の隣で畳の上に転がっている。ゴミ箱に捨てたマ
マにナイショの0点のテスト用紙も無事のようだった。
ただ、この古い空き箱のような部屋の片隅に、見慣れない奇妙な物
体の存在があった。背丈は130センチもあるだろうか、それは巨
大な貯金箱のようなダルマの置物。金属で出来ているだろうその物
体は、カーテン越しの西日を浴びて部分的に鋭い光線を放っている。
夏彦は近づき、その置物をまじまじと見つめた。
―――なんだこりゃあ。
ブルーメタリックのダルマ人形。
しかしダルマにしても妙である。
胴体には太くて丸い手足のようなものが付いていて、あぐらをかい
ているように見えるのだ。そして鼻はまるでピエロのように真っ赤
で丸く、その脇には鉛筆の芯のようなヒゲが左右に三本ずつ放射線
状に開いている。また、両目ともに墨が入っていることからしても
やはりダルマではないのだろう。
じゃあ、タヌキか。
夏彦はタヌキ人形の前に座り込み、推理を巡らせた。
プレゼント?パパか―――、とも思ったがクリスマスじゃあるまい
し、そんなことしないだろう。だいたいそこまで気の利くパパでは
ない。
なら、ママか。昨日マンガ本が欲しくてママに泣きついたのを思い
出した。結局ママに普段のムダ使いを叱られるだけの徒労に終わっ
たのだが。なるほどママが用意した貯金箱か。確かに腹の部分にお
金が入るような差込口があることに夏彦はあいまいに納得した。

「やあ、おかえり夏彦クン」

聞き覚えのないしゃがれた声が自分の名前を呼んだことに、夏彦は
辺りをぐるり見渡した。
しかしこの狭い四畳半の部屋に自分以外の人間がいるはずもない。
ラジオがついているわけでもないし、テレビなど初めからこの部屋
にはなかった。

「まったく、どこ見てンのさ」

その声には金属的な響きが混じっていて、ある予感が夏彦の視線を
タヌキ人形へと向かわせた。

「おまえか……?」
夏彦は恐る恐るタヌキ人形に問いかけた。
傍から見れば奇妙な光景であろうが、この声の主はタヌキ人形以外
には考えにくい。
「まったく、キミは本当にダメなヤツだな」
声というよりは、電子音の集合体とでもいうべき音声。ダルマ人形
の洗面器でも入りそうな大きな口が、パカリパカリと声に合わせ開
いている。
間違いなくこのタヌキ人形からの声だ。
「話せるのか……?」
驚きに身を乗り出した。
「今、現に話してるじゃないか、やっぱりキミはダメなヤツだ」
人形のもっともな答えに夏彦は口を結んだ。
「いいかい、よく聞いて夏彦クン。キミこれから不幸な人生を送る
ンだ。とンでもない女と結婚して、とンでもない人生を送る。なぜ
ならキミは本当にダメなヤツだからだ」
なに言ってるんだ。夏彦は口をつぐんだまま憮然とダルマ人形の話
を聞いていた。
大学生の夏彦にそんな話をしたところで真実味があるわけではない
し、突然現れたダルマに「ダメなヤツだ」と連呼されて気分がいい
わけがない。
「だいたいお前、なんなんだよ」
夏彦の声には怒気を含んでいたが、タヌキ人形はうろたえた様子も
ない。畳を握りこぶしで叩く。ドンっという音が妙に物悲しく響い
た。人形と喧嘩するなんて、まともではない。どうかしている。
ダルマ人形は夏彦の様子にただ呆れた様子で、大袈裟なため息をひ
とつついた。
「ボクは、二十二世紀の未来からきたネコ型ロボットさ、名前はま
だない」
バカバカしい―――。
と思ったが、なんとなくどこかで聞いたことのある話だ。
「まさか」
そうだこの話、藤子不二男の代表作「ドラえもん」だ。
夏彦の目は興奮に見開かれた。確かによくみると、金属的な質感は
ともかくフォルムはドラえもんそのもの。電子音が生み出すしゃが
れた声も、鋼鉄のひげも、郵便ポストのようなポケットもドラえ
もんといわれればそう見える。
「お前まさか、ドラえもん、ド、ドラえもんなのか」
夏彦はダルマ人形に詰め寄った。ボディーの肩に当たる部分をゆす
り、興奮した様子で問い詰めた。
ダルマ人形はそんな夏彦をよそに静かに首を横にふり、またひとつ
大きなため息をついた。
「本当にキミはダメなヤツだな、不幸な未来になるのも納得がいく
よ」
そう言ったダルマ人形は伏し目がちにこう言った。
「名前はまだない、って言ったじゃないか―――」
ダルマ人形の浮かべた悲しげな表情に、夏彦の部屋にしばらくの静
寂が訪れた。

