寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【不倫】ごっくん、顔射、中出し・・・夢を叶えてくれたデリ嬢

2017/06/02 06:00


先日、出勤しようと会社近くの駅を降り会社に向かって歩いていた。
テレレン♪テレレン♪
突然携帯が鳴り出した。
(朝イチから電話かぁ?)
仕事が営業職のため、この手のことはよくあるんだが、この日はいつもと少し違った。
「はい、Nです」
「もしも~し♪」
(ん?)
女性の声。しかもノリノリだ。とりあえず仕事の電話ではなさそうなのだが、すぐに誰かは分からなかった。
「◯◯くん?分かる?わたし♪」
(!!!)
世界広しと言えど、32歳になった私を「◯◯くん」と呼ぶ女性は一人しかいない。ここ最近、何度かお世話になった人妻系デリヘルのお姉さんだ。
「あのね、お店閉店しちゃった。新しいお店にみんな移るんだけど、それまでの間ヒマヒマになっちゃった」
要するに彼女が言うには、お店が何らかの原因で閉店。暇を持て余してあちこち遊び回っているらしい。ちょうど近くに勤めていることを話していたので試しに掛けてみたとのこと。
「時間・・・作れる?」
暇になったのは良いのだが、ひとりで遊んでいてもつまらないらしく電話してきたらしい。一度電話を切り、会社に『風邪引き休暇(ズル休み)』の連絡をして、彼女と駅で合流した。とは言え、このまま駅周辺や会社近くにいてはズル休みがバレてしまうので、電車を一駅乗り、隣町へ。そこから海岸に出たのだが、あいにくの雨。しかもその日はえらく寒かった。
「とりあえずお茶する?」の問いかけに彼女は、「ホテルでお茶しよっ」とのこと。
海岸線、しかも平日ということもありホテルは選びたい放題、しかもガラ空き。朝6時から夜6時までフリータイムになっているホテルを発見。そこに入った。(最近のラブホはスゴい!)
以後、お茶しつつ色々話をした。お互い三十路を超えていることもあってすぐにエッチとはならないんだな。だが、さすがはラブホテル。次第に話題はそういう方向へ。以前から自分が妻とはセックスレスであること、妻との性的相性が合わないことは話していたのだが・・・。
「◯◯くんってどんなエッチしたいの?」
突然聞いてきた。それからは言葉巧みにこちらの隠れた願望を引き出す彼女。
「そうだなあ、顔射、舌射、中出し、ゴックン、剃毛、淫後、オナニー鑑賞、放尿・・・」
我ながら、よくもまあこんなに無理難題を出したもんだと思っていた矢先・・・。
「してみたい?」
彼女の口から意外な言葉が発せられた。
「それ、あたしが全部してあげる。実はね、昨日から始まっちゃったんだ・・・生理。だからホントはすっごいしたかったの」
彼女が生理中に一番欲求不満になることは以前聞いて知っていた。前に指名した時がちょうど生理の日で、その日から本番をずっとしていた。また彼女はホントにエッチに積極的。こんな子がホントにいたのか・・・と、出会えたことにちと感動。
動揺する自分を見て、彼女はクスクスと笑いながら近づいてくる。そして自分の前に跪き、おもむろにスボンのベルトに手をかけた。ゆっくりと、しかし確実に彼女の指が自分の局芯に近づいてくる。半ば犯されているような気分だ。
ゆっくりと、そして激しく彼女の唇が舌が自分の局芯にまとわりつく。ここまで念入りにされたのは初めてだ。それほどその日の彼女は激しかった。自分の局芯から白濁液が搾り出されるまでにそれほどの時間はかからなかった。
「いいよ、出して」
彼女が言うと同時に一回目の終局。彼女は自分の局芯を上手にコントロールして彼女の舌でその白濁液を受け止めた。そして「えへへ」といたずらっ子のように笑いながらその液を飲み干した。
「ごちそうさま。ほら、ないでしょ?これで目標ひとつクリアだね」
その彼女のあまりの可愛さに、普段ならあり得ない即2回戦。彼女を愛撫しつつ、少しずつ彼女の服を剥ぎ取りながらバスルームへ。大きな鏡の前でバックから。彼女もこれまで以上に興奮している様子で、今まで聞いたこともないような声をあげている。
「出そう」
「ダメ!出すなら顔に掛けて!」
この言葉に余計興奮させられた自分はわずかなから持ち直した。彼女がまずイクまでなんとか乗り切って2回目の終局。
「顔に掛けて、私の顔にいっぱい掛けて!」
彼女は大きな声で叫んだ。と同時に振り返り、再び自分の局芯をコントロールして、自らの顔で自分の白濁液を受け止めた。そして局芯に残った液を吸い上げる。昼間のバスルーム、そのホテルは大きな採光のガラス張りで、白濁液にまみれた彼女の顔とわずかに残った液を受け止めた唇とがいやらしく光っていた。
その後、一緒に2時間ぐらい眠ったろうか。先に起きた自分が彼女の寝顔を見つめていると、ゆっくりと目を開けた彼女。少し呆けた感じだったがすぐに、「3回戦はいよいよ中出しだね。いっぱい出してね」と、またいたずらっ子のように笑いながら布団の中に潜り込み、自分の局芯を探っていた。
その30分後、再び彼女の口から、「出して!中にいっぱい出して!」という叫び声にも似た声が部屋の中に響いていた。血と、白く濁った液が彼女の淫部から滴り落ちている。
「すごい気持ち良かった」という彼女。
中に出されたのは別れたご主人が最後とのこと。初めて体験した中出しは、あまりに気持ちがよく、彼女のいたずらっ子の表情と、白濁液にまみれた彼女の笑顔とともに当分頭から離れないと思う。
その後3回、彼女の中に自分の分身である白濁液を中出ししてタイムアップ。フリータイムが終わると同時にホテルを後にした。互いにしてみたいと思うことを、これでもかとクリアしていった時間はあっという間に過ぎていった。
別れ際、「お仕事抜きでまたしようね」という彼女。とは言え、こちらから連絡すれば、それはお仕事になってしまうし・・・。しばらくは彼女の気まぐれ電話を気長に待つことになりそうだ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ・痴漢】45歳の独身女(3)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/08 13:42
2017/06/08 13:42
男はへらへら笑い、45歳の独身処女女の苦悶のさまを楽しんでいどです。一気に突き破るつもりはなかった。下校途中の女学生を草むらに押し倒して強姦するのとはわけが違うのです。少しも焦る必要などないのです。少しずつ、ハメては休みハメては休みし、骨の髄までこの運命的なセックスを堪能するつもりなのでした。「そらそら、我慢しろよ」「ヒイィィ!」私が身をよじり、また新たな悲鳴を絞りだしたのです。「おいおい。今からそんなに痛がっちゃ、先が思いやられるな」「ほんと。まだ先っちょしか入ってないのに」交わった結合部分を熱心にのぞきこむ男が、クスリと笑いました。おぞましい肉瘤はまだ埋めこまれていない。アレが処女膜を突…
月に一度ボランティア活動に励んでいる妻がレ●プされた話
2016/05/23 20:02
2016/05/23 20:02
近所でも可愛らしく真面目で通っている裕実。

