寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

女子高生のお尻が大好きな保健の先生[後編]

2017/05/31 23:19


同じように開発しても、どんなプレイが一番感じるかは人それぞれだ。

アナルが一番感じる子もいるし、クリトリスが一番感じる子もいる。

中には他のプレイが好きな子もいる。

今日、私の元を訪れたのは、浣腸が好きな少女だった。

一橋桃子ちゃん。

2年生、読書好きの図書委員。

大人しくて恥ずかしがり屋さんなんだけれど、だからこそ浣腸プレイに感じるものがあるらしい。

彼女はクリトリスよりもアナルを弄られることを好む。

なぜなら、排泄器官の方が恥ずかしいから。

さらに彼女はアナル弄りよりも浣腸されることを好む。

なぜなら、弄られるより排泄する方が恥ずかしいから。

桃子ちゃんの官能は羞恥で成り立っており、羞恥こそが絶対の基準だった。

桃子「先生・・・」

桃子ちゃんは弱々しく言った。

いつも控え目な感じで話す子だけれど、今はその傾向がより強くなっている。

それも当然で、彼女は全裸で私にお尻の穴を見せるという恥ずかしい格好をしていた。

冷たい床に裸足で立ち、私に背を向けて上半身を前に倒し、馬跳びの台になっているかのような姿勢を取っている。

そして桃子ちゃんの手は後ろに回され、あまり肉の付いていない小さなお尻を割り開いていた。

自らの手で肛門を露出させているのだから、恥ずかしくないはずはない。

声も普段以上に小さくなろうというものだ。

私は椅子に腰掛けて桃子ちゃんのアナルを観賞していた。

突き出されたお尻は、私のすぐ目の前にあった。

高さもばっちり合っている。

桃子ちゃんのオマンコは、いやらしいお汁を早くも垂れ流していた。

私に見られているだけで感じているのだ。

いや、あるいは、これからされる浣腸への期待から濡らしているのかもしれない。

どっちにしろ、とんでもない変態だ。

真面目な子ほど実はエッチなもの、なんていう偏見があるが、私の経験から言うと、まあそういう傾向もなくはないかな、という気はする。

しかし桃子ちゃんはそんな程度の話では全く収まらない。

これまで私が手を出してきた女の子たちの中でも3本の指には入るくらいの変態だ。

まあ、女の子が変態であればあるほど興奮する私もまた変態なのだろうけれど。

桃子「先生、お浣腸をしてください・・・」

消え入りそうな声だった。

けれど、自身の肛門を剥き出しにしている彼女の手から力が抜ける気配は一向にない。

どころか、桃子ちゃんは何度か尻たぶを掴み直し、その度にアナルを前よりも広げ、直腸粘膜を大きく露出させた。

桃子ちゃんの腸内は綺麗なピンク色をしており、瑞々しい粘膜のぬめりが私の目を惹き付けた。

私「またお浣腸をして欲しいの?でもねえ、短期間にあまり何度もお浣腸をしてしまうと、お尻の穴が傷付いてしまうかもしれないのよ。排泄する時に腸内粘膜に圧力が掛かって、知らず知らず消耗していくものなの。だから、そうねえ、あと3日は我慢しましょうか」

