寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

有名人官能小説 石原さとみ

2017/06/16 23:28


薄暗い階段を駆け登り部屋のドアを開けると、オレンジ色の光が眼
に差し込んだ。光を手の平で遮りカーテンを閉めると、中島夏彦は
バッグを学習机の傍らに投げ捨てた。この季節は西日が厳しいため、
朝からカーテンは閉ざしてあったはずだ。
ママが掃除に入ったに違いない。
夏彦は舌打ちした。
だがいつもと違う、いや、いつもと同じと言うべきか。
脱ぎ散らかしたパジャマもそのままで、昨晩性処理をしたティッシ
ュもグラビア雑誌の隣で畳の上に転がっている。ゴミ箱に捨てたマ
マにナイショの0点のテスト用紙も無事のようだった。
ただ、この古い空き箱のような部屋の片隅に、見慣れない奇妙な物
体の存在があった。背丈は130センチもあるだろうか、それは巨
大な貯金箱のようなダルマの置物。金属で出来ているだろうその物
体は、カーテン越しの西日を浴びて部分的に鋭い光線を放っている。
夏彦は近づき、その置物をまじまじと見つめた。
―――なんだこりゃあ。
ブルーメタリックのダルマ人形。
しかしダルマにしても妙である。
胴体には太くて丸い手足のようなものが付いていて、あぐらをかい
ているように見えるのだ。そして鼻はまるでピエロのように真っ赤
で丸く、その脇には鉛筆の芯のようなヒゲが左右に三本ずつ放射線
状に開いている。また、両目ともに墨が入っていることからしても
やはりダルマではないのだろう。
じゃあ、タヌキか。
夏彦はタヌキ人形の前に座り込み、推理を巡らせた。
プレゼント?パパか―――、とも思ったがクリスマスじゃあるまい
し、そんなことしないだろう。だいたいそこまで気の利くパパでは
ない。
なら、ママか。昨日マンガ本が欲しくてママに泣きついたのを思い
出した。結局ママに普段のムダ使いを叱られるだけの徒労に終わっ
たのだが。なるほどママが用意した貯金箱か。確かに腹の部分にお
金が入るような差込口があることに夏彦はあいまいに納得した。

「やあ、おかえり夏彦クン」

聞き覚えのないしゃがれた声が自分の名前を呼んだことに、夏彦は
辺りをぐるり見渡した。
しかしこの狭い四畳半の部屋に自分以外の人間がいるはずもない。
ラジオがついているわけでもないし、テレビなど初めからこの部屋
にはなかった。

