寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【レイプ・痴漢】高慢な女の上司(2)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

2017/05/31 23:14


どうやら他の社員にあまり会いたくないので応接室で待っていたようです。 こんな早朝に応接室を使うものはほかにはいません。 人気のない通路を通り、一番奥の応接室のドアを開けようとすると中から鍵がかかっています。 「おう、今あけるよ」なかからMの声がしてドアがあきました。 僕は部屋にはいっていいました。 「久しぶりだな、でもこんなとこに隠れるみたいにしなくても」 「誰もお前のやったこととか本人しか知らないんだし、私物くらい堂々と取りに来ればいいのに」 そういいながら、ブラインドのしまった窓側の床にある何かに僕の視線が とまりました。r> 「????」 なんだろう。 そこにあってはならないもの。 はだかの、文字通り一糸まとわぬ素っ裸の女が、ひざをかかえるようにして、しゃがんで下を向いて そこにはいました。 「・・・・」 声にならない僕 「さてと続けようか、心配するな○○(僕のこと)は俺たちのこと知ってるし」 「あの写真も見ちゃってるんだから、誰にも言わねえよ」 Mがそう言いながら窓際に近づきます。 「お願い、服を返して」裸の女が小さな声でいいます。 リーダーだ・・・・ 「続けないなら俺は帰るよ」Mが足元にうずくまる裸の女を見下ろしながらいいます。 リーダーは少しいやいやをするように左右に頭を振るようにしましたが、すぐに手をのばしてMのチャックをあけ、 起立した男根を手馴れたようすで取り出すとなんの前触れもなく、股間に顔をうめました。 そうして、その頭が前後へと繰り返し動きはじめます。 そうです、会社で、会社のなかで、素っ裸のリーダーがMにフェラチオ奉仕をしているのです。 僕はただ呆然とその光景を眺めているしかありませんでした。 Mの分身の根元に右手をそえて一心不乱に頭をふりつづけるリーダー。 やがて、そのときがきてMが射精したのがはっきりとわかりました。 そして、リーダーはそれを飲んだのです。 なにをしているんだこの二人は? ここは会社だぞ。  応接室とはいえ女が会社で素っ裸になるなんて・・・ それにフェラチオ、ここは会社だぞ。 僕の思いは声にはなりません、ただ立ちつくしていました。 チャックをしめるMにリーダーが弱々しく言います。 「お願い、服をかえしてください」 僕は一言もしゃべれず、目でMに質問していました。 「ああ、全社に写メ流されるよりはって、脱いだから、そこのキャビネットに服入れて鍵かけちゃったんだ」 「鍵は俺が持って、そろそろ帰ろうかなと・・・」 「お願い、そんなことしないで、お願いだから服もかえして・・」 ほとんど哀願にちかいような声でした。 M「う~ん、おまえ態度かわってないらしいじゃん」 「その素っ裸の格好でも同じようにできるか、みんなに見せてやれよ」 「さて、俺は帰るから」 リーダー「待って、お願い、ごめんなさい」 「お願い、これ以上いじめないで、もう十分でしょう」 「お願いだから鍵を、服をかえして」 M「俺はもう満足だよ」 「でもなあ○○(僕のこと)とかほかのみんなは、どうだろう」 「素っ裸さらして、みんなにわびるんだな」 リーダー「お願い、もう二度としないから」 「そうしろって言うなら、会社もやめるから」 「お願いだから服だけは返して」 M「そうか、それじゃ最後のチャンスをやるよ」 「一度しか言わないぞ、そのとおりにしなければ  ジ・エンドだ。」 「俺は本当に帰るし、Sがここで裸になってるって聞けば、みんな見に来るんじゃないかな」 次にMの口から出たのは信じられない言葉でした。 M「そこのキャビネに手をついて、尻をつきだして、お前の大好きなバックで○○(僕)にやってもらえ」 Mが何を言ったのか、僕には瞬間には理解ができませんでした。 でも、僕が言葉の意味に気づくのと、リーダーがMの足元でつぶやくように答えるのが同時でした。 「わかった、わかったから、もうやめて」 「すればいいんでしょ、するわよ、もうどうせ同じだし」 「だから服を、鍵をかえして」 僕は喉がカラカラになってしまいました。 Mの言葉でさえ信じられない提案だったのに、まさか、あのリーダーが、そんな無茶な提案を、 それを受け入れるなどとは。 しかも、ここは会社です。 もう何がなんだかわからない気持ちで、ただ呆然と立ちつくしていました。 リーダーは今までペタリと座りこんでいたMの足元からノロノロと立ち上がりました。 最初はうずくまるようにしていましたし、フェラのときはMの腰から下に隠れるような感じでいたので、 あのお高くとまったリーダーが裸でそこにいるという衝撃はあったものの、それほど全てがあからさまに なっていたわけではありませんでした。 それだけに、立ち上がったリーダーの姿は、僕の心臓をとめてしまうのではないかと思えるような光景でした。 写メで確認済みの、ほどよい大きさの乳輪にのった、ピンク色と茶色がまざったようなぷっくりした乳首。 それを支える美しい形をしたおっぱいが、今度は写真ではなくて立体的な生々しさで近づいてきます。 写真ではわからなかったのですが、おへその下あたりの土手のふくらみは圧巻の存在感で、少し薄めの黒い陰毛が、 ますます土手の存在感を強調しているかのようです。 あのリーダーが、国大出でいつも僕たちを見下すようにお高くとまっていたSさんが、まるで奴隷女のように、 みじめに裸体を揺らしながら僕に近づいてくるのです。 