桃子「3日もなんて・・・」

桃子ちゃんはお尻の穴を広げたまま肩を落とした。

桃子「そんなに我慢できません、先生。お願いですから、お浣腸をしてください」

私「桃子ちゃんの肛門のためなのよ」

桃子「私なら大丈夫ですから」

私「それが本当なら、証明してもらえる?」

桃子「ど、どうすればいいんですかっ」

桃子ちゃんの声に力が入った。

心なしか、肛門が一層広がったような気がする。

私「簡単なことよ。健康な肛門なら、お尻の穴を開閉できるはず。力を込めたり緩めたりすればね。できるかしら?」

桃子「できます。見ていてください」

桃子ちゃんは、ゆっくりとアナルを窄めていった。

彼女の指によって尻たぶが外側に引っ張られているため、肛門が完全に閉じきることはなかったが、それでも、大きく口を開けていた頃に比べると、明らかな変化が見て取れた。

小指1本分のスペースすらもないだろう。

桃子「はあっ」

桃子ちゃんは息を吐き、閉じた肛門から力を抜いていった。

今度は、スローモーションのように緩やかなペースでアナルが広がっていく。

指3本は楽に入りそうなくらいにまで開くと、桃子ちゃんは言った。

桃子「ど、どうですか?」

私「うーん、そうねぇ、これをどれくらい続けられる?それを見ないことには何とも言えないわね」

桃子「やってみます・・・」

健気にも桃子ちゃんはそう言って、再びお尻の穴を締め始めた。

開閉を繰り返す肛門に私は見入った。

それから何分経っただろうか。

桃子ちゃんは息を乱すようになった。

アナルの収縮運動だけでも、長く続けていれば意外に体力を使うものなのだ。

私「頑張って、桃子ちゃん。もう少しでお浣腸をしてあげられるから」

桃子「はあ、はぁ・・・はい、頑張り、ます・・・」

息も絶え絶えの桃子ちゃんだった。

しかし肛門はしっかりと開閉し続けている。

オマンコはすでに大洪水になっていた。

溢れた愛液が桃子ちゃんの太ももを伝って垂れ落ちていく。

アナルを窄めたり緩めたりするのを見られているのが快感なのだろう。

まあ、だからこそこんな命令をしたわけなのだけれど。

頃合いを見計らって、私は浣腸の許可を与えた。

私「とっても頑張った桃子ちゃんのために、今日はいっぱいお浣腸をしてあげるわ」

桃子「あ、ありがとうございます、先生」

桃子ちゃんはまだ息を荒くしているけれど、私は構わず浣腸器を取り出した。

息が整うまで待つだなんて、そんなことを桃子ちゃんが望んでいるはずはないのだから。

500mlのガラス浣腸器には、冷えた牛乳がたっぷりと詰まっていた。

牛乳浣腸は桃子ちゃんの要望だ。

好きでいつも飲んでいる牛乳を下の口からも飲まされることに興奮するらしい。

なかなかいい趣味をしている。

大人しくて真面目な桃子ちゃんがこんなにもエッチだなんて、クラスの男子は想像したことすらないに違いない。

彼女の本当の姿を知っているのは私だけなのだ。

私は浣腸器の先端を桃子ちゃんのアナルに添えた。

私「お尻の穴に触れているのが分かるかしら?」

桃子「はい、分かります」

私「入れて欲しい?」

桃子「い、入れて欲しい、です」

私「なにを入れて欲しいの?ちゃんと言って頂戴」

桃子「そんな、先生、早くしてください・・・」

私「ちゃんと言わないと、駄目」

桃子「お、お浣腸をして、ミルクをお尻の穴から入れて欲しいです、ミルク浣腸してください」

桃子ちゃんは、この期に及んでも恥ずかしそうに言うのだった。

泣きそうな顔をしている。

とても可愛い。

私は先端部分を突き刺した。

お尻の穴は桃子ちゃんの指で広げられているため、ほとんど抵抗なく埋まった。

すぐにシリンダーを押して、ミルクを注ぎ込んであげる。

シリンダーのわずかな重みから、ミルクが腸内に浸透していくイメージが私の頭に浮かんだ。

桃子「つ、冷たい・・・」

分かりきっていたことであっても、桃子ちゃんは驚いたような声を上げ、お尻の穴をきゅっと窄めた。

その動きは、まるで肛門が浣腸器に吸い付いているようだった。

私「桃子ちゃんにはもう数え切れないくらいお浣腸をしてきたけど、1回目のお浣腸だけはまだ慣れない?」

桃子「あ、はい。なんだか最初はお腹の中がすっとして、変な感じがするんです」

