寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【不倫】ごっくん、顔射、中出し・・・夢を叶えてくれたデリ嬢

2017/06/02 06:00


先日、出勤しようと会社近くの駅を降り会社に向かって歩いていた。
テレレン♪テレレン♪
突然携帯が鳴り出した。
(朝イチから電話かぁ?)
仕事が営業職のため、この手のことはよくあるんだが、この日はいつもと少し違った。
「はい、Nです」
「もしも~し♪」
(ん?)
女性の声。しかもノリノリだ。とりあえず仕事の電話ではなさそうなのだが、すぐに誰かは分からなかった。
「◯◯くん?分かる?わたし♪」
(!!!)
世界広しと言えど、32歳になった私を「◯◯くん」と呼ぶ女性は一人しかいない。ここ最近、何度かお世話になった人妻系デリヘルのお姉さんだ。
「あのね、お店閉店しちゃった。新しいお店にみんな移るんだけど、それまでの間ヒマヒマになっちゃった」
要するに彼女が言うには、お店が何らかの原因で閉店。暇を持て余してあちこち遊び回っているらしい。ちょうど近くに勤めていることを話していたので試しに掛けてみたとのこと。
「時間・・・作れる?」
暇になったのは良いのだが、ひとりで遊んでいてもつまらないらしく電話してきたらしい。一度電話を切り、会社に『風邪引き休暇(ズル休み)』の連絡をして、彼女と駅で合流した。とは言え、このまま駅周辺や会社近くにいてはズル休みがバレてしまうので、電車を一駅乗り、隣町へ。そこから海岸に出たのだが、あいにくの雨。しかもその日はえらく寒かった。
「とりあえずお茶する?」の問いかけに彼女は、「ホテルでお茶しよっ」とのこと。
海岸線、しかも平日ということもありホテルは選びたい放題、しかもガラ空き。朝6時から夜6時までフリータイムになっているホテルを発見。そこに入った。(最近のラブホはスゴい!)
以後、お茶しつつ色々話をした。お互い三十路を超えていることもあってすぐにエッチとはならないんだな。だが、さすがはラブホテル。次第に話題はそういう方向へ。以前から自分が妻とはセックスレスであること、妻との性的相性が合わないことは話していたのだが・・・。
「◯◯くんってどんなエッチしたいの?」
突然聞いてきた。それからは言葉巧みにこちらの隠れた願望を引き出す彼女。
「そうだなあ、顔射、舌射、中出し、ゴックン、剃毛、淫後、オナニー鑑賞、放尿・・・」
我ながら、よくもまあこんなに無理難題を出したもんだと思っていた矢先・・・。
「してみたい?」
彼女の口から意外な言葉が発せられた。
「それ、あたしが全部してあげる。実はね、昨日から始まっちゃったんだ・・・生理。だからホントはすっごいしたかったの」
彼女が生理中に一番欲求不満になることは以前聞いて知っていた。前に指名した時がちょうど生理の日で、その日から本番をずっとしていた。また彼女はホントにエッチに積極的。こんな子がホントにいたのか・・・と、出会えたことにちと感動。
動揺する自分を見て、彼女はクスクスと笑いながら近づいてくる。そして自分の前に跪き、おもむろにスボンのベルトに手をかけた。ゆっくりと、しかし確実に彼女の指が自分の局芯に近づいてくる。半ば犯されているような気分だ。
ゆっくりと、そして激しく彼女の唇が舌が自分の局芯にまとわりつく。ここまで念入りにされたのは初めてだ。それほどその日の彼女は激しかった。自分の局芯から白濁液が搾り出されるまでにそれほどの時間はかからなかった。
「いいよ、出して」
彼女が言うと同時に一回目の終局。彼女は自分の局芯を上手にコントロールして彼女の舌でその白濁液を受け止めた。そして「えへへ」といたずらっ子のように笑いながらその液を飲み干した。
「ごちそうさま。ほら、ないでしょ?これで目標ひとつクリアだね」
