寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【レイプ・痴漢】満員電車の痴女【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

2017/06/10 13:28


高2の年末に引っ越しをしました。 通学の電車も変わってしまって、毎朝酷い満員電車に乗るハメになりました。 地獄が始まったのは3学期が始まった日です。 電車に乗ろうとしても、駅員が押し込んでくれないと乗れないんですから。しかも乗ってから次の駅でまた人が押し込まれるんです。 池袋までの数十分でしたが、本当に毎日が地獄でした。1月の半ばのある日、いつもと同じように僕は押し込まれました。イヤだなぁーと思いながら、次の駅でまた数人が押し込まれてきました。ちょうど僕はドアに向かって後ろをむいた状態で立っていました。 最後の人が押し込まれてしばらくすると、何やら後ろの太ももに手が当たっているのに気が付きました。 偶然当たっているもんだと思っていたのですが、どうやら違うんです。 手の平が太ももにピタッと張り付いているんです。変だなと思いましたが、見動きが取れません。 後ろを振り返るにも全く動けないんです。しばらく我慢していると、その手は今度はケツに移動してきました。 学ランのケツをゆっくり撫でまわしてくるんです。これは何かの間違いかと思いました。 痴漢が女と間違えて俺のケツを触っちゃってるんじゃないかと。身をよじってなんとかヤメろと態度で示しました。それでもずっとケツを撫でまわしてくるんです。 僕は気持が悪くなり、動ける方向に少しだけ動きました。ちょうど横向きになる姿勢になると、ケツからの手が離れていきました。やっと男だって気が付いたかと安心しました。どんな奴が痴漢なんてしてるのか興味がわきました。 僕の後ろ辺りにいるのは分かっていたので、どうにか降りる瞬間に確認しようと思いました。 池袋で一気に人が吐き出される瞬間が勝負です。 強引に体をひねって、僕は後ろにいる人を確認しました。そこにはolっぽい女性とオヤジと、大学生風の男がいました。この大学生っぽいのかオヤジが痴漢なんだなって思いました。そんな痴漢の事も忘れて、次の日も同じ電車に乗りました。 次の駅で人が押し込まれて、また動けない状態なった時、またケツに手が当たってきたんです。 今度は太ももとかじゃなくて、初めっからケツを撫で回し始めました。またかよ!と身をよじりましたが、全く手の動きが止まりません。 終いにはケツの割れ目を指で上下にさすってきました。 身をよじっても動きが止まらず、とうとうケツの穴辺りを指先でクルクルと弄り始めました。さすがにこれには我慢できず、強引にバッグを後ろにまわしてガードしました。 隣にいたオヤジはあからさまに不機嫌な顔をして見てきましたが、そんなの関係ありません。 後ろ手にバッグを持って、池袋までの十数分をしのぎました。 今日こそ痴漢野郎を確認してやろうと、池袋では必死に体をひねって後ろを見ました。でもそこにいたのは、昨日とは違うオヤジや若い男しかいません。 唯一同じだったのは、OLっぽい女の人だけでした。 必死に昨日と同じヤツがいないか確認しました。でもやっぱり見当たりません。 何ともいえない気分で学校に行きました。そのまま週末になり、月曜日になりました。 僕は痴漢を確認してやりたくて、作戦を考えてきました。 後ろから触ってくるということは、次の駅で押し込められた人の中にいるはずなんです。だから今日はドアに向かって乗ってやろうと。そうすれば痴漢と面と向かえると思ったんです。 面と向って触ってきたら、頭突きでもしてやろうと考えていました。いざ押し込まれて次の駅になり、4人の人が押し込まれてきました。その中には昨日見たOLさんぽい女性と、初日に見た大学生っぽい男がいました。この大学生が痴漢なのかと目星をつけ、わざとそいつに向き合いうようにしていました。そいつは音楽を聴いていて、斜め上の広告ばかり見ています。やっぱり前を向くとやってこないんだなと思っていました。安心していると、左肩にムニュっとした感触が伝わってきました。 左肩というか肩とヒジの中間あたりに。 見てみると押し込まれてきたOLさんぽい女性の胸が、思いっ切り当たっているんです。その女性はバッグを下に持っているらしく、ガードもしないで僕の腕にオッパイを押し当てています。これじゃ僕が痴漢に間違えられると焦り、なんとか離れようと努力しました。でも満員過ぎてあまり動けません。 女性は構う事無く、下を向きながら胸をグイッと押し当てていました。