私「ふぅん。そういうものかしらね」

私自身は浣腸を受けたことがないので、その辺の感覚はよく分からなかった。

浣腸どころかアナル開発も受けたことがないのだけれど。

私、責め専門だからね。

他人にアナルを弄られたいと思った事もないことは無いが、それを実行に移そうとは思わなかった。

あんまり強い願望でもなかったし。

たぶんこれからもそうだろう。

シリンダーを奥まで押し込むと、カツンと音が鳴った。

先端まで達したのだ。

私は浣腸器を引き抜き、牛乳を再装填して、また桃子ちゃんのアナルを貫いた。

そして一気に中身を送り込む。

同じことを4回繰り返して浣腸を終えた。

計2リットルのミルクを桃子ちゃんの直腸に注入したことになる。

全裸の桃子ちゃんを、私が普段使っている事務机の上に乗せる。

そこで、和式便所に跨る時と同じ格好をさせると、ちょうど良い高さになるのだ。

立ったまま少し屈むだけで、桃子ちゃんのお腹を擦ってあげることができるし、桃子ちゃんの肛門を弄ってあげることもできるし、桃子ちゃんのお尻にバケツを当てて排便に備えることもできる。

私はとりあえず桃子ちゃんの下腹部に手を当てた。

2リットルの牛乳浣腸により、そこは少し膨れていた。

そのお腹を撫でてあげる。

だからというわけではないだろうが、たまにお腹から低い音が鳴った。

浣腸に驚いて腸内が蠢動しているのだ。

桃子「先生、もう出そうです・・・」

私「まだまだ。あと10分は我慢するのよ」

桃子ちゃんがこれくらいで我慢できなくなることはない。

それはこれまでの経験から分かっている。

弱音を吐いたのは甘えているだけだろう。

彼女にまだ余力がある証拠に、桃子ちゃんは特に反論することなく、「はい」と言った。

私「それでいいの。我慢すればするほど、出す時に気持ち良くなれるのだから」

私はそう言って桃子ちゃんの下腹部から手を離し、アナルストッパーの代わりに中指を挿入した。

桃子「あうぅ」

戸惑う桃子ちゃんに私は微笑んだ。

私「こうして栓をしておけば、安心でしょう?」

桃子「あ、はい・・・ありがとうございます、先生」

私「いえいえ、どういたしまして」

それから…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【熟女体験談】エロい事で誘ってくる淫乱保険レディをM字拘束ロープで縛って、寸止め電マ責めのお仕置きSEX
2017/10/17 18:02
2017/10/17 18:02
2017/10/17 (Tue) アダルトビデオみたいなシチュエーションですが、
保険レディの性接待を体験したんです

この人妻保険レディは、会社に出入りしていて、
なかなか美人な三十路の人妻

丁度保険を切り替えようかと思っていた
僕は人妻保険レディが来るたびに話を聞いていました。

そして土曜日に僕の家に資料を持ってくるとなりました。

土曜日になり、
人妻保険レディがやって来ました。

Aさんは見るからに
フェロモンを感じさせる格好

ジャケットを脱ぎました。

第一ボタン、第二ボタンくらいまで外してあり、
白い乳房を覆う水色のブラがはっきり見えてクラクラしました。

同時に、

「…
【姉との告白体験談】出戻り姉&おっぱい&俺
2015/11/20 10:42
2015/11/20 10:42
 できちゃった婚だった姉が半年前に産んだ男の赤ちゃんと大荷物を持って夏に実家に帰ってきた。 階段で親父とおふくろとの話を盗み聞きしたら、どうやら旦那さんとは離婚前提の別居(いわゆる出戻りってことになるのか?)。 夜になったら、風呂上がりに俺の部屋にきて「またよろしくね」とにっこり。 勝手に俺のマルボロから1本つまみだして、口にくわえて「火」って……相変わらず偉そうだぞ。 机に座って脚組んで、ぷかぷかと「久しぶりにだと、結構くるねぇ」なんて言うから、俺は「たばこって母乳とかによくないんじゃねぇの?」と聞いたら「あの子、完全ミルクッ子だから、おっぱい飲まないの」とあっさり。「こっちはさ…
【体験談】5つ年下の妻の妹は、わたしにとっても可愛い義妹
2016/03/04 22:30
2016/03/04 22:30
妻が高校時代の同窓会でいない日、