その彼女のあまりの可愛さに、普段ならあり得ない即2回戦。彼女を愛撫しつつ、少しずつ彼女の服を剥ぎ取りながらバスルームへ。大きな鏡の前でバックから。彼女もこれまで以上に興奮している様子で、今まで聞いたこともないような声をあげている。
「出そう」
「ダメ!出すなら顔に掛けて!」
この言葉に余計興奮させられた自分はわずかなから持ち直した。彼女がまずイクまでなんとか乗り切って2回目の終局。
「顔に掛けて、私の顔にいっぱい掛けて!」
彼女は大きな声で叫んだ。と同時に振り返り、再び自分の局芯をコントロールして、自らの顔で自分の白濁液を受け止めた。そして局芯に残った液を吸い上げる。昼間のバスルーム、そのホテルは大きな採光のガラス張りで、白濁液にまみれた彼女の顔とわずかに残った液を受け止めた唇とがいやらしく光っていた。
その後、一緒に2時間ぐらい眠ったろうか。先に起きた自分が彼女の寝顔を見つめていると、ゆっくりと目を開けた彼女。少し呆けた感じだったがすぐに、「3回戦はいよいよ中出しだね。いっぱい出してね」と、またいたずらっ子のように笑いながら布団の中に潜り込み、自分の局芯を探っていた。
その30分後、再び彼女の口から、「出して!中にいっぱい出して!」という叫び声にも似た声が部屋の中に響いていた。血と、白く濁った液が彼女の淫部から滴り落ちている。
「すごい気持ち良かった」という彼女。
中に出されたのは別れたご主人が最後とのこと。初めて体験した中出しは、あまりに気持ちがよく、彼女のいたずらっ子の表情と、白濁液にまみれた彼女の笑顔とともに当分頭から離れないと思う。
その後3回、彼女の中に自分の分身である白濁液を中出ししてタイムアップ。フリータイムが終わると同時にホテルを後にした。互いにしてみたいと思うことを、これでもかとクリアしていった時間はあっという間に過ぎていった。
別れ際、「お仕事抜きでまたしようね」という彼女。とは言え、こちらから連絡すれば、それはお仕事になってしまうし・・・。しばらくは彼女の気まぐれ電話を気長に待つことになりそうだ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【浮気】弟の彼女はパンツ丸見えな金髪ビッチの女子大生だった
2017/02/10 22:00
2017/02/10 22:00
生意気な事に弟が彼女を作りやがった。その上、弟は彼女を家まで連れてくるんだよ。 俺がテレビを観ながら朝メシを食ってた休みの日、遠くで「おじゃましまーす」という声が聞こえた。 (また新しい彼女か、まあいつものことだ)と意に介せずにいた。 結局その日は出掛けて顔を合わせなかった。会ったのは次の休みの日だったか。食べ物を取りに2人でリビングにやってきた。 「こんにちはー」 せ、制服だ!もう誰もがセックスしか連想できない、ほぼ金髪のヤリマン風の学生。俺は寝転がってたからパンツが余裕で見えたんだけど。何年か前にこんな女子大生を見たけどまだいるんだね。弟は浪人して入った大学でとうと…
【プールで彼女にエッチ誘われた体験談】スク水の横から挿入
2016/07/31 08:00
2016/07/31 08:00
ひとつ下の彼女がいた。 もう性体験は済ませていて、体育館の倉庫でセックスしたりしてた。 ある夏の日、彼女と市営プールに行った。 二人でプールに入っていると彼女が海パンの上からチンポをさすり始めた。 漏れのチンポは水で冷たいが勃起。彼女は悪戯っぽく笑って 「○○君、ここでしたくなちゃった。おち○ちん、入れて」 と漏れに言った。 漏れは人目が気になって『どうしよう』と思っていると彼女は続けて 「誰にもわからないよ、入れて」と言った。 漏れは海パンのまたの付け根からチンポを袋ごと水中に出した。 彼女はどうやらスク水の割れ目部分の布を端に寄せ、割れ目を反対の手で 広げているようだった。漏れは彼女を…
ツンデレ女上司と新米男性社員が社内恋愛で結婚に
2016/10/13 00:07
2016/10/13 00:07
僕は都内の企業に入社した