写メなんか、まったく問題にならないくらいの、衝撃的な光景です。 つかの間、僕は素っ裸のリーダーが僕の腕のなかに倒れこんでくるのではないかという錯覚にとらわれました。 しかし、実際にはリーダーは僕の少し手前で横を向くように向きをかえて、そこに置かれている2段キャビネットに 無言で両手をつきました。 腰下ほどしか高さのない2段キヤビネットに両手をつけば、自然に状態を前に倒すような姿勢になります。 その姿勢になると重力の助けもあって、美しい乳房はさらにその存在感を増しています。 僕はゴクリと唾を飲みました、垂れ下がった両の乳房は後ろから羽交い絞めにして、滅茶苦茶に揉みこんでほしいと 訴えているかのような錯覚を僕に与えます。 そして最初は両手をついただけだったのが、リーダーはさらに、肘を下げていき両手をあわせて、手首から両肘までの 上腕を全てペッタリとキャビネットの上面にくっつけ、その腕の中に頭と顔を沈めていきました。 キャビネットの上に上半身をつっぷしたような格好です。 それはまさに観念した女奴隷の屈服の姿勢とでもしかいいようのないものでした。 腰下のあたりまでしか高さのないキャビネットに突っ伏していながら、両脚はぴったりと閉じて真っ直ぐに伸ばしているので、 尻がつきだされるように一番高い位置にきています。 太ももの頂点と、尻たぶの一番下あたりには、ぴつたりと閉じられた両脚のわずかな隙間から先程まで露わだった陰毛が、 今度は男を誘うかのように今度はわずかにその茂りをのぞかせています。 「開かなきゃできないだろ」 ふいに低く冷たいMの声が響きました。 食い入るように見つめる僕の眼差しのその前で、 キャリアの女上司は全てをあきらめたかのようにそろそろと両脚を広げていきました。 肩幅くらいまで、両脚が開ききると、女としては恥ずかしすぎる姿をリーダーは僕に晒すことになってしまいました。 リーダーは顔をキヤビネットにつっぷしたまま、魂が抜けたような声で、僕に話しかけました。 「○○君、私のこと嫌いだよね」 「今までごめんね、これで気が済むんなら、私はもういいよ」 「もういいから、なんとも思わないから、はやく終わらせて」 「それから、お願いだから、なるべく見ないでほしいの」 見るなと言われても、それは無理というものでした。 その言葉に従おうとしても、高く突き上げられるように、僕のほうに向けられた白くて重量感のあるヒップは、 尻だけではなくて、あまりにもあからさまに全てを曝け出していたからです。 一度も陽を浴びたことがないかのような真っ白な尻たぶには、今しがたつけられたのが誰の目にも明らかな、 赤々とした手形が4つ5つ残っています。 どうやら、僕が部屋に来る以前に、Mはまたリーダーの尻に平手のスパンキングを刻み込んでいたようでした。 しかし、その痛々しいスパンキングの名残りよりも、やはり目をひきつけるのは、会社の応接室という このような場所では、決して人の目に晒されるはずがない、肉襞も陰核もあらわにした女の道具と 脚が開かれたせいで皺の数まで数えられそうなリーダーの肛門でした。 どんな女も、こんな姿を男に見せはしないな、こんな姿を見せてしまっては終わりだな。 ボウッとした頭で、僕はそんなことを考えていました。 もうそこにいるのはキャリアの高慢な女上司でもヒステリックな性悪女でもありませんでした。 挿入を待ち構えて、男根を打ちつけてもらわんがために、穴という穴を無防備にあらわにした尻を、 自らつきだしている、ただのメスの姿でした。 あとは僕の思うがままです。 ズボンをおろして、その淫らな二つの尻たぶに手を添えるだけで、今まで僕を散々にコケにしてきた リーダーに男根の洗礼を加えてやることができるのです。 見下していた僕にピストンされてヒイヒイと鳴くリーダーの痴態を楽しむことができるのです。 でも、僕の心は浮き立ってはいませんでした。 全裸で乳房を虚空にたらし、立ちバックでの挿入を悲しく待っている、そのメスの姿は、大嫌いな あの高慢女上司とは全く別の存在にしか思えなかったからです。 たしかに淫らな光景でした。 股間も硬くはさせていました。 でも、劣情よりも、あまりにも哀…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
少年たちの餌食になった妻
2018/07/07 00:04
2018/07/07 00:04
近所でも可愛らしく真面目で通っている裕実。 私にとってはごく普通の妻である。45歳になる妻は月に一度ボランティア活動に励んでいる。ボランティア活動といっても、不登校の少年宅を訪ね 保護者に近況を聞くといった、お茶のみの延長のような活動であるのだが・・・。 6月にはいっての日曜日、台風も過ぎ去り、もう外は 暑いぐらいの日中 家事を済ませ、不登校児宅訪問の支度をしている妻。 平凡な毎日に ちょっと気合が入る。 月一回の家庭訪問の準備である。この活動を始めてから、どんな少年でも深く話せば理解しあえると確信を持ち始めた妻。 実際、何人もの少年達が妻の励ましで学校へ通うようになってきた。 …
お前の嫁さんを抱きたいと友人に懇願され…
2017/02/22 23:25
2017/02/22 23:25
古くからの友人から「お前の嫁さんを抱きたい」と何度も言われていました。気が進まないので聞き流していたのですが、結婚して20年が過ぎマンネリ化と、年齢からかオチンチンに力強さがなくなってしまったことと、嫁も昔は好きモノだったのに、誘ってこなくなっていたので、友人の話に乗ることにしました。