義妹の弘子が来た。



妻と私は同い年で義妹とは5個下。



義妹の弘子は私にとっても可愛い妹だ。



男兄弟の中で育った私には結婚して、
実の兄のように慕ってくれる妹はとても可愛い。



この日は、なんと水着を買ったと言って俺に見せにきたのだ。



俺は風呂上りで腰にバスタオルを巻いた格好で
野球を見ていたのだが弘子の水着姿に興奮してしまった。



妹は以前から俺の事「お兄の事、好きだよ」と
言っていたので俺の方も弘子の事をかわいがっていたのだが。




勃…
別れた元カノが電動こけしを持つようになった
2016/07/01 20:12
2016/07/01 20:12
714 :えっちな18禁さん:2010/10/03(日) 00:08:26俺もちょっと書いてみる。  俺:26歳社会人 彼女:23歳社会人(アナウンサータイプで真面目っ子)  学生時代から4年付き合ってて、彼女の家にほぼ同棲状態だったんだけど彼女が 就職して一年目で同僚の男に言い寄られるハメに。 俺は言い寄られてること全然知らなかったんだけどさ。 で、ある日、俺が家に帰ったら彼女は居ない。 まあぃぃかと思って、寝たんだけど彼女は朝方帰宅。 友達と飲んでたらしい。  実は、2ヶ月以上セックスレスで年にセクロスも数…
バツイチ独身女教師の車の中で
2017/03/24 18:49
2017/03/24 18:49
もう時効と思うので書きます。 高校の時、同じ学校に遠い親戚のバツイチ独身の40代半ばの女教師がいました。 妖怪人間ベラに似ていて、性格もきつく生徒からもあまり好かれていない先生でした。 ブサイクなのにいつもパンティーライン丸出しのピチピチのタイトスカートを穿いていて、ちょとエロい感じでしたが、やはり顔は妖怪人間ベラでした。 2年の時、運悪く、くじ引きでその女教師が担当する委員会の一部に配属されてしまいました。 学校の広報を編集する係でした。 その為、何か行事があると取材みたいな感じで、放課後とかにその女教師の車に同乗して出掛けていました。 最初は息の詰まる思いでしたが、回を重ねる…
★女性の下着には興味深々です
2018/01/06 14:53
2018/01/06 14:53
 皆さんが投稿しているような出来事ではなく、今後発展しそうな事を投稿させて頂きます。板違いなら、すみません。半年ぐらい前、私の部署に途中入社で女性のエンジニアが入って来た。名前は万里子と言い、29歳の人妻だという。

 人妻と言っても、途中入社する直前に入籍をした新婚ホヤホヤだった。万里子は、見た目からして完全?な理系女だった。大人しい万里子は色白ではあるがほぼノーメイクで、髪は黒髪で長いがセットもせずに後ろでただ束ねただけって感じなので色気もなく、周りの男達も見向きもしなかった。

 先日、部署の歓迎会があり私は適当に座ると、たまたま隣が万里子だったがその時は特に何も気にしなかった。そし…
近親相姦、実父に嫁を寝取られているところを目撃した結果
2015/08/28 12:00
2015/08/28 12:00
 

私は37歳のサラリーマンで、妻は32歳の専業主婦でした。子供はいません。
賃貸マンション暮らしをしていましたが、突然の単身赴任で九州に2年ほど出向することになり、昨年春に赴任しました。
 