「ボクはキミを助けにきたンだ」
ダルマ人形が重々しく口を開いた。
「助けに……? なぜ?どうやって?」
「キミが不幸になったのは、さっきも言ったけどとんでもない女と
結婚したからさ、だからボクがその未来を変える」
「じゃあ、僕をしずかちゃんと結婚させようと?」
「キミはバカだ」
ダルマ人形が吐き捨てるように言った。
「だいたい誰なンだ、シズカちゃんって」
ダルマ人形は夏彦を跳ね飛ばすと、おもむろに丸い手をポケットに
入れた。
夏彦の眉があがった。
これはダメなのび太にあきれたドラえもんが、見かねて未来の道具
を出すパターンだ。
―――マイルドナイン。
タヌキ人形の発した声とともにポケットに差し込まれた手が掴んで
きたのは、もとい、手にくっついてきたのは、まるでタバコのよう
な箱型のもの。タヌキ人形は、箱からさらにスティック状のものを
取り出すと、洗面器でも入ろうかという口に咥え、先端に火をつけ
た。タヌキ人形の口からもうもうと煙があがる。
「それは―――、タバコかい?」
「コレはエネルギー着火剤さ。キミのバカさ加減に少々疲れたンだ」
そう言いながら紫煙を燻らせた。
「いいかい夏彦クン、ココからが本題だ。キミはイイ女と結婚しな
くてはならないンだ、未来を変えるために―――」
すこしはキミも生身の女の子との会話を楽しんでみたらいい、そこ
からはじめよう。
タヌキ人形はそう言うと、おもむろに丸い手をポケットに差し込ん
だ。
―――もしもボックス
タヌキ人形が叫んだ。“もしもボックス”という未来の道具は、ポケ
ットの四次元世界から現実世界に吸い込まれたように、凝縮された
形から見事な膨張を見せその姿をあらわした。
まさに形は公衆電話。街角でみるありふれた緑色の電話であった。
「いいかい、この道具はもうひとつ現実が作れるンだ、それもキミ
の望んだ世界を」
「僕の望んだ世界だって?」
「そうさ、でもそれはこの現実とは違う世界、もうひとつの未来さ。
よってキミがどんな世界をつくり、キミがどんなバカな行動をしよ
うとこの現実に影響はない」
いっこうに収まらないタヌキの言い草に、夏彦は沸々と湧き上がる
怒りを抑えつつ尋ねた。
「願いを叶えてくれるのかい」
「あるいはそうかもしれないが―――、バカなキミに説明するのは
骨が折れる。まずはやってみたらいい。たとえば―――」
そういうとタヌキ人形は、畳の上に開いたままの状態で置いてある
グラビア雑誌を手に取った。その手にとった雑誌の、開いてあると
ころを夏彦につきだし、言葉を続けた。
「たとえばだ。この部屋に来たのがボクではなくて、この石原さと
みだったら、キミはうれしいかい?」
もちろんだ。
夏彦はブラウン管に見る石原さとみに心焦がしていた。部屋に転が
る雑誌もほとんどが石原さとみ目当てで買ったものである。両の手
の平を宙に踊らせ、あれやこれやと説明を加えてその喜びを表現し
た。
「じゃあ、受話器を取りたまえ。そして告げればいい。キミの望む
世界を」
受話器を差し出された受話器を手に取ったが、その重さも、硬化プ
ラスチックのツルリとした感触も、どこにでもあるものでとても特
別な力があるようには思えない。
「いいかい、もとの世界に戻りたい時は同じように、“元の世界に戻
してくれ”と叫ぶんだ。そうすればもとの世界に戻れる」
「もしも―――、もしも、この部屋に来たのがタヌキ人形じゃなく
て―――、石原さとみだったら―――」
夏彦は声高々に叫んだ。
「タ、タヌキだって? キミはなんてひどいコトを―――」
蒸気を頭から噴出したタヌキ人形が、夏彦に飛び掛ろうかという寸
前、空間がグニャリとゆがみ、ほんのわずか時間が止まった。
体が一瞬ふわりと浮いた。飛び掛るタヌキ人形の顔がゆがみ、膨張
しそしてゆっくりと収束する。あたかも空間のねじれに吸い込まれ
ていくように。壁や机も同様に湾曲し、そして同じように吸い込ま
れていった。
夏彦は、身の回りすべてが吸い込まれていく上下の感覚を失った状
態で、必死に取れるはずもないバランスを取っている。バタつく夏
彦の耳に、風船が割れるような鋭い破裂音が飛び込んできた。その
破裂音に合わせ、強烈な光で辺りが包まれる。まるで真っ暗のトン
ネルをくぐり抜け、真夏の光を直接受けたような。夏彦は手で顔を
覆いながら、ううっとうめいた。
うめくのも束の間で、急に重力を受けた夏彦はドスンと尻から落ちた。