確かに嫁はポッチャリタイプで友人の嫁はスリム。性格も嫁は大人しい方だが、友人の嫁は社交的、人に接する仕事をしているからセンスも磨かれている。

お互いに結婚前から知っているので、一度4人で旅行しようと持ちかけ、高校と中学の子供を留守番させ一台の車で温泉に出かけました。


温泉につき、友人夫婦の部…
寝ている女の子のお股にこっそりと挿入した
2017/02/16 05:31
2017/02/16 05:31
65 なまえを挿れて。[sage] 2008/02/21(木) 17:29:16 ID:3EfYBgz/0 保育園の年長の頃だったかな。 お昼寝の時間にみんな布団をぴったり並べて部屋を暗くして寝る時、俺はほとんど寝た事はない。 その間ずっと何してたかったって言うと隣の女の子のマンコ弄ってたw 布団並べる時に自分の布団持って好きなトコに敷いていいんだが、(きっちり横一列にさえなってれば)そん時に気に入った子の隣をさり気なく選ぶ。 で、みんなが寝たくらいの時間になってから布団を頭から被って、女の子の方向いて横になって蹲る感じになり、さらに女の子の股間が目の前にくるぐらいのポジションまで下がる。 …
おいしい思い
2017/08/26 21:19
2017/08/26 21:19
オレは、田舎のとある会社の専務。 親父が社長だから、まあ世間で言うところの二代目社長。 昔は、この仕事がイヤで東京にでたりもしたけど、 今は時期社長としての権力を利用しておいしい思いをしている。 それは・・・女子社員へのセクハラと強制セックス。 はじめてやったのは去年の春だった。 前から狙っていた経理の伊之上和香。 顔立ちはちょっと幼いが、体つきがたまらな い。 夏にうちの社員と結婚することが決まって退社予定だ。 和香が1人で給湯室に入るのを見た俺は素早く後ろから入り込む。 「えっ、何?・・・」とびっくりする和香だが、俺はかまわず抱きついてディープキ ス。 片手でがっちりと和香を抑えて片手…
無職になった姉と弟の貧困同棲生活で中出しSEXでガチイキ
2016/03/07 13:04
2016/03/07 13:04
当時俺23 姉24で お互い実家をでてそれぞれ一人暮らししてました。
俺は高校でてから某ピザチェーンの営業してて 5年も立てばそれなりに仕事も一通り こなしてましたが 給料はそれほど高くもなく 毎月切りつめつつ貯金しながら生活してました。姉は事務機器を取り扱う会社で事務してましたが ちょうどそのころ 姉の会社がリストラをはじめだし姉もその対象となり無職に
姉がもらってた給料は、なんとか一人暮らしが成り立つ程度だったので貯金
もそれほどなく失業保険もらいつつ失業期間をしのいでました。

