寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

女子高生のお尻が大好きな保健の先生[後編]

2017/05/31 23:19


同じように開発しても、どんなプレイが一番感じるかは人それぞれだ。

アナルが一番感じる子もいるし、クリトリスが一番感じる子もいる。

中には他のプレイが好きな子もいる。

今日、私の元を訪れたのは、浣腸が好きな少女だった。

一橋桃子ちゃん。

2年生、読書好きの図書委員。

大人しくて恥ずかしがり屋さんなんだけれど、だからこそ浣腸プレイに感じるものがあるらしい。

彼女はクリトリスよりもアナルを弄られることを好む。

なぜなら、排泄器官の方が恥ずかしいから。

さらに彼女はアナル弄りよりも浣腸されることを好む。

なぜなら、弄られるより排泄する方が恥ずかしいから。

桃子ちゃんの官能は羞恥で成り立っており、羞恥こそが絶対の基準だった。

桃子「先生・・・」

桃子ちゃんは弱々しく言った。

いつも控え目な感じで話す子だけれど、今はその傾向がより強くなっている。

それも当然で、彼女は全裸で私にお尻の穴を見せるという恥ずかしい格好をしていた。

冷たい床に裸足で立ち、私に背を向けて上半身を前に倒し、馬跳びの台になっているかのような姿勢を取っている。

そして桃子ちゃんの手は後ろに回され、あまり肉の付いていない小さなお尻を割り開いていた。

自らの手で肛門を露出させているのだから、恥ずかしくないはずはない。

声も普段以上に小さくなろうというものだ。

私は椅子に腰掛けて桃子ちゃんのアナルを観賞していた。

突き出されたお尻は、私のすぐ目の前にあった。

高さもばっちり合っている。

桃子ちゃんのオマンコは、いやらしいお汁を早くも垂れ流していた。

私に見られているだけで感じているのだ。

いや、あるいは、これからされる浣腸への期待から濡らしているのかもしれない。

どっちにしろ、とんでもない変態だ。

真面目な子ほど実はエッチなもの、なんていう偏見があるが、私の経験から言うと、まあそういう傾向もなくはないかな、という気はする。

しかし桃子ちゃんはそんな程度の話では全く収まらない。

これまで私が手を出してきた女の子たちの中でも3本の指には入るくらいの変態だ。

まあ、女の子が変態であればあるほど興奮する私もまた変態なのだろうけれど。

桃子「先生、お浣腸をしてください・・・」

消え入りそうな声だった。

けれど、自身の肛門を剥き出しにしている彼女の手から力が抜ける気配は一向にない。

どころか、桃子ちゃんは何度か尻たぶを掴み直し、その度にアナルを前よりも広げ、直腸粘膜を大きく露出させた。

桃子ちゃんの腸内は綺麗なピンク色をしており、瑞々しい粘膜のぬめりが私の目を惹き付けた。

私「またお浣腸をして欲しいの?でもねえ、短期間にあまり何度もお浣腸をしてしまうと、お尻の穴が傷付いてしまうかもしれないのよ。排泄する時に腸内粘膜に圧力が掛かって、知らず知らず消耗していくものなの。だから、そうねえ、あと3日は我慢しましょうか」