いてぇ。
尻をさすりながら体を起こすと、クスクスと笑う声が聞こえた。
「おかえりなさい。夏彦さん」
部屋の片隅にたたずむのは、真っ白なブラウスに身を包んだ女子高
生。そのたくわえた笑顔は鋭い西日も柔らかい光に変えてし…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
初恋の人
2015/10/30 00:05
2015/10/30 00:05
俺には中学生の時に初恋をした。 みんなの人気者で成績優秀で、生徒会副会長もしていた。 スタイルもすらっとしてて、背も高い。何から何まで完璧。 もちろん顔もずば抜けて綺麗だし、さらさらの髪の毛も印象的でした 部活動もバレー部の主将であり、俺には憧れの存在であり、高嶺の花で あったことはいうまでもありません。 もう、忘れかけてた。でも中学の時の友達から、「中学一緒だった○子さぁ」 「風俗雑誌にそっくりな子が載ってたぞぁ」と教えられて、「俺もそれみてみたい」 といってどの雑誌に載っているか教えてもらって、本屋さんへ直行。 そして、発見した。目は隠されていたんだけど、俺には確信があった。 間違いないと…
【人妻体験談】元彼と再会してまた昔みたいに抱いて貰ってから体が疼いて仕方ありません
2016/04/17 22:02
2016/04/17 22:02
28歳の人妻です。 元彼と再会して、体の関係だけですが、また昔みたいに抱いて貰ってから、体が疼いて仕方ありません。 でも、主人が求めてきても、濡れもしなくなってきてます。 彼からのメールの文章や電話の声だけで、パンティーに染みが出来る程濡れるのに・・・。 彼は、私の家で私を楽しみたいという願望があります。 ドSなところは昔と全く変わってません。 私は平日も休みを取れるので、彼の休みに合わせて、主人が出勤すると、家に彼を迎えます。 彼は必ず私を洗面台に開脚させて乗せて、栓をして、潮を吹かせて潮を溜めます。 そして、それに私の顔を押しつけ、「舐めろ」と命令します。 そうさせながら、生で立ちバック…
【人妻との体験】娘の家庭教師の先生とのエッチ体験
2017/05/10 08:21
2017/05/10 08:21
夫は昨年から工場の生産ラインを東南アジアに移すため現地に赴任中です。 娘から高校入学を機会に数学と英語を家庭教師から教わりたいとの相談を受け、幸い近所に国大があるのでお願いしました。 娘の友達も同じように国大の学生さんから指導を受けているのでお母さん方から情報を得ていたこともあって、スムーズに話が進み週2回、6時から7時30分までのお約束で纏りました。 紹介された学生さんは工学部で学んでいるガッチリした体格のスポーツマンのような方でした。 最初の日は、私も娘も学生さんも緊張してぎこちない雰囲気でしたが、勉強が始まると次第に解れて集中した指導になりました。 高校生と大学生の男女ですのでお…
コスプレイベントで、カメラマンに一対一の撮影をさせてもらえないかと言われて
2018/06/25 17:10
2018/06/25 17:10
去年の秋に参加したコスプレイベントで、カメラマンに一対一の撮影会をさせてもらえないかと言われました。

