寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

「続きは明日ね」と痴漢に言われて・・・

2017/05/30 05:49


仕事で疲れた体を引きずるようにしていつもの車両に乗り込む。

社会人になって3ヶ月・・・、毎日の帰宅ラッシュにもそろそろ慣れ始めてきていた。

車内に入って正面の開かないドアの脇に立つ。

そこがいつもの私のポジションだ。

完全に許容量をオーバーしている電車のドアが無理矢理閉められ、ゆっくり動き出す。

普段と変わらない日常。

帰ったらシャワー浴びてビール飲んでご飯食べて寝よう。

そんなことを考えていたら、ふと背後に妙な違和感を感じた。

お尻に何かが触れる感覚・・・、人の手だ。

(・・・ち、痴漢!?)

思わず体が硬直する。

見知らぬ男の片手が、柔らかく包み込むように私のお尻をスカート越しに撫でている。

明らかに気のせいなんかじゃない。

(どうしよう・・・怖い・・・気持ち悪い・・・)

私は視線だけをそっと動かして下を見た。

男は片手でお尻を撫で、もう片方の手に持った鞄を私の体に密着させている。

横の人間に気付かれないように隠しているのだろう。

車内は身動きがとれないほどに混雑していたが、私は何とか手を後ろにやり男の手を払いのけた。

しかし男は触ることをやめてくれはしない。

顔を上げればドアに映る相手の顔が見えるはずだ。

チラと視線だけで見上げると、男の鼻から下だけが見えた。

30代のどこにでもいる普通のサラリーマン。

・・・男の口元がニヤリと笑った気がした。

その瞬間、スカートの裾が持ち上がり、男の手が直に足に触れた。

体がびくっと跳ねる。

男の手には遠慮も躊躇も全く感じられない。

その手が徐々に前にまわり、太もも全体をしつこく這い回る。

5本の指がまるでそれだけの生き物のように内ももをすーっと這い上がり、下着に到達した。

(嘘、やだ・・・っ!そんなの聞いてない!)

以前痴漢に遭ったことのある友達が、「お尻を触られた」とは言っていた。

でもスカートの中に手を入れられるなんて・・・。

(・・・いやだ・・・怖い・・・)

ついに下着の上から指が押し当てられた。

「ひっ」

思わず小さく声が漏れる。

周りに気付かれてはいないだろうか・・・。

恥ずかしさのあまり俯いて必死に耐える。

(誰か助けて・・・!)

しかしそんな心の叫びが伝わるはずもなく・・・1本の指が後ろから前、前から後ろへと何度も往復する。

クリトリスに触れるたびに小さな息が漏れる。

私は立っているのがやっとで、もう何も考えることは出来なかった。

男は私が抵抗できないと知って調子に乗ったのか、指の動きをどんどんエスカレートさせていった。

爪を立て、突起の部分を引っ掻くようにして擦りあげる。

相手が上手いのか、自分がおかしいのか、私は不覚にも感じてしまっていた。

背後から回された男の腕にしがみつきながら、次々に迫り来る快感に耐える。

すでにエッチな液が溢れ出てきていた。

その濡れた感触は下着越しに男の手にも伝わっているだろう。

恥ずかしくて、情けなくて、でも気持ちよくて・・・。

(もっと昇り詰めたい!)

そう思ったとき、ふいに男の手が離れた。

電車が駅に着いたらしい。

背中の方でドアの開く音がして、急に外の喧騒が流れこんできた。

私はまだ頭がボーっとしていて、そのまま立ち尽くしてしまっていると耳元で初めて聞く男の声がした。

「続きはまた明日ね」

私は中途半端に放りだされた状態で3駅をやり過ごし、やがて自分の降りる駅に着くと、いつもと同じ道を歩いて帰宅した。

男の声が耳にこびりついている。

『続きはまた明日・・・』

怖かった。

泣きそうだった。

けれど・・・下着の上からしか触れてこなかった。

丁寧で、決して乱暴にしては来なかった。

私はおかしいのかもしれない。

(また触られてもいい、触って欲しい)