「まったく、どこ見てンのさ」

その声には金属的な響きが混じっていて、ある予感が夏彦の視線を
タヌキ人形へと向かわせた。

「おまえか……?」
夏彦は恐る恐るタヌキ人形に問いかけた。
傍から見れば奇妙な光景であろうが、この声の主はタヌキ人形以外
には考えにくい。
「まったく、キミは本当にダメなヤツだな」
声というよりは、電子音の集合体とでもいうべき音声。ダルマ人形
の洗面器でも入りそうな大きな口が、パカリパカリと声に合わせ開
いている。
間違いなくこのタヌキ人形からの声だ。
「話せるのか……?」
驚きに身を乗り出した。
「今、現に話してるじゃないか、やっぱりキミはダメなヤツだ」
人形のもっともな答えに夏彦は口を結んだ。
「いいかい、よく聞いて夏彦クン。キミこれから不幸な人生を送る
ンだ。とンでもない女と結婚して、とンでもない人生を送る。なぜ
ならキミは本当にダメなヤツだからだ」
なに言ってるんだ。夏彦は口をつぐんだまま憮然とダルマ人形の話
を聞いていた。
大学生の夏彦にそんな話をしたところで真実味があるわけではない
し、突然現れたダルマに「ダメなヤツだ」と連呼されて気分がいい
わけがない。
「だいたいお前、なんなんだよ」
夏彦の声には怒気を含んでいたが、タヌキ人形はうろたえた様子も
ない。畳を握りこぶしで叩く。ドンっという音が妙に物悲しく響い
た。人形と喧嘩するなんて、まともではない。どうかしている。
ダルマ人形は夏彦の様子にただ呆れた様子で、大袈裟なため息をひ
とつついた。
「ボクは、二十二世紀の未来からきたネコ型ロボットさ、名前はま
だない」
バカバカしい―――。
と思ったが、なんとなくどこかで聞いたことのある話だ。
「まさか」
そうだこの話、藤子不二男の代表作「ドラえもん」だ。
夏彦の目は興奮に見開かれた。確かによくみると、金属的な質感は
ともかくフォルムはドラえもんそのもの。電子音が生み出すしゃが
れた声も、鋼鉄のひげも、郵便ポストのようなポケットもドラえ
もんといわれればそう見える。
「お前まさか、ドラえもん、ド、ドラえもんなのか」
夏彦はダルマ人形に詰め寄った。ボディーの肩に当たる部分をゆす
り、興奮した様子で問い詰めた。
ダルマ人形はそんな夏彦をよそに静かに首を横にふり、またひとつ
大きなため息をついた。
「本当にキミはダメなヤツだな、不幸な未来になるのも納得がいく
よ」
そう言ったダルマ人形は伏し目がちにこう言った。
「名前はまだない、って言ったじゃないか―――」
ダルマ人形の浮かべた悲しげな表情に、夏彦の部屋にしばらくの静
寂が訪れた。

「ボクはキミを助けにきたンだ」
ダルマ人形が重々しく口を開いた。
「助けに……? なぜ?どうやって?」
「キミが不幸になったのは、さっきも言ったけどとんでもない女と
結婚したからさ、だからボクがその未来を変える」
「じゃあ、僕をしずかちゃんと結婚させようと?」
「キミはバカだ」
ダルマ人形が吐き捨てるように言った。
「だいたい誰なンだ、シズカちゃんって」
ダルマ人形は夏彦を跳ね飛ばすと、おもむろに丸い手をポケットに
入れた。
夏彦の眉があがった。
これはダメなのび太にあきれたドラえもんが、見かねて未来の道具
を出すパターンだ。
―――マイルドナイン。
タヌキ人形の発した声とともにポケットに差し込まれた手が掴んで
きたのは、もとい、手にくっついてきたのは、まるでタバコのよう
な箱型のもの。タヌキ人形は、箱からさらにスティック状のものを