撮影会の申し出が来るなんて、私のコスプレクオリティも高くなったもんだなと快くOKしました。

スタジオを借りるとの事で、どんな場所なのかと楽しみに待ち合わせに着くと、カメラマンに

「ちょっと場所変更になった」

と言われました。

「どこに変更ですか」

と聞くと、

「未成年でも入れるラブホテルなんだけど…」

と予想外の言葉に戸惑いました。

「ラブホで撮影って結構ある事だから心配しないで」

などと宥められ、不安に思いつつもホテルに向かいました。
【H体験談】エロDVDを一緒に観ていたら、迫ってきたエッチな妹
2016/10/02 16:55
2016/10/02 16:55
こないだの週末に
妹が家に遊びに来た

それで、1時くらいに駅に
着いたからまあ迎えに行くよね。



んでお昼は普通に遊びました。



まずはお腹はあんまりすいてないって言うから、
ご飯は食べずに、ここらでちょっと
有名なケーキ家行って奢ってやったら

「おいしー」

って超喜んでくれた。



ケーキ一つでここまで喜んでくれるなんて
ホント可愛い妹だ
それから近場の観光名所?
的な所を一通り回った後は、
繁華街でゲーセン行ったり
買い物したりとまあここまでは
何事も無くきたわけですよ。



ひとしきり遊んで夕方になったし、

「ご飯どうする?」

って聞いたら

お医者さんごっこしてたらアソコにナスを入れられた
2017/07/31 08:19
2017/07/31 08:19
小4ぐらいの頃の話。 近所の同級生(M子)と2人で、自宅からは少し離れたKさん(女)の家に遊びに行く事が多かった。 Kさんは、理由はわからないけど母親がいなくて、おばあさんとお父さんと3人で住んでいました。 年は私より3つ上の小学6年生。 Mはモー娘の高橋愛に似てて、Kさんは大塚寧々に似ています。 私はちょっと前の鈴木杏に似ていると言われたことがあります。 Kさんの家では年中こたつが出ていました。 そして、遊んでいる途中に必ず1時間の昼寝タイムがあり、そのこたつで3人で寝ました。 私は昼寝に関しては何の疑問も持っていなかったけど、MとKさんがくっついて寝るのがすごく気になってい…
カフェで出会った元気なおじいちゃん
2018/08/17 21:54
2018/08/17 21:54
 平日に会社を休み、カフェでぼーっとしていました。ボックス席に座りたくて、ひとつ空いたので移動したんだけど、隣との間がせまくて、テーブルの間を、おしりをぐぐっと突き出すように通るしかなかったんです。その時に突き出された側にいた隣の人が、70はいってそうなおじいちゃんでした。