そう思ってしまっている自分がいた。

とりあえず早く家に帰って、疼く下半身を慰めたくて仕方なかった。

そして・・・きっと明日も同じ電車に乗ってしまうのだろう。

次の日。

昨日は仕事で疲れていたはずなのに、興奮していたせいか、ろくに眠れなかった。

家に帰ってすぐ下着を脱ぐと、まるでお漏らししたかのようにぐっしょりと濡れてしまっている。

そしてその後、男の指の動きを思い出しながら2回もオナニーしてしまった。

(私、おかしいのかな・・・)

昨日のことを思い出してしまい、思わず赤面する。

(いけないいけない!仕事中に何てこと考えちゃってんの私!)

こんな日は時間が経つのが早く感じられるのは何でだろう。

気がつくともう帰る時間だった。

18時33分、いつもと同じ車両に当たり前のように乗り込む。

(この中に昨日の男がいる・・・?)

さりげなく辺りに視線を向けるがいるかどうかはわからない。

私はいつものポジションに立つ。

すでに興奮している。

今日は昨日より少しだけ短めのスカートを穿いてきていた。

(ああ、何やってんだろ私・・・)

ガタンガタン・・・。

電車が動き出す。

昨日の男はまだ現れない。

もしかしたら今日は現れないかもしれない。

ちょっとだけ期待してしまった自分が恥ずかしくなり、同時に安心した時だった。

「そんなに触られたかったんだ?」

聞き覚えのある、低くかすれた声・・・昨日の男だ。

言うが早いか男は肩を使ってゆっくりと角に私を押し込め、昨日と同じ体勢になる。

男の手が背後から下半身に伸び・・・る、と思っていた。

しかし予想は外れた。

男の手はシャツの裾から侵入し、ブラジャーを押し上げ、直に胸を包み込んだ。

Aカップの、ほとんど無い膨らみを縦に横に揉みしだかれる。

手つきは丁寧だったが、男は昨日よりずっと大胆だった。

「ひ・・・ゃぁ」

ため息と同時に小さな声が漏れる。

男の指が胸の小さな突起に触れたのだ。

(やだ、他の人にばれちゃう・・・)

けれど実際に周りの人は全く気付いてはいないようだった。

男は私の反応を楽しむように、摘んだり、つついたり、軽く爪を立てたりしてくる。

すでに下半身が熱く疼き始めていた。

(下も・・・触って欲しい・・・)

それが男にも伝わったのだろうか。

男は胸を触るのをやめ、今度こそスカートの中に手が伸びてくる。

私は、昨日とは違って強引な男の動きに何だか少し怖くなってきて、手を振り払った。

いざとなったら逃げられると勝手に思っていた・・・。

優しくて紳士的なイメージを勝手に作り上げていたのかもしれない。

けど・・・男は体全体で私を押さえ込んでいて、男より小さい私は完全に角に隠れてしまっていた。

逃げ場はすでにどこにも無かった。

後悔しても、もう遅い。

いつの間にか男は両手で触っている。

鞄で隠す必要はもう無いのだろう。

腰を掴まれ引き寄せられ、10本の指が下着の上から愛撫する。

「ん・・・っ」

息が荒くなる。

男の腕にしがみつく手のひらにも、じっとりと汗を掻いていた。

やがて男は片手で下着を横にずらし、オマンコに直接触れてきた。

(うそ、やだ、ここ電車っ)

信じられない状況だったが、私はされるがままになるしかなかった。

「こんなになっちゃって・・・いけない子だ」

すでにオマンコの液が太ももにまで伝ってきていた。

硬くなったクリトリスを指の腹でこねくり回され、摘まれ、爪を立てられ・・・。

私は電車内だということも忘れて叫びそうになった。

「ぁ・・・ぅぁ・・・」

あとちょっと・・というところで、ふいに手が離れる。

電車がゆっくり停車する。

「今日はここまでだね」

男が私の耳元でそう囁き、するりと腕を抜こうとした。

咄嗟のことだった。

私は男の手を掴み、顔を上げ、ドア越しに男を見た。

「行かないで・・・」

私はほとんど無意識に呟いていた。

「続き・・・したいんだ?」

私は頷いた。

後ろでドアの開く音がして、人の波が動きだす。

「おいで」

(ついて行っちゃだめだ)