桃子「3日もなんて・・・」

桃子ちゃんはお尻の穴を広げたまま肩を落とした。

桃子「そんなに我慢できません、先生。お願いですから、お浣腸をしてください」

私「桃子ちゃんの肛門のためなのよ」

桃子「私なら大丈夫ですから」

私「それが本当なら、証明してもらえる?」

桃子「ど、どうすればいいんですかっ」

桃子ちゃんの声に力が入った。

心なしか、肛門が一層広がったような気がする。

私「簡単なことよ。健康な肛門なら、お尻の穴を開閉できるはず。力を込めたり緩めたりすればね。できるかしら?」

桃子「できます。見ていてください」

桃子ちゃんは、ゆっくりとアナルを窄めていった。

彼女の指によって尻たぶが外側に引っ張られているため、肛門が完全に閉じきることはなかったが、それでも、大きく口を開けていた頃に比べると、明らかな変化が見て取れた。

小指1本分のスペースすらもないだろう。

桃子「はあっ」

桃子ちゃんは息を吐き、閉じた肛門から力を抜いていった。

今度は、スローモーションのように緩やかなペースでアナルが広がっていく。

指3本は楽に入りそうなくらいにまで開くと、桃子ちゃんは言った。

桃子「ど、どうですか?」

私「うーん、そうねぇ、これをどれくらい続けられる?それを見ないことには何とも言えないわね」

桃子「やってみます・・・」

健気にも桃子ちゃんはそう言って、再びお尻の穴を締め始めた。

開閉を繰り返す肛門に私は見入った。

それから何分経っただろうか。

桃子ちゃんは息を乱すようになった。

アナルの収縮運動だけでも、長く続けていれば意外に体力を使うものなのだ。

私「頑張って、桃子ちゃん。もう少しでお浣腸をしてあげられるから」

桃子「はあ、はぁ・・・はい、頑張り、ます・・・」

息も絶え絶えの桃子ちゃんだった。

しかし肛門はしっかりと開閉し続けている。

オマンコはすでに大洪水になっていた。

溢れた愛液が桃子ちゃんの太ももを伝って垂れ落ちていく。

アナルを窄めたり緩めたりするのを見られているのが快感なのだろう。

まあ、だからこそこんな命令をしたわけなのだけれど。

頃合いを見計らって、私は浣腸の許可を与えた。

私「とっても頑張った桃子ちゃんのために、今日はいっぱいお浣腸をしてあげるわ」

桃子「あ、ありがとうございます、先生」

桃子ちゃんはまだ息を荒くしているけれど、私は構わず浣腸器を取り出した。

息が整うまで待つだなんて、そんなことを桃子ちゃんが望んでいるはずはないのだから。

500mlのガラス浣腸器には、冷えた牛乳がたっぷりと詰まっていた。

牛乳浣腸は桃子ちゃんの要望だ。

好きでいつも飲んでいる牛乳を下の口からも飲まされることに興奮するらしい。

なかなかいい趣味をしている。

大人しくて真面目な桃子ちゃんがこんなにもエッチだなんて、クラスの男子は想像したことすらないに違いない。

彼女の本当の姿を知っているのは私だけなのだ。

私は浣腸器の先端を桃子ちゃんのアナルに添えた。

私「お尻の穴に触れているのが分かるかしら?」

桃子「はい、分かります」

私「入れて欲しい?」

桃子「い、入れて欲しい、です」

私「なにを入れて欲しいの?ちゃんと言って頂戴」

桃子「そんな、先生、早くしてください・・・」

私「ちゃんと言わないと、駄目」

桃子「お、お浣腸をして、ミルクをお尻の穴から入れて欲しいです、ミルク浣腸してください」

桃子ちゃんは、この期に及んでも恥ずかしそうに言うのだった。

泣きそうな顔をしている。

とても可愛い。

私は先端部分を突き刺した。

お尻の穴は桃子ちゃんの指で広げられているため、ほとんど抵抗なく埋まった。

すぐにシリンダーを押して、ミルクを注ぎ込んであげる。

シリンダーのわずかな重みから、ミルクが腸内に浸透していくイメージが私の頭に浮かんだ。

桃子「つ、冷たい・・・」

分かりきっていたことであっても、桃子ちゃんは驚いたような声を上げ、お尻の穴をきゅっと窄めた。

その動きは、まるで肛門が浣腸器に吸い付いているようだった。

私「桃子ちゃんにはもう数え切れないくらいお浣腸をしてきたけど、1回目のお浣腸だけはまだ慣れない?」