私にとってはごく普通の妻である。

妻は月に一度ボランティア活動に励んでいる。

ボランティア活動といっても、不登校の少年宅を訪ね

保護者に近況を聞くといった、お茶のみの延長のような活動であるのだが・・・。

6月にはいっての日曜日、台風も過ぎ去り、もう外は 暑いぐらいの日中

家事を済ませ、不登校児宅訪問の支度をしている妻。

平凡な毎日に ちょっと気合が入る。

月一回の家庭訪問の準備である。

この活動を始めてから、なんでも深く話せば理解しあえると確信を持ち始めた妻。

実際、何人もの少年達が妻の励ましで学校へ通うようになってきた。

や…
□名家に生まれたばかりに、妻が一族に種付けされることになりました(転載禁止)
2018/09/25 15:00
2018/09/25 15:00


動画の中の妻は、私の知らない妻だった。私の前では恥ずかしがり屋で清楚な女性だ。そして、2人の子供達の良き母親でもある。どんなに子供達が聞き分けがなくても、怒鳴ったりする事なく優しく言い聞かせるような母親だ。
最近は、ショッピングモールや遊園地なんかで、ヒステリックに子供を怒鳴り散らす母親も多い。そんなクズのような母親達に比べると、本当に恭子は言い母親だと思う。