取り出すと、洗面器でも入ろうかという口に咥え、先端に火をつけ
た。タヌキ人形の口からもうもうと煙があがる。
「それは―――、タバコかい?」
「コレはエネルギー着火剤さ。キミのバカさ加減に少々疲れたンだ」
そう言いながら紫煙を燻らせた。
「いいかい夏彦クン、ココからが本題だ。キミはイイ女と結婚しな
くてはならないンだ、未来を変えるために―――」
すこしはキミも生身の女の子との会話を楽しんでみたらいい、そこ
からはじめよう。
タヌキ人形はそう言うと、おもむろに丸い手をポケットに差し込ん
だ。
―――もしもボックス
タヌキ人形が叫んだ。“もしもボックス”という未来の道具は、ポケ
ットの四次元世界から現実世界に吸い込まれたように、凝縮された
形から見事な膨張を見せその姿をあらわした。
まさに形は公衆電話。街角でみるありふれた緑色の電話であった。
「いいかい、この道具はもうひとつ現実が作れるンだ、それもキミ
の望んだ世界を」
「僕の望んだ世界だって?」
「そうさ、でもそれはこの現実とは違う世界、もうひとつの未来さ。
よってキミがどんな世界をつくり、キミがどんなバカな行動をしよ
うとこの現実に影響はない」
いっこうに収まらないタヌキの言い草に、夏彦は沸々と湧き上がる
怒りを抑えつつ尋ねた。
「願いを叶えてくれるのかい」
「あるいはそうかもしれないが―――、バカなキミに説明するのは
骨が折れる。まずはやってみたらいい。たとえば―――」
そういうとタヌキ人形は、畳の上に開いたままの状態で置いてある
グラビア雑誌を手に取った。その手にとった雑誌の、開いてあると
ころを夏彦につきだし、言葉を続けた。
「たとえばだ。この部屋に来たのがボクではなくて、この石原さと
みだったら、キミはうれしいかい?」
もちろんだ。
夏彦はブラウン管に見る石原さとみに心焦がしていた。部屋に転が
る雑誌もほとんどが石原さとみ目当てで買ったものである。両の手
の平を宙に踊らせ、あれやこれやと説明を加えてその喜びを表現し
た。
「じゃあ、受話器を取りたまえ。そして告げればいい。キミの望む
世界を」
受話器を差し出された受話器を手に取ったが、その重さも、硬化プ
ラスチックのツルリとした感触も、どこにでもあるものでとても特
別な力があるようには思えない。
「いいかい、もとの世界に戻りたい時は同じように、“元の世界に戻
してくれ”と叫ぶんだ。そうすればもとの世界に戻れる」
「もしも―――、もしも、この部屋に来たのがタヌキ人形じゃなく
て―――、石原さとみだったら―――」
夏彦は声高々に叫んだ。
「タ、タヌキだって? キミはなんてひどいコトを―――」
蒸気を頭から噴出したタヌキ人形が、夏彦に飛び掛ろうかという寸
前、空間がグニャリとゆがみ、ほんのわずか時間が止まった。
体が一瞬ふわりと浮いた。飛び掛るタヌキ人形の顔がゆがみ、膨張
しそしてゆっくりと収束する。あたかも空間のねじれに吸い込まれ
ていくように。壁や机も同様に湾曲し、そして同じように吸い込ま
れていった。
夏彦は、身の回りすべてが吸い込まれていく上下の感覚を失った状
態で、必死に取れるはずもないバランスを取っている。バタつく夏
彦の耳に、風船が割れるような鋭い破裂音が飛び込んできた。その
破裂音に合わせ、強烈な光で辺りが包まれる。まるで真っ暗のトン
ネルをくぐり抜け、真夏の光を直接受けたような。夏彦は手で顔を
覆いながら、ううっとうめいた。
うめくのも束の間で、急に重力を受けた夏彦はドスンと尻から落ちた。