桃子「あ、はい。なんだか最初はお腹の中がすっとして、変な感じがするんです」

私「ふぅん。そういうものかしらね」

私自身は浣腸を受けたことがないので、その辺の感覚はよく分からなかった。

浣腸どころかアナル開発も受けたことがないのだけれど。

私、責め専門だからね。

他人にアナルを弄られたいと思った事もないことは無いが、それを実行に移そうとは思わなかった。

あんまり強い願望でもなかったし。

たぶんこれからもそうだろう。

シリンダーを奥まで押し込むと、カツンと音が鳴った。

先端まで達したのだ。

私は浣腸器を引き抜き、牛乳を再装填して、また桃子ちゃんのアナルを貫いた。

そして一気に中身を送り込む。

同じことを4回繰り返して浣腸を終えた。

計2リットルのミルクを桃子ちゃんの直腸に注入したことになる。

全裸の桃子ちゃんを、私が普段使っている事務机の上に乗せる。

そこで、和式便所に跨る時と同じ格好をさせると、ちょうど良い高さになるのだ。

立ったまま少し屈むだけで、桃子ちゃんのお腹を擦ってあげることができるし、桃子ちゃんの肛門を弄ってあげることもできるし、桃子ちゃんのお尻にバケツを当てて排便に備えることもできる。

私はとりあえず桃子ちゃんの下腹部に手を当てた。

2リットルの牛乳浣腸により、そこは少し膨れていた。

そのお腹を撫でてあげる。

だからというわけではないだろうが、たまにお腹から低い音が鳴った。

浣腸に驚いて腸内が蠢動しているのだ。

桃子「先生、もう出そうです・・・」

私「まだまだ。あと10分は我慢するのよ」

桃子ちゃんがこれくらいで我慢できなくなることはない。

それはこれまでの経験から分かっている。

弱音を吐いたのは甘えているだけだろう。

彼女にまだ余力がある証拠に、桃子ちゃんは特に反論することなく、「はい」と言った。

私「それでいいの。我慢すればするほど、出す時に気持ち良くなれるのだから」

私はそう言って桃子ちゃんの下腹部から手を離し、アナルストッパーの代わりに中指を挿入した。

桃子「あうぅ」

戸惑う桃子ちゃんに私は微笑んだ。

私「こうして栓をしておけば、安心でしょう?」

桃子「あ、はい・・・ありがとうございます、先生」

私「いえいえ、どういたしまして」

それから…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
憧れていた上品で綺麗な女性と再会しヤリまくりました
2017/06/25 23:00
2017/06/25 23:00
  

   以前働いていたサービス業で、週に2回来店されていた、とても上品な女性がいました。長身なその女性はどこかの金持ち夫人のようにも見えましたが、女優さんのようにとても綺麗な人でした。最初はなんとも思っていなかったのですが、おととしの夏の日にその人の胸元がチラッと見えてから、その人のことが頭から離れなくなりました。 でも私より10以上は年齢が離れていると思い、声なんか掛けれませんでした。それからしばらくして、私はその会社を辞めました。今年の2月に私は現在の仕事で車でお客様の所へ行った帰りに、バス停で「あっ!あの人だ」。私は久し振りにその人を見かけ…
7年越しの不倫(3)
2018/01/12 15:32
2018/01/12 15:32
奥さんは大声で言っていた。 「凄く硬いの貴方の主人より硬いどうしてこんなに硬いのー凄い奥に当たるぅ」 お互いの性器は「ドロドロ・ヌルヌル」になり奥さんは 言っていたよりもう叫んでいた。 僕が下に寝て騎乗位の形に成った奥さんがカチカチのペニスを握り締め自分から膣口にあてがい腰を落としてきた。 「ズズ・ズブッ」と一気に根元まで咥えこんでいるのが見える。 僕が「ED治った旦那よりも良いでしょ?と聞くと」 奥さんは「あん・凄い硬いのー長くて太くて比べ物に成らない位奥に子宮に届くぅー」 と言いながら僕に股間を押し付けて腰をくねくね振っている奥さんが腰を振るたびに子宮口のコリコリが僕の亀頭と激しく擦れ…
バーベキューをしていた大学生達に中出しされちゃいましたwww
2018/05/04 14:02
2018/05/04 14:02
29歳、結婚3年目です。