それで、新米の俺が配属されたのは、
商品開発部。



いわば企業の心臓部である。



その中でも沢山のセクションがあり、
僕は3課に出向。



そこの課長はなんと29歳の女上司

この若さで課長まで昇進する事など、
この老舗の会社では異例だった。



それだけにハキハキしていたし、
言う事も物怖じせず言う。






そして何より、鼻筋の整った美貌、
細い肢体を持つ美女だった。



日本テレビの、西尾由佳理アナウンサーで、
僕の完璧にタイプの女だった。



そんな彼女だから当然社内のマドンナだった。



大阪に赴任中の彼氏がいるらしく…
再従兄妹【はとこ】とHしちゃった留守番体験談
2017/07/07 13:38
2017/07/07 13:38
こんにちわ☆はじめまして。

癒真(ゆま)と申します。

親戚のRとの体験を話させて頂きます♪

親戚って言うのは、親同士がいとこで、

俗に言う再従兄妹(はとこ)っていうやつです。

生まれてからからずっと一緒で、

家も同じ一角にある為、

お互いの家に泊まり合うとかも全然普通だったし、

同じ部屋に二人きりで寝ていても、

親も兄妹の様にしか思っていないので

何も言いません。
幼稚園・小学校・中学校と同じ学校を卒業し、

一人っ子の私には兄の様な弟の様な存在です。

しかし、恋愛感情が全くなかったのかというと

それがそうでもなく、Rはルックスがいいし、

身長1…
不倫がバレて妻に開発されたテクニックを不倫相手に調教した
2018/05/18 05:48
2018/05/18 05:48
不倫がバレて妻に開発されたテクニックを不倫相手に調教したエッチ体験談。 2年間、幼稚園の先生と不倫関係にありました。 先生といっても年は僕より3つ下です。 最初、年少のクラス担任で先生の子供らしい服装とか仕草が「可愛いな~」なんて思っていました。 積極的に先生と子供の話などしていたある花火大会の夜に偶然出会い、なにげに「先生、少し飲みに行きませんか?」などと冗談ぽく言うと「いいですね。」幼稚園と違い化粧も服装もビビッとしていて一瞬見たくらいでは分からない程の変身ぶりに僕は惚れてしまいました。 無論、地元では先生も一緒にいるのが世間体的に恐いとの事で隣町まで出かけシットリとしたショットバ…
【近親相姦】I先輩「まぁまぁまぁまぁ、大丈夫だよ」【体験談】
2016/02/10 19:14
2016/02/10 19:14
中学1年の時の話。 友達の多くが陸上部に入るようなので、おいらも陸上部に入った。 うちの世代は男が20人程度、女が5人くらいだったかな。 3年生が5人くらい、2年生が4人で、先輩は全て女。(幽霊部員は多かったっぽい) 後に男女で独立したけど、当時は陸上部として男女一緒の部活だった。一通りの種目をやってみた結果、おいらは110メートルハードルをやることにした。 ハードルには、専門でやっている人が3年の先輩にいた(I先輩)。 2年生にはいなくて、1年は他に男が1人(W君)。I先輩は面倒見の良い先輩で、いつもにこにこしている感じ。 本人が明るいというよりも、周りを明るくしてくれる人だった。外見も背も…
【レイプ体験談】不良に輪姦される幼馴染2
2018/07/18 07:29
2018/07/18 07:29
不良に輪姦される幼馴染の続き691名前:少年法により名無し[]投稿日:2006/01/08(日)22:47:380不良はぬめぬめと濡れたちんこをズボンにしまいながら、おれにこう言った。 「そこでずっと指くわえて見てろよ、もっと凄いもの見せてやる」不良たちは由加里の両脇に立って由加里の二の腕をつかんで立たせた。 西田は気持ち悪いほどの猫なで声で、「由加里ちゃん、このままじゃ風邪ひいちゃうからお洋服脱ぎなさい」と言った。 由加里は黙って立ったままだ。 「由加里さっさと脱げよ!」射精した不良が声を荒げた。 それでも由加里はうつむいたまま黙っている。「まさかそいつがいるから恥ずかしがってるんじゃ…
残業のとき、オナニーしている男の同僚を見て欲情した私は…
2017/04/30 08:00
2017/04/30 08:00
私は27歳女性です。今の会社に勤めて4年になります。
この前、同僚の見てはいけないものを見てしまいました。
その日は私も残業をして同僚も残業をしていたのですが、私はちょっと早く終わり夜9時を過ぎていたので、先に帰りましたが、同僚の彼は遅くまでかかると言っていて、がんばってやっていました。