胸の谷間なら分かりますが、右に乳房だったり左の乳房を押し当ててくるんです。 当時の僕は恥ずかしながら童貞だったので分かりませんでしたが、多分Dカップはあったと思います。 腕に伝わる柔らかさで、僕は思わず勃起してしまいました。ヤベーと思って数学とか考えて、勃起を抑えるよう努力しました。 OLさんの方を見ていると治まらないので、目の前にいるハゲおやじの後頭部を見続けました。それでも押し付けられるオッパイの感触が腕に嫌でも伝わってきます。ヤベーヤベーと思っていると、いきなり左の太ももに手の平が当たってきました。 当たってきたというか、ケツを撫で回したように手の平がピッタリ張り付いてきたんです。エッ!と思ってOLさんを見ました。 OLさんは下を向いたまま動きません。でもその手は明らかにその女性の手っぽいんです。 焦りました。かなり動揺してたと思います。 女性に触られた経験なんて無いし、おっぱいの感触だって母親以外知りません。次第にその手は太ももから上がってきて、足の付け根を通過して勃起している股間に辿り着きました。 左寄りの息子は、勃起して完全に左側方向に勃起していました。そのチンコに、その手が触れました。 思わず僕は腰を引いてしまいました。 勃起していた事がバレた恥ずかしさで、かなり動揺してしまいました。どうしよう、どうしようと軽くパニックにもなりました。 気が付くと池袋まではもう少しです。なんとか早く駅に到着しないかと、そればかり考えていました。その間、女性の手は勃起した亀頭を数本の指先でスルスルと優しく触っていました。 亀頭の裏側辺りを柔らかい指の腹でさすられ、勃起は最高潮になっていました。このまま触られ続けたら、イッてしまいそうです。 早く着け、早く着け、そう願っていました。 腰を引いてなんとか逃げたりし続け、やっと駅に着きました。 僕は一目散に、股間をバッグで隠しながらおりました。後ろを振り返ると、女性は僕とは反対方向に歩いていました。ほっとしました。 必死に早歩きして、僕はトイレに向かいました。カウパーが大量に出ていて、トランクスの中はビッチョリ濡れてしまっていたからです。 朝のトイレは混雑していて、拭く事も出来ず出ました。 その日はずっとその痴女の事ばかり考えていました。 本当にあの女性が痴漢をしてきていたのか。もしかしたらホモが近くにいて、手を伸ばしてきていたのか。いろいろ考えてみましたが、どう考えてもあの女性に違いありません。ちらりと見えた女性の顔は、痴女なんかには思えないような容姿でした。 少し幼い感じが残る、どちらかというと騒がしいタイプではない清楚なタイプでした。 悩みはしましたが、それでも初めてのオッパイの感触と亀頭を触られた感触で、恥ずかしいですがその日3回もコイてしまいました。そして次の日になり、僕はまた同じ電車の同じ場所に乗りました。その日もドアに向かって立ち、痴女なのかを確かめようと思っていました。 次の駅でやはりその女性は乗ってきました。 今度はその女性以外見覚えがありません。僕は勇気を出して女性が押し込まれる瞬間に、女性に向かって行きました。ドアが閉まった時、僕はOLさんと面と向かう感じで立っていました。 OLさんは昨日と同じように下を向き、両手でバッグを提げています。 黒っぽいコートを着ていて、クリーム色のマフラー。 髪は肩より少し長いセミロングのちょっとコゲ茶色。シャンプーのイイ香りに、ドキドキしていました。そして僕はそれだけで勃起もし始めていました。電車が走り始め、揺れて体勢を崩さないよう踏ん張っていると、スグに太ももへ手が伸びてきました。その日は遠慮もなく、スグに勃起しているチンコにすぐ手が伸びてきました。ドキドキしました。 OLさんの手は亀頭を優しく撫でまわしてきます。 親指と数本の指を使って、指の腹でスリスリ亀頭全体を撫で回してきます。その動きが絶妙で、焦らされまくってる感じがしました。 早くチンコを激しくシゴいて欲しい!と。それを分かっているのか、OLさんは指の腹や指先を使って弄んできました。ビンビンに勃起したチンコの裏筋を指先で優しく上下にさすってきたり、根元辺りをさすってきたり。 冷たさを感じるほど、カウパーもドップリ出ていました。 電車はあと7~8分で池袋に到着します。その前に早く握って欲しいと願っていると、願いが叶いました。 OLさんはおもむろにチンコを握ってきました。そして握った手を小刻みに動かし始めたんです。 初めは握り難かったのかぎこちない動きでした。でもだんだん慣れてきたようで、根元から亀頭にかけてゆっくりシゴき始めました。