夫とラブラブで週に2回から3回はエッチしてるけど、

なかなかできません。

もう少しで30になってしまうのにね。

この夏、友達と買い物行った帰り、

川原で多くの人がバーベキューしてる人や、

川で遊んでる所を見て、

私たちも車降りて行きました。

川に入ると気持ちよさそうでした。

私は短パンにノースリーブのシャツ、

彼女はTシャツにキュロットだったから、

サンダル脱いで、川に入り、

冷たくて気持ちよかったです。

川の上流を見ると、

煙が上がってて誰かいそうなので、歩いて川を登りました。

大学生ら…
スポーツジム2
2018/02/19 16:28
2018/02/19 16:28
俺の名前は木戸律。22歳。職業は外資系スポーツジムのインストラクター。とは名ばかりの中年イギリス人の性欲処理及び雑用係。(泣) どこで道を踏み誤ったのでしょうか。母さん、今日も空が青いです。(涙) 絶倫バイセクシャル獅子舞ハーレム(俺の上司)と謎の美女マドカ(同僚)にめちゃくちゃに犯されてからというもの、唯でさえ劣悪だった俺の毎日はより苛酷なものになった。 獅子舞こと酒乱ハーレムはその名に違わず職場を自分のハーレムにしていた。つまり、職員全員男女問わず手をだしていたわけ。 そして、どういった訳だか俺を大層「気に入った」らしく、気が向いちゃその巨根の餌食にしていたのだ。 俺はやっすい給料…
【人妻体験談】夫に嘘をついて出勤日にしておき、不倫相手と朝から・・・
2015/12/24 12:02
2015/12/24 12:02
明日は仕事も休みですが夫と子どもは夜釣り、不倫相手も夜勤と一人ぼっちで、寂しくインターネットでたどり着き、酔ったついでに告白します。私は42歳の主婦です。といっても数年前にヘルパーなど資格をとりある施設に常勤で勤務しています。 不倫相手はその施設の26歳の同僚です。若くて独身ですが職場では私よりも4年ほど先輩で、しっかりしており、失敗や悩みをよく聞いてくれ、こんな関係になりました。顔はイケメンじゃないんですけど、スポーツマンで胸が厚くて大きくがっしりした人です。 昨年の1月に就職し、私の教育担当ととして、色々相談に乗ってもらい、早出で早く帰れるときは呑みに行ったりしているうちに、直ぐに深い関…
合コンで知り合った新卒の女教師は抜群のスタイルでしたwww
2018/05/20 10:02
2018/05/20 10:02
僕の経験では、知的な人ほど痴的な印象があります。

これは10年ほど前の体験。

Kさんとはコンパで知り合った。

顔立ちは、良く言えば菅野美穂。

ニットからは、ロケットのように尖った大きな胸がせり出し、

深くくびれたウエストから広がる張りのあるヒップは、

ボーダーのタイトスカートに包まれ、まるで女王蜂のよう。

170cm弱の身長と相まって、抜群のスタイルだった。

何より男心をくすぐったのは、Kさんの職業。

Kさんは新卒の女教師だった。

肝心のコンパは低調だったが、とりあえず、電話番号の交換はしていた。

すると、コンパから数日たった木曜の晩、Kさんから連絡があった。

あの…
上司と不倫していた先輩女性社員とカーセックス
2017/05/03 00:00
2017/05/03 00:00
上司のTと先輩女性社員の不倫が上司の奥さんにバレて会社に乗り込んできて修羅場になった。