同僚(正人君)私(春奈)先に帰った私は近くの定食屋で夜を済ませたのですが、まだ正人君は食事もしていないのだろうと思い、10時くらいに会社に戻ってみた。
しかし電気はついているが彼の姿が見当たりません。

給湯室を覗いてもいません。
そして女性更衣室にはまさかいないだろうと思ってドアを少し開け…
パチンコ屋でナンパしたギャルはまさかの…【セックス体験談】
2018/01/27 12:10
2018/01/27 12:10
俺は派遣で電子部品工場で働いているんだけど、休みの日は彼女もいないし、趣味もないし…とりあえず、朝からパチンコ屋に直行しちゃってる。

ちょうどその日は珍しく大勝ちして、結局開店10時から夜18時頃まで店にいたんだが、14時ぐらいに隣に座ったギャル系の女の子と話したら、気さくな感じでなんか仲良くなっちゃって、勝った俺が飯を奢ることになった。
商店街にある居酒屋に行った。

聞けば、彼女は22才で仕事は教えてくれなかった。
ただ服装がホットパンツに胸の谷間がバッチリ見えるキャミで露出しまくりでエロそうな予感。

そこそこ飲み食いして、ちょうど2時間ほどで店を出た。
まだ飲み足りないのか、
「うち…
明美
2016/02/07 17:05
2016/02/07 17:05
高校3年になってすぐ、1年下の明美に告白され特に好きな人がいるわけでもなかったので付き合うことにした。 映画観たりご飯を食べたりゲーセンで遊んだりが僕らのデートだったが、二ヵ月も過ぎると僕は時々明美の家を訪れるようになっていた。 お母さんは娘に彼氏ができたと歓迎してくれたが、お父さんは明らかに不機嫌そうな顔をしていたので、気が重かった。 明美も察してくれてなるべくお父さんがいない時に誘ってくれて、そんな気遣いが僕には妙に嬉しかったりした。 僕たちはたいがいテーブルに並んで座りベットを背もたれにしていた。 お母さんがお茶を出してくれた時に「まぁ、仲のいいこと」と笑い「買い物に出かけるからよろしく…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・外人の彼女ができたとか羨ましい!!

・綺麗な人妻の顔が快感に歪む

・性生活が有料で離婚したら粘着うざー

・【熟女体験談】厚化粧なスナックのママとお店のボックス席でセックス

・モモとノンタン

・【人妻体験談】大親友の幼馴染に妻のオマンコを生で見せて、SEXまでさせてあげた

・男は女とヤル事で頭の中がいっぱい

・【浮気】美人で清楚な社長秘書はいい感じのM女だった

・妻と兄の情事は・・・

・酔ったマヤはエロい

・輪姦される事で体に性の快感が

・【人妻体験談】サービスとばかりにパンチラする天然な妻のおかげで後輩に慕われるようになった夫

・【熟女体験談】服従のポーズをして洗濯ばさみを使ってオナニーをする変態おばさん

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[後編]

・羽を伸ばしたいという出会い系の人妻

・あけおめパンティ!ことよろパンティ!

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[前編]

・【熟女体験談】寝ている息子に夜這いをかけ、息子と近親相姦をしてしまい、息子の人生を狂わせてしまった母

・シナ人によりアフリカ内戦を激化 象は絶滅の危機

・人生初の乱交パーティーでしたがエロ勝手が

・【浮気】女の悦びを蘇らせてくれたスーパー銭湯のバイト君

・あんなに綺麗ごとを言っていた母が・・・

・【初体験】処女なのに乳首イキさせられた

・二股かけてたJKに年上彼女を寝取られた

・【不倫】もはや童貞食いは私の趣味と言ってもいいかも

・【熟女体験談】エッチな本を見つけたらおばさんに見つかり、オチンチンを舐めて筆下ろしまでしてくれた

・温泉旅行先で会社の同僚に妻が大サービス

・ 寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ

・妻に淫らな体験をさせ興奮する私。

・下着好きな俺が若い子の脱ぎたて下着を撮影した話をする。