生まれて初めての、女性の手コキです。すぐ爆発してしまいそうでした。ヤバい!と思って僕は思わず女性の手を押さえてしまいました。そのまま数回シゴかれたら、そのままイッてしまいそうだったんです。トランクスの生地に擦れるだけでイキそうなぐらい寸前でした。しかも電車も揺れるんで大変でした。やっと波が治まってきも勃起だけは治まりません。olさんはあれから全く手を出してきませんでした。 池袋まであと5分ぐらいだったでしょうか。 納まりきれていないチンコに、またolさんが手を伸ばしてきたんです。しかも今度は遠慮なく初めっから力強くシ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【人妻体験談】家庭崩壊
2017/05/13 22:39
2017/05/13 22:39
一見、裕福で幸せに見える家庭でも、内情は結構荒れていたりするもんなんだなぁと思うような出来事が過去にありました。 学生時代に家庭教師のアルバイトをしてましたが、そこの家庭は俺が住んでいたアパートの大家さんでした。 その家は元々その辺りの大地主だったようで、戦前はもっと土地があったらしいのですが、戦後残された土地にアパートとマンションを何棟か建てたそうです。 先代から現在に代替わりした際に、税金の関係で何棟かは売ってしまったそうですが、それでも家賃収入だけで裕福な生活が出来るくらいになっているように思われました。 俺が住んでいたのは、大家さんの家の目の前のアパートで入居後は挨拶を交わして…
風呂に入ったことがきっかけで・4
2018/02/25 21:23
2018/02/25 21:23
姉との関係は半年後くらいに、一度舐めて欲しいと言われたくらい。 バイブは壊れて捨てたらしい。 お互いにイカせて終わり。 そんな関係が、2年は続く。 しかし、姉から自分の気持ちと将来のことを本気に考えた時、結婚を考えて付き合うか普通の姉弟に戻るか相談された。 就職して気付いたが、なかなか女性と出会える機会がない。 今後、姉ほど理解し合える人が現れるかどうか自信はなかった。 それは姉と同じだった。 ある休みの日、話があると両親と居間で話した。 報告すると、驚きと喜びの中に少しだけ複雑さが混ざっていた気がする。 特に父はかなり黙っていた。 その日の夜に、翌週に正装して挨拶するよう言われた。固い人…
泥酔大会!
2017/05/10 20:01
2017/05/10 20:01
先週の金曜日のお話です。 俺「泥酔大会してぇーーよー」 友達(稲森いずみ似)「泥酔すると。ぽーーーんってなるよ」 俺「まじで?いいなーーー(やりたい放題だ)」 友達「じゃ、やろうかーーー」 俺「いやっほぅ」 後日 友達「泥酔したい?って聞いたら、したいって子が3人もいた」 俺「まじで?」 で、 行って来ました、泥酔大会! 場所は都内の某所。 まず、女の子4人と待ち合わせ。 対するこちらは俺&T君。 某駐車場で待機すること5分 トゥルルルルル 俺「もしもし?」 女の子「着いたよ?、アタシん家でいいよね?」 俺「全然OKっすよ」 女の子「じゃ、付いてきてね」 俺「はいぃぃ」 後ろから見る車内に…
【妹】最小限に【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/10/19 20:52
2017/10/19 20:52
45おさかなくわえた名無しさん2010/02/12(金)18:36:30ID:la7CPFLM こんなスレがあったんですね。 引いた話とは微妙に違うような気もしますが書き込ませていただきます別の男性と結婚した元カノが、自分の子供に俺と同じ名前を付けていました。字も全く一緒でした。 こういうことって良くあることなのでしょうか49おさかなくわえた名無しさん2010/02/12(金)20:06:19ID:la7CPFLM 46 自分が今まで付き合ってきた女性の中では一番と言えるくらいすごく良い子で、 そういう事をする子じゃないと思ってたからどん引きした話って事で。 自分もスレ違いかとも思ったんで…
何度も射精した母と初めての夜
2015/11/20 21:00
2015/11/20 21:00
ある日、母と『久しぶりに海を見たくない?』と、話をしていた。
母は乗り気で、「父さんに言ってみるね」と言っていた。
金曜日の夜に母が「今から海を見に行かない?私、一度で良いから朝日が昇る所を見たいんだけど?」と、父親に楽しげに言うと、父親は面倒くさそうな顔で「行きたければ、お前達で行ったらどうだ・・・」と返して来た。