そんな彼女が、まだ子供といっても良いくらいの弟君のペニスを握っている。その顔は、いつもの見慣れた優しい顔ではなく、妖艶というか、女を金で買うエロ親父みたいに感じる。

「ハイ、とくべつマッサージします」
兄より…
彼の家で
2017/11/11 17:49
2017/11/11 17:49
彼とは付き合って1年ほど。彼の両親にもにも紹介されて 彼の家にも気軽に訪ねて行ってました。 彼の家は帰り道だったのでよく行ってました。 たまたま、私だけがクラブで遅くなり彼の家に訪ねていったら ドアは開いているのに人気がしません。彼の部屋は二階なので 上にいるのかなと思い、気軽に上がって行ってみると 女に人のあの声がします。私はえまさか彼の部屋からと思いながら そっと部屋近づいていました。 やっぱり彼の部屋からでした。そして、あのいやらしい音も聞こえてきました。 私は浮気されたって思って浮気現場を押さえようかとおもった瞬間 「母さん、出すよ」の彼の声。 さっと血の気が引いてしまいました。 近所…
内心
2017/08/27 19:19
2017/08/27 19:19
中途採用された今の職場(飲食関係)で セクハラを経て、既にセフレにされています。 相手は、私よりも年下ですがマネージャーです。 面接の時に、家族構成などの身上をお話していますので “×”で“子持ち”という私の“弱い立場”を的確に責めてきます。 まだセクハラの段階では、拒む自制心やプライドも持っていました。 ですが『協力して上げたい』と、雇用条件をちらつかされると それがどういう事なのか…みすみす理解っていながらも 一度(だけのつもりで)抱かれ…イカされてしまうと もう“女”なんです‥ 私も本当は、(特に男性に対しては)甘えん坊な性格ですので 腕枕などされて『守ってやるから』なんて言われてしまう…
人妻ナースの私に、ちょっと変わったセフレができてしまいました
2017/02/03 19:00
2017/02/03 19:00
私は、ある大きな病院で看護師として働いていました。
結婚して2年になります。夜勤も日勤も忙しくて、周りのことを気にする余裕がなかったのですが、ナースの中では結構人気の、24歳のかっこいい感じの患者さんがいました。
入院してる時は普通だったのですが、その彼が退院されてから1週間くらいして病院の外で私を待っていました。


私はびっくりしたのと、(どうして?)という思いがあり、その日は誘われたけど断って帰りました。

彼は次の日も待っていました。
私のシフトのローテーションを覚えていたそうです。
その日は、「お茶だけ」という約束で彼の車に乗りました。

しばらく車の中で…
★女は情にほだされて体を許す事も
2016/08/04 16:49
2016/08/04 16:49
 前勤めていた会社で凄い仲の良い同僚の男の子がいた。当時、私も彼も23歳で既婚者同士。私の家は夫婦仲上手くいってたけど、(子供はナシ)彼の家は奥さんとあんまり上手くいってなかった。(デキちゃった婚だった)ある日、仕事や彼の家の愚痴なんかを聞きながら仕事帰りに飲んでいたら、彼が「会社に忘れ物したから、取りに戻る」って言い出した。

 終電まではまだ時間あったし、まだもうちょっと飲みたいなぁ~と思ってたので、彼に付き合って会社まで一緒に戻った。忘れ物を持って、外に出ようと電気を消した時、誰もいないオフィスで彼が急に抱きついてきた。
 私が「どうしたの??」って聞いたら「俺、もっと早くお前に会っ…
【熟女体験談】嫌がる小柄な熟女体型の奥さんをラブホに連れ込み・・・
2017/01/09 12:02
2017/01/09 12:02
2017/01/09 (Mon) 以前の派遣先でお世話になった奥さんなんですが、隣街へ勤務となったので、