妻の元へは月に1度ほど戻り、その夜は互いにむさぼるように身体を求めていたのでしたが、半年ほど過ぎた辺りから「生理だ。」とか「風邪気味で体調がよくない。」とかとセックスを拒否されるようになり、私はなにげなく「浮気でもしているのか?」と聞いてみましたが、軽くいなされ、悶々とした夜を過ごしたものでした。
今年の二月、出向先の子会社の経営が先行き不透明になりだしました。二月某日、いつものように出…
【母】夜這いされた母 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/29 12:42
2017/07/29 12:42
夜這いされた母  私が中学二年頃から、親父の上司になった工藤という人が、仕事を終えると頻繁に家に来るようになった。最初は家が親父の会社に側にあるから寄ってるのかと思っていたのですが・・・ 母は、最初こそ機嫌良く接待していましたが、毎週のようにやって来る工藤に、段々苛々するようになり、親父にも連れて来ないでと言うようになっていました。親父の立場で言えば、上司から言われたら早々断る訳も行かず、毎週という事は無くなりましたが、二週間に一度はやって来ていました。 ある土曜日の事、やって来た工藤は珍しく手土産持参で、大きな鞄から日本酒を取り出し、結構高かったんだぜと言い、母には化粧品を、私には…
【体験談】騎乗位で生挿入、お気に入りのピンサロで美味しい体験
2016/02/24 11:30
2016/02/24 11:30

風俗で美味しい体験をしました

数年前、お気に入りのピンサロがあり
金額的に余裕があると、そのピンサロに行っていました


その風俗店は指名制度が無いのでフリーしかないのですが、
女の子は比較的に若い子が多く、
高くても三十台前半くらい


顔見知りの店長にお金を払い店の中へ。



中には自分以外に二人の客が既にピンサロ嬢から
サービスを受けている真っ最中でした。



数分待つと嬢が登場。



暗めの部屋だったのでよく見えなかったのですが、
黒髪のロングの清楚そうな二十台前半くらいの女の子でした。




高校生時代
2016/02/07 14:05
2016/02/07 14:05
高校3年になってすぐ、1年下の明美に告白され特に好きな人がいるわけでもなかったので付き合うことにした。 映画観たりご飯を食べたりゲーセンで遊んだりが僕らのデートだったが、二ヵ月も過ぎると僕は時々明美の家を訪れるようになっていた。 お母さんは娘に彼氏ができたと歓迎してくれたが、お父さんは明らかに不機嫌そうな顔をしていたので、気が重かった。 明美も察してくれてなるべくお父さんがいない時に誘ってくれて、そんな気遣いが僕には妙に嬉しかったりした。 僕たちはたいがいテーブルに並んで座りベットを背もたれにしていた。 お母さんがお茶を出してくれた時に「まぁ、仲のいいこと」と笑い「買い物に出かけるからよろしく…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【浮気】小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の中出し[前編]

・お姉ちゃんがシテあげるね

・ブルセラショップで下着を売っていた私と、キモいおっさんの話

・妻を寝取らせることにしたら【人妻・寝取られ体験談】

・【人妻体験談】短小マザコン大学生がアブノーマルな母と近親相姦

・外国人とのSEXは強烈でスポーツ並に汗だくになる件www

・寝取られ現場に遭遇すると、とっさに相手を殴るなんて出来ないものですね

・人妻になった同級生に中出し【人妻体験談】

・【驚愕】今日出会い系の女と初対面でセoクスしたが、やっぱり女ってクズだなぁ・・・・

・好色淫熟妻・眞澄(Age51)?1

・人生最高エッチで最悪な体験談

・ナンパ師な俺が高齢処女のバージンを喪失させたったwww

・大人のブルマっていやらしいねw【体験談】

・職場でするのが大好きなOLさん

・“脳イキ”できる美人な奥様を“腹部責め”で攻略

・真面目なレギュラー達は、練習後に不真面目に乱交してました

・大学の吹奏楽部で浮気しまくり

・33歳バツイチのいとことのセックスを、覗いていたいとこの娘に…

・【寝取られ】NTR属性が開花した彼女の願望を叶えてやった

・今日妻が上司とセックスするはず・・・

・同僚が、、、、、、

・先輩にいかされた妻に ”興奮”

・変態淫乱大学生になっちゃった私のエッチ体験

・教職の現場で

・【Hな体験】同級生がしてくれためっちゃ気持ちいいフェラ

・温泉で妻がやってくれました

・そんなのつらいよ

・私は、自称ツンデレと言いながらもドMです

・美魔女と言われる私は、25歳も若い男の前で一匹の牝になっていました

・ヨーロッパのポルノ映画館を嫁の性教育に使わせてもらった体験談