 その人が「おっ♪」という感じで私のお尻をじっと見たのがわかったんですが、男性が私を見て興奮するのが好きなんで、そのままにしていました。そうしたら隣になってからずっとちらちらこっちを見るんです。しばらくして、おじいちゃんは私に、そのカフェの割引チケットがいらないからと、私にくれました。
バイト先の狂宴【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/15 22:16
2017/11/15 22:16
前職を私のわがままで辞職し、生活資金の為、アルバイトをしていた居酒屋での事。そこの従業員は以下の通り。1)恰幅のいい、料理長である40歳代中盤のオーナー。2)小柄だが、ガッチリした体型の、30歳代前半の副料理長。3)結構な年齢で調理師の資格をとった50歳代前半の調理師の原野さん。4)ハゲを1:9の髪型で姑息に隠す、ホール担当40歳代後半今井さん。以上が、社員のメンバー。5)23歳の就職浪人の高野君(男)6)その日暮でフラフラしていた私。以上が男のバイトのメンバー。7)女子高生で真面目-----な感じの可愛い美香ちゃん16歳。8)女子高生で、何かエロっぽい、綺麗系の麻衣ちゃん16歳。9)女子高…
レイプされて死にかけた話【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/10/13 09:31
2017/10/13 09:31
やっと整理が付いてきて吐き出したくなったからだらだら書く。 私、♀ 身長体重顔面ごく標準、セミロング、真面目だとよく言われる。 まあ親や教師や上司に反抗する気力がなかっただけ。 ごく普通に大学まで進学してそれなりの中堅会社に就職。 A男 ♂、身長180、ちょいガリくらい B男 ♂、身長165くらい?背は低いけど筋肉質。腹筋とか割れてる。 C子 ♀、身長低め細身。細いっていうかちっちゃいって感じでいわゆるモテるタイプ。かわいい。     学生時代はまったく関係ないので省く。 業績も仕事内容も実にお堅い会社に無事に就職が決まり、 配属先が新宿だったので、実家から通えなくもないが遠いので…
露天風呂で救助
2017/12/13 17:49
2017/12/13 17:49
信濃の古びた温泉旅館の出来事でした。 中年の趣味の慰安旅行でこの温泉に来ていた。 夜中の12時過ぎ、私と友人は混浴の大露天に入った。 周囲の照明は明るく、露天の奥で若い女の子が一人、 気持ちがよさそうに入浴していた。 少し酒の勢いもあり近づいた。 小さなタオル一枚で全裸である。 お酒を飲んでいるのか、ほんのりとしたピンクの素肌。 乳房のくびれに、ドキットした。 股間に視線を向けると、慌てる様に手で隠す。 真っ白な大腿に、手の端から陰毛が薄らと分かる。 「何歳? 何処から? 誰かと一緒?」など色々話し掛けた。二十歳の記念に、友人と三人で宿泊をしているらしい。 その時突然、彼女は振り返り、女湯…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】馬鹿な人妻を騙してセックスする塾講師

・【熟女体験談】夫婦交換大好きでスワッピング中毒な変態夫婦

・【Hな体験】ブスだけど気遣いのできる超絶テクニシャンのデリ嬢

・おいしいかった社員旅行のハプニング

・【オナニー】ジャクジー風呂で男子高校生に露出しながら

・【人妻体験談】妻が浮気をしているようで、友人に監視してもらったら金持ちの男に寝取られていた

・【熟女体験談】ご近所さんの元芸能人おばさんの水着姿に興奮し、水着のままSEX

・未亡人はエロに飢えているんですね

・【スワッピング】30歳の童貞キモオヤジに彼女を貸し出した結果

・【寝取られ】チャラい先輩とのセックスをブログ公開してた元カノ

・【不倫】バスケサークルで知り合った若い男の子に告白されて

・痴漢される妻を目撃8(映画館編)

・【熟女体験談】本屋で不倫物を立ち読みしている熟女を痴漢したら簡単に中出しさせてくれた

・社長のおちんちんを咥えています

・【人妻体験談】会社に出入している浮気したことのない人妻生保レディーが家にきたので、初めての浮気を経験させてやった

・交際初日に初SEX。そして・・・。

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[後編]

・あんなイイ思いは何だったのか不思議

・スロベニアから来たシビルとのセックス

・手マンから結局最後までいっちゃった

・【熟女体験談】還暦を迎えた母の黒の下着に興奮し、夜這いしてしまった

・スイミングスクールに妹を迎えに行ったら

・お祭りに参加していやらし事されぱなしでした

・【人妻体験談】ちんぽが大好きで手コキマニアな変態女上司

・不倫相手との甘い甘いSEX行為の告白

・職場で集団レイプを見せられた。

・【Hな体験】有名なエロレイヤーの処女をいただいた話

・妻しか知らない私~初体験は非処女妻~

・【近親相姦】義父から性的暴行を受けていた実の娘と

・認知症の母と・・・