頭の中ではわかってるのに、体がこのままではいられなかった。

男は私を支えるようにしてゆっくり歩く。

痴漢なんて最低な人間のすることだとずっと思っていたが、彼はそんな悪い人間には見えなかった。

人気の少ない駅だった。

駅員が見えなくなるのを待って男子トイレに連れ込まれる。

期待と不安とが入り交じる。

今この手を振り切って逃げることも出来るはずだ。

(駅員に助けを求めようか・・・どうしよう・・・)

悩んでいる間に個室に押し込められしまった。

もう後戻りは出来ない。

鍵を閉めると男は私を座らせた。

「ずいぶんエッチなんだね?」

「昨日は帰ってからオナニーしたの?」

「また触られたくって同じ車両に乗ったんでしょ?」

私は必死に首を横に振る。

否定できないことが恥ずかしくて、何もかも見透かされているようで、下腹部が熱く脈打つ。

「どうして欲しいの?触って欲しいの?」

極度の緊張と羞恥で言葉が出ない。

「どうして欲しいのか、ちゃんと言ってごらん?」

私は男のスーツの裾を強く掴んだ。

「・・・って」

「何?聞こえない」

「・・・触って・・・くだ・・・さい・・・」

「じゃあ、自分で足開いて見せて」

半分夢を見ているようだった。

自分でスカートを捲くり、内股気味に小さく足を広げる。

「どこを触って欲しいのか、自分で触って教えて」

男の声や口調はとても優しいのに、従わざるをえない威圧感があった。

私は早く触れて欲しくて、そっと自分の指を下着の…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
俺、30歳。18歳に中出しする方法とは?【エロ体験談・セックス】
2015/12/11 18:05
2015/12/11 18:05
昨日の夜の出来事だった。 友達と飲んで酔っ払って駅からいつもの道を通って帰ろうとしたら、道の前の方にしゃがみこんだ女がいた。 女はこっちに気づくと立ちあがって少し歩いた。 それでおれがその女を抜かして、しばらくして後ろを振り向くと、やっぱりまたしゃがみこんでいた。 これはおかしいと思い、近くに寄って話しかけた。 「どうかしましたか?」「ちょっとおなかがいたくて・・」見ると、若干太ってはいるがそこそこ可愛い。 周りには人も歩いていたこともあり 「家はこの近くですか?もし近くなら送っていきましょうか?それともご両親を呼んできましょうか?」と聞いたところ「家はその先ですけど、一人暮ら…
【寝取られ】妻と義弟が見ている前で義妹に種付け[前編]
2016/07/16 12:00
2016/07/16 12:00
私には寝取られ癖はありませんが、奥様が寝取られて悦ぶ男性の投稿を読んで、そのような性癖の存在は知っていました。私は、そういう寝取られ嗜好という性癖は、男性に特有のものであると思っていました。しかし、私の妻にはこの寝取られ癖があったのです。 妻は清楚な大和撫子で、慎ましい美人です。天使のような美しさに一目惚れして、マメにアプローチを繰り返して結婚まで至りました。清楚で真面目な妻は、妻自身が私以外の男性に抱かれることは身の毛がよだつと言います。 しかしある日、「この世には自分の奥さんを他人に抱かせて興奮する、寝取られ癖の男がいるんだって。俺にはとても信じられないよ」と言った…
レンタルマゾ奴隷
2017/10/16 15:31
2017/10/16 15:31
取引先の年上の男性に、 「今度私のM女をご紹介しますよ。」 といわれたときには冗談だと思っていた。 ある日、打ち合わせの後の食事に行くと、上品で美しい女性が同席しており、奥さんかと思ったら、 「私のM奴隷の麻衣です。」 と紹介された。 食事の後、ホテルの一室に三人だけになったとたん、彼の態度が豹変した。 「さあ、麻衣、お客様にごあいさつするんだ。」 いつもの彼とは違う威厳のある口調に、俺までどきっとしてしまった。 麻衣はゆっくりと服を脱ぎ始め、スタイルのいいしなやかな肢体とそれを拘束している赤いロープがあらわれた。 麻衣はブラジャーをつけておらず、パンティを脱ぐと、バイブが挿入されていて、それ…
友達の婚約者に中出し
2017/01/19 12:21
2017/01/19 12:21
とうとう友達の婚約者とやったw
友達カップルが喧嘩して、うまい具合に慰め役やって、ついでに彼女とやっちゃった。
巨乳なのに感度良好って最高すぎる。