その言葉で多少、ムッとした母は「ヒトシ、支度しなさい!今から二人で行くわよ!」と俺に言い、そそくさと準備を始めた。

 車は母が使っている軽自動車で、22時ぐらいに家を出発した。
 こんな深夜に道で走るのは初めてで、免許が無い俺は助手席に座り夜の風…
【人妻体験談】北陸で新妻に中出し
2017/03/31 21:13
2017/03/31 21:13
2010/07/10 09:10┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者この女めぐみとは営業先の会社で知り合いました。 その会社は富山にあり当然ウチの北陸支店のカバー出来る範囲なのでよく出入りしておりました。 ある日僕がいつものようにその会社を訪れると、約束してたはずの担当部長がまだ帰ってませんでした。 なんでも現場でトラブルがあったらしく一時間ばかり遅れるとのこと。 仕方なく応接イスに座り待つ事に。 珍しくその日は全員出払っていて会社のなかには僕と彼女だけに。 僕が大阪から転勤でこちらに来ていることは彼女も知ってましたから色々大阪の様子なんかを聞かれました。 話が盛り上がった…
妻に他人棒を経験させたくて知人を家に招いたら、イキなり中出しされた
2017/11/24 00:17
2017/11/24 00:17
私の妻は今まさに女盛りの34歳です。