それでも生活は一気に苦しくなり貧困に 

やっとみつけた仕事がホテルの客室案内。
そのホテルが 俺が…
ライブチャット
2018/02/01 22:28
2018/02/01 22:28
ライブチャットを利用したのには色々な理由がありますが、まず1つには、少なくとも出会い系と違って「抜ける」ことでした。 ライブチャットは出会い系というより、画面上でこちらのHな要求に応えてくれて、裸やオナニーを見せてくれるため、少なくともオカズにはできます。 出会い系と比べると、出会ってHまで持って行くのは大変かもしれませんが、2つの利点があります。 それは最初に書いた、少なくともオカズとして抜けるということが1つで、相手とのやりとりがある分、AVなどより臨場感があることです。 AVだと、ただ鑑賞しているだけなのですが、ライブチャットだと、こちらの要求に応えたポーズや行為をしてくれるために、何と…
【痴漢・レイプ】初めて【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/07/07 02:19
2017/07/07 02:19
 私は沖縄で生まれて、18歳で上京、本当は女優になりたくて、タレント養成所に6歳から通っていたのです。現在は20歳です。14歳の時に、演劇を教えている先生に誘われて、お休みの教室で抱きすくめられて、その後アパートで処女を奪われました。先生のことは最初から好きだったので、レイプではありません。私は14歳で身長が165㎝50㌔で、B75、W52、H76ありました。オッパイも大きく運動会で、胸を揺らせて走ると、男の子によくからかわれました。ママに言ってブラジャーをつけました。もちろんメンスもありましたし、タンポンを使っていました。オナニーも友達に聞いて初めてクリトリスを触って、快感を知っていました…
❤昨日残業してて上司にイカされてしまいました
2017/08/09 14:51
2017/08/09 14:51
 上司(課長)は38歳で阿部寛に似てます。結構人気です。昨日は課別に古い書類や資料を保管している部屋の整理をしていて、うちの課から課長と私が残ってやるコトになったんです。

 脚立に乗るような高い場所は課長が、胸から下の棚は私が、時々他愛もない話も交えながら作業を進めていきました。そのうち…生理明けってコトもあって、えっちぃ気分になってきたんです。


 もちろん課長はそんなことは思ってないだろうけど、私の頭の片隅でその妄想はどんどん進んで行って濡れてきてしまって…。どうしてもガマン出来なくなったら、トイレに行ってひとりえっちしようとまで考えてました。

 時々他の課の人達が退社前にのぞき…
【姉との告白体験談】姉
2016/01/19 06:33
2016/01/19 06:33
僕の姉は、僕の同級生にレイプされた。 犯った奴等の主犯格は、高木・柿崎の2人。 僕は私立の男子高校普通科の2年生だが、その2人は工業機械科。 工業機械科は学校の中でもガラの悪い生徒が群れなしており、僕ら普通科の生徒はかなり虐げられていた。 高木と柿崎の2人は特にガラの悪い中心グループの主要格で、工業科の3年生と仲が良く1年生に慕われていた。  主犯格の高木・柿崎は許せないが、もっと最悪に許せないのが、僕と同じ中学校出身で、友達だと思っていた前川。 前川は中学校時代、僕の家にたまに遊びに来ては、僕の姉に勉強を教えてもらったりしていた。 前川はいつも「美人なお姉さんがいていいなぁ…
下半身の餌食になって知った人妻達の赤裸々な性態
2017/02/19 18:00
2017/02/19 18:00
大学時代は普通に女子大生や女子高生と恋愛を楽しんでいましたが、就職して環境がガラリと変わり、人妻との不倫ばかりになりました。
私の最初の配属先は量販店舗で、商品の出庫入庫管理が主な仕事でしたが、店舗の従業員の8割がパートでした。私が着任すると店長に紹介され、大勢のパートさんの舐めるような視線を感じていました。


私はこの店舗で3年間、パートさんの下半身の餌食になっていました。
私を誘ってくるパートさんは若くても30代後半で、まだご主人との性生活が活発な若い奥さんではありません。
最も年上は55歳で、私の母親よりも年上でした。

茶色、ドドメ色、真っ黒、縦長、ビロビ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・しかもナマ・・・

・【Hな体験】キス上手なバツイチ女性とのセックスに溺れた

・年上新入社員の麻美

・ロリコン

・【不倫】夫の職場の屋上で友達のご主人とドキドキエッチ

・男2女1で酒の勢いで3Pした

・【熟女体験談】物凄くエロくて素敵な淑女のアヘ顔があまりにもエロ過ぎて中出し射精

・従姉(33)のセックスを見せてもらった話

・ツーショットで卒業間近のJKと

・秋祭り

・小料理屋の女将と関わったアレコレな話

・【レイプ】学校一の美少女を眠らせて縛って

・OLが股を開き気味に脚を投げ出して寝てた

・遠距離の彼女と会いに行く前の晩に巨乳の先輩と

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(再補足と再修正)

・飲み会でお持ち帰りしたら同僚の彼女って打ち明けられ仰天した話2

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・【熟女体験談】レントゲン撮影の時にビキニパンツに興奮して逆痴漢してきた熟女ナース

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・【SM・調教】終わらない絶頂地獄

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[後編]

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・男のオモチャの様に扱われた日々

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界