寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

女子高生のお尻が大好きな保健の先生[後編]

2017/05/31 23:19


同じように開発しても、どんなプレイが一番感じるかは人それぞれだ。

アナルが一番感じる子もいるし、クリトリスが一番感じる子もいる。

中には他のプレイが好きな子もいる。

今日、私の元を訪れたのは、浣腸が好きな少女だった。

一橋桃子ちゃん。

2年生、読書好きの図書委員。

大人しくて恥ずかしがり屋さんなんだけれど、だからこそ浣腸プレイに感じるものがあるらしい。

彼女はクリトリスよりもアナルを弄られることを好む。

なぜなら、排泄器官の方が恥ずかしいから。

さらに彼女はアナル弄りよりも浣腸されることを好む。

なぜなら、弄られるより排泄する方が恥ずかしいから。

桃子ちゃんの官能は羞恥で成り立っており、羞恥こそが絶対の基準だった。

桃子「先生・・・」

桃子ちゃんは弱々しく言った。

いつも控え目な感じで話す子だけれど、今はその傾向がより強くなっている。

それも当然で、彼女は全裸で私にお尻の穴を見せるという恥ずかしい格好をしていた。

冷たい床に裸足で立ち、私に背を向けて上半身を前に倒し、馬跳びの台になっているかのような姿勢を取っている。

そして桃子ちゃんの手は後ろに回され、あまり肉の付いていない小さなお尻を割り開いていた。

自らの手で肛門を露出させているのだから、恥ずかしくないはずはない。

声も普段以上に小さくなろうというものだ。

私は椅子に腰掛けて桃子ちゃんのアナルを観賞していた。

突き出されたお尻は、私のすぐ目の前にあった。

高さもばっちり合っている。

桃子ちゃんのオマンコは、いやらしいお汁を早くも垂れ流していた。

私に見られているだけで感じているのだ。

いや、あるいは、これからされる浣腸への期待から濡らしているのかもしれない。

どっちにしろ、とんでもない変態だ。

真面目な子ほど実はエッチなもの、なんていう偏見があるが、私の経験から言うと、まあそういう傾向もなくはないかな、という気はする。

しかし桃子ちゃんはそんな程度の話では全く収まらない。

これまで私が手を出してきた女の子たちの中でも3本の指には入るくらいの変態だ。

まあ、女の子が変態であればあるほど興奮する私もまた変態なのだろうけれど。

桃子「先生、お浣腸をしてください・・・」

消え入りそうな声だった。

けれど、自身の肛門を剥き出しにしている彼女の手から力が抜ける気配は一向にない。

どころか、桃子ちゃんは何度か尻たぶを掴み直し、その度にアナルを前よりも広げ、直腸粘膜を大きく露出させた。

桃子ちゃんの腸内は綺麗なピンク色をしており、瑞々しい粘膜のぬめりが私の目を惹き付けた。

私「またお浣腸をして欲しいの?でもねえ、短期間にあまり何度もお浣腸をしてしまうと、お尻の穴が傷付いてしまうかもしれないのよ。排泄する時に腸内粘膜に圧力が掛かって、知らず知らず消耗していくものなの。だから、そうねえ、あと3日は我慢しましょうか」