<登場人物>
B:友達。モテる人。たまに据え膳食う。
Aちゃん:Bの婚約者で同棲中。鶴田真由や奥菜恵に似てる。美人秘書。
Cさん:Bと俺の先輩。モテる人。頭もいい。
D:俺。


文章下手だからまとまらないが・・・。
よく仲間内で集まる個室のバーに婚約者のAちゃんと俺で、彼氏Bの誕生日サプライズ。
パーティーの相談で行ったら、先輩Cさんがいて、初対面だがCさんはAちゃんを気に入ったみ…
理性を抑えられなくて姉貴を夜這い
2017/01/24 10:19
2017/01/24 10:19
最初は気にも止めてなかったのだが、俺の男友達がみんな「おまえの姉ちゃんとSEXしてぇ」などとよく言うので、弟の俺もだんだん姉を女として見るようになってきてしまった。 顔は並だけど、身体はいい。 あんな奴ら(友達)にやられるくらいなら、いっそ俺が先にやりたいと思った。 姉貴でオナニーする回数も増えていき、姉貴が居ない時は黙って姉貴の部屋に忍び込んで、パンティ借りたり、制服の匂いを嗅いだりしていた。 そんなこんなで最近、どうにも理性が抑えられなくなって、とうとう俺は行動に出た。 夜、家族が寝静まった時間、姉貴の部屋に入る。 姉貴の部屋は離れにあるので親には気付かれない。 寝静まった姉…
【Hな体験】可愛い女子がしてくれたサプライズ初キス
2018/05/19 10:00
2018/05/19 10:00
中学校の文化祭で作業をサボってたら、普段はそれほど仲の悪くない女子が怒り出してしてしまい、それをマジギレと見切れずに仲間とダラダラしてたら、チョークのカスが沢山付いた黒板消しを投げられた。それが運の悪いことに、モロに俺の股間を直撃。痛くはなかったけど、恥ずかしいところに白い粉が付いてしまった。 頭にきたけど投げ返すわけにもいかず、「何しやがんだ~!」とこちらもマジギレして、掴んだ黒板消しを思い切り地面に叩きつけた。勢いで教室を出てから屋上手前のフロアに着き、(やっちまった・・・)と反省してた。もちろん体育座り。 しばらくしたらパタパタと足音が聞こえてきて、その女子が俺の…
夫がいない1週間、押し入ったレイパーに37回犯された私
2016/03/21 15:05
2016/03/21 15:05
私は都内在住の24歳になる主婦です。夫は3歳年上で某メーカー勤務です。すごく優しい人で、なんの不満もありません。でも、私はこの夫には決して言えない秘密があります。
あれは2年前、夫が新婚早々海外工場視察のため1週間出張に出掛けた夜の事です。




入浴を終え、寝室に戻ってタオル1枚で汗がひくのを待っていまし た。その時、玄関の方で物音がしました。
私は
『夫が帰ってくるはずないのに・・・』
と思い玄関を覗きました。しかしそこには夫ではなく、見知らぬ男が立っ ていました。迂濶でした、夫が居ないのに癖で鍵をかけていなかったのです。