いてぇ。
尻をさすりながら体を起こすと、クスクスと笑う声が聞こえた。
「おかえりなさい。夏彦さん」
部屋の片隅にたたずむのは、真っ白なブラウスに身を包んだ女子高
生。そのたくわえた笑顔は鋭い西日も柔らかい光に変えてし…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
私も見ちゃった
2015/09/19 05:01
2015/09/19 05:01
あずさは時々NP・NBで出掛けて露出します。 この間も外出帰りに駅のトイレで上下の下着を脱ぎ電車で帰宅。 遅い時間で車内には隣のボックスの向かい側に男の人1人だけ。 私はケータイを弄りながら足を組みかえたりしてガラス越しに男の人の反応を見ると、周りと私を交互にチラチラ。 私は席に膝を曲げて足をのせると、視線はNPのアソコを凝視。 興奮してきて片手で胸を静かに撫でると、男の人はすぐそれに気付きアソコと胸を交互に見ています。 見られてる事に気付いてないふりをして、隠しながら男の人には見えるように胸を揉んだり乳首を摘まみます。 ガラスに目をやると、男の人が股間に手を当てゆっくりズボン越しに撫でてるの…
【姉】姉はバイブ・モニター 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/09/29 09:33
2017/09/29 09:33
2007/12/01 08:50┃登録者:えっちな名無しさん◆za.UgsZI┃作者:名無しの作者【楽しく読んでもらうために、お姉ちゃんからのお願い】  ・長編だから、サクっと読みたい人はスルーしてね。  ・童貞キモヲタの妄想かなんて言わないでね。  ・それじゃ、本編の始まりです。 (くぅーっ。全然、進まねえなぁ) 俺は苛立ちながら、呟いた。 ここは渋谷センター街、午後10時。 もう8時間もここでアンケート活動をしている。 知り合いの紹介で始めた、某大衆雑誌の編集部のアルバイト。 ネタはエログロナンセンス何でもアリの三流誌である。 毎号、街頭の女の子へのアンケートコーナーがあるのだが、…
女流雀士と脱衣麻雀で、下着だけじゃなくおっぱいを丸見え
2015/10/04 12:14
2015/10/04 12:14
大学2年になったときのことでした。僕は大学の友だちには全くなじめず、友だちが一人もいませんでした。 決して友達が出来ないほど暗い性格ではなく、ただタイミング的に友達を作れる一年生のときに、友達が出来なかったのが原因だと思っていました。お昼ご飯もいつも一人でした。そんな僕とはじめての友達になってくれたのは再履修の先輩でした。 いわゆる落ちこぼれで、単位を取れなくてもう一度同じ授業を受けている先輩です。友達がいない僕を選んだのは、先輩も再履修で友達がいなかったので、一番僕が近づきやすかったのでしょう。 先輩はあれこれと話し掛けてきて、何とか僕と打ち解けようとしてくれました。そんな時、僕たちをつな…
野球選手とセッ●スしたことあるけど質問ある?
2018/08/13 11:09
2018/08/13 11:09
彼女の友達とエッチしようとしたら彼女が起きてしまって
2017/08/04 09:20
2017/08/04 09:20
2年位前のことですけど、彼女(E子)と彼女の友達(M美)と俺の3人で飲んでました。