桃子「3日もなんて・・・」

桃子ちゃんはお尻の穴を広げたまま肩を落とした。

桃子「そんなに我慢できません、先生。お願いですから、お浣腸をしてください」

私「桃子ちゃんの肛門のためなのよ」

桃子「私なら大丈夫ですから」

私「それが本当なら、証明してもらえる?」

桃子「ど、どうすればいいんですかっ」

桃子ちゃんの声に力が入った。

心なしか、肛門が一層広がったような気がする。

私「簡単なことよ。健康な肛門なら、お尻の穴を開閉できるはず。力を込めたり緩めたりすればね。できるかしら?」

桃子「できます。見ていてください」

桃子ちゃんは、ゆっくりとアナルを窄めていった。

彼女の指によって尻たぶが外側に引っ張られているため、肛門が完全に閉じきることはなかったが、それでも、大きく口を開けていた頃に比べると、明らかな変化が見て取れた。

小指1本分のスペースすらもないだろう。

桃子「はあっ」

桃子ちゃんは息を吐き、閉じた肛門から力を抜いていった。

今度は、スローモーションのように緩やかなペースでアナルが広がっていく。

指3本は楽に入りそうなくらいにまで開くと、桃子ちゃんは言った。

桃子「ど、どうですか?」

私「うーん、そうねぇ、これをどれくらい続けられる?それを見ないことには何とも言えないわね」

桃子「やってみます・・・」

健気にも桃子ちゃんはそう言って、再びお尻の穴を締め始めた。

開閉を繰り返す肛門に私は見入った。

それから何分経っただろうか。

桃子ちゃんは息を乱すようになった。

アナルの収縮運動だけでも、長く続けていれば意外に体力を使うものなのだ。

私「頑張って、桃子ちゃん。もう少しでお浣腸をしてあげられるから」

桃子「はあ、はぁ・・・はい、頑張り、ます・・・」

息も絶え絶えの桃子ちゃんだった。

しかし肛門はしっかりと開閉し続けている。

オマンコはすでに大洪水になっていた。

溢れた愛液が桃子ちゃんの太ももを伝って垂れ落ちていく。

アナルを窄めたり緩めたりするのを見られているのが快感なのだろう。

まあ、だからこそこんな命令をしたわけなのだけれど。

頃合いを見計らって、私は浣腸の許可を与えた。

私「とっても頑張った桃子ちゃんのために、今日はいっぱいお浣腸をしてあげるわ」

桃子「あ、ありがとうございます、先生」

桃子ちゃんはまだ息を荒くしているけれど、私は構わず浣腸器を取り出した。

息が整うまで待つだなんて、そんなことを桃子ちゃんが望んでいるはずはないのだから。

500mlのガラス浣腸器には、冷えた牛乳がたっぷりと詰まっていた。

牛乳浣腸は桃子ちゃんの要望だ。

好きでいつも飲んでいる牛乳を下の口からも飲まされることに興奮するらしい。

なかなかいい趣味をしている。

大人しくて真面目な桃子ちゃんがこんなにもエッチだなんて、クラスの男子は想像したことすらないに違いない。

彼女の本当の姿を知っているのは私だけなのだ。

私は浣腸器の先端を桃子ちゃんのアナルに添えた。

私「お尻の穴に触れているのが分かるかしら?」

桃子「はい、分かります」

私「入れて欲しい?」

桃子「い、入れて欲しい、です」

私「なにを入れて欲しいの?ちゃんと言って頂戴」

桃子「そんな、先生、早くしてください・・・」

私「ちゃんと言わないと、駄目」

桃子「お、お浣腸をして、ミルクをお尻の穴から入れて欲しいです、ミルク浣腸してください」

桃子ちゃんは、この期に及んでも恥ずかしそうに言うのだった。

泣きそうな顔をしている。

とても可愛い。

私は先端部分を突き刺した。

お尻の穴は桃子ちゃんの指で広げられているため、ほとんど抵抗なく埋まった。

すぐにシリンダーを押して、ミルクを注ぎ込んであげる。

シリンダーのわずかな重みから、ミルクが腸内に浸透していくイメージが私の頭に浮かんだ。

桃子「つ、冷たい・・・」

分かりきっていたことであっても、桃子ちゃんは驚いたような声を上げ、お尻の穴をきゅっと窄めた。

その動きは、まるで肛門が浣腸器に吸い付いているようだった。

私「桃子ちゃんにはもう数え切れないくらいお浣腸をしてきたけど、1回目のお浣腸だけはまだ慣れない?」

桃子「あ、はい。なんだか最初はお腹の中がすっとして、変な感じがするんです」