だめもとで連絡すると食事でもということになりまして・・(ニヤリ)

当然、食事だけで終わるはずもなく食後の相談を・・

「それはない!」

「ないない絶対にない!」

と渋る奥さんを乗せラブホへ着くと、辺りをキョロキョロ

「早くいきましょ」

っと急かされ部屋へ到着。(笑)

お互いソファーにかけタバコを数本吸いエッチの前の沈黙?状態で緊張のひと時であった。(爆)

黒のニット黒のパンツルックからのぞくブラウンのパンスト足をまじまじと視姦していると、一瞬目が合い念を押すように

「…
学生時代からの友人の奥さんとセックスしてしまった
2015/08/11 10:54
2015/08/11 10:54
やっちゃいけない事をやってしまいました。


普段からこういうサイトを見ては オナニーばかりの毎日でした。


まさか自分がここに書かれているような事を、するとは思いもしませんでした。


うまく文面に書けませんがお許しを。




学生時代からの友人と久しぶりに会いまして、知人宅にて酒を酌み交わし

昔話で盛り上がり、奥さんも子供を寝かしつけ、二人の会話に入ってきて談笑。


次の日が休日だったので深夜一時過ぎまで飲み、私もいつも以上に

飲んでしまい足元がフラフラ。


知人もトイレに行って寝室に行ったきり、、、爆睡してしまい、

奥さんもかなり酔っ払っていて、私に旦那の愚痴を言…
年上の女性に電車内で手コキ射精させられた高校時代の体験談
2015/10/09 23:00
2015/10/09 23:00
年上の女性に電車内で手コキ射精させられた高校時代の体験談 痴漢をしたことがある人、されたことがある人はいっぱいいると思います。 僕は痴漢をされたことがあります。 痴漢したことがある人に聞きたいのですが、何が楽しいのでしょうか? 人の身体を許可無く触ることに興奮するのでしょうか? 痴漢されている人を見て楽しんでいるのでしょうか? 人をイカせたという支配感を味わいたいのでしょうか? 異性の身体に興味があるだけなのでしょうか? 嫌がる人を見ることに興奮するのでしょうか? 痴漢された人のことを考えたことがあるのでしょうか? 僕は高校1年生になって電車通学となりました。 それは社会では通勤ラッシュ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・アンケートの電話からセクハラに

・男にとって都合の良い女

・【Hな体験】ヤンキーが見せてくれた衝撃のアルバム[後編]

・【人妻体験談】出会い系で真面目そうな円光主婦に嘘をついて勝手に中出し

・職場の後輩の主婦28歳との先週金曜日の出来事

・屈辱の診察(3)

・男勝りで無防備だった私は、気が付くと初体験なのに乱交に

・【Hな体験】ヤンキーが見せてくれた衝撃のアルバム[前編]

・屈辱の診察(2)

・姉さん女房を寝取らせて3

・こたつ手マン

・【Hな体験】18歳のちょいぽちゃヘルス嬢に中出しまくり

・妻の体内に精液を生で射精する瞬間

・【熟女体験談】妻が二人の男と3p乱交SEXに励んでいて、初めて鬱勃起射精した

・中学からの親友とセフレみたいになってしまった

・おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

・【人妻体験談】妊娠させた長身美人なシングルマザーが堕ろさずに他の男と結婚した

・MM夫婦調教の方法と理想。

・若いツバメとSEX汗を流しています

・忌むべき日常行事_3

・先生のリードでアソコがへと導かれる・・・

・町工場の職人技SEXに満たされています

・忌むべき日常行事_2

・【熟女体験談】テレクラで人妻ナンパしてムッツリスケベな網タイツ熟女に生挿入中出し

・【不倫】潔癖症の私が友達の旦那にお尻の穴を攻められて

・条件は・・オナニーだけは好きにさせて欲しい

・忌むべき日常行事_1

・【人妻体験談】隣に住む若ハゲ旦那にビンタして無理やり中出し逆レイプをするドS主婦

・【熟女体験談】父と息子という血の繋がった二人の男性とファザコンの出戻り娘の近親相姦SEX生活

・中学生に寝取られた_終