最初居酒屋で飲んで、そのあと彼女の家でかなり飲みました。

その前にも、その3人+M美の彼氏の4人で何度か飲んだことはありましたが、エロい雰囲気になったことは一度もなく、強いて言うならカップル同士でキスをして、写真に取り合ったぐらいでした。

その日もホントは4人で飲む予定だったのですが、M美の彼氏は、仕事の都合でこれなくなり、3人で飲むことになりました。

で、3人のうち、彼女のE子が一番先に寝始めました。

なぜか、最初からかなりのハイペースで飲んでたんで、しょうがないかとか思いつつ、そのあと…
【人妻体験談】3人の人妻と3夜連続中出し三昧で精液を搾り取られた
2017/12/13 22:02
2017/12/13 22:02
ちょっと長いかもしれませんが、5年位前のことです。 当時単身赴任をしていた時、以前仕事で知り合った30代の人妻K子と付き合っていました。 週に1、2回逢っては中出しを楽しんでいたのです。 ある時たまたまメル友募集のサイトを見つけて投稿したところ、北陸の人妻N子と北関東の人妻Y子から返事をもらえたのです。 1ヶ月くらいメール交換したら、お互いに今度逢おうってことになりました。 偶然だったのですが、とある週末に3人の人妻と3日間連続で逢うことになったのです。 K子からは「今度の金曜の夜、逢いに行くね!」 N子は「土曜の朝、そちらの○○○駅の改札前に着きます。」 Y子は「日曜の夜、お泊りできるから…
乱用中
2017/10/28 22:49
2017/10/28 22:49
私はお気に入りの生徒のロッカーや机からノートや教科書を放課後に持ち出 し、 自分のチンコ写真をはさんでおいてあげます。 フニャチンやチンはもちろんのことオナホールとローションでぐちゃぐち ゃに てかったチ○コやザーメンまみれのチ○コなどバリエーションに富んだ写真 をプレゼントしています。 中高一貫の進学校なので比較的おとなしい感じ子が多く、私のチ○コが初チ ンの 生徒も多いと思われます。 密かに自分のチン写真をかばんに入れている生徒を下校時に見つけて、話し かける快感は何物にも変えがたいものです。
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】フルチンでレイプ動画鑑賞中、後ろ見たら姉がいた5【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/12 19:15
2017/03/12 19:15
2007/07/15 11:00┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者フルチンでレイプ動画鑑賞中、後ろ見たら姉がいた4770 :孤独 ◆48/L8w2V3g :2007/03/26(月) 19:31:52 ID:mdpr29en0風呂場の話(>>546)の続きです。 姉ちゃんは俺と舌を絡めたまま、そっと俺を洗い場に寝かせた。 俺を寝かせるのと一緒に、姉ちゃんも床に寝転んだ。 俺は右肩を、姉ちゃんは左肩を床につけて そのまま舌を絡め続けた。 姉ちゃんは、唇を俺の唇からゆっく…
【レイプ体験談】実の姉をレ◯プして、童貞を卒業した話
2016/06/24 23:39
2016/06/24 23:39
俺が、実の姉をレ◯プして、童貞を卒業した話をする俺が中学2年、姉は高校3年の時の夏休みのことだ。 俺は朝の11時ころに目を覚ました。 両親はすでに働きに出ていた。 姉は夏休みは受験勉強の為、夏期講習に通っていたが、その日は休みだった。 そんな姉がリビングのソファで横になって寝ている。 一度は目覚めたが二度寝をしてしたのだと思う。 昨晩は夜遅くまで勉強していたのであろう、姉の部屋の明かりがカーテンから漏れていた。 もちろん、その夜も姉が勉強を終え、寝静まったあとに侵入し、パンティに精子をこびり付けた。 俺はそのため、朝が起きれず昼前と遅い時間に目が覚めた。 姉は寝巻きのまま、ソファで眠って…
酔うと超淫乱になる人妻が5人の男を相手に・・・
2018/07/25 16:28
2018/07/25 16:28
先日、久々に取引先の同年代で気の合う男性から飲み会の誘いがありました。
この男性と会話はしたことはないものの、顔は知っているという職場の人妻である沙織にも声をかけました。
最初は「私が行っても大丈夫?」と不安を口にしていましたが「大丈夫だよ。仕事の話は一切しないし、楽しく飲んで場を盛り上げてくれれば」と伝えると、すぐにオッケーの返事がありました。
私と沙織は数年前から度々飲んだ後にHをしたことがあり、一方で今回飲みに誘われた男性とも過去に何度か夜の街へ繰り出したことがあり、かなりの女性好きであることも知っていたため、既にこの時点でエロい展開を期待はしていました。
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・マンションで朝から夜まで

・【熟女体験談】通勤電車で密着した同僚の美魔女社員に本格的な痴漢プレイ

・もし未来穂香が学校でいじめにあったら?3

・40代の人妻を寝取る愉悦

・ハロウィンの夜男達に悪戯された体験談

・【浮気】彼氏の友人に下の口からお酒を飲まされて

・人妻とセフレ関係になったきっかけ

・上京したら中学生と友達になり… ?

・強姦された人妻の末路は

・【熟女体験談】ノンアダルトの出会い系で知り合った無反応な全身網タイツなロボットおばさんとのSEX

・【不倫】家庭訪問に来た女教師を酔わせて

・ピンサロ店で中出し出来るなんて最高

・僕のセックス体験

・【乱交】現役JK2人組のダブルフェラは最高だった

・ある病院に勤めています

・【人妻体験談】夫婦喧嘩で家を飛び出した人妻が居酒屋で知り合った男性とランデブー

・【熟女体験談】息子とオムツプレイをしてオチンポ注射で中イキ絶頂

・強制中出しで援交娘を退治

・【浮気】彼氏がいるのに無理やりされて感じる自分に興奮して

・22歳童貞だが今日初ソープ行ってきたwwwwwwww

・【露出】頼んでもないのに露出してくれる女子大生のモデルさん

・【羞恥】全裸サイクリングのトラウマ

・女の子にたくさんいじめて貰った話を書いていく

・旦那の誕生日に他の男性に抱かれて上げました・・・

・【熟女体験談】デブ美人な母が全裸でバイブオナニーをしていたのを見て近親相姦レイプ

・これが人間のすることか ネパール人暴行殺害事件

・同じアパートに住む知り合いの離婚人妻

・俺か出会い系で童貞卒業したときの話

・CFNM小学1年生の頃スカートめくりが流行っていました

・【レイプ】小柄で茶髪のJKを雑木林に押し倒して