私「ふぅん。そういうものかしらね」

私自身は浣腸を受けたことがないので、その辺の感覚はよく分からなかった。

浣腸どころかアナル開発も受けたことがないのだけれど。

私、責め専門だからね。

他人にアナルを弄られたいと思った事もないことは無いが、それを実行に移そうとは思わなかった。

あんまり強い願望でもなかったし。

たぶんこれからもそうだろう。

シリンダーを奥まで押し込むと、カツンと音が鳴った。

先端まで達したのだ。

私は浣腸器を引き抜き、牛乳を再装填して、また桃子ちゃんのアナルを貫いた。

そして一気に中身を送り込む。

同じことを4回繰り返して浣腸を終えた。

計2リットルのミルクを桃子ちゃんの直腸に注入したことになる。

全裸の桃子ちゃんを、私が普段使っている事務机の上に乗せる。

そこで、和式便所に跨る時と同じ格好をさせると、ちょうど良い高さになるのだ。

立ったまま少し屈むだけで、桃子ちゃんのお腹を擦ってあげることができるし、桃子ちゃんの肛門を弄ってあげることもできるし、桃子ちゃんのお尻にバケツを当てて排便に備えることもできる。

私はとりあえず桃子ちゃんの下腹部に手を当てた。

2リットルの牛乳浣腸により、そこは少し膨れていた。

そのお腹を撫でてあげる。

だからというわけではないだろうが、たまにお腹から低い音が鳴った。

浣腸に驚いて腸内が蠢動しているのだ。

桃子「先生、もう出そうです・・・」

私「まだまだ。あと10分は我慢するのよ」

桃子ちゃんがこれくらいで我慢できなくなることはない。

それはこれまでの経験から分かっている。

弱音を吐いたのは甘えているだけだろう。

彼女にまだ余力がある証拠に、桃子ちゃんは特に反論することなく、「はい」と言った。

私「それでいいの。我慢すればするほど、出す時に気持ち良くなれるのだから」

私はそう言って桃子ちゃんの下腹部から手を離し、アナルストッパーの代わりに中指を挿入した。

桃子「あうぅ」

戸惑う桃子ちゃんに私は微笑んだ。

私「こうして栓をしておけば、安心でしょう?」

桃子「あ、はい・・・ありがとうございます、先生」

私「いえいえ、どういたしまして」

それから…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
同級生を奴隷にした話 4【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/12/14 17:42
2017/12/14 17:42
3の続き俺はまた、いつものように詩織を呼び出し事を始める前に、詩織と紅茶を飲みながらお喋りした。    「なあ。おまえ、俺の何だよ?」当り前の質問を詩織にした。 「……何…て…………あの…どういう意味?…」詩織は俯いて、困った顔をした後上目遣いに質問の意味を尋ねた。 「俺との関係だよ。俺とおまえはどういう関係だ?」「…ビデオ返してもらう約束で…それで…」「それで?」「言うこと聞く約束した関係…」「間違ってはいないな。だけど、最初に俺は、俺の何になれと言った?」詩織の顔が一気に曇る。 「……奴隷…」またしばらくの沈黙の後俯き、悲しそうな目をしながら、詩織は俺に答えた。-----奴隷という言…
義姉の肛門が真っ白になるくらい乳液をつけて挿入したアナルセックス体験
2016/03/12 20:02
2016/03/12 20:02
私達は共働き夫婦です。

子供も社会人になりそれぞれ家を出てマンションを借りての生活をしています。

日曜日が仕事の妻が私に実家の義姉のあるものを持って行ってほしいと頼まれ、

別段用事のない私は10時過ぎ妻の実家に行った。

前もって連絡しをしていた義姉とは久しぶりの再会だった。

その義姉は3年ほど前離婚して実家に帰り一人暮らしをしていた。

行くと昼前であり、義姉は昼食の用意をしてくれており、

私の大好きなビールも冷やしてくれていた。

その晩には仕事を終えると妻が車で迎えに来てくれることになっていたので、

それまではのんびり出来ることになっていた。

妻と違い義姉はお酒も結構いけ…
泥酔した私を脱がせてオナニーしていた童貞君の筆おろしをしてあげた私のエッチ体験
2016/10/06 10:02
2016/10/06 10:02
数年前の年末の事、