男はタオル1枚の私を見てニヤっと笑うと私に襲い…
役得と言うのかも
2017/10/22 06:19
2017/10/22 06:19
十数年前の話です。その頃芸能関係の仕事をしていました。いわゆるセクシ ーグループが乱立していた時期で、私もその一つの仕事をしていました。 ある営業先地方でのことです。イベントの仕事を終え、ホテルの私の部 屋で何人かで部屋飲みをし、夜中に散会したのですが、ちょうど眠りについ た頃部屋にメンバーの一人から電話がかかってきました。ちょっと自分の部 屋に来てほしいとの事。その理由をきいてビックリしました。今日どうして もSEXがしたいので相手をしてほしいと。普通に考えればこんなおいしい話は ないのですが、立場上受ける訳には行きません。誘いにのってSEXしたのが会 社にバレればクビになるのはまず間違いの…
【Hな体験】温泉宿の階段の踊り場で酔った後輩と立ちバック
2018/04/09 06:00
2018/04/09 06:00
昨年、職場の先輩が独立しまして、そこの初めての忘年会に招待されました。その忘年会は近くの温泉旅館で開催され、泊まりがけでした。 参加したのはその先輩と、そこのスタッフ3名(♀)、関係会社のスタッフ4~5名(♂)、そして昔の仕事仲間が2名(♂・僕を含む)でした。 スタッフは全員可愛かったです。さすが先輩が、「うちのスタッフは全員顔で選んだ(笑)」と言うだけのことはあります。 まずは温泉にゆっくり浸かって、その後、忘年会が開始。普通に和気藹々と飲み食いした後、僕らの部屋で2次会が開始となりました。ちなみに女性3名ですが、20代前半の子が2名。31~32歳(だったと思う・・・)…
パート先の居酒屋店長と、愛人関係になってしまいました
2016/12/23 12:04
2016/12/23 12:04
22歳の優子(仮名)です。
去年結婚したけど子供はまだいません。
時間のある日の夜だけ居酒屋でバイトしてます。
そこの38歳の店長と愛人関係です。



店長も妻子持ちなのでダブル不倫です。
旦那が仕事に行っている日中に店長と会って、ホテルでエッチしてます。

私はフェラするのが大好き。
精液を顔や体に掛けてもらうと興奮する変態女です。
普通にホテルでセックスするよりも、車や路上などで露出プレイをしたり、オナニーを他人に見てもらう方が好き。
旦那には言えない秘密です。
でも店長とは趣味が合って、こういう事を自由にできるので愛人になって良かったです。

最近は店長が忙しくて、ホテルに…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・JC集団が一人になったところを狙ってレイプ

・人生初のモテ期が35歳で到来した。

・黒人のペニスは期待したよりも凄かったーー

・【初体験】「おっぱいを揉まれてみたい」と女子から相談されて

・【人妻体験談】お風呂に入ってきた叔母に勃起し、ベッドで筆下ろし

・主人の義父は床上手でアレも素敵

・CA「どなたか!!どなたか童貞のかたはいらっしゃいますか!!?」

・同期との結ばれぬ恋

・【不倫】一回りも若い男性と動物のように激しく

・【浮気】美人課長の美脚をストッキング越しに舐め回す!

・妄想の中で妹と一線を超えてエロいことした

・旦那の連れ子

・【初体験】マッサージの先生に咥え方や舌の使い方を教わって

・△妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました完(転載禁止)

・絶倫男に何度もイカされて思わず懇願

・【熟女体験談】ロレツも怪しいぐらい酔っているおデブなおばさんを車で自宅まで送る間に中出しカーセックス

・友達の彼女寝とったったwwww

・【人妻体験談】パート熟女と飲み会の後、マンションに連れていきたっぷりと中出しSEX

・【CFNM】ちん見せ(だけじゃない!)の思い出?中2の時のこと

・処女を頂くまではオナニーでガマン

・ココロとカラダ

・浮気してくれてありがとう・・・

・【人妻体験談】切ない両親のセックスを目撃し、泣いてしまった息子

・【初体験】3人の処女との体験を語る[後編]

・スイミングクラブの夜

・疲れたのでホテルでマッサージを頼んだ体験

・修羅場にならなかった悪戯

・お互いの息子を交換して性処理

・【初体験】3人の処女との体験を語る[前編]

・【人妻体験談】念願のマイホームを新築し、隣の綺麗な奥様を盗撮していたら誘惑された