上司が奥さんを無理矢理つれていなくなり、俺は不倫がバレて泣いていた会社の先輩のAさん(29)を慰めていた。


そしたらAさんが泣きながら「頭が混乱するし1人でいたくないから今夜会って話を聞いてくれない?」と言うのでその日の夜、Aさんの家まで車で迎えに行った。


Aさんを車に乗せしばらくドライブしていたらAさんが「車を止めて話しがしたい」というので人気のない駐車場に車をとめた。
そこで俺がAさんに「どうして不倫なんかしたんだい?」と聞くとAさんは「最初は上司に深夜、会社に呼び出され…
鬼畜レイプ
2017/09/21 21:49
2017/09/21 21:49
三年前、酷いレイプにあいました。 当時歳の高校生でした。 バイト先の先輩三人にマンションの一室に監禁され四日間に渡り陵辱されました。 殴る蹴るの暴力で私の抵抗を無くした後は凄まじいレイプが始まりました。 強制オナニーをさせられありとあらゆる体位で犯されました。 口や肛門にも何回も性器を入れられ射精されました。 鞭やロウソクも使われました。 犯す事に飽きたら膣や肛門にペンライトや野菜を入れられました。 クスコを使い膣と肛門も極限まで広げられました。 処女だった私は四日目には膣や肛門にこぶしがはいるまでになりました。 排泄行為も三人の前で洗面器にさせられました。 もう精神的にも肉体的にも限界だった…
超生意気中学生
2017/12/06 16:19
2017/12/06 16:19
援交サイトで知り合った中学3年生の加奈子。 メールの時点でちょっとイライラするほど生意気。 だが折角見つかったし顔も上玉だったので耐えて会った。 会うと写メ以上に可愛いいがやはり口の聞き方なってなく生意気。 ホ別ゴム有りで1.5で確認してラブホへ。 行くとさっさと服を脱ぎシャワーを浴び俺も浴びた。 出ると裸ですでにベッドインしていた。 加奈子「早くして?時間ないんだけど?!」俺はイラっとしながらベッドに行くと俺を横にしていきなり半勃起したチンポを握りしめ濃厚なフェラを始めた。 俺「おっ!うまいね!」加奈子は無言でひたすらフェラしている。 俺「俺も舐めさせてよ!」加奈子はまた無…
セックス依存症の先輩に巻き込まれて3Pで初体験[後編]
2017/06/14 09:49
2017/06/14 09:49
DVDを見始めると、雰囲気作りだと言って電気を消された。 豆電球のような弱い灯りだけが灯されている。 ソファでくつろいで見ていると、暗くてよく見えない。 ホラーなので暗いシーンが多くさらに見えない。 目を細めて見てたら男がそれに気づいて、「ベッドの横に座りな?」と言ってきた。 無論、さっきの事で警戒心は強く、「大丈夫」と言って断った。 それから少し話が進むと先輩がまたムクリと起き出した。 そして私の名前を呼んで甘えてきた。 「こっちに来て隣で手を繋げ」と言うのだ。 可愛い可愛い女の子が甘えてるのだ。 日本の政治より大切な事なので速攻で先輩の寝てる隣へ移動した。 だが、その…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・JC集団が一人になったところを狙ってレイプ

・人生初のモテ期が35歳で到来した。

・黒人のペニスは期待したよりも凄かったーー

・【初体験】「おっぱいを揉まれてみたい」と女子から相談されて

・【人妻体験談】お風呂に入ってきた叔母に勃起し、ベッドで筆下ろし

・同期との結ばれぬ恋

・【不倫】一回りも若い男性と動物のように激しく

・外注先の女に会社でストリップをさせた

・【浮気】美人課長の美脚をストッキング越しに舐め回す!

・妄想の中で妹と一線を超えてエロいことした

・旦那の連れ子

・【初体験】マッサージの先生に咥え方や舌の使い方を教わって

・入院した看護師と病室で

・絶倫男に何度もイカされて思わず懇願

・先輩とカラオケデートしてたらそのままレイプされた

・友達の彼女寝とったったwwww

・【人妻体験談】パート熟女と飲み会の後、マンションに連れていきたっぷりと中出しSEX

・【CFNM】ちん見せ(だけじゃない!)の思い出?中2の時のこと

・【不倫】酔った勢いで従姉の息子に胸を触らせてあげたら・・・。

・処女を頂くまではオナニーでガマン

・ココロとカラダ

・浮気してくれてありがとう・・・

・エッチの為に遠征してきたメル友

・【人妻体験談】切ない両親のセックスを目撃し、泣いてしまった息子

・【初体験】3人の処女との体験を語る[後編]

・スイミングクラブの夜

・疲れたのでホテルでマッサージを頼んだ体験

・修羅場にならなかった悪戯

・小6少女に受けた屈辱の欲望~約束のアイドル~

・お互いの息子を交換して性処理