私は当時、あるスーパーのテナントの洋服屋さんに勤めてました。

普段テナント組は、スーパーの直営組の人とはあまり親しくなかったんです。

が、その年は直営組の主任さんが、

「年末の閉店後、忘年会と親睦会を兼ねて合同で飲み会をやります」と企画。

強制ではなく、自由参加だったけど、

力関係は 直営>テナントなんで、

全員不参加は避けたいところ。

結局、私のとこからは私だけが参加する事に。

私は当時23歳。

身長がかなり低い。当時の体重は4○kg前後。

飲み会は近所の居酒屋さん。

主催の主任が28か29歳くらいだったんで、

参加者は全員それ以下の若手。

バドミントン部で. . .
2015/11/28 00:05
2015/11/28 00:05
俺は中学でバドミントン部に入った。 あまり知らない奴ばかりだったので気まずそうに黙っていた。 後ろから肩を叩かれた。 振り向くと、男子とは思えない程綺麗な子がちょこんと座っていた。 俺は相手が男なのに萌えてしまった。 次の日、その可愛い男子を自宅へ誘った。 両親とも、仕事に出かけていて、遊び放題だった。 しばらくはゲームをして遊んでいたが、飽きて、可愛い男子(以下よりK太郎)を意識していた。 K太郎は、喉が乾いたと言って、冷蔵庫を勝手にあさりだした。 K太郎は、冷蔵庫の水をガブ飲みし、「外で遊ぼうよ!」と、可愛らしい顔で振り向いた。 そしてK太郎は短パンでももぐらいまでしか無いのを履いていた。…
出会い系で知り合ったイケメンに目隠しされて…【体験談】
2015/12/14 22:10
2015/12/14 22:10

今まで出会い系をやっても会うまでには至らなかったんですが、先日初めて出会いました。

『変態プレイに興味がある』

と投稿したら何十人もメッセージが届きましたが、その中でもイケメンな写真付きの方と会う事に。

当日、彼は車で迎えに来てくれました。

写真通りのイケメンで、しかも身長も高くて足も長い。

本当に変態なの?

でもこんなイケメンだったら普通にセックス出来るだけでも幸せだなぁ~と思って車に乗ると、顎をグイッとさせたり、耳を触ってきたりしました。

私は野外とかは無理なタイプなのでこの人変態だな…と思い、ご飯行ってから彼の家に行きました。

(私は自宅の方が安全だと思ってます。…
【人妻】ロケットのような乳を持つ人妻がロスに遊びにきたので・・ 【エッチな体験談 人妻、不倫】
2016/10/25 18:16
2016/10/25 18:16
仕事の関係で1年前からロス郊外にきてます。 ついこないだ知り合いの女の人が遊びにきてやってしまったことなんですけど。 その人とは、日本に居るとき行きつけの飲み屋で知り合いました。 ねこ目で結構エロそうな目つき、そしてロケットのような形のいいバストが印象的でした。 既婚で2児の母、上の子はもう中学1年です。 相手は私の3つ上、37歳です。 私がアメリカにいるあいだに、アメリカに行ってみたいということで、時間を作って来るとのことでした。 日本に居るときはこんな女と一発できたらいいなぁ、なんて思ってましたが、飲み屋で知り合って、 しかも知り合いの友人ということもあり、手を…
おっぱい大きなピンサロ嬢にOKしてもらったので挿入させてもらった
2015/10/14 15:30
2015/10/14 15:30


営業の途中で昼からピンサロに行ったこの地方では、


ピンサロと言ってもボックスシートではなく、


低い壁に仕切られた小さい部屋になってる女の子が入ってき た。




少しぽっちゃり。




少しがっかりして少しやけくそぎみに


「携帯のアドレス教えて」と言ってみた。




「だめですよ」


「わかった。

店出る頃には教えたくなるよ うにしてやる」と根拠のない啖呵をきった。




ただのやけくそである。





そりゃもう愛する彼女と初めてセックスするときくらい丁寧にやりましたよ。



主人に内緒でバイト先の大学生と
2017/03/01 02:19
2017/03/01 02:19
38歳、二人の子持ちの主婦です。
今年5月から久しぶりに働き始めました。
学生時代はファミレスでバイトしていたので、バイト先もファミレスを選びました。
働くのは本当に久しぶりで、正直主人以外の男性としゃべるのも久しぶりな感じ。
なのでバイトは本当に楽しく、主人からも「最近いきいきしてきたね」と言われました。

バイト仲間はたくさんいるんですが、その中でもOJTトレーナーで、よくシフトのかぶる大学生のO君と親しくなりました。 ある日、O君とバイトが終わるのが一緒になり、子供を迎えに行くまで少し時間があったので、一緒にお茶を飲みました。
最初は、もしママ友に見られたらまずいと思…
【熟女体験談】普通のマッサージ頼んだのに、按摩師の60歳おばちゃんにオマンコする?って誘われた
2017/05/05 12:02
2017/05/05 12:02
2017/05/05 (Fri) 日帰りの出張先の予定でしたが、
クライアントと遅くまで飲むことになり、
終電もなくなり、泊まる事になってしまいました。

それで、安ホテルに11時過ぎに入り
疲れた体を癒やそうとマッサージを呼びました。

現れたのは小柄でムッチリした
六十路前後の高齢熟女。

45分4千円でマッサージされたが、
時々股間付近を触ったり
私の手をおっぱいに当てたり逆セクハラされた。

時間が終わる頃

「普通のだけでいいの?」

と聞いてきた。

別の女性を呼んでくれるのかと思い
何があるのか聞くと、
6千円で口で抜く1.5万円で
オマンコできる(90分)と言うので、
オマ…
【人妻】人妻ナース奈緒
2015/12/12 02:25
2015/12/12 02:25
以前、3年付き合った人妻でナースの奈緒という女がいた。 彼女とは、様々なプレイを楽しみ、およそ男の願望をほとんど叶えてもらった と言っても過言ではない。 奈緒は決して美人ではなかったが、どちらかと言うと萌え系で巨乳。 若干ぽっちゃりで身長も低い。 ぶっちゃけ、初対面の時はタイプではなかったが、時間が経つにつれ不思議な 魅力と可愛らしさに惹かれてしまった。 しかも、俺より12も年下の当時28歳。 コスプレが大好きで、野外露出やソフトSMが好きなドMだった。 付き合い始めの頃は看護学生だったが、最後の1年は看護師としての付き合い だった。 今は、某大学病院に勤務しているが、おそらく旦那以外…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【熟女体験談】粗チンな夫をを逆レイプする感じで騎乗位する今のSEXも気に入っています

・年下のセフレ君に毎回中出しされちゃってます

・妻との馴初め話

・お気に入りの人妻デリヘル嬢に念願の生中出し

・【浮気】出会い系で会った女と会社をズル休みしてセックス三昧

・マンネリ解消のために仲間5人で乱交セックス

・抜けるエロ過ぎた若妻^ ^

・かなり美人のJCのしいと

・母がそんな若い男とエッチしてるなんて・・・

・幼稚園にやって来る教育実習生を毎年いただいてます

・#嫁は昔、ヤクザとキメセク中毒だった

・別の日にナンパされた2人の男と恥辱の不倫乱交

・男が困るのは性欲の処理なんです

・【羞恥】某カルト教団のハレンチな修行

・ま○こ臭ー女と不倫してたら脅迫された話

・友人の姉が部屋で裸になってた

・安全日限定で妹とセックス

・【Hな体験】お礼に口でイカせてくれた29歳のOL

・私は妻として母親として道を踏み外したのでしょうか

・【人妻体験談】夫の実家のトイレで酔って甘えてきた夫と喘ぎ声我慢しながらSEX

・【熟女体験談】スパイカムを使って家族、親戚を盗撮する真性盗撮マニアな変態旦那

・念を使った復讐

・看護師さんにもう一度剃毛されたい

・知人とタケノコ採りに行ったら巨根で犯されてしまった

・【不倫】近所の上品な奥様と夜の公園で立ちバック

・アナルセックスを仕込んだ元カノとの再会

・高校生の俺が市民プールで小5の彼女を作った話

・ハーフの美少女と

・09/18のツイートまとめ

・#お隣と嫁を交換してみたら1