おっぱいも92のEカップの美巨乳で肉付きのいい身体は見ているだけで男だったらチ○ポが立ってしまいそうなほど申し分のない身体です。

いつしか私はそんな妻が他人のちチ○ポ入れられて乱れた姿を見たいという願望を持つようになりました。

そこで複数Pの経験のあるS氏(39歳)を我が家に招いたのです。

3人でお酒を飲み軽く雑談をしていると段々と妻の顔が赤くなってきました。

妻はけっこう飲める方だが酔うと理性が弱まりHになる、そして一度身体に火が着くと止まらない…。
あらかじめ妻には私が指定したセクシーな服に着替えてくるようにと言…
妻が実家に帰っている隙に【エッチ体験談・浮気】
2017/08/04 11:00
2017/08/04 11:00
今日は妻が実家に帰っていない日。<br><br>そんな日はいつも、妻の弟夫婦の家で夕食をごちそうになる。<br><br>私の妻がお願いしていくからだ。<br><br>はっきり言って、あまり嬉しくはない。<br><br>他の夫婦やカップルなんかに挟まれるのが昔から苦手だったからだ。<br><br>今日もそうだ。<br><br>私は仕事を5時で終え、マイホームに帰った。<br><br>いつもと同じ時間に電話が鳴る。<br&…
思い出しただけで身震いする父親との衝撃的なエッチ体験
2016/02/18 02:02
2016/02/18 02:02
ある方に薦められたので、

体験を初めて文章にしてみたいと思います。

読み辛い部分があったらすみません。

私は現在25歳。

エステティシャンとして働いています。

普段はごく普通に過ごしていますが、

ふとした瞬間に、

今でもその体験を鮮明にフラッシュバックの様に思い出し…

身もだえする思いをします。

それほどに、父との事は衝撃的な体験でした。

体験したのは高2の夏休み。

母が友人と旅行に行く為、

家を空ける事となった8月の一週目の週末。

家は、母が厳しく、その反対で父とは、比較的仲が良かった為、

週末という事もあり父も休みなので

「二人でどっか行く?」なんて話してま…
結婚10年目で夫婦生活がマンネリ化・・・嫁の昔の話を聞いた結果
2017/09/23 22:02
2017/09/23 22:02
私と嫁の最初のセックスの時、嫁は26だった。

マジメそうな女だったが年齢的にも処女ではないと思ってた。

初体験のとき確かに初々しかったが、

出血もなく多少の経験はあったんだろう。

嫁の過去については無関心を装った。

本当は気になっていたが、

聞くのも男らしくないと思った。

あれから10年、

今も仲良く暮らしている。

子供も2人生まれた。

嫁は気立ての良いしっかり者で特に不満もないが、

さすがに夫婦生活はマンネリ化していた。

そんなある日、何年かぶりに2人でラブホテルに行く機会があった。

珍しく子供がいない2人きりの状況になったことで、

今思うと私も嫁も少々ハイに…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】バイト先のイケメン大学生に孕まされた嫁

・透けた競泳水着

・綺麗な妻には過去がある

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・叔父の奥さんに憧れていた若き俺のエロ歴

・日曜日のタダマン中出し

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・【熟女体験談】毎朝立ち寄るコンビニの小奇麗なおばさんと中出ししてハメた

・【Hな体験】好きだった人妻先生に無理やりキスしたら・・・。

・銭湯の娘だって子供扱いされたくない

・「わたしが教えてあげようか」から3Pへ

・大嫌いだった従姉妹の話する

・オーナーの指導を色々受けているバツ1女です

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[後編]

・【人妻体験談】人妻とスローセックスを楽しみながら中出しして何度もイキまくる

・【熟女体験談】熟女が大好きで、かなりの人数とヤりまくるドMのド変態男

・腰が立たなくなるまで攻める旦那の後輩

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[前編]

・持病

・【乱交】温泉旅行で代わる代わる3人の男に犯され続けた

・姉弟の話

・高校ボクシングの試合の計量

・【熟女体験談】根気強く店に通ってスナックの熟女を口説き、ホテルに持ち込んで中出しSEX

・【人妻体験談】野獣のようにSEXのに没頭し、歯止めが効かないくらい連絡してきたエロい人妻

・他人の妻を逝かせた

・【不倫】学芸員をしている真面目な主婦ですが・・・。

・タオルバリアー

・ラブホテル

・息子の部活をバックアップするつもりが、コーチと肉体関係を……

・【熟女体験談】酔っ払ったセフレから電話がきて、